アメリカの医者が「どれくらい痛みますか?」と聞く時によく使うフレーズ | Tricolor Language
新型コロナウイルスに関する情報について

Tricolor Language

渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。
講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。
なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。

こんばんは、Jayです。


海外旅行先で病気になったりケガしたりしてお医者さんに診てもらう時は言葉の壁があって日本で診てもらう以上に不安になったりするかと思います。
今朝はアメリカのお医者さんが「どれくらい痛みますか?」と患者に聞く時によく使われるフレーズをお教えします。

「どれくらい痛みますか?」
“On a scale of 1 to 10, how much does it hurt?”

痛みを“1~10”(弱~強)で表すように聞いてきます。
数値で表す事により患者さんの感覚とお医者さんの感覚に出来るだけズレが生じません。
さらに同じ言語を喋るもの同士だけでなく、英語がわからない外国人が痛みを伝える時にも役立ちます。

“痛み”だけでなく“疲労具合”や“お腹の空き具合”などなど、いろんな場面で“on a scale of 1 to 10, ~”で使えるので覚えておけば皆様も役立つ時があるかと思います。

関連記事:
体調崩したかも…
体調が悪い
鼻が詰まる
鼻水が出る
○○医
体調を崩したらアメリカで食べられているもの
薬の強さ
予防接種後のお風呂

Have a wonderful morning 体重測定