全日本選手権 | ROBOGATO Jr. Futsal Club

ROBOGATO Jr. Futsal Club

東海フットサルリーグ1部ROBOGATO所属
GAViC契約選手 2013年~
フットサル指導者 サッカー指導者

豊田にてJrフットサルクラブの指導を行っています。
カテゴリーはU-8 U10 U12 中学生です。
興味があるかたはぜひご連絡下さい。
随時無料体験をしています。


テーマ:
全日本選手権

ROBOGATO U-14

4チームでの総当たり1位が決勝トーナメントへ


1試合目 ウイングフットサルクラブ

2-0

2試合目 ツインズ愛知

1-2

3試合目 ユニアオU-15B

2-0

予選突破ならず。

1試合目は全体的に集中して試合に取り組むことができ3年生相手にも臆することなく挑むことができた。相手は人数が少なくハーフからの守備。取られどころが悪くカウンターでの失点には注意。攻守の切り替えを早く陣形を整えればやられないと確信。
細かいところでのミスはあったが最後の場面ではカラダを張り止める。やはり課題の決定力の部分で苦しい展開もあったが2-0で勝利。
決定力は半年もすれば確実にカラダが出来上がってくるのでシュートレンジという部分では広がってくるはず。

2試合目
個人的に2試合目のツインズ戦がカギになってくると思っていたのでチャンスをどちらかが決めきるか簡単なミスを少なくするのがポイントになっていた。先に先行される展開になったがリヒト、ユウのコンビネーションから同点へ。ユウの得点は痺れた。
前半終わり1対1。
同点で終わると得失点差では分が悪いと感じていたので勝負に出る。安定のボンちゃんから、足元もあるツバサへ交替してゴレイロも入れた攻撃シフトへ。
一進一退の攻防が続くが第2PK外からのシュートが決められてしまう。普段の状態では止められるコース、威力ではあったがこれが公式戦の怖さ。
決定的なチャンスもあったが決めきれずことができずタイムアップ。フィジカルの部分での少しの差が出てしまった。

3試合目
得失点差で上へ進める可能性があり。可能性がある限り諦めない姿勢で試合へ。いつも対戦をしているユニアオ。相手がなにをしてくるか、どういう選手かも理解している。相手もそれは同じ。止めて蹴る運ぶ奪うをどちらが上回るか。全体的にスタートで出てたメンバーは後半体力切れ。リフレッシュなアツ、ソウタロウも出場。決定的な場面を作らせず試合を有利に運び2-0で勝利。
次の試合のウイングとツインズの結果次第では上へ上がれる可能性があったが追加点が取れず。

ツインズ、ウイングはツインズの勝利。

2勝1敗で惜しくも突破ならず。来年度が本番!!3年生と本気で対戦したこの大会は必ず良い経験になる。
ここから1年で何を考え取り組んでいくのか。どこを目指すのか。自分たちで決めてみよう。








ロボガト10さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス