「知らない人についていってはいけないよ。」

子どもに向かって

言うことがありますが、

 

子どもにとっての、

「知らない人」ってどんな人でしょう?

 

子どもにとって

始めて会った人は知らない人でも、

2回、3回と会うと

どういう認識になるのでしょう。

 

子どもの感覚では、

「知っている人。」

になってしまっていないのでしょうか?

 

 

お母さんにとっては知らない人だけど、

僕にとっては知っている人。

 

その人が、

自分が大好きなトレーディングカードゲームの

強いカードを持っていたり、

カードゲームの攻略法に詳しい人で、

 

「強いカードを沢山持っているから、見せてあげようか!」と言ったならば、

「ゲームに勝つ方法を教えてあげる。」と言われたならば、

男の子はついて行ってしまわないでしょうか?。

 

 

こんな事を考えた、

埼玉新聞の

2018年6月7日(木)の記事です。

 

 

男児へ強制性交等の疑い、男を再逮捕 別の男児への強制わいせつ事件でも逮捕 ゲームの話で誘う/大宮西署

 

 

現在中学1年生の私の息子も、

小学校1年生から3年生までは、

ポケモンカードや妖怪ウォッチに始まり、

デュエルマスターズやドラゴンボール等など、

お年玉がカードに化けるのの早いこと早いこと・・・。

 

 

性犯罪に合うのは女の子だけとは限りません。

男の子が好きな 小児性愛者もいます。

 

「知らない人についていってはダメよ。」

だけではなく、

自分の子どもだったら何が好きか?

好きなことに関して

でどんな事を言われたら、

我が子が知らない人に

ついていってしまいそうか?

 

考えてみてはいかがでしょう。

 

 

例えば

 

動物好きのお子さんだったら、

公園で犬を連れた大人が、

「キミ、犬が好きなの? 

あっちにも可愛い子犬が沢山いるから、

一緒に見に行こう!」

と言われたらついて行ってしまわないか?

 

「あっちにポケモンGOのレアキャラいるよ!!場所を教えてあげる。」

と言われたら

目を輝かせてついていってしまわないか?

 

 

こういう事を考えて、

親子で話し合うのも

お子様を守る

ひとつの方法になります。

 

パンツの教室の講座の中でもワークとしてやりますが、

お友達のお母様と一緒に

「子どもは何について行きそうか?」

と考えてみると、

 

多くのパターンを考えシェアできますし、

子ども達を皆んなで守る意識もできて、

良いのではないでしょうか。

 

防犯教育の参考になさってくださいね。

 

 

埼玉新聞の記事のコピーはこちらです。

 

2018年6月7日(木)

大宮西署は7日、強制性交等の疑いで、さいたま市西区指扇、無職の男(38)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は4月1日午後5時ごろ、自宅で、さいたま市内に住む10代の男児に暴行を加えた疑い。認否を留保しているという。

 同署によると、男は人気のカードゲームの話で男児に近づき、「強くしてやる」「カードをあげる」などと言って自宅に誘い込んで犯行に及んだ。男児は何度か男の自宅に行き顔見知りだった。子どもたちの間では「カードおじさん」「カードの先輩」などと呼ばれていたという。県警は5月17日、別の男児に対する強制わいせつの疑いで、男を逮捕。供述や自宅の捜索などから今回の犯行を特定した。

 同署はさらに余罪があるとみて調べている。

 

■パンツの教室の講座案内 

パンツの教室◇体験会◇

パンツの教室◇初級講座◇

パンツの教室◇中級講座◇
受講に関するよくあるご質問

お問い合わせ



 

とにかく明るい性教育「パンツの教室」インストラクターの中で、親から性教育を受けて育ったわずか1パーセントのインストラクター

永田 真知子

 

 

 

 

 

ご訪問くださり、ありがとうございます。

さいたま市近辺&東京で開講しております、

とにかく明るい性教育

「パンツの教室」インストラクターの

永田真知子です。

 

 

2ヶ月ほど前のことですが、

3月28日の時事通信の記事で、

東京都の教職員の指針となっている

「性教育の手引」が

約15年ぶりに改定されたことを知りました。

 

時事通信のリンクは

現在削除されておりましたので、

ブログの最後にコピーした文章を掲載しておきます。

是非ご覧ください。

 

 

東京都では、

『避妊と中絶についての指導』を、

条件付でできるようになったそうです。

 

 

学習指導要領では、

「妊娠の過程については話さない」

ということになっているので、

今まで避妊と中絶についても

学校では教えていませんでした。

 

 

でも私が不思議に思うのは。

 

学習指導要領とは、

『最低限学ばなければならないライン』であって、

学習指導要領より多くのことを学んではいけない

ということではありません。

 

なのに、

なぜ今まで避妊や中絶について

教えてこなかったのか?

