全日本選手権 中学1年生 | ROBOGATO Jr. Futsal Club

ROBOGATO Jr. Futsal Club

東海フットサルリーグ1部ROBOGATO所属
GAViC契約選手 2013年~
フットサル指導者 サッカー指導者

豊田にてJrフットサルクラブの指導を行っています。
カテゴリーはU-8 U10 U12 中学生です。
興味があるかたはぜひご連絡下さい。
随時無料体験をしています。


テーマ:
全日本選手権 中学1年生


1試合目 
ROBOGATO U-13 VS 名古屋オーシャンズU-15

0-1

中学1年生で中学3年生に挑む形。同じ土俵に立てば確実にフィジカル、スピードで負けてしまう。どのように相手を苦しめるのかを考える。
フィクソにリョウタを置き、ギンノスケ、イオリ、アッキー、リクが相手を限定し危険なエリアでは勝負をさせない。入ってきた場合でもリョウタがシャットアウト。そして遠目のシュートはゴレイロユウキの集中力に任せる形。
チャンスは前半、後半通じて3回あればいいかなと予想。前半我慢してカウンターからイオリがシュート。バーを叩く。
そこから相手がボールを持つ形が続くが前半が終わり0-0同点。
後半に入っても相手の攻撃が続くが最後の場面ではカラダをはり防ぐ。
ゴレイロのユウキを使い前半から相手の攻撃をかいくぐりチャンスが何本か。
後半残り5分。自陣にて相手ボールかマイボールかがわからない形でのキックイン。相手に先に蹴られ陣形が整わないうちにゴール前にフワリと浮かせてヘディング。一瞬の気の緩みが失点へ。全員が油断をしてしまった。
そのまま最後まで集中を保ち続けたが0-1で負け。
点を取られた場面だけが悔やまれる。作戦通りに行っていたがその一瞬でやられた。
会場中の誰もがここまで苦しめるとは思ってなかったと思う。この試合で多くのことを学ぶことができた。

2試合目
ROBOGATO U-13 VS TWINS
中学2年生もツインズと当たったがツインズの子どもたちは2年生かな?
2セットを組み勝負。
ファーストセットはリョウタ、イオリ、ギンノスケ、アッキー。
セカンドセットはリク、ダイチ、リョウガ、ソウタロウ。
お互いにカラダを張った勝負。戦術的にも練習通りにいった場面やアイディアを多く出してくれた。
ファーストはバランスが取れる選手が何人かいてその中でアイディアを出しながら攻守において面白い展開を見しくてれた。
セカンドセットはリクのアイディアがどうピッチに表現ができるかが鍵。怪我をしてから動きにキレがなかったが戻ってはきている。ダイチのフィクソとしての能力が上がってきたこと、リョウガの闘争心と技術アップ、ソウタロウの攻撃センスにより一進一退の攻防だったが先制点をあげるも追いつかれ逆転

1-2

見てる人は楽しかった試合と言ってくれるが勝ちきれる展開だったかな。

コーチも楽しかった。小学1年から観てる子どももいるけどみんな上手く強くなったな。


後は審判さん、リスペクトはしてますがお願いしますわ。。。色々と。こっちは真剣なんで。








ロボガト10さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス