あぐらがかけない、股関節が開かない時には筋膜調整が有効! | 筋膜調整サロン”Private Physio Salon TRIGGER(トリガー)”

筋膜調整サロン”Private Physio Salon TRIGGER(トリガー)”

諦めていたことにまた挑戦して欲しい。皆様にとって「きっかけ」が生まれる場所でありたい。全力でサポートさせて頂きます!


テーマ:

筋膜を整えて健康を取り戻す

筋膜調整セラピストの中村です。

 

 

 

「股関節を開くと付け根が痛い」

 

 

 

ダンサーさんや股関節の不調に悩む方に多い症状ですね。

 

 

脚を外に広げたり

 

内もものストレッチをしたり

 

あぐらをかくような姿勢をしたり

 

そんな時に…

 

 

「あれ???」

 

 

ふとももの内側が変につっ張る

 

開く角度が左右で差がある

 

股関節に常に違和感がある

 

などなど

 

色々な症状が出てしまいます。

 

 

 

このような股関節やふとももの症状の場合

 

 

まずやること

 

 

それは

 

 

筋膜を整えることです。

 

 

姿勢を整えることでも

 

筋肉をきたえることでもありません。

 

 

もちろん

 

 

本当に関節が変形していて、動きが悪くなっている場合もあります。

 

 

が・・・

 

 

病院の検査でも全く問題がない

 

 

または

 

 

問題になるようなレベルでもない場合

 

ほとんどのケースで筋膜が硬くなっていることが多いです。

 

 

 

今回のAさんも脚の開きで左右差があり、右の股関節に常に違和感をかかえています。(※ご本人様の了承を得て掲載させて頂いています。)

 

 

まずはお話から伺っていきます。

 

 

今の症状はいつからあるか?

 

どんな時に症状が強くなるか?

 

 

Aさんの場合

 

3年前からでていて、あぐらをかく時に右だけ硬さを感じています。

 

 

また

 

右側を内股にするのが習慣になっていて

 

姿勢によっては関節のおさまりが悪い状態になってしまうとのこと。

 

 

次に、右の股関節がおかしくなる前の出来事を聞いていきます。

 

筋膜の観点から考えると

 

今ある不調は

 

過去の出来事の影響をとても受けます

 

 

なので

 

 

今回も過去のケガなどを細かく聞いていきます。

 

 

Aのさんの場合は

 

5年前おしりを強打して

 

動けない時期があったそうです。

 

 

この時点で、下腹部やおしりまわり、腰まわりもチェックする必要があるなぁ

 

と考えます。

 

 

 

さて、実際の動きをチェックしましょう

 

 

 

まずは症状のない左側

 

 

問題ありませんね。

 

 

では症状のある右側

 

 

左に比べるとかなり差があるのがわかります。

 

 

左右を一緒にみてみると

 

 

一目了然ですね・・・

 

 

動きを確認したので、次は筋膜の硬さをチェックします

 

 

すると

 

 

股関節以外に硬さがありました!!!

 

 

いくつか優先順位を決めて筋膜調整していきます

 

 

はじめに右足の調整を行ってみると…

 

 

脚の開きは変わらず、軽い感じはあるとのこと

 

 

ふむふむ・・・

 

 

次は、下腹部やおへそまわりの筋膜調整へ

 

 

かなり硬くて

 

 

「わき腹や股関節まわりにひびく!!!」

と、かなり痛がる様子

 

 

これはますます怪しい…

 

 

おなかまわりを調整したあとは

 

 

 

「脚も開くし、動かした時にすごく軽いです!!!」

 

 

 

最初と比べてみると

 

 

 

開き具合も、股関節のおさまりの悪さも改善傾向にありました!

 

 

もちろん施術による炎症が落ち着いてからが本当の反応になりますが

 

今回のように股関節の症状であっても

 

股関節以外の場所から影響を受けていることも非常に多いです。

 

 

その時、ヒントになるのは

 

過去の出来事」

 

 

 

Aさんの場合は

 

過去におしりを強打したことで

 

おしり・下腹部・へそまわりが硬くなってしまい

 

結果として

 

股関節に影響を与えていた可能性が高かったです。

 

 

 

普段から開脚やあぐらをした時に

 

左右の角度が違う

 

開いたら股関節の付け根が痛い

 

ストレッチしても変化がない

 

そして

 

そうなる前に、他のところにケガや不調の経験がある

 

こんな場合は一度筋膜の状態をチェックしてみる必要があるかもしれません!!!

 

===========================================

施術に関するお問い合わせ & ご予約

⇒ こちらから

【ホームページ】
Private Physio Salon TRIGGER
(プライベート・フィジオ・サロン トリガー)
港区赤坂7-6-9赤坂ONビル201

 

===========================================

TRIGGER(東京港区赤坂)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス