やはり外脛骨の痛みは筋膜が関係していた〜13歳A君の場合〜 | 筋膜調整サロン”Private Physio Salon TRIGGER(トリガー)”

筋膜調整サロン”Private Physio Salon TRIGGER(トリガー)”

諦めていたことにまた挑戦して欲しい。皆様にとって「きっかけ」が生まれる場所でありたい。全力でサポートさせて頂きます!


テーマ:
「筋膜を整えて健康を取り戻す」

筋膜調整セラピストの半田です。





以前から

「有痛性外脛骨(ゆうつうせいがいけいこつ)」の症状が

筋膜調整にて改善出来る可能性が非常に高い

ということをお伝えしてきました。







今までの施術経験とその結果から

さらにその可能性を感じざるを得ない結果が出ています。







今回も

「有痛性外脛骨」といわれた足の痛みが

筋膜調整にて改善出来たケースをご紹介させて頂きます。
(*掲載に関しまして了承を得ております。ご協力ありがとうございます。)






お子様が部活動をしていて

有痛性外脛骨が原因だとされている痛みで

部活動や休むことを余儀なくされ

指示通り休んだけれども

症状がぶり返したり

良くならなかった場合

その原因は

外脛骨ではなく

「筋膜」にあることが考えらます。

症状改善のきっかけになるかもしれません

是非ご一読ください。







以下,症例紹介です。



A君(仮称),13歳

バスケットボールをしています。

足の出っ張り(外脛骨)が痛みだしたのは1年前から

医療機関等で

一定期間の安静と湿布での対処を指示されるも

変わらず。





まず

筋膜の状態を悪くしているエピソード

例えば

骨折や捻挫

手術の経験など

それらが無かったか聞いていきました。

が,それらはありませんでした。





他の場所の痛みや

今は痛くないけど,前に痛かった場所も

筋膜の状態を調べるうえで大切な情報になります。

すると

2年前から膝が痛いようでした。






また

小学生や高校生の場合

腸の調子が悪かったり

小児喘息だったなど

内臓に関連した情報も大切になります。

が,それはA君の場合特にありませんでした。






こららを時間経過でまとめてみると

下の図のようになりました。



膝の痛みから足の痛み(外脛骨)へ

つまり

体の上の方から

下の方へ症状がひろがっていることが疑われました

その後

左の膝も痛くなり

現在は

左右の膝と,左の足が痛い状態でした。






経験上

小学生〜高校生で

外脛骨部分の痛みを訴える人には

脚だけではなく

胴体の部分に筋膜の問題があることが多いので

胴体の部分も調べました

すると

下の図のように筋膜の状態が悪い部分がありました。





早速,筋膜調整





胸の方から施術を開始

右の太ももの施術が終わると

膝の痛みはこの段階で両方とも消失!!!







しかし

右足の痛み(外脛骨)はまだ10⇒5くらい

痛みは残っていました。






次に右膝の施術

すると右足の痛み(外脛骨)は残り1くらい






そして最後に足の親指近くの筋膜を調整

すると


足の痛み(外脛骨)は消失!!!

出っ張っている骨を触ると痛いという症状も消失。

触っても痛くなくなりました!!!






ここで注目して欲しいことが2つあります。

1.「外脛骨」の出っ張りはそのままだけど,痛みが無くなっていること

2.痛みのある場所ではないところの施術で,外脛骨部の痛みが極端に減っていること




つまり

外脛骨が原因と言われたことのある

中々改善されない足の痛みは

痛みのある部分とは違う場所の筋膜が原因になっている可能性がある

ということです。







A君のように

足や膝が痛くても

胴体や太ももの治療が必要だったケースも本当に多いんです。






もしお子様が

外脛骨の痛みで

なかなか改善に至らず

部活動を休むことを余儀なくされているとしたら

筋膜を調整することで改善へのきっかけになるかもしれません。





***************************************

お問い合わせ & ご予約はこちら


【ホームページ】
Private Physio Salon TRIGGER

(プライベート・フィジオ・サロン トリガー)
港区赤坂7-6-9赤坂ONビル201

***************************************


TRIGGER(東京港区赤坂)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス