【気圧の変化と筋膜の関係とは???】 | 筋膜調整サロン”Private Physio Salon TRIGGER(トリガー)”

筋膜調整サロン”Private Physio Salon TRIGGER(トリガー)”

諦めていたことにまた挑戦して欲しい。皆様にとって「きっかけ」が生まれる場所でありたい。全力でサポートさせて頂きます!


テーマ:

筋膜を整えて健康を取り戻す

筋膜調整セラピストの中村です。

 

 

 

今日は北海道から山陰のほうまで、パッとしない天気のようですね。

 

 

このような天気の時に気になるのが、近年注目されている

 

「気象病(きしょうびょう)」

 

 

これは

 

天候や気圧の変化によって症状が出現する総称のことを表しています。

 

 

「気圧が下がると頭痛がする」

 

「天気が悪いと昔のケガがうずく」

 

 

よく耳にする訴えではないでしょうか。

 

 

 

気象病は「天気痛」とも呼ばれ

 

頭痛や関節痛、めまいなどが訴えとして多いと言われています。

 

 

 

ただし

 

 

 

科学的に全てが解明されていないのが現状ではあります。

 

 

 

原因としては色々あるようで

 

気圧の変化に対してカラダの反応が追いついていない時に発生することが多く

 

特に、自律神経の問題や耳の問題が大きいと言われています。

 

 

 

ですが・・・

 

 

 

研究者によっては

 

 

「気象病に筋膜が関係している可能性がある」

 

 

とも言われているのです。

 

 

 

では、筋膜がどう影響するのでしょうか???

 

 

 

 

筋膜はコラーゲン線維と呼ばれるタンパク質でできています。

 

 

過去の研究で、「気候の変化によってコラーゲン線維などの組織の長さが変わった」という結果がでたこともあって

 

 

筋膜も気候の変化に影響をうける可能性があるのでは?

 

 

と、考えられるようになったのです。

 

 

 

この研究をもとに考えていくと

 

筋膜に伸び縮みする十分な弾力性があった場合

 

気圧や気温の変化にしっかりと対応することができ

 

カラダに加わる余計なストレスを吸収できる

 

このように考えることができます。

 

 

逆に、筋膜が硬くなっている状態では

 

 

気候の変化に対応できず、ストレスを吸収することができない

 

そのため

 

筋膜の中にある痛みを伝える神経や、正しい関節の位置を伝える神経などが過剰に反応してしまい

 

痛みやめまいなどの不調につながっているかもしれない

 

このように考えることもできます。

 

 

 

特に

 

・皮ふ

・浅筋膜(せんきんまく)とよばれる筋膜

・脂肪

 

と呼ばれる組織たちは

 

気温や気候を含めた環境の変化などのカラダの外側の情報を、内臓や神経などカラダの内側に伝える役目がある

 

と言われています。

 

 

 

この部分が硬くなってしまうことで

 

上手く情報伝達ができなくなってしまっている

 

 

そのため

 

 

カラダの外の情報と内側の内臓の働きとの間で折り合いがつかなくなってしまい

 

 

結果として「不調」として現れている

 

 

そう考えることもできそうですね。

 

 

 

 

「気象病は確実に筋膜が原因だ!!!」

 

とは言えませんが

 

 

筋膜のトラブルによって気象病のような症状が起こる可能性もゼロではない

 

 

そう思っています。

 

 

 

 

秋、真っ只中で気温や気候の変化も激しい季節になってきました。

 

「天候によって体調が変わるけど原因がよくわからない」

 

「良いとされることをやってはみるものの変化がわからない」

 

このような場合は一度筋膜の状態を調べてみても良いのかもしれません。

 

===========================================

施術に関するお問い合わせ & ご予約

⇒ こちらから

【ホームページ】
Private Physio Salon TRIGGER
(プライベート・フィジオ・サロン トリガー)
港区赤坂7-6-9赤坂ONビル201

 

===========================================

TRIGGER(東京港区赤坂)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス