二人暮らし+ichi+

二人暮らし+ichi+

夫とわんこと暮らす専業主婦です。
日々穏やかに過ごせたらいいな~っと思っております。



テーマ:

新居の水漏れが発覚して、引っ越しが延期となりました音譜

と言っても、その事でオーナーから防音室の代金が浮いたんだから大目にみてね的な発言があり、引っ越しが延期になっても引っ越しのキャンセル料を支払う気がないとか、工事中の家賃も返してくれないと受け取れたので不動産屋に連絡。

不動産屋の社長はそれは当然支払われるべきだと言ってくれたものの、オーナーと直接話をしようと思っても取り合ってもらえず。

仕方なく弁護士に相談し、防音室キャンセルの時点で契約不履行としていれば全額請求できたのにと、少々ここに住みたい気持ちがあったので曖昧にしてしまったのが残念でしたが、請求できるものと出来ない物をきっちり教えてもらって16日に契約解除と返還請求の話し合いをする事に。

なんだか面倒な事になってしまいましたが、それを相手が受け入れないのなら持ち帰って下さいと弁護士から言われたので一安心です。弁護士に相談する事でお金はかかりますが、返って来るものに比べれば1割程度の費用なので、相談してあるという安心感は大きい。

話し合いに1時間立ち会っていただくのに1万円から3万円という事でしたが、ひとまず相談してある事を伝えれば相手は面倒を起こしたくないのでおそらく素直に応じるという事でした。

 

それが6日の話。

 

5日には急に自宅マンションの内覧が入り、引っ越しが終了して落ち着いたらご案内という予定だったのですが、他の近くの物件を案内するのでついでにちょっとという感じで見ていただく事になりました。

聞けばタワーマンションなど随分良い所も見てきたそうなのに、うちの話しかしていませんでしたと、我が家のちょっとした付加価値の部分を大変気に入られてしまったようで、即申し込みをされてしまいました。

というわけで5日にマンション売却が決まってしまったのに、6日には引っ越し先をキャンセルしようという話で、住む家がなくなってしまいました爆  笑

 

慌てて、希望の駅3駅の賃貸情報を見て、楽器相談の物件に片っ端から(ってそんな数ないんですが)問い合わせ。

楽器相談ってそもそもピアノを置けるって話じゃないんですよね;

7件ほど見つけて、そのうち住めそうなのは3件ほど。

グランドを置いて良いと言ってくれたのは1件のみでしたあせる

16日にその物件を見て良ければ契約するお約束をしたので、ひとまずマンションを引き渡しても住める場所は見つけました。

 

ですが、やはりそんなところは家賃も高く、これなら中古マンションを買っても良いかなと思ってきて、中古マンションを探していたら、私の理想の広さ55㎡で理想の間取りに不要な設備のないマンションを見つけてしまいました。

夫も気に入ってくれたので結局そこを買おうかなって話にあせる

でも調べていたらやはり新築価格よりもだいぶ吊り上げられていて、買う気がなくなり。

我が家も購入時より高く売っているわけでやはり今買ってはいけない時だなと実感しています。

 

なのでとりあえず少々家賃が高くても今は賃貸ニコニコかな・・・

自宅を空けるのは9月いっぱいで良い事になったのでまた少しゆとりが出来ましたが、住民票を新居に移してしまっているのでこれを戻そうか、戻さずに次の転居先に早く移ろうか?色々ごたごたになってしまいました。

 

これまでの住み替えがスムーズすぎたのでこんなごったごたは初めてなんですが、4件目ともなると理想がハッキリとしているので簡単には買えなくなったという事なのかな~。

次の購入は一生住みたいとも思っているので慎重です。

やはり賃貸に落ち着いて、不動産価格が下落すると言われているオリンピック後や2022年問題と言われる生産緑地のなんたらなどを考えると購入は4年後ぐらいがいいのかな~。

 

レッスンは9月からと先生とお約束だけしましたが、9月では家の事がまだまだ落ち着かなそうですしょぼん

どうなる事やら汗

 


テーマ:

先月18日に防音屋さんにお部屋を見ていただき、そこから最短で8月4日に工事が出来るというので防音室を設置していただいて、3畳タイプだと後からピアノを入れるのは大変らしく、設置過程でピアノを搬入したいと運送業者さんの希望もあって4日にピアノの件は全て落ち着くはずでした。

はずでした・・・。

30日には防音屋さんの最終的な確認と、ピアノ運送屋さんの下見に来ていただいて、1階なのに少々乗り越えなければならない柵があり、クレーンかという話にまで発展したのですが、幸いその柵がこちら側の持ち物でオーナーさんが外してくれるというので手作業で済むという事に。

でも1階だからって、下見はしなくていいのでは?と運送屋さんの方から言われていたのでこれが当日だったらと思うと搬入出来ないという話になるので本当に下見に来ていただく事にして良かったと思いました。

防音室の契約もして、手付金もお支払いしました。

防音室は3畳タイプのアビテックスDr40のものでDr35のものとして見積もりしていただいた金額だったのでラッキーでしたよと言っていただきました。

もうこの防音屋さんを紹介くださった歌の先生とは関係ないので私が割引していただく義理はないはずなんですが;

 

と30日に色々な準備が整ったのですが、昨日31日になって、ちょうどその日、水漏れがあるらしいとオーナーさんも部屋にきたりで、柵の件でオーナーさんとピアノの運送屋さんともお話していたりで、急に防音室とピアノを合わせた重量を随分気にされていました。

だから最初に床下の補強をしていいか許可をもらったはずだったのですが・・・かといって、防音屋さんもダメな床はわかるという事でここは大丈夫と言われたし、オーナーさんも床は直したばかりだから補強はしなくていいのでは?という話もあり、そのまま設置という事になっていました。オーナーさんは防音室がどういうものかわかってなかったという;

結局、防音室とピアノの正確な重量を見てみると、防音室が705キロ、ピアノが320キロで人と楽譜が入って約100キロと考えると1100キロを超える。

せいぜいグランドピアノの重さが300キロちょっとだと聞いていたオーナーさんに1000キロちょっとと伝えるとちょっと防音室はやめてくれないかというお話にあせる

なんだかここまで決まってそれはないだろーと、防音屋さんになんて言えば・・・昨年引っ越しするかもな時にすでに一度キャンセルしてる事もありダウン

 

それではもうここに防音室を入れる事は出来ないという話になるので考えた

・引っ越しをせず、現居に防音室を入れる

・防音室を入れずに引っ越しをする

このどちらかにするしかない。

でもすでに30日に住民票の移動まで済ませてしまったところ。

エアコンも2台、ガスコンロも購入して設置を待つだけ、水道の蛇口も30日に浄水器内蔵型のものを購入して取り付けてもらったばかりと、すでに新居に随分お金をかけてしまっていて、とても引っ越しを取りやめるなんて考え難いし、そもそもの引っ越し理由を考えても引っ越さないというのもねぇ・・・という感じ。

 

ひとまず防音屋さんにオーナーさんからの話と夫と相談して1晩考えたい事をお伝えしました。

防音屋さんの話では、床が抜けたりしたことはないと言うので、それなら直接それをオーナーさんに伝えてもらえないかとお願いすると、それは出来ないとビックリマーク

もしもオーナーさんに大丈夫ですと言ってしまって何かあったら責任が取れないと言うのです。

そして大丈夫とは言い切れないと??

それを夫に伝えたところ・・・夫激怒むかっ夫が怒るのはとっても珍しい爆  笑

なんの仕事なの?なにに高い金額払っているの?設置するだけして終わりなの?って。

防音室自体の保証はしてもその周りは知らないよってわけですね。

中にわんこや私がいて大丈夫と言い切れない物を設置しちゃうってわけですよね。

と受け取れる。

私も防音室キャンセルなんてとても言い出せないと思っていたのですがこのお話を聞いて、申し訳ないと思った事が本当にバカバカしく感じてしまいました。

大丈夫と言いきれない物を設置するなよっ!!

だったら大丈夫と言い切れる設置のしかたをしないのかはてなマークって思うのです。

 

で、オーナーさんもこれまでピアノの苦情などはないし、(ヴァイオリンの苦情はあったけど夜中に弾いていたという話です)防音室必要なの?って。

でも我が家の場合ピアノはどうでも私が時間の調整や多少の音対策は出来るので、わんこのお留守番の鳴き声対策というのが第1だったのでそれも伝えると、住みながら防音が必要ならオーナーさんの方で対策してくれるって話になって爆  笑

そんなお金もかからないし、高い防音室入れる必要ないでしょって汗

色々手広くされているオーナーさんで、線路沿いのマンションの防音も自分がやったというので、まぁそれでいいって言うならそれ以上言う事もないし、わざわざ高い防音室を入れる必要もないって話でまとまりましたあせる

 

というわけで防音室設置しません。スミマセン爆  笑

でもなんか本当に防音室ってそれでいいんですかねぇ・・・我が家のピアノを置いている部屋の床もピアノを置いているほうに傾いてきていて、天井と壁の間に隙間ができています。
これが防音室も入れた重さだったらと思うと本当に床が落ちそうな気がします。
築年数や分譲だから大丈夫なんて事ではない話だなと感じます。
 
 
というわけで、将来家を建てるとかそういう時になったら最初から防音室を建築屋さんに作っていただくのがベストかなと感じております。
今回の事で大きなお金がかからずに済んだのは良かったですが、暮らしてみないと音の問題はわからないので今後どうなるか?
引っ越しは9日音譜

テーマ:

ミニマムな暮らしに向けて、ちょっと書いて行こうかなと思います。

ピア友さんから防音室はどんななの?というご興味も持っていただいているのでその事も含め。

 

8日、お部屋の契約をしてきました。

7月15日にはカギをいただけるのですが、引っ越しは防音室を設置していただき、ピアノのお部屋が完成してからです。

とにかく小さいお部屋なのでそうしなければ大変な事になりそうであせる

「狭い」と言うとなんだかネガティブに感じて、「小さい」と言う事にしました爆  笑どうでもですが。

 

防音室は中古で箱型のものを探してもらっています。

おそらくC3がギリギリ入る3畳タイプしか入りません。

とにかくお部屋が小さいので、サイズが合わなければカスタムタイプを新品で買うしかないかもな感じです。

ここにお金をかけたくありませんがあせる

賃貸なのでいつまた引っ越したくなるかという事もあり、やはり一般的なお部屋のサイズに合わせてある定型タイプのものが一番かなと思っています。

音響がなんだとかそんな贅沢は言いません。とにかく、気兼ねなくピアノが弾けて、わんこの留守番時に鳴き声が漏れなければそれで十分だと考えています。

と言っても、今回のお部屋は3方角部屋で、周辺もマンションなので上にさえ聞こえなければ大丈夫といった感じです。

1階なので下を気にする必要もありません。

上階の騒音問題を経験してから下に人が住んでいる事の方が気になり、それ以来1階か下がエントランスなどの2階を探して住んでいます。

ついこの間は戸建てを購入しようと考えておりましたがやはり物音が怖いので色々あってもやっぱりマンション派です。

 

18日に防音屋さんがお部屋の採寸に来て下さる予定。

そして防音室候補のお部屋が2つあり、当然ここでしょって所は5畳ちょっとしかなく、リビングの窓が防犯上よろしくないのと、6畳ちょっとあれば3,5畳タイプも置けるかもで6畳のリビングにドーンと置いてしまおうという案もあり、どちらにするかもこれから防音屋さんと相談します。

私はリビングに置きたいのですが、夫は5畳がいいみたい汗

 

その防音室そのものもまだ未定で、設置工事日もいつになるやらで落ち着かない日々。

引っ越しの業者や、不動産業者も早く決めたい所なのですが。

今は18日を待って、お話を聞いてからでないと動けないという状況です。

 

今回、マンションの売却はゆっくり考えているので、急いで引っ越しをする必要もなく全ての荷物をすぐに運ぶ必要もないので(家が売れてしまうと焦りますが)自分で運べるものは持って行かずに生活しながら厳選する予定です。

車を手放すのもそういった事が落ち着いてからです。

なので8月末までには片付ける予定でこっちとあっちを行き来する感じで。

当分落ち着いてピアノも弾けないかもで、すでに弾けていませんあせる

9月には落ち着いたとしても、3か月ちょっとの準備期間で発表会はどうしようかなと思い始めています。

なんだかリストを読み始めてからあまり気が進まない感じもあったり・・・

 

昨日は転居先で使うものを決めていました。

楽天で見て、良いなと思ったものを全部カートに入れ・・・間違って全部買ってしまったら恐ろしい爆  笑

そんな事ばかりやってピアノから逃避しているような気もしますがあせる

まぁまずは物を小さくしなければ快適に暮らせないので物を小さくすることを考えていました。

その事はまた音譜


テーマ:

やはり引っ越すことになりました爆  笑

 

結婚してから4件目。

周りには「またですか」と言われてしまいますが、今回は「はずみ」をつけられる出来事があり。

 

昨年の発表会の反省から、もっと小さな家で全てに手が行き届き、最小限の生活をして、もっとピアノに打ち込める環境をつくりたいと思うようになりました。

それでそんな思いにピッタリの戸建てを見つけたのですが、書類上のトラブルで取りやめ。

もう引っ越さずにここでそういう生活をしようと思ったけど、やっぱりなんだか落ち着かない。

マンション自体にも、家の中にも無駄と感じる設備が多すぎるのです。

そして家が広ければ扉も多いし壁も広いわけで掃除が行き届かないのが気になって仕方ない!

 

約50、60、70㎡と住み替えてきましたが、ピアノがあって二人暮らしに最適だと感じたのは60㎡でした。

電子ピアノの時は50㎡で充分でした。

でも次は44㎡と過去最少に挑戦爆  笑

もちろん荷物は引っ越すたびに減らすのに生活していれば増えていくし、部屋が広くなるたびにものが大きくなるしで今は最大です。

これをどう手放し、どう44㎡に納めるのか。

やる!という気持ちと自信のなさが交錯していますが;やるしかない。

いや、やりたいから引っ越すわけで。

 

そして、この引っ越しのはずみとなったのが、実は我が家のわんこの鳴き声がお隣に聞こえていたようであせる

 

「ペットの鳴き声に注意」というようなお知らせがあり、もちろん我が家を特定するものではなかったのですが、念のためという程度の気持ちでお隣に確認に行きました(夫がね)。

 

するとなんとその犯人は我が家だったのですダウン

 

お隣には引っ越しのご挨拶で「ピアノと犬がいるので音が漏れるようでしたら言ってください」と言ってありました。

だからって言えるもんじゃ~ないですよね汗

お隣のご主人は夜勤のある方で、明けで帰ってきて寝ようと思ってもうちのコが2,3時間吠えている事がありうるさかったのだそう。

私は朝から目を覚ますために、喫茶店に行って本を読んで買い物をしてお昼ごろ帰るという日が週に2,3回あるので、そのペースも微妙に夜勤明けに当たってしまっていたようなあせる

でも自分が夜勤である事のほうが世間とズレているわけだし、ペット可のマンションだしでなんとも言いようがなかったようなのです。

それはそれは本当に申し訳なく感じ、3年ちょっとの間我慢させてしまったわけですから、そう思うと本当に辛かっただろうなと。

もうこれは「一切の音を漏らしてはならぬ!」と夫と共に誓いました。

 

実は我が家も上階の子供の足音に悩まされ、ついに苦情を出したら逆切れされ1回目の引っ越しをしているので、騒音問題の被害者のお気持ちは痛いほどわかります。

音が聞こえても、うるさいと感じてもそんなに簡単に苦情なんて言わないのだという事。

半年以上は我慢をしているのです。

苦情を言うというのは本当に本当に最後の最後という状態で我慢が出来なくなった時なのです。

直接でなくとも管理会社に言うにしてもです。

 

ピアノの苦情があったとブログに書かれていて「弾いていい時間にちょっと弾いてるだけ」というような認識の方がいて本当に驚きますが、本当に恐ろしい事です。

被害者だってそんな事言いたくないのだという事を理解して欲しいなと思います。

そして苦情があったらその場で謝るだけでなく「謝罪」に行って欲しいなと思います。

というかそうしないと危険だと感じるのです。

と思う程、私自身がそういう精神状態であった事があります。

 

もちろん我が家も夫が聞きに行き、その場で謝罪をしましたが、改めて菓子折りとこれまで我慢させてしまった事へのお詫びとして商品券をお渡ししました。

相手は怒っているわけではないし、そんな物や金銭を要求しているのではない事はわかっていますが、こちらの気持ちとして、申し訳ないという気持ちと相手を理解したという気持ちを伝えるためです。(実際にそう「言う」わけではありませんが本当に理解したという気持ちは言葉の端々や態度から伝わるものだと思います)

 

そして、一度我が家の出す音に敏感になってしまった身体は私たちがどんなに謝罪をしてももう治りません。

「ワン」と一声でも聞こえれば「イラッ」とするのです。

ごくごく常識的な人間が苦情を言うというのはそういうレベルだと思うのです。

 

なので、ピアノの部屋に防音室を作り、犬の留守番はそこでさせるようにとも考えましたが、ちょうどずっと引っ越したいと思っていたのだから、「この際ビックリマーク」とはずみがついたわけです。

 

そして、苦情が明らかになった翌日にはペット&楽器可の物件を見つけて即申し込みをしてきました。

ずっと分譲でないと犬とピアノは無理と思っていたのですが、今度は賃貸ですビックリマーク

これもすごいタイミングで見つけた感じでした。

最近まで音大生が住んでいてグランドピアノを入れていたというのでピアノも安心。

もちろん今度は防音室をきちんと作ってもらいます。

 

家も車も手放します爆  笑

そこまでするか?って感じですが、また必要なら必要な物を必要な分だけ手に入れれば良いと思うのです。

築年数も古く、キッチンもなんだか古めかしいし、ガスのコンロ?なんて自分で買うのか良くわからないのですが、そういうやつだし(笑)
食洗器なんてもちろん付けられないだろうし汗洗い物が嫌いなのでこれだけはちょっとネックですが。

神田川の歌みたいなイメージ?で小さな暮らしが本当に楽しみなのです音譜

やっと気持ちが落ち着きそうな気がしますニコニコ

変な人~だろうなw

でも、なんか・・・このなんでも便利に揃ってなんだか何かが無駄になっているような?近代的な生活に違和感を感じて仕方がないのです。

 

というわけでまたまた自分を植え替えてみる音譜


テーマ:

レッスン終了後、発表会の選曲について提案していただきました音譜

先生にお任せコースだったので考えておいてくださったよう。

 

昨年の発表会の帰り道「ショパン弾いていいわよ」って言って下さったのですが「まだまだですっ!」ときっぱり言って、結局やはりショパンなんて提案されないし、まだまだなのだと自覚があります。

バッハさえ3声になるとわけわかりませんからしょぼん

特に絶対にショパンのこれが弾きたいというのはないのですが、エチュードで何曲かは手をつけたものもあるし、弾きたい曲もあるのでいつかは弾きたいとは思っています。

この1年はモーツァルトさえも終了できずにいたし、バッハも全然進められず、何も成長がないので何の曲かと言うよりも作曲家は誰かという事の方が気になりました。

初めてのレッスンでブラームスもまた音の出し方がという事でお預けだったのでこれも違うだろうなと。

なぜ初めての発表会がシューマンだったのか不思議なのですが汗

 

そして先生は何も言わずにCDをかけ始め流れてきたのは・・・

 

1曲目はリストのため息

2曲目もリストで2つの演奏会用練習曲1番森のざわめきでした。

 

そうきたかと妙に納得した感覚爆  笑

「今の貴方ならどちらでも弾けますからどちらでも良いですよ」と言うので、ため息はちょっと練習がダレそうな気がして、変化に魅力を感じたので森のざわめきに即決。

誰だったか、ピアニストさんが良かったんだろうなラブラブ

家にはペライアさんのCDしか見当たらず、久々に聴きましたがあーこれ聴いてたら先生に怒られそうだなと感じました。でもやっぱり好きなんですけど汗

 

発表会は毎年恒例で、レッスンでの思い出の曲的なものも全員弾くので、モーツァルトもって前回言われた気もする。

12月までモーツァルトを維持するのは厳しい気がするのですが。

 

バッハはフランス組曲が半端になってしまったので、新たにイギリス組曲2番プレリュードを提案していただきました。

平均律でも良いわよって・・・少々厳しいと思いましたが6番か15番あたりなら弾きやすいほうだと教えていただきましたが・・・

「貴方そんなにやったら熱出るわよっ!!」って言われてしまいました。

そんなにやりませんっ・・・てか出来ませんっあせる

本当にいつもバッハに取り組むまでには時間がかかる。

まだやる気がでません。

考えているだけで・・・


 

熱出た爆  笑

まだ何もやってませんがっむかっ

あ、元気ですので~音譜

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス