トライ体幹理論 中川隆(スポーツクラブトライ)のブログ

トライ体幹理論 中川隆(スポーツクラブトライ)のブログ

独自で開発した潜在能力を最大限に引き出すことが出来るトライ体幹理論で
陸上競技・フィギュアスケート・サッカー・野球・声楽家・楽器演奏・医療関係者など
ジャンルを選ばずプロからアマチュアまで全国から来られ指導しています。!

東京パラリンピック

柔道100kg級 日本代表

松本義和選手が

トライ柔道教室の練習にこられています!

 

image

 

松本義和選手は高校時代から視力が低下

20歳で全盲になられました。

 

盲学校で柔道と出会われ

1998年世界選手権100キロ級で銀。

 

パラリンピックは2000年シドニーで

初出場の銅。

 

 

次のアテネで選手団旗手を務められました。

 

今も、強化に励み、58歳で4大会ぶりの

パラリンピックの切符を手にされました!

 

image

 

新型コロナウイルスの影響により

パラリンピックに向けての練習が

思うように出来ていないと聞き

トライ柔道教室として松本選手に対して

何か協力は出来ないだろうかと思い

今回、練習を提供することにしました!

 

トライ体幹理論も指導させていただきました!

 

皆さん!

全盲というハンディーキャップかある中で

柔道日本代表としてパラリンピックに挑まれる

松本義和選手の応援をよろしくお願い致します!

 

 

よろしければ 

↓こちらもクリック

にほんブログ村 

大阪府高槻市深沢町1丁目1番5号
スポーツクラブトライ
代表取締役 中川 隆
TEL・Fax (072)676-1587
ホームページ
https://sp-try.co.jp/

オーダーメイド・コンプレッションウェア

製作するため、岡山県にある

『ダイヤ工業株式会社』本社に

指導しているアスリートと一緒に訪問しました。

 

image

 

ダイヤ工業は医療サポーターのトップメーカーで

スポーツクラブトライでも取り扱っており

会員さまにも喜ばれている信頼あるブランド。

 

image

 

医療で培ったサポーター技術を搭載した

コンプレッションウェア

『DARWING・ダーウィン』

既製品を私も長年愛用しており

今回はパフォーマンスアップだけでなく

コンプレッションウェアの知識をつけるためにも

フルオーダーメイドでウェアを製作しました。

 

image

 

パフォーマンスアップ、動きやすさだけでなく

体幹の安定性、姿勢の保持であったり

怪我の予防、負傷箇所の保護など機能性を考え

カウンセリングをしていただき、試しながら

カスタマイズしていきました!

 

image

 

色々な専門知識をいただき

最高のオリジナル・コンプレッションウェアに

なったと思います。

 

image

 

完成するのが楽しみです!

 

ダイヤ工業株式会社

『DARWING・ダーウィン』

オススメです!

 

image

 

コンプレッションウェアのご相談もお受けしています!

 

担当してくださった

開発部門 猪木友大様

ありがとうございました!

 

 

よろしければ 

↓こちらもクリック

にほんブログ村 

大阪府高槻市深沢町1丁目1番5号
スポーツクラブトライ
代表取締役 中川 隆
TEL・Fax (072)676-1587
ホームページ
https://sp-try.co.jp/

 

 

#ダイヤ工業

#ダイヤ工業株式会社

#岡山

#タイヤファクトリー

#darwing

#daiyafactory

#サポーター

#コルセット

#コンプレッションスーツ

#コンプレッションウェア

#コンプレッション

#スポーツクラブトライ

#トライ体幹理論

#中川隆

#アスリート

#オーダーメイド

#機能改善

#医療

#パフォーマンスアップ

#大阪

#高槻

#パーソナルトレーニング

#パーソナルトレーナー

#ジム

#ウエイトトレーニング

#体幹

#体幹連動

#正しい身体の使い方

毎週、リハビリトライ体幹理論パーソナルトレーニングに来られている

左半身麻痺のハンドルネーム『ありがとうさん』の書かれている

ブログ記事をリブログで紹介しますねっ!

 

正しい理論で!

正しく身体にアプローチを行うことで

機能回復を感じるリハビリを行うことが重要です。

 

TV番組では、筋肉を過大評価しすぎて

『効率の悪い身体の動きで筋肉に刺激を与える』ことを

未だに追究しているものが多いのですが…

 

本当に重要なのは

『本当の正しい身体の使い方を知り、効率よく身体を使い

楽に、動きやすい身体になる』ことを追究していかなければ

ならないと、私は考えています。

 

本当の正しい身体の使い方を

もっと多くの方に知っていただけるように

これからも活動をしていきたいと思います!