皆さん、こんにちわ(*^▽^*)


今日は比較的簡単にアピール出来、インパクトを与える事が出来る方法をお教えします!!

(ちょっとだけ上級者向け)


第14回

わたるるる~のドレスアップ講座

『インパクト大!!拘りパーツでのドレスアップ!!』


まぁ比較的簡単とは言っても簡単にマネ出来てしまっては意味無いので・・・

出来るもんならやってみろ!!

的な感じですけどね!!|д゚)www



まぁ各パーツには、大抵この車に付きますよ~♪

と言う適合と言う物が有ります。

基本的には、その適合にそってドレスアップを行う訳ですが・・・

そこを逆手に取って・・・

『この車には付きませんよ!!』

と言う非適合パーツに拘って、それを試行錯誤して装着する事で簡単に真似出来ない仕様を制作し人と差を付ける訳です!!



当社の元デモカーのZ32には通常装着が不可能な所謂GT-Rサイズのホイールをインストール!!

しかも今や絶版となったTE37 19インチ ブロンズアルマイト オフセット10.5J+12と言うサイズを装着して居ました!!

Z32一点豪華仕様www



ノーマルでは絶対に履けないこのサイズのTE37をツライチ履く事で、このホイールありきのZ32を制作!!


手数は少なくシンプルに尚且つインパクトの有る車両に仕上げました!!



レクサス GS300

イベント仕様だったGSにもR35GT-R純正ホイールをインストール!!

レクサスには通常絶対入らないホイールを入れる事で強豪の多いイベントでもアピール出来るインパクトを確保!!

迫力のリム被り仕様!!

パーツに拘ったドレスアップを行いました。


この2台に共通して言える拘りは・・・

1.ホイールのネームバリューが高く高価!!

(安いホイールでやっても意味ないですw)

2.その中でも稀少サイズ&稀少モデル!!

(稀少サイズ&稀少モデルで更にアピール!!)

3.普通、ちょっとやそっとじゃ履けないサイズ!!

(普通履けないサイズと言うのが真似出来ない&注目のポイント!!)

4.更に履かせ方に拘る!!

(ただ履かせるだけで無く、さらに履かせ方でアピール!!)

5.キズは全く無くピカピカコンディション

(ここがドレスアップのメインだけに状態は無傷のピカピカが望ましい!!)


と言った部分です!!

拘ってます!!

解る人にしか解らないのも、またポントですw

この手法は玄人ウケします(*^▽^*)


因みに全く簡単じゃ無いじゃないか!!

とお思いの方も居るかも知れませんが・・・


僕的には、たったこれだけで絶大なアピール&インパクトを得る事が出来るので、この手法はドレスアップ上級者と渡り合うに当たっては寧ろ、かなり簡単な手法だと思ますよ!!

(゚Д゚;)マジデ!!!!w


ホイールで言うとBBSのGT-Rサイズの装着や外車用のPCD違いのホイールを装着と言ったのが同じ手法です!!

どちらも普通には履けないだけにインパクト大!!

他車種純正ホイール流用とかもアピール出来ますよ!!


この手法を上手く用いればハデなエアロ加工やヘッドライト加工等無しにシンプルにアピール出来るのがポイントです。


もともと僕自信、ハデな加工でのアピールが余り好きでは無かったのでシンプルに且、インパクトを与える事が出来る手法として用いて来た方法なのでオススメですよ!!(≧▽≦)b

後はアタのセンス次第です!!


以上、ドレスアップのご相談は

『TSR-PROJECT』までお気軽にどうぞ♪

(*^▽^*)ノシ



*************


【30プリウス コンプリートカーキャンペーン実施中】

車両持込み作業

http://ameblo.jp/tsr-project/entry-12064232307.html


【新車ベース】

30プリウス コンプリートカー プレミアム

http://ameblo.jp/tsr-project/entry-12076741026.html

新車ストック車両情報

http://ameblo.jp/tsr-project/entry-12078245262.html


【厳選中古車ベース】

30プリウス コンプリートカー

http://ameblo.jp/tsr-project/entry-12044263362.html


『tsr-project』ではポン付けタイプの

社外パーツから現物加工

アルミホイール・エアロパーツ等

大掛かりな物まで全てOK!!

またローンでのお支払も可能なので

ドレスアップをお考えの方は

お気軽にご相談下さい♪


〒700-0953

岡山県岡山市南区西市404-1

tsr-project株式会社

ドレスアップアドバイザー 川上

TEL:086-250-0112

FAX:086-250-0113
http://www.tsr-project.jp/