 

 

性のことについては、

各ご家庭で考えが違うので、

何をどこまで子ども達に教えていいのか

現場の先生方は戸惑うのかもしれません。

 

クレームが来たらどうしよう。

だったら新しい事をするよりも、

今までと同じ事を行っていたほうが無難。

 

そんなふうに守りに入っていた先生方も

多くいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

でも、

「性教育の手引」が改定されたことは

1歩前進したと感じます。

 

東京都をかわきりに、

近隣都道府県、そして全国へ、

この流れが波及してほしいです。

 

 

でもね、相変わらず、

『妊娠する方法』については学校では教えないのかしら?

 

やっぱりここは私たち親が

しっかり向き合っていかなければならない

課題なのでしょうね。

 

 

私の講座が

この課題に向き合っていきたい!という方の

お役に立てると、とても嬉しいです。

パンツの教室◇体験会◇はこちらです

 

 

 

3月28日の時事通信の記事はこちらです

 

==================================

指導要領超える性教育容認=避妊・中絶の学習例明記-東京都

3/28(木) 16:07配信

時事通信

 東京都教育委員会は28日、教職員の指針となる「性教育の手引」を約15年ぶりに改訂した。

 インターネットなどで生徒が過激な性情報を安易に入手できる現状を踏まえ、中学校で避妊法や人工妊娠中絶など学習指導要領の範囲を超えた指導を行うことを条件付きで初めて容認。保護者全員の了解を得ることを求め、学習例も明記した。都教委は新たな手引を都内の公立小中高校などに配布する。

 都道府県の教委が指導要領を超える性教育を認める場合の具体的な指針を出すのは異例。

 改訂版手引は、生徒の発達段階を踏まえた指導に配慮するよう強調。その上で、指導要領を超えた授業を行う場合、事前にその内容を知らせる通知文を保護者に配布し、全員の了解を得ることを求めた。指導内容に不安のある生徒には、同じ時間に指導要領に基づく別の授業を行うことも盛り込んだ。

 さらに、学習例として、産婦人科医ら外部講師による公開授業と位置付けることや、「避妊法としてコンドーム、ピルに触れる」などの授業内容を紹介した。都は2018年度、学習例に基づく性教育のモデル事業を5校で実施しており、19年度は対象を10校に拡大する。 

 

==================================

 

 

 

■パンツの教室の講座案内 

パンツの教室◇体験会◇

パンツの教室◇初級講座◇

パンツの教室◇中級講座◇
受講に関するよくあるご質問

お問い合わせ



 

とにかく明るい性教育「パンツの教室」インストラクターの中で、親から性教育を受けて育ったわずか1パーセントのインストラクター

永田 真知子

 

さいたま市は梅雨に入りそうなお天気です。

 

昨年のこの時期の私は、

とにかく明るい性教育「パンツの教室」1期生として卒業し、

私が初めて「パンツの教室」の体験会を開講したのが1年前の6月でした。

 

お父さん、お母さん合わせて12名のかたにお集まりいただき、

性の話を何でも話せる空気感に、

明るく楽しく盛り上がった講座になり、

もっとお伝えしてお役に立ちたい気持ちになったことを覚えています

 

グループで話しをしていただくことがあるのですが、

初対面のお父様、お母様同士でも、

笑顔で性の話をなさっていましたよ。

(事前に男女混合でOKかNGか、お尋ねして調整しております。)

 

 

その講座から1年の間に、

おおくの受講生さんと出会い、

お悩みや実践した結果をお聞きしたり、

現在中学1年になった私の息子の事例も増え、

講座でお伝えできることも増えました。

 

先日は、

「永田先生、積もる話もあるのでどこかでランチとかいかがですか?」

と昨年の受講生さんからお誘いいただいて、

「その後どんなふうに性教育を実践なさっているのだろう、

  お嬢様はどんな反応をなさっているかしら、

 どんなにふうに成長なさってのかしら。」

と想像して、

まるで親戚のおばちゃんのような気持ちで楽しみにしています

 

これからの1年は、

とにかく明るい性教育「パンツの教室」の

体験会・初級講座・中級講座を開講するとともに、

今月任命いただいた

「パンツの教室未就学児施設児童館担当講師」としても、

保育園・幼稚園・公民館・児童館や、

ママさん(パパさん)サークル、有志団体の方々にも、

性教育をお伝えしてまいります。

 

■パンツの教室の講座案内 

パンツの教室◇体験会◇

パンツの教室◇初級講座◇

パンツの教室◇中級講座◇
・ご受講に関するよくあるご質問     

お問い合わせ



 

とにかく明るい性教育「パンツの教室」インストラクターの中で、

親から性教育を受けて育った  1パーセントのインストラクター

永田 真知子

埼玉県さいたま市&東京都内で活動中、

42歳で出産・思春期男子(中学1年生)の母、

「パンツの教室」インストラクター

永田真知子です。

パンツの教室インストラクター200名の中で、

親から性教育を受けて育った

わずか1パーセントのインストラクターです。

 

 

 

 

 

パンツの教室とは

 

「性教育のゴールとは、思春期になった時に笑いながら性の話しができること。」

パンツの教室ではこのように考えています。

 

しかし、親は性の話しをするタイミングを、なかなか作ることができません。

そのためパンツの教室では、パンツでお漏らしなどをして汚す時期から、お子さんと一緒にパンツを洗うことを習慣としていくことで、そこを性の話しの入り口として親子で性を語り合えるようにしてほしい。

そんな思いから「パンツの教室」と名づけました。

 

もちろん、お漏らしの時期を過ぎても、お子さんと性について話せるきっかけ、話す方法はあります。笑いを交えながら男女の性器の仕組みなどを子どもに説明するノウハウもお伝えしていきます。

性教育で大事なことは、「逃げない、怒らない、正直に。」

 

性は恥ずかしいもの・いやらしいものと子どもが誤った認識をする前に、

インターネットなどの間違った情報を信じて子どもが悲しい思いをする前に、

パンツの教室では、内に閉じこもりがちな性教育を、

ご家庭でお母さんがもっと明るく、楽しく、開放的に子どもたちと向き合っていくことができるように、講座を進めていきます。

 

パンツの教室は、体験会、初級講座、中級講座とございます。

初級講座から受講をすることはできますが、

「性教育と言われても・・・。学校では教えてくれないの?」と疑問をお持ちのかた、

「いきなり初級講座はハードルが高いわ。」とお考えのかた、

には体験会をおすすめしています。

 

 

「パンツの教室」体験会の内容

 

●性教育ってどこまで伝えればいいの?~ゴールを知ろう~

●いつから始める性教育~子どもに伝えられる時間は意外と短い~

●防犯~我が子の性格別安全ガイド~

●生き物の生態から性教育を始めよう

 

このような、パンツの教室のエッセンスをギュッと集めた内容です。

体験会の75分という時間ではお伝えしきれない内容やより詳しいことにつきましては、パンツの教室初級講座・中級講座でお話させていただきます。

 

「子どもに性の話しをしてよいのかしら?」

「私に性の話しなんて出来るかしら?」

「我が子に いつから、どのような話を、どういうタイミングで話せばいいの?話しにくいわ。」

とお悩みのお母さんでも、

「これなら、私にもできそう!」

「我が子にすぐに伝えたい!」

という気持ちになる体験会です。

 

      

(注)講座のイメージです。体験会では、写真に写っている性教育カードは使用しません。初級講座で使用します。

 

 

 

こんなかたにお勧めです

 

チェック 赤ちゃんはどこから産まれてくるの?と我が子に聞かれても答えられない。

チェック 子どもがインターネットでHなサイトをみているような気がする。

チェック 性の話しを子どもに伝えられる自信がない。

チェック なぜ、家庭で性教育を伝える必要があるのか知りたい。

チェック 防犯の知識を身につけたい。

チェック 子どもの登下校が心配でままならない。

チェック 性教育を話すきっかけがほしい

チェック 我が子と何でも話せる関係性を築きたい

チェック 我が子には、将来自分も相手も大切にしてもらいたい。

 

 

体験会を受けると

 

チェック 家庭ですぐに実践できる楽しい性教育の伝え方を持ち帰れる

チェック 我が子の性格に見合った防犯の声掛けの仕方を学べる

チェック 学校では教えてくれない防犯に必要な知識を学べる

チェック 親子の笑顔・コミュニケーションが増える

チェック どうして家庭で性教育が必要なのかが解る

 

 

私がインストラクターになった理由

 

「子どもに『赤ちゃんってどうやって生まれてくるの?』と質問されたときにどう答えたらよいのか困ってしまった。」

「性の話しは子どもに面と向かっては話しにくい。」、

という何人ものお母さんに出会いました。

 

私は性に関して比較的オープンな家庭に育ってきましたので、性の話しを口にすることに抵抗が少なく、

「そんなに難しく考えなくても大丈夫。タイミングさえつかめば、言い方さえわかれば、場数をふんで慣れてしまえば普通に話せますよ。」

と、まずはこの事をお母さん達に伝えたいと思い、インストラクターになりました。

 

間違った情報を子どもたちが信じてしまわないうちに、

性をクスクスと笑うような恥ずかしいものと思ってしまう前に、

子どもに寄り添い、

「性についてもいつでも質問できて、子どもに頼ってもらえるようなお母さん(お父さん)が増えるといいな。」

「我が子に性の話をしていなかったばかりに、何も知らない子どもが性犯罪の被害者になってしまったり、うっかり友達に性の事で嫌な思いをさせてしまうようなことが起こらないように、『知識のお守り』をお渡ししたい。」

そんな想いでインストラクターとして活動しています。

 

 

体験会の日程・お申し込み

 

■時間:75分(全部で90分のお時間をいただいております)

 

■料金:3,240円(税込)

◎お友達同士やご夫婦などで使えるペア割引    2名様 5,400円(税込)
◎SNSなどで感想を書いてくださる方 SNS割引   1名様 2,700円(税込)

(事前のお振込みをお願いしております)

 

■場所:埼玉県又は東京都 (会場の詳細は、ご入金確認後ご連絡いたします)

 

男女を問わず、ご受講いただけます。

 

 

■最新の体験会の日程のご案内

 

・7月18日(木) 10:15~11:45

 さいたま市中央区 埼京線与野駅徒歩2分会議室

(大宮駅から東京方面へ2駅で与野駅に着きます。

詳しくは、お申込みお支払い後にご案内いたします。)

 

日時が合わない場合は、

さいたま市周辺及び東京都内で、別の日時でのリクエスト開講も受付いたします。

下記の「パンツの教室」体験会をクリックし、体験会希望日の項目で、「リクエスト開講希望」を選択の上、質問・ご要望欄に希望日時と場所をご記入ください。

 

これまで

埼玉県さいたま市大宮区 大宮駅周辺会議室
埼玉県さいたま市中央区 与野本町駅近会議室(駐車場有)
埼玉県さいたま市浦和区 浦和駅周辺会議室
東京都豊島区池袋 池袋駅近会議室
において
午前・午後・夜間に開催しております。
 

 

 

■お申し込み・問い合わせ

お手数ですが、下記フォームよりご連絡くださいませ。

「パンツの教室」体験会

 

 

体験会を受講せずに、初級講座からの受講も可能です。

初級講座のご案内はこちらです

 

 

 

■パンツの教室の講座案内 

パンツの教室◇体験会◇

パンツの教室◇初級講座◇

パンツの教室◇中級講座◇
・ご受講に関するよくあるご質問     

お問い合わせ



 

とにかく明るい性教育「パンツの教室」インストラクターの中で、

親から性教育を受けて育った  1パーセントのインストラクター

永田 真知子

 

 

【性】は、身近にあるけれど、誰もが触れたがらない。
でも、それは子供の人生を左右する、とても大きな問題。 

 

しかし正しい情報、間違った情報の判別がきかないほどの、
たくさんの情報は、スマホで入手出来てしまう世の中。

 

だからこそ
『内に閉じこもりがちな性教育をもっと、明るく、開放的に
子供たちと向きあえるようになってほしい。』

 

『子供たちに、将来大切な相手ができたとき
お互いを尊重しあえるパートナーシップが築けるようになってほしい』

 

そんな思いから、
とにかく明るい性教育【パンツの教室協会】は設立されました。

大切な『命』について語り合える親子を日本中に増やすことを理念として活動しています。

 

6800人か、読んでいる教科書には載っていない 
とにかく明るい性教育 【パンツの教室】主宰のじまなみ先生のメルマガ登録はこちらから! 

http://pantsu-kyoshitsu.com/agent/?nagatamachiko

 

 

 

埼玉県さいたま市&東京都内で活動中、

高齢出産・思春期男子(中学1年生)の母、

「パンツの教室」インストラクターの

永田真知子です。

 

 

 

 

 

パンツの教室◇中級講座◇とは

 

【パンツの教室 中級講座】は、

パンツの教室 初級講座を受講なさったかただけが

受講することのできる、2日間の講座です。

(3日間、もしくは4日間で受講なさりたいかたは、ご相談ください。)

 

「親子で性を語れるようになる」ために、

初級講座より一層深く学びます。

いわば、性教育の応用編。

4時間×2日間の

合計8時間学びます。

 

 

中級講座の主な内容

 

【受講料】  

合計金額 67,800円 

内訳 受講料66,300円(銀行振込、クレジット可)+教材費1,500円(銀行振込のみ)

 

【受講料のお支払いについて】

4月よりお支払い方法について若干変更点がございます。

受講料66,300円

→お申し込みフォームより協会側へのお支払いとなります。

教材費1,500円

→お申し込み確定後、私永田のお振込口座をご案内いたしますので、そちらに別途お振込みをお願い致します。

 

ご面倒をお掛けしてしまいますが、ご理解の程どうぞよろしくお願い致します。

 

【中級講座①、②】(計4時間 中級①2時間+中級②2時間)

・知っているようで案外知らない女の子の身体編(応用)

・誰かに聞きたい男の子編(応用)
・これさえ知っておけば大丈夫命のQ&A実践編
・奇跡の連続!命の誕生編

 

【中級講座③、④】(計4時間 中級③2時間+中級④2時間)

・誰かに聞きたい性犯罪の防ぎ方(応用)

・スマホ、タブレット、携帯電話の持たせ方

・我が子に伝える愛情アルバム作成

 

中級講座は1コマ2時間で講義し、

通常午前2時間、休憩をはさんで午後2時間で開講しております。

ご相談いただけましらた、1コマ2時間を3日間または4日間に分けて開講もいたしております。

 

 

【主な内容】

初級講座の基礎編を経て、

中級講座では応用できるように

講義をすすめます。

 

お子様に質問された場合に、

どのように答えればよいかも

シュミレーションします。

 

日常会話の一部として、

親子で性の話を

対話できるようになりますので、

親子関係がより親密になり、

信頼関係を築く事ができます。

 

子どもを授かるときから

生まれるときまで、

奇跡の連続であることを具体的に知り、

再確認することのできる内容の講義です。

 

 

講座の最後には、

総仕上げとして

「パンツの教室」協会オリジナルの資料と

ご持参いただく写真を使い、

「いのちのアルバム」を作ります

 

子どもを授かり出産するまでを、

お子さんとわかりやすく語り合え、

喜び合えるものになります。

 

一生の思い出となるだけでなく、

お子様が

どんなことがあっても立ち上がることの出来る

そんな力の湧く「いのちのアルバム」です。

 
 
講座の最新日程・お申し込み

 

2時間×️4回の内容となります。
 
◆日程◆
中級① 2月25日(月) 18:00~20:00  終了しました
中級② 3月 4日(月) 18:00~20:00  終了しました
中級③ 3月18日(月)  18:00~20:00  終了しました

中級④ 4月21日(日)  9:30~11:30  終了しました

①~④まで順番に全て受講して終了です。

 

中級①② 7月 9(火) 10:00~15:00             
中級③④ 7月25(木)  10:00~15:00 (お子様の夏休みと重なるかたもいらっしゃるかと存じますので、日時が合わない場合は、お申込み時点でご相談ください。)
①~④まで順番に全て受講して終了です。
 
◆場所◆
東京都豊島区池袋 池袋駅近くの会議室
詳しい場所は、お申し込み後にご案内いたします。
 
◆お申し込みはこちら◆
お手数ですが、こちらのお申し込みフォームよりご連絡くださいませ。

 

☆インストラクター名に「永田真知子」とご入力ください。
☆お申込みは、講座開催日の5日前が締切となっております。
 
◆お問い合わせ◆

日程が合わない、他の場所でも開講希望、質問などがある場合には、

こちらのお問い合わせフォーム

からご相談ください。

 
 

■パンツの教室の講座案内 

パンツの教室◇体験会◇

パンツの教室◇初級講座◇

パンツの教室◇中級講座◇
・ご受講に関するよくあるご質問     

 



 

とにかく明るい性教育「パンツの教室」インストラクターの中で、

親から性教育を受けて育った、たった1パーセントのインストラクター

永田 真知子