プクッチ劇場

ギャンブル魂の真実


テーマ:

              ギャンブル魂の真実



 今日は真面目にFXとギャンブルについて語ってみましょう。



 ちょっと前に、FXというギャンブルの種目は思考的には麻雀に似ているが、確率的にはバカラに似ていると言った。


 バカラをやった人ならわかると思うがバカラはあっと言う間に大金を摺ったり儲けたりすることが出来る。


 この辺、駒の上げ下げで、得る勝ち金が変るわけだが、バカラに慣れてない人は押し目というのがわからない。


 ここ!という場所で勝負を仕掛けないと確率論的には2分の1であるからテラ銭分だけ負ける。


 そうした勝負の目を読まないといけない。



 FXとはテクニカルで動いてるわけではない。


 究極的に言うとファンダをトリガーとして相場を動かそうとするYAKARAの思惑によって動いていると言って良い。


 つまりは下に行くか上に行くかはYAKARA次第とも言える。



 こうした相場に駒を張るのが我々、個人トレーダーというものだ。


 つまりは他人任せの目に駒を貼るわけだから、こうした面でもバカラに似ていると言える。



 バカラで大切なのは目を読むこと、そして勝負と思ったら攻めること。


 これが勝つ極意だ。


 駄目だと思ったら席を立つ。


 この繰り返しの中でトータルで勝つのがバカラというギャンブルだ。



 皆さん、ローソク足の見方はご存知ですね?


 知らないと言う人はもう一度、一から出直して来い、このスットコドッコイ!です。


 しかし、一応、皆さんの見方を統一させるためにローソク足の見方をリンクしてみました。→ローソクの足の見方



 はい、スットコドッコイの人もわかりましたね。


 では次にどんな足でも良いですが、チャートを見てみましょう。


 一応、分かりやすいように日足、動きが大きいポン円のチャートを載せてみました。



プクッチ劇場

 

 陽線は白、陰線は赤にしてみました。


 バカラにおいて出た目を記録するということがあります。


 わざわざ表示してくれるカジノもありますが、大抵はそれ専用の用紙があり、自分で書き込むというのが普通です。


 

 FXを一日という単位で見てみると陰線か陽線でしかありません。


 これをバカラ的視点で見ると陰線に賭けるか陽線に賭けるか、ということになります。


 このチャートは日本時間07時で更新されているはずですから、この時間に白か赤に賭けるとします。


 そして次の日の同じ時間に手仕舞いするとしましょう。


 陰線で引ければ白の勝ち、陽線で引ければ赤の勝ちです。



 これがバカラ的FXの視点です。


 バカラにツラ目というものがあるようにFXにもトレンドというものがあります。


 そして指標などもあり、ヒントが多いだけFXのほうが簡単なギャンブルと言えます。


 バカラとは全てが裁量ですから実力の差が出易いと言えるでしょう。


 FXは、このヒントにおいて勝負トレードを仕掛ければ勝てるということになります、バカラ的視点で言うと。



 つまりはバカラに通じている人はFXでも勝てるんではないか?という仮定をここで立てたとしましょう。



 FXが投資だ、高級なものだ、社会に貢献している、と思っている人には衝撃的な話でしょう。


 バカラとFXが同じなんて失敬な!という人もいるかもしれません。



 しかし、ギャンブル評論家としては、こちらこそギャンブルを舐めるな!と言いたい。



 バカラで負ける人というのは大抵、同じ負け方をします。


 ツラ目の逆を追いかけて熱くなり倍々プッシュをして一瞬にして駒を溶かす。


 またジワジワと負ける人は確率的には5割でもテラ銭分だけ負けていきます。


 場に長く居れば居るほどテラ銭がかさむので一撃必殺が必勝法だとも思っています。


 一撃必殺を決めるには常に場の空気を読む、目を読む、流れを読む、ということが大切になります。


 そうした局面が来るまでジッと我慢。


 大抵の人がこの我慢が出来ずに場に参加してアツくなるか、テラ銭を払い続けることになり、運で勝つことも出来ますが継続的に勝つとなると、それは無理でしょう。


 この辺、FXのポジポジ病と一緒です。


 勝ち方もそれほどFXと変るとは思えません。



 自分は自分のギャンブルアンテナによってバカラに対処するにはこの方法しかないと思っていました。



 かつて、このブログに「でも男」さんというコメンテイターが居ました。


 その方に森巣博さんを紹介してもらいましたが、森巣博さんは小説家でもあり、バカラ、牌九を中心としたギャンブラーでもあります。


 森巣さんのいくつかの本を読んで見ましたが、自分のこの考え方は正解であったと思います。


 忍耐と勇気こそがこのギャンブルで勝つ方法であったというのは間違いではなかったと思います。



 さて、この森巣さん、奥さんは英国人、そして息子さんは20歳にしてカリフォルニア大学で講師をする天才です。


 教える人のほうが教わる人より若いという理不尽とも言える息子さんです。


 

 そしてご本人の博さんですが、今でもオーストラリアを中心にバカラや牌九でカジノで稼ぎまくっていると思っていました。


 しかし、今の彼の職業を聞けば、いくらFXが投資だの高級だの言ってる人でも驚くでしょう。


 森巣博さんは今、とあるHFに専属トレーダーとして所属しているそうです。


 

 バカラから見ればFXなんていうのはヒントがそこら中に落ちていて森巣さんから見れば簡単に思えるでしょう。


 FXとギャンブルの違いは税金を取られるということだけです。


 手数料は取られる、税金は取られるじゃやってられねーとも思うでしょう。


 

 森巣さんの経歴を見てみると高校卒業後、漫画編集者として働き、競輪で稼いだお金で渡米、その後、ギャンブルで生計を立てているとのこと。


 全く、投資畑とは別の道を歩いて来た人物です。




 確かに投資でお金を儲けることに税金をかけることは当然だと思いますが、レバを効かしたFXって間違いなく投資じゃありませんよ。


 これに税金をかけるのは如何なものか?


 常にリスクがあるわけで、リターンを得た時だけ税金を取るというのもおかしな話。


 

 しかし、日本では公営ギャンブル以外、建前上はギャンブルは認められていないわけで、また世界を見ても通貨の差益で利益を得るというのは大きな視点で見れば、国力を動かす原動力ともなっているわけで税金取るのも当たり前か、とも思います。


 が、我々ネズミに取ってスプなどの手数料でさえ煩わしいし、365や大証で取引すれば売買手数料だって取られます。


 その上に税金を取られちゃ圧倒的に不利なギャンブルになるとも言えます。


 今、アンケートを取っていますが、金融規制や取引税が導入されたらFXを辞めるという人が多いようです。



 世界の大不況はレバを効かせた金融商品で市場経済が崩壊したと言えるでしょう。


 大量に解雇されたNASAの人間がウォール街に雪崩込み、今の金融商品を作ったとも言われていますが、所詮はありもしないお金で経済を回していたのがバブル崩壊に繋がったものです。


 

 FXが投資だ、などと思っている人は今一度、考え直してみては?


 投機とは言えても、投資だとは間違っても言えないものでしょう、FXは。



 違うの?


 どうなの?


 ハッキリしなさいよ!



 ネズミが投資などと大それたことが出来るわけがない。


 まずは己を知れ。


 それには視野を広く持て。


 世界を知れ。


 ここで言う世界とは当たり前だが、米国や中国、英国などを指して言うわけではない。



 目に映ること、耳に入ることだけを信じるのは烏合の衆なり。


 努力なしの初心者で、継続して勝てるなど夢のまた夢。


             


             ギャンブル魂の真実

                 残り859230円



 明日のBOE政策金利発表前までにはポン円は150円台に突入してると見る。


 これ、勝負処。



 外れても知らない。





にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ お品書き:プクッチ300p メロ200p 宇宙人150p

にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人へ ←窓開きバナー


ブログ為替レート 410p以下でメルマガ停止。

業者比較9月版 ←作ってみた、見てね。


当ブログ、最強業者認定「プライム」
                                               

                 


AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 皆さん、こんにちは。



 FX新撰組副長のpukuzohです。



 相場は仲値にかけて上がるかと思いきや、実需筋の売りで95円割れ。


 やはり、6月は第2Qの期末期ということで円買いが先行しそうな感じです。



 その後、北朝鮮がミサイル基地を日本海側に移動と日本に挑戦状を叩きつけるような挑発行為を行っています。


 トウキョウが狙われるのは勿論、一番怖いのは福井にある原発が狙われることです。


 このまま、北朝鮮が挑発を続けるようですと益々日本は先制攻撃の可能性を模索すると思います。



 米クライスラーが早ければ本日中に更生法から抜け出す可能性との報道がなされ、GMは本日日本時間12時に破産法申請と報道されました。


 クライスラーがこれだけ早く再生への道を辿ったことから、GMが破産法を申請したところで既に相場は織り込み済み、却ってクライスラーの再生の早さがGM破綻にも悪い影響を与えるとは限らない状況になってきました。


 GM問題はそれ程、今のところは相場に影響を与えていません。



 中国のPMIは弱い数字が出て、一旦ドル円、クロス円は売られる展開になるもすぐに買い戻しが入っています。


 中国の指標は曲者です。



 また訪中中のガイトナー財務長官は、「米国は財政赤字抑制の措置を取っている」「中国は内需拡大に大きくシフトする必要がある」と発言。


 人の国より自分の国の心配しろ、と中国人には笑われている可能性が高いです。



 

 ギャンブルとは負ければお金を失います。


 負けた奴は裸になると同然です。


 そうなれば何を言っても、それは負け犬の遠吠えでしかないわけで、勝たないことには何も言う権利さえないものです。


 負けた人がギャンブル依存症だからとか、これさえなければ勝ててたとか、そんなものはギャンブルの負けた言い訳にはなりません。


 敗軍の将、兵を語らず、です。



 副長、悪徳業者、悪徳ブログを斬ると豪語してきましたが、先月は負け越し。


 正直、この状態で何か言っても負け組の遠吠えでしかありません。


 故に、新しい技の開発中です。



 相場とは今レンジの状態であるか、それともトレンドの出てる状態なのかを見分けるのがまず基本だと思います。


 相場にはその2種類しかないんですから当たり前です。


 しかし、近頃の相場っていうのは大きなトレンドが続くわけではなく、コロコロと変るレンジのようなレンジでないような相場です。


 クロス円なんかはアップトレンドが出てるような気がしますが、これもドル円次第ってな感じで、ドルストレートも調整を入れながらアップトレンドと見てますが、ポンドが最強通貨ってのも何だかファンダ的にはおかしいと思います。


 このドル円の動きがまず不可解。


 そしてドルストレートの動きもそれなりに派手ですが、明確に着いて行ってよいのか迷うところです。


 ユロドルは最高値が1.6を超えたところでしたが、あと200pほどでそこに到達してしまいます。


 何と言いますかファンダとテクニカルが同じ方向を向いてないんじゃないかと思います。



 故に難しい。



 と、このようなことを負けてる奴が言うことを負け犬の遠吠えと言います。


 だったらそれに対応するトレードをしろという話です。



 すいません、負けている故に弱気の副長です。


 今日も負けています。


 仲値で円が買われるとは、これ期末期の特徴か?


 明日以降、仲値時間の動きには注意してみたいと思います。




 副長、以前から目の状態がおかしいと思っていましたが、パニックにはよくあるということで放置プレーしていましたが、段々と耐えられない痛さに。


 他に原因があるのではないかと総合病院に向かいました。


 痛いのは左目なんですが、その痛みが脳天を突き抜けるような感じです。


 ただの眼病ではないんではないか?というのが副長の不安ですが、2時間待ちということで帰って来ました。


 明日、朝一で行って来ようと思っています。



 

 ところで皆さん、副長が最近、注目しだしたテクニカルがピボットなんですが、このピボットとはどういうものかご存知ですか?


 知らない人のために説明しましょう。


 ピボットとはJ.W.ワイルダーによって考案されたサポ、レジを予測しようというデイトレ用の分析指標です。


 計算式はこちら。



 ピボット=(前日高値+前日安値+前日終値)÷3


 サポライン1=ピボット×2-前日高値


 サポライン2=ピボットー(レジスタンス1ーサポート1)


 レジライン1=ピボット×2-前日安値


 レジライン2=ピボットーサポート1+レジスタンス1


 

 で、その使い方、見方は以下の通り。



(サポートライン1/2:S1/S2 レジスタンスライン1/2:R1/R2)


・S1/S2に価格が到達あるいは接近した時が買いサインとなる


・S1を下抜けた場合、S1で建てた買いポジションを手仕舞いしS2で買う
 又は手仕舞いせずにS2で買い増しする


・R1/R2に価格が到達あるいは接近した時が売りサインとなる


・R1を上抜けた場合、R1で建てた売りポジションを手仕舞いしR2で売る
 又は手仕舞いせずにR2で売り増しする。


 


 まぁ、計算数字はどこかの情報欄を見てみれば自分で計算せずとも出ていると思うので、それをどう使うか、というところに焦点を置いてみたほうが良いです。


 

 自分でエクセルに数値を入れて出すことも簡単ですが、これにフィボナッチなどを混ぜ合わせますと、中々的中率の高いホリゾンタルが発見出来る・・・かな?という感じです。


 フィボナッチは言ってみれば全く根拠のないテクニカルですが、何故か機能するので不思議なテクニカルです。



 フィボナッチも今はある程度の業者なら勝手に出してくれるので、目処となる数値を出すことは簡単でしょう。


 自分の場合はここで出してます。



気になる人はサンプルムービーがあるので見てみてね。




 うちのブログは自慢じゃないですが、昔からプライムを押しています。


 そこらのアフィボーナス増えたからアフィってみるか?というブログとは違います。


 プライムの情報、そして機能は使えます。


 ただスプが広いのが欠点であってそれを除けばプライムは最強の評価を上げたいくらいです。


 サーバーも強いし。


 それ程、プライムラブブログです。




 と、言う訳でプライム機能を縦横無尽に使ってみたいところですが、これ、重いのかすぐ止まってしまいます。


 これが副長が苦戦している所以でもあります。



 と、また負け犬の遠吠えをしてしまいました。




 まぁ、この辺のピボット指数、フィボナッチ、パッと見テクニカルで巻き返そうと思っている次第です。


 ちょっとY様の手法論争がコメント論で起こってますが、副長はこれを使ってトレードしてるんではないか?と推測しています。




 それにはPCのメモリ増強が必要です。


 この間、ちょっと書きましたが皆さんのPCの環境はどうでしょうか?


 充分にメモリは足りてますか?



 あれ?チャート出し続けてると止まっちゃうな、という人はメモリ不足です。



 おばちゃんでさえ出来るメモリ増強。


 副長も挑戦したいと思います。


 男ならやってみろ。


 尚、失敗しても知りませんので自己責任でお願いします。





 今日、この後もガイトナーは中国にいるだけに日本時間に何を言い出すかわかりませんし、欧米時間になっても指標がテンコ盛りで中々難しい局面が続くと思います。


 特に今日は月始めですし、週始めでもあります。


 狙いが絞りにくいと思いますが、欧米勢が来る時間帯には特に気をつけましょう。



 また勝ち出したら吼え出すから皆さん、もうちょっと押してね。


 順位、落ちすぎ。



 




にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ 消えてなくなりそうなくらい落ちています
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ ←窓開きバナーです。

ブログ為替レート 360p割れでメルマガ停止。正念場です!本当に辞めさすのか?


 規制に備えて副長の一押し業者です。

井戸端会議、パッと見テクニカルでプロの感覚に近づけ!

AD
いいね!した人  |  コメント(56)  |  リブログ(0)

テーマ:

 皆さん、こんばんは。



 FX新撰組副長のpukuzohです。



 明日は皆さん、知っての通り、優駿の日です。


 7768頭の中から選ばれし18頭がその年の頂点を目指して栄冠を目指します。



 これは英国のダービーステイクスを真似たもので各国の競馬でも、ほとんどの国が3歳王者を決めるレースとしてダービーがあります。



 競馬をやらない人でもダービーくらいはちょっとやってみようか?と有馬記念と同じくらい人気のあるレースです。



 副長が選んだのは皐月賞馬アンライバルド。


 末の確かさが違う。


 この馬に勝つには前で競馬するしかない。

 

 相手はリーチザクラウン、セイウンワンダー。


 

 東京2400mは実力通りに決まることが多いレースです。


 当日の天候などもありますが、ほぼこの3頭で決まると思います。



 まぁ、これが終わりますと、まだ安田記念や宝塚記念とかありますが、一応春競馬は終わりで、すでに気持ちは秋へと切り替わります。


 馬券生活者の場合。


 無闇にG1作りすぎ、JRAは。


 


 東京のマイルで外国勢参加となると不確定な要素が多すぎるし、宝塚記念は有馬が冬の祭典だとしたら夏の祭典と位置付けられていますが、有馬に比べれば人気のあるレースじゃありません。


 夏は有力馬にはしっかり休んで欲しいと思うのが副長の考えです。



 悪徳業者、悪徳ブログを斬るという使命がなくなって、ややFX新撰組はお暇な状態です。


 しかし、毎日3回も更新して、それでも有り得ないようなポイントに対してそれを訴えても何も変らないとは、これFX新撰組の力不足なり。


 


 ブログ更新する暇あるならもっと勝て!という勝ち組の皆さんの意見もありますことですし、一応、副長は生存しているという意味で一日1回2回ペースでお送りすることがベストではないかなと。



 このギャンダマ、一応一日に400人を超える皆さんが訪問してくださっているわけで、それなりの知名度を得たんではないかと副長、やや、天狗になってますが、内容の薄い記事を挙げるくらいなら、エガちゃんの1クールのレギュラーより1回の伝説、という手法を取りたいと思います。



 正直、書く記事が多すぎて自分でもどこに何を書いたか探すのが大変。



 

 新聞に書いてありましたが、日本人は投資で儲けるということに罪悪感があるそうですね。


 ですからファンドなどと聞くと胡散臭いとか怪しいという先入観があるそうです。


 まぁ、実際に怪しいのもいますが、これも日本人の持つ投資感が正しいファンドを育てない原因だとも思っています。


 村上ファンドも無理矢理、逮捕されちゃったような気がします。



 日本人は汗水垂らしてお金を得るものだと考えている人が多いようです。


 ですので投資で儲けてる人はズルいという観念があるようです。



 しかし、皆さん、よく考えて欲しい。


 あ~、毎日会社行くの辛いな~とか、人間関係が面倒くさいな~、とか不満はあるでしょう。


 が、その対価としてお金をもらっているんだから、これは正当なお金だと。


 嫌だけど我慢してやってるのだから、価値のあるお金だと思ってますか?



 ギャンブルで生きるということは何の保証もなく、また人間関係が希薄になります。


 また会社では失敗してもそれを上司や同僚が助けてくれるでしょう。


 しかし、ギャンブルでは失敗すればダイレクトにお金がなくなってしまうものなんです。


 また常にリスクと背中合わせであって、ちょっとでも気を抜けばアッという間に生活するお金がなくなってしまうというものです。


 これ、どっちが楽なお金の儲け方だと思いますか?


 ギャンブルのが楽と思う人は会社を辞めてやってみると良い。


 どっちが大変かは、ひと月もしないうちにわかりますよ。


 ゴールのない道を走り続けるわけですから、誰かに何かをやれと言われて働くより、自分で考え、自分を律し、正しいのか正しくないのかの努力をし続ける大変さと言ったら、どっちが楽かはすぐわかるでしょう。



 確かにギャンブルと言うのは敗者のお金を取る行為です。


 それがズルいと思うかどうかは考え方次第です。


 敗者だって最初から負けようと思ってくるわけではありません。


 あわよくば儲けてやろうという意思を持ってやってくるわけです。


 そしてそこで負ければお金を失うというのがギャンブルのルールですから、負けた人は自業自得というものですよ。



 ギャンブルで勝つってのは果てしない努力が必要で、また楽をしようと思えばいくらでも出来るのに不安な気持ちをそれを許さず、常に弛まぬ努力が必要です。


 会社であるなら、ここまでやれば終わり、というのがあるでしょう。


 しかし、ギャンブルではそれは無限に続く仕事なわけです。


 それもたった一人でやる仕事です。


 そうした努力を自分に課して、ここまでやれば良いというゴールなんてありません。


 それがギャンブルで生きるということなわけです。



 ギャンブルでバーンと勝って、ドーンと派手な生活して、グォっと(←すいません、またパクりました)遊んでやるぜ!と考えてる人がいるとしたら、それはゴールに辿り着いた時であって、その過程における辛い日々を全く考えていないと思います。



 それでも俺(私)はFXに挑戦するぜ!と強い気持ちを持っている人だけが勝ち残れると思います。


 何度も言うが、素人が手を出して簡単に勝てるものじゃないですよ、ギャンブルなんて。



 まぁ、その辺、勝ち組のブログを覗いて見てください。


 本当に勝っているという人はこうしたことを激しく諌めているはずです。


 楽に勝てると思わせるようなブログは怪しいと思ってください。


にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ 落ちぶれブログです。
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ ←窓開きバナーです。

ブログ為替レート 360p割れでメルマガ停止。本当に辞めさす気か!


 規制に備えて副長の一押し業者です。

井戸端会議、パッと見テクニカルでプロの感覚に近づけ!
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 皆さん、こんにちは。



 ギャンブル評論家のpukuzohです。



 このブログが物凄い勢いで落ちぶれています。


 やはりトレードとブログの両立は難しいと考えるpukuzohです。



 今日は何故、FXにはギャンブルの法則が必要なのかを説明しましょう。



 未だにFXがギャンブルじゃなくて投資だ、と言っている人は業者の回し者か、よっぽど物事を判断する基準の狭い人でしょう。


 そういう人はもっと世の中の仕組みを考えてみなさい。



 FXというゲームは、最終的に大数の法則から、全トレーダーの収益率はマイナスになる。


 何故なら相場の実体はゼロサムゲームから委託手数料、税金などのコストが差し引かれたものになるから。



 わかりますか?


 わからない人はここで読むのを諦めて下にある投資の本のバナーから一冊注文して勉強しなおしてください。



 全トレーダーのうち、ブローカーに属さないトレーダーの損失は更に大きい。


 何故ならブローカーは自己の存続のため、あらゆる手段を使って客のポジションを利用するからである。


 場のポジションを会員以外に非公開として顧客ポジションを呑む行為は広義の利益相反行為と見て良い。


 これではブローカーに属さないトレーダーは最初から非常に不利なゲームをしていると見て良い。



 いえ、業者にとっては参考になるかも。




 本題に戻って、従って回数が多くなればなるほどトータルで勝つ可能性は低くなる。


 同じ金額を賭け続けると、大数の法則が更に効いてくる。


 つまり、トータルでは負ける可能性が高まる。


 それを避けるには、金額を上下させることである。


 金額を上下させると実質的にかける回数が減るのと同じ意味を持つからだ(これはやや古い表現)。


 これはオプティマルfやウィリアムズの考え方に近い。


 ギャンブルにおける最終的な目標は「勝ち逃げ」である。


 場に常に居続けることではない。




 何だかんだ言いながら優秀なトレーダーはギャンブルの要素を非常に多く取り入れてるんです。


 この賭ける金額の上下などは正に確率において50%のギャンブルでは常識とも言って良いものです。


 実はこの考え方は「魔術師に学ぶFXトレード」に載っていたものです。



 結論として、確率が一定以上高くなったところで、枚数を多くし、フラット・ベットによる玉の賭け方をランダムにすることによって自分のポジをカムフラージュする。


 それによって自分の手を見せないことによって、相場の利益をかすめることがこのFXというギャンブルにおいて勝つ方法なんです。



 一応、言っておきますが1枚2枚の勝負をしてる人はランダムに見せかける必要はありません。


 1枚2枚のポジションなど相場全体から見ればあってもなくても一緒のものだからです。


 

 簡単に言うと大数の法則によって実はトレーダーの取り分は相場にある全部のお金を取り合うわけではなく、そこには手数料や税金などのコストがかかるために、その分を引いたお金を取り合うわけです。


 ですから長く続ければ続けるほどコストによって相場のお金は取られていき、相対的には損をする、ということになります。


 だからギャンブルの法則を取り入れることによって、勝ったら逃げる、という方法を取らないと結局は負ける、ということになります。


 スワップ戦略などというのは相場にずっと自分の資産を晒し続ける方法で危険な方法と言えるでしょう。


 更に言うとスウィングもどちらかと言えば個人トレーダーにとっては損な戦略と言えるでしょう。



 これは大きな視点から見た相場の法則ですから、一概に絶対にそうだ、とは言えませんが長期的に見ればこの法則は生きてくることになります。



 こうした視点がなく、投資だから長くポジションを持っていた方が得だ(よく株のブローカー、証券会社の人はこういうことを言うらしい。株の売買の手数料で利益を上げたほうが良いと思うのだが)という考え方は全くFXというゲームを理解していない、と言っても過言ではない。



 ふっふっふっ。


 また真面目に書いちゃった。


 反論のある人はコメント欄にどうぞ。


にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ とうとう日記部門では60位以下。もう飽きた、ということですか?みなさん?
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ ←窓開きバナーです。


ブログ為替レート メルマガは25人の方が登録してくれました。明日第一号が送信されます。


尚、メルマガ第一号の内容はこちらです。

http://archive.mag2.com/0000285131/index.html


正直な話、ここで本を選んで一冊読めばあなたも立派なトレーダー。早く買え。


↓すいません、ここから下は個人用です。気にしないでください。

レンタルサーバのファーストサーバ

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

 皆さん、こんばんは。



 ギャンブル評論家のpukuzohです。



 何故かマック鈴木ことミスタートレンドラインのブログの順位が上がっています。


 それも真面目なことを書くと順位が上がらないと言いつつ、真面目なことを書いて順位を上げています。


 更に言うとこのブログは不要なアフィは剥がしているのに、アフィを載せているブログは順位が上がらないと言いつつ、バリバリ貼って上がっています。


 かなり理不尽を感じます。


 まぁ、元々ちょっと変った人でしたので、このブログの目的であった勝つためのブログとしては初心者部門では頑張ってもらいたいものです。


 しかし、続きを見たい人は押してね、って鬼がやったクリック誘導と批判された行為と取れなくもない。


 いえ、自分もやってますが。





 今、森巣博さんの本を読んでいます。


 簡単に言うと、この方はオーストラリアに在住していて、1年のうち300日はカジノにいるそうです。


 バカラや牌九などを専門としているようですが、ギャンブルと文筆というもので生活なさっているようです。


 このような方が本当のギャンブラーだと思いますが、中にはこうした方にもケチをつけたがる人もいるようです。


 結局、ギャンブルで勝ってる人というのは引退でもしない限り、ずっとこうした批判・中傷の対象になってしまうようです。


 勝ち組が表に出てくることは良いことではないようですね。


 まぁ、勝ってる人がその手口を教えてしまうと、そうしたギャンブル生活をしている人に取っては何かと不便なことも多いのでしょう。



 で、この方、やはり勝負の桁が大きくて100万200万は当たり前、一回の遠征に500万ほど用意して行くこともあるそうです。


 うらやましい生活ですね。


 ギャンブルという生活をしながら、それを表現する文壇という場所がある。


 それなら勝っても負けても話のネタになる、という点ではギャンブルのし甲斐があるというものです。



 この方の本にはやはりギャンブルで勝つ為には、というような内容が出てきますがやっぱり同じようなことが書かれています。


 このブログで書かれているようなことと。


 基本的にギャンブルの本質は同じように思います。


 当然、自分はFXはギャンブルだと思っているのでFXも勝ち方は同じだと思っています。



 「極楽カシノ」という本を読みましたが、50%における勝率のギャンブルでは玉の押し引きが重要になる、というような記述がありました。


 FXも単純に言えば上か下かの50%ですから、この法則がひょっとして当てはまるのではないか?と思った次第です。


 確かにトレードをしていると自信のトレードというものがあります。


 こうした時に枚数を増やすのは有効な手段ではないかな、と。


 フラット・ベットで賭け続けるのは、必然的に手数料などのコストによって負ける、というようなことも書かれていました。


 まぁ、FXの場合、確かに単純に言えば上下の2分の1ですが、バカラや牌九と違ってこの2分の1の確率が変るポイントというのがあります。


 その意味ではフラット・ベットも有効である、とは思いますが。



 しかし、この方におけるギャンブルというのは所謂、裕福層のギャンブルラーの方達のようです。


 お医者さんや不動産屋など、そうした生活レベルの方達が行うギャンブルについて書かれているようです。


 まぁ、自分もそういうレベルのギャンブルに関わるのであれば、なんですが、全くレベルの違うギャンブル、としてこの話を読んでみました。



 結局、どんなギャンブルにおいてもイカサマが入らない限り勝つ方法はある、そしてそれには正しい努力が必要である、ということが書いてありました。


 今、マック鈴木ことミスタートレンドラインで、基本的なトレンドラインの見方などをやってますので参考になると思います。


 自分も正直、トレードする時はトレンドラインとホリゾンタルラインを重視しています。


 そこでエントリーすれば負けても損失が少ないし、利益も大きく狙えるという場所が見つけやすいからです。


 チャートにラインを引くのは基本。


 このチャンスにマック鈴木ことミスタートレンドラインのブログで基本をマスターしましょう。


 しかし、あのブログ、アフィ貼りすぎて滅茶苦茶見辛い。


 もうちょっとあの辺を整理したら?


 といらぬお世話をしてみる。



 まぁ、ギャンブルとは根っこのところは同じで、負ける人っていうのは戦略がなかったり、正しい知識がなかったり、すぐアツくてなってしまったり、と負けるパターンは一緒です。


 正しい知識を身につけ、それを実行する精神力。


 これさえ身に付ければそんな簡単にFXでも負けない、と思います。


 自分はその辺の根っこのところを最初から理解していたというエッジがあったと思います。


 それは結果から見て、そうだったんだ、と思いましたが、ギャンブルに精通していない人というのはこうしたギャンブルの法則によっても負けてしまっていると思います。


 基本が出来ていても、正しい努力をしていても、負ける時は負けるのがギャンブルです。


 しかし、それが絶対的にトータルで見れば勝てるんだ、という手法さえ、確立すれば後はそれを実行するだけ長期的には勝てると思います。


 いえ、ゼロサムですから全員が勝てるとは思いません。


 でも勝てる人は勝てます。


 負ける人は結局負けます。


 負けてる人はどうして負けたのか、まず冷静になって考えてみましょう。


 そしていろいろなブログや本を読んで正しい方向性というのを探してみましょう。



 当ブログがパンローリング社のアフィを載せることに許可が下りたのでこの辺からお奨め本を紹介してみましょう。


 まずは「魔術師に学ぶFXトレード」。


 これは過去の著名なトレーダーがどのようにして相場に立ち向かったか、そうした記録の分析のようなものです。


 これを一冊読むことによって正しい方向性というのがわかってくるかもしれません。


 もう一冊は「FXトレーディング」。


 為替の歴史から始まってそれがどのように推移していったのか、またどのような手法が有効であったか、資産の管理の重要性などが載っています。


 こうした本を読んで、FXというものの正しい方向性というのをつかむことは絶対的に必要だと思います。


 でなければ無駄な知識ばかりが頭に詰め込まれることになります。


 正直な話、一目なんていうのはその基本的なことさえ、わかっていればよいことでその原理など一々知る必要なんてないと思いますし、細かいトレードテクニックもそれなりの実力がつけば必要となると思いますが、まず相場とはどういうものか?という理解がなければ無駄が無駄を呼ぶ努力の連続となり、これだけ努力しているのに勝てない、というような状態が続くでしょう。


 多少、値の張る本ですが、こうしたものに投資し、少しでも為替の正しい知識を身に付けたほうが長い目で見れば得だと思います。


 30pくらい為替では簡単に負けるでしょう。


 30p負けたと思ってそうした本を買ってみれば長い目で見れば必ず得した知識が身に付くと思います。


 自分も偉そうに相場を語っていますがギャンブル的なことは自分の持論ですが、相場に関してはこうした正しい知識を物語っている本を中心に書いています。


 そしてプライムディーラーによるプロに因る相場感などを書いています。


 ギャンブルで鍛えたギャンブルの法則と、こうした本やディーラーの話によって身に付けた相場観。


 これが自分がFXで負けもしないで1年過ごせた理由だと思っています。



 FXにおける知識、そして相場におけるギャンブル的対応。


 これがFXで簡単には負けない方法だと思います。


 わかった人は早速、このアフィから本を買ってください。


 マジで勝とうと思ったら絶対に読むべき本です。


 他にも良い本があると思うので著名な人がその本の感想を書いているのでそれを参考に買ってみるのも良いでしょう。


 勝ちたいならまず投資をしなさい、自分に。


なかなかパンローリング社の本は本屋に売っていません。これは本当。自分も手に入れるのに苦労しました。

 


にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ そろそろ皆さん、押してください。
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ ←窓開きバナーです。


ブログ為替レート


はい、ドーンと。週末には業者比較で時間を潰せ。
ALL外為比較 迷ってる人は業者比較。


簡単に言うとこんなようなことがやりたいわけです。

あなたの知識を生かすチャンス!競馬ライター急募!


ここの井戸端会議は毎日見ろ!

1万円からのFX。FXプライム『選べる外貨』

税金考えるならここ。スプも狭いよ。

くりっく365ならインヴァスト証券

↓すいません、これは個人用です。興味ある人はどうぞ。人気副業ランキング こっちも↓
    


↓すいません、これも個人用です。PAN ROLLING社です。


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

 皆さん、こんにちは。



 ギャンブル評論家のpukuzohです。



 今日はギャンブルそのものについて語ってみましょう。


 中国人はギャンブル好きと言います。


 香港やマカオなどでも大騒ぎして台に張り付いてる東洋人はまず間違いなく中国人でしょう。


 いや、騒いでるんだからその言葉を聞いて中国系だとわかるわけですが。



 しかし、イギリス人は何にでもオッズをつけたがるほどギャンブル好きです。


 米国にだって日本にはないカジノが大盛況です。


 日本だって今は下火になっていますが、一時期はパチンコメーカーやスロットメーカーの株がガンガン上がって、儲けてるな、この野郎、という時代がありました。



 基本的にどこの国の人もギャンブルは好きだと思います。



 で、ギャンブルとは大まかに言うと未来を予測する行為です。


 それが当ったとか外れたとか惜しかったとかの結果をもたらすわけです。


 未来を予想することは誰にも不可能ですので、いえ、ドラえもんがいたら可能ですが、基本的には不可能です。


 というかドラえもんってアジア各国だけでなく、アラブ諸国や欧州でも人気らしいですね。


 日本語を話さないドラえもんってちょっと違和感を感じます。



 このように単純にギャンブルを定義してしまうと、誰でも平等に当る可能性のあるものだと言う事になります。


 いえ、例えば明日の天気を賭けようということになれば、気象予想士の資格を持ってる人は断然有利になりますし、漁師さんなんかは雲の形や風の感覚で天気を当てることが出来るので有利になります。


 このように一見、明日の天気は誰にもわからないことであるのは事実としても、過去の天気図から、または過去の経験から有利になる人が出てきます。


 これをエッジと言います。


 

 このようなエッジを持っている人はギャンブルでは当たり前ですが有利になります。


 この辺の要素を持っていない人がギャンブルに挑戦すれば、運が良ければ勝つことも出来ますが長期的に見れば必ず負けることになります。


 これはギャンブルの法則というか掟です。


 ギャンブルには運という要素が入ります。


 だから素人でも勝てることがあります。


 しかし、長期的に見れば絶対に素人はそうしたエッジを持っている人に勝てません。


 まず、ここが1つの大事なことです。


 

 ギャンブルとは運任せだから誰でも平等に勝てる、と思っているのか、出来るだけ運を排除して確率の高い場所を狙うべきエッジを有した者が有利になる、と思っているのか。



 ここがど素人とプロの差になります。


 そして勝つためにはこのエッジを磨く必要があります。


 エッジが優秀であればあるほどギャンブルでは有利になります。


 ここでエッジをスキーの板かなんかと勘違いしてる人はすでに終わっています。


 エッジとは優位性を意味します。



 そしてギャンブルというのは勝つべく人は勝ち、負けるべく人は負けます。


 これはギャンブルの法則です。


 負ける人がいなければ勝つ人がいないんだから当たり前。


 勝つ側になりたいなら、エッジを磨く努力が必要になります。



 このエッジを磨く方法ですが、見当違いな努力をしても全く無意味。


 例えばパチ屋でデータロボなどを見て大きくマイナスしてる台を選んで打つという努力をしてる人がいます。


 これは全く無意味な努力です。


 スロなら設定を考えるべきだし、そうであればプラスしてる台を選ぶのが正解になりますし、パチなら釘の開きや役物の寄りを考えるのが正解となります。



 そのギャンブルがどういうものであるのかを理解し、正しい努力をする必要があります。



 FXというギャンブルを考えた場合、包括的な大きな視点と、テクニカルに因るポイントなどのミクロな視点が必要となります。


 この辺の努力をごっちゃにしてしまうとわけのわからない努力、無駄な努力をしてしまう、ということになります。



 そしてギャンブルというのは負けた人が消えると次は勝ったもの同士が戦うことになります。


 FXでも弱者が退場したり市場参加者が減ればHF同士の戦いになったりします。


 こうなってくると今まで楽な相手と戦っていたのが、相手が強敵に変化します。


 これはどのギャンブルでも一緒です。


 甘いレベルでは勝つことが出来る。

 

 しかし、それでは儲ける金額が少ない。


 もう1つ上のレベルに行くと相手もそれなりに強くなります。


 上に行けば行くほど相手は強くなっていき、しまいには相打ちになってしまうほどの敵とぶつかることになります。

 

 こうなって来るとエッジもクソもありません。


 このレベルに来て初めて精神力が勝負を分けるということになります。



 このレベルに来ていない人がいくら精神力を磨いたところで無駄。


 よくパチ屋でもいますね。


 スロのボタンを一回押すごとに気合を入れてるおっさんが。


 そんなんで出るなら誰も苦労しません。


 それで出るならハンドパワーです。


 来てます。


 何が?



 ギャンブルを嫌う人が結構日本人は多いですね。


 今でこそパチンコ屋も上場企業になっているチェーン店もあるし、社員教育もしっかりしている。


 一昔前なら考えられない状態です。


 昔は何故かパチ屋の店員は強面のパンチパーマ、というのが定番だったような気がします。


 それが今では一流の大学を出た人がやってるんですから、不思議なものです。



 で、ギャンブルを嫌って全くやらない人。


 こういう人はギャンブルは負けるもの、と思って全くやりません。


 ある意味、正解です。


 ギャンブルで勝つためにはエッジを得る為に努力しなければなりませんし、そんなものに時間を使うくらいならちゃんと働いていたほうがマシと、という考えは正論です。



 そしてギャンブルの本質を理解せずにただ運任せでギャンブルにハマる人。


 こういう人は借金をしてでもギャンブルにハマります。


 ギャンブルとは運だからツイてくれば勝てるはず、と運で勝った時の嬉しい記憶をいつまでも忘れることが出来ずに運に任せて勝負します。


 長期的には必ず負けます。


 このレベルの人はギャンブル依存症という状態になる可能性が高いです。



 

 そしてギャンブルの本質を理解しつつ、その努力が面倒くさいのでやらない人。


 このレベルの人はギャンブルを全くやらない人より、より正確な判断です。


 よってこういう人がギャンブルに本腰を入れれば勝つ可能性が高いでしょう。


 自分が主張するスロ生活者はFXで勝つ可能性が高いというのは、こういう意味で言っているわけです。




 そして次はギャンブルの本質を理解し、努力するがその努力が足りない人、もしくは間違っている人。


 これは一番、質の悪い負け方をするギャンブル感を持っている人です。


 大きな借金を作ってしまうのはこの辺のタイプの人でしょう。



 そしてその上に行くとギャンブルの本質を理解し、その努力も合っている、そこそこ勝てる、でもその努力に限界を感じたり、努力すること自体が虚しいと感じる人。


 自分は多分、このレベルです。


 一日誰とも話さずにPCに座っているとはこれ如何に?


 この辺に疑問を持ってしまうとかなり冷めます。



 そしてその上に行くともう強敵レベルです。


 エッジを得ることに情熱を傾け、大きな金額を張ることにも負けない精神力、運をも味方にしてしまう生まれ持った強運を持っている人。


 いえ、この途中に段階的にレベルがあると思いますが、一々説明するの面倒臭い。



 このようなヒラエルヒーがギャンブルの世界にあり、自分がどのレベルにいるかを正確に把握している人は対して大怪我もしないし、趣味程度にギャンブルを楽しむことが出来るでしょう。

 

 巷で認識されているギャンブルとは、こうした趣味レベルのギャンブル感だと思います。



 しかし、ギャンブルの本質とはこのような巷に認識されているものではなく、もっと奥深く、仕事と同様に真摯な努力が必要になるものです。


 それが勝者のギャンブル論です。



 ふっふっふっ。


 真面目なこと書いたら疲れた。


 続きが読みたい人は押してね。


にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ どうもものを書く、ということは好きらしいです。自分は。
にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ ←窓開きバナーです。


ブログ為替レート


専業を目指してる人は目標があるわけでしょう?こうした資料を請求して将来を考えなさい。



simasimaさん専用アフィです。お願いします。



ここの井戸端会議は毎日見ろ!

1万円からのFX。FXプライム『選べる外貨』

税金考えるならここ。スプも狭いよ。

くりっく365ならインヴァスト証券


ALL外為比較 迷ってる人は業者比較。 メルマガ賛成の人は押してね。


↓すいません、これは個人用です。興味ある人はどうぞ。人気副業ランキング こっちも↓
    


アフィやるならここへ。口座作る時は仲間内から作るぜ!
アクセストレード


↓すいません、これも個人用です。PAN ROLLING社です。

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:

 皆さん、おはようございます。



 最近、荒れ気味になってきた無頼ブログ管理人のpukuzohです。



 何となくちょっとずつながらも多数枚賭けに挑戦しつつあります。


 そしてトレードスタイルもスキャ・デイトレからスウィングへと変化させています。



 かつて自分はスウィンガーだったので、その当時に比べれば相場を読む力もある程度出来てきたと思うし、長時間PCの前にいることが出来ない自分にとってこのスタイルの方が合っているかも、と思う次第です。



 FXっていうのは単純に上に行くか下に行くかを当てるものです。


 上に行くか下に行くかは2分の1、なのに何故こうも敗者が多いのでしょうか。


 今まで何人の個人トレーダーが倒れて退場したかはわかりませんが、ゼロサムである以上、市場参加者が新たに登場してくれない限りFX業者というのは儲かりません。


 今、あなたが新たにこのFXに挑戦しようと思っているなら、そこいくつもの屍を乗り越えていかなければならない茨の道でしょう。


 それでいて勝てば、大きな利益を得ることも可能です。



 それがFXというものなんです。



 僅かな勝者の為に存在する圧倒的多数の敗者。


 我こそはと名乗りを上げても、生き残れるのは僅かに5%。


 たったの5%です。



 それでもあなたはFXに挑戦したいですか?


 

 ギャンブルというのは不思議なもので、例えば阿佐田哲也氏のドサ健バクチ地獄という小説をご存知でしょうか?


 これは最初に弱い者から退場して行き、最終的には勝ち組同士が食い合うという話です。


 でも勝者は誰かと言うと、誰もいないんですね。


 最後の最後まで戦えばいつかどこかで破れる。


 本当に勝ち残るためには勝ってる途中で、その舞台を降りなければならないわけです。



 しかし、ギャンブラーというのはトコトンまで勝ちを求めてしまうんですね。


 そこには自分の技量に自信があったり、プライドであったり、お金以外のもので自分の生き甲斐なんかを見つけてしまった人がギャンブラーであったりするわけです。



 まぁ、そこまでギャンブルに浸る必要はありませんが。



 FXとはこれだけ勝つ、という目標みたいなのが大事だと思います。


 それに向かって努力する。


 ただお金を貯め続けるだけではいつかどこかで倒れる日が来るでしょう。


 舞台を降りない限り、どんなに勝っていてもそれは途中経過でしかないからです。


 

 著名な投資家も一度は相場を退場している、と言いますね。


 彼らも投資家とは言いつつ、結局、このギャンブルへの死地へと自ずと足を踏み込んでしまったわけです。


 ギャンブルで負ければお金は勿論、その誇りやテクニック、その人間性までもが否定されてしまうかもしれません。


 それがギャンブルというものなんです。



 と、ここまで言ってもFXに挑戦するぜ!という気概のある人だけがこのゲームに参加する資格があると思います。


 ここで迷いが出るようだったら最初からやらないほうが良い。


 FXというゲームを始めればこうして迷う時が何回もあるでしょう。


 その時に絶対勝ってやるんだ!という気迫のない人は間違いなくFXという相場で倒れ、たくさん並んでいる屍とならんで討ち死にするでしょう。



 そうした覚悟を持って、如何に勝つか、如何に負けないか、がFXの本質です。


 ファンダ、テクニカル、そうした物は身に付けて当たり前。


 それとは別に相場の思惑、危険を回避する管理能力、一瞬のチャンスを掴む運、こうしたものが揃って初めてスタートラインに立った、と言っても良いでしょう。


 このレベルにいなくしてFXに挑戦してるなど、免許取立ての人がF1に挑戦するようなものです。



 FXとは大金を手に出来る代わりに、大量の敗者がいるわけです。


 勝者になる為にはあらゆる努力が必要になってくるわけです。


 メンタルだって大事になりますし、相場を読む力、所謂想像力と言うものも必要になります。



 ある程度、FXに精通してくるとアナリストの言っていることが全くピント外れだったり、時代遅れの情報を流しているということに気が付きます。


 フィナンシャルプランナーという職業があるらしいですが、彼らは今、こう言っているそうです。


 FXはやらない方が良い。


 何故、そう言うのか?


 彼らはFXの勝者の少なさを根拠に上げてやらない方が良い、と言っているわけです。


 一方で、ファイナンシャルプランナーというのは相場を語る相場師のようなものです。


 一般にFXが広く流通してしまうと彼らの存在価値というのがなくなってしまいます。


 だって、どうせ大したこと言ってないんだから。


 こうした利己的な事情もあって、FXはやめた方が良い、と言っているようです。


 だったらお前がトレードして勝って見せろよ?という話です。


 彼らは相場で勝てないからファイナンシャルプランナーという訳のわからない横文字の職業にありついているわけですが、誰もがある程度FXに精通してくれば、彼らの言っていることは余り役に立たないということがよくわかります。


 相場なんていうものは誰にもその先が読めるものではなく、生き物であって、その都度その都度違う顔を見せるわけです。


 それを敏感に察知出来るのは実際に相場に参加しているトレーダーであって、高みの見物をしているアナリストやフィナンシャルプランナーではないわけです。


 そして彼らは負けた人に向かってこう言うわけです。



 だからFXなんてやらなければ良かったのに。



 勝ってる皆さんは表にあんまり出てこないと思います。


 出てきても良いことなど1つもなし。


 相場で勝つためには自分で勝つ方法を見つけ、自分で自分を管理し、あくなき執念で勝ちを求めることが必要です。


 それにはエネルギーが必要ですし、運にだって左右されて負けが続くこともあります。


 それでも折れない強い心を持っていないと為替の世界に飲み込まれて、あっと言う間に資産を失くしてしまうでしょう。


 FXでは素人が相場に挑戦すれば半年、もって1年で退場する、と言われています。


 しかし1年間勝ち残ることが出来れば、それは勝者への第一歩となります。



 勝つことも大事ですが、年間を通してコンスタントに利益を上げようとすれば、負けないことも重要になります。


 いえ、負けないことの方が大事とも言えます。



 手法にしろ、ファンダにしろ、相場観にしろ、充分な準備をして、資産の管理、チャンスを見極める目、勝つんだという強い精神力。


 こうしたものを揃えてからリアル相場に入ることをお奨めしたい。



 FXは勝つチャンスが少ないですが、勝てれば大金を手にすることも出来るゲームです。


 それはお金が懸かったことですから、簡単ではありません。


 簡単に勝てるなら誰でも勝てるっちゅーの。



 と、長々とFXに対する心構えを綴ってみましたが、皆さんは今、どのレベルでFXに挑戦しているでしょう?


 その辺を確認するためにも、皆で力を合わせて戦うのも大事だと思う次第です。


 当ブログはそうしたツワモノ共の集合体としてFXに挑戦するブログでありたいと願うものであります。


 

 このブログのファンさん、ちょっとした勘違いがあったかもしれない。


 すまん、許してくれ。


 ついでに資料請求してくれると嬉しい。


 もう一回コメント頂戴ね。


 ごめん。


にほんブログ村 為替ブログ FX 専業投資家へ と、最近お掃除、洗濯、お買い物で全く努力してない人間が偉そうに言ってみました。。

にほんブログ村

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ ←窓開きバナーです。

 

 ブログ為替レート 直滑降で落ちまくってます。ありがとうございます。

ドル円スプ1銭固定。キャッシュバックあり。

パンタ・レイ証券「みんなのFX」

ここもドル円は1銭固定。

取引手数料無料&スプレッド1銭&信託保全で安心のFX会社はMJ!

1000通貨から。

ヒロセ通商

情報用に持っておきたい。
「外為どっとコム」初めての方にオススメ

ここも井戸端会議は毎日見ろ!

1万円からのFX。FXプライム『選べる外貨』

税金考えるならここ。スプも狭いよ。

くりっく365ならインヴァスト証券

MT4の使い手ならここ。
話題の「メタトレーダー」!システム取引でFXするなら≪ODL Japan≫


↓すいません、これは個人用です。興味ある人はどうぞ。人気副業ランキング こっちも↓
    


アフィやるならここへ。口座作る時は仲間内から作るぜ!
アクセストレード


↓すいません、これも個人用です。PAN ROLLING社です。


いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:
 

 皆さん、こんばんは。



 ギャンブル評論家のpukuzohです。



 お久し振り。



 思ったよりバレンタインデーの衝撃はなかったです。


 ただハマショーの歌が頭の中でリフレインしているのが気になります。


 いや、バレンタインの歌ではないんですが、これです。




 ひ~とりぽっちのクリスマスイブ♪凍えそうなサイレントナイト♪


 ふ~たりで生きてきた街のあ~かりが~♪遠ざかる~♪




 ハマショー!やめてくれー!



 というわけでいろいろなブログに嫌味なコメントを入れまくってしまったpukuzohです。



 さて、ギャンブルで生きるとはそれが生活の糧になるわけですから必死になります。


 それは皆さんがお仕事に持っている責任というものと同じようなものです。


 ましてや負ければお金がもらえるどころか失ってしまうわけですから必死さのレベルも違います。


 こういったら何ですが病気になってもある程度の補償が受けられる仕事と違って休めば一銭のお金も入ってこないわけですから、不安だってあります。


 ですのでいくら勝とうがギャンブルをやめない限りいくらお金があっても、その不安というのは消えません。


 これがギャンブルで生きるということで全然楽しくありません。


 

 スロのタケシさんなんかは楽しくて打ってると言っていますが、自分の場合それどころじゃないという感じで打ってました。


 生活がかかれば必死になります。


 楽しい仕事なんてそんなにないでしょう。


 誰もが生活のために仕方がないと思ってやっている仕事が多いんじゃないですか?


 

 まぁ、今はリストラの嵐で普通に働いている人も不安という点では一緒かもしれません。



 で、ギャンブルの基本とはまず敵を知ることです。


 スロなら機種の特徴、店のクセなどを見抜くことが必要になりますし、競馬なら馬の実力は勿論、厩舎の思惑やレース展開、馬場状態と調べることがいっぱいあります。


 麻雀なんかでもそうですね。


 上級者同士が打ち合うと最初の一局二局は捨てて相手の実力やクセを見抜こうとします。


 相手を知ってこそギャンブルで勝てるというものです。



 武道の達人と言うのは手を合わせた瞬間に相手の力量がわかるそうですね。


 ギャンブルなんかでもちょっとすれば相手の実力がわかってきます。


 そこでこりゃ、駄目だ、と思えば逃げ出しますし、チョロいな、と思えば強気で攻めます。


 ギャンブルで勝つには、自分より強い相手とやらない、が鉄則です。



 ではFXというギャンブルにおいて敵とは何でしょうか?


 経済動向?政策金利?各国の政策?


 なるほど、実需においては経済動向は相場を動かすことになりますから、それも関係あるかもしれません。


 政策金利も勿論相場に織り込まれに来るものですから関係あるでしょう。


 各国の政策も今は米国の政策に世界中が注目しているという感じがあります。

 

 これも相場を動かす原動力となるでしょう。



 しかし、こうしたものは1括りにしてファンダと言えます。


 ファンダがFXにおける敵でしょうか?


 違いますね。


 ではFXにおける敵とは?



 自分?


 自分自身?


 ナルシストか!


 そんなに君は凄い存在か?


 寝言は寝て言え。



 いや、確かにメンタルもFXにおける重要な要素ではありますが、それが相場を動かすということはないでしょう。



 では敵とは?


 それは簡単に言うと、相場動向です。


 研究しなければならないのは、相場がどう動くか?ということです。


 これこそが実質的なトレーダーにとっては敵です。



 相場を知ることこそ、このFXにおける敵であり、それを知ることが勝利の道であるのではないかと。



 じゃ、どう相場を捉えれば良いのか?



 そんなことは自分で考えてください。


 それがFXというものですから。



 どこかに凄い手法はないかな?誰かが凄い商材を売ってないかな?



 こんなことを考えてる人はFXはやめたほうが良いです。


 カモがネギ背負って歩いてるようなものですから、鉄砲に撃たれて猟師の晩飯のおかずにでもなるのがお似合い。



 で、自分が不思議に思っているのがスロで勝ち組だった人が案外負けてる人が多いという事実ですね。


 自分はスロ時代いろいろなブログを見ていましたが、5号機に変るのを機にFXに転向した人が結構します。


 が、勝ってる人が意外に少ない。


 何でだろう?と思いました。


 ギャンブルの基本さえ出来ていればそんなに負けるはずはないのに、と思いました。



 スロとFXというのは全く種目の違うギャンブルです。


 スロと同じように攻めるのは間違いです。


 スロはギャンブルであるようにFXもギャンブルであり、その攻め方というのは違います。


 どちらも努力が物をいうギャンブルですが、この努力の方向性が間違っているのが多いのではないかな?と。



 スロは賭ける単位を変えることが出来ません。


 いや、換金率で差があるかもしれませんが、勝てる金額と言うのには限度があります。


 一方でFXというのは年収が1000万円を超すことも出来るギャンブルです。


 これには賭ける枚数の押し引きなどが関係してきますが、スロが賭ける金額において2次元的になのに対してFXは3次元的な要素があります。


 この辺にスロ生活者が勝てない原因があるのではないかな?と。


 

 誰でもある程度FXに慣れて来ると入ってくる情報やテクニカルなどは同じようなものになります。


 いや、これは勿論努力した人の結果としてです。


 とすると勝ってる人と負けてる人にはどこに差があるのか、ということが問題になります。


 スロで生活してきた人にとってはそれは生活の糧であって、FXにおいても努力をすることを惜しまないでしょう。


 なのに勝てない?


 何故か?


 

 スロはある程度、台を取ったら後は回すだけという状態になります。


 言ってみればこの台を取るまでが、素人とスロ生活者の差であってその後はただリールを回すだけ、という同じ作業をします。


 つまりは力の入れ処が台さえ取れれば良い、というところで止まってしまうわけです。



 対してFXはエントリーからイグジットまで全てにおいて力を入れ続けなければなりません。


 というか究極的に言うとエントリー場所さえ間違っていなければ、良いわけでここがうまく行きさえすれば、後は利確だけ、という状態になりますが、頭と尻尾はくれてやれ、の格言通り、頭でうまくエントリーすることなどはほとんど偶然の産物でしかありません。


 いや、反転の位置などを確認して入ることも出来ますが、それにしたって反転ポイントを突き抜ければ大きな損失を被るわけで、難しいとも言えます。


 

 で、結論から言うとスロというのは短距離向き。


 台取りに執念を燃やせば良いわけです。


 対してFXは長距離向き。


 台を取る瞬間に力を注ぐ瞬発力勝負のスロに対して、FXはエントリーからイグジットまで長い時間勝負根性を注ぐ必要があります。


 この辺は麻雀と一緒ですね。


 如何に集中力を保ち続けるかが勝負になるわけです。



 このようにギャンブルと言えど、それに取り組む方法は違ってくるわけです。


 単純にギャンブルだからといって他のギャンブルの成果をそのままFXに当てはめようとしてもそこには無理があります。



 が、ギャンブルの基本とは?


 それは負けないことです。


 負けなければ勝てます。


 そして確率の高い場所、有利な場所で戦うのが必勝法とも言えます。



 勝ち組はFXでは僅かに5%と言われています。


 ということは100人中95人は負けることになります。


 しかし、一方で20人に一人は勝てることになります。


 この数字が何を意味するのか?


 勝つことはそんなに難しいのか?



 この辺、ギャンブルで生きてきた人にとってそれほど高いハードルの数値ではないと思います。


 スロだって一店のお店でトータルで勝つのは大体延べ人数に対して5%ほどではなかったですか?


 いや、優良店に限ってですが。


 ボッタ店は別にして。



 この努力の方向性、攻略の視点、というものが見えてくればギャンブル魂でFXは勝てるものだと自分は思っています。



 何!対して勝ってもない奴が偉そうにだと!



 
ギャンブル魂の真実


 今月はお家賃稼がないといけないので20万は勝ちますよ。


 いや、税金考えて30万か。


 来週を見てろよ、いや、もう今週か。


 新技モグスキャの威力を見せてやる!





 税金対策として口座を開く予定ですが、誰か下のアフィ登録からアフィってくれない?


 本人NGの業者じゃ、自分のブログから口座開いても意味がない。


 なんとなくもったいない。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ ←窓開きバナーです。

 

 ブログ為替レート ↓下にオンライン書店のアフィバナーを貼ってみました。FX本の購入ならここから。

ドル円スプ1銭固定。キャッシュバックあり。

パンタ・レイ証券「みんなのFX」

ここもドル円は1銭固定。

取引手数料無料&スプレッド1銭&信託保全で安心のFX会社はMJ!

1000通貨から取引可能。

ヒロセ通商

情報用に持っておきたい。
「外為どっとコム」初めての方にオススメ

ここも井戸端会議は毎日見ろ!

1万円からのFX。FXプライム『選べる外貨』

税金考えるならここ。スプも狭いよ。

くりっく365ならインヴァスト証券

MT4の使い手ならここ。
話題の「メタトレーダー」!システム取引でFXするなら≪ODL Japan≫


↓すいません、これは個人用です。映画評論家ですので。興味ある人はどうぞ。


アフィやるならここへ。口座作る時は仲間内から作るぜ!
アクセストレード
そのうち口座作ると思うので皆さん、アフィの用意をお願いします。


↓すいません、これも個人用です。


いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

 皆さん、おはようございます。



 かなり投げやりになってきたpukuzohです。



 一人で飲むビールは味気ないですね。



 前回の続きとして読んでください。




 今日はギャンブルで勝つということ、負けるということについてお話しましょう。




 ギャンブルで勝つということはこれは嬉しいです。


 誰もが最初から負けると思ってギャンブルに挑戦するわけではありません。


 ですから初心者もギャンブルに通じた人も共に嬉しいと素直に思うでしょう。



 そして負けてしまった場合、普通の人もギャンブルに精通した人も悔しいと思うでしょう。



 しかし、この勝ったという嬉しさ、負けたという悔しさ。



 この感情には差があります。


 普通にギャンブルを趣味と捉えている人とそれを生活の糧にしている人とでは。



 勝ったとは、ギャンブルに精通している人はあらゆるテクニックを使い、状況を読み、押し引くの加減を調節しながら、勝つべくして勝った、という自分の能力に対する賛辞への嬉しさです。


 逆に普通の人は運が良かった、やってよかった、という単純な喜びでしょう。




 ラスベガスのカジノのオーナーでこう言った人がいます。


 「日本人は賭ける前にいろいろと理屈を並べる。そして当れば何故当ったかを説明したがる」


 偶然に理屈をつけるのが好きな人種と言えそうです。



 

 競馬場にもよくそういうオッサンがいますね。


 大きな馬券を取るとこれ見よがしに何故当ったかを周りに聞こえるように大声で説明してる人が。



 しかし、本物は当ったところで静かにしてますよ。


 大金が帰ってくる馬券ですから、そんなもの自慢してたら危険なだけ。


 と、言っても自分の場合精々10万20万の馬券でしたが。




 そして負けるとは、普通の人は運がなかった、ギャンブルなんてこんなものだな、やらなければ良かった、という悔しさでしょう。


 お金が減ってしまったという後悔です。



 しかし、ギャンブルで生活している人の悔しさは、相手に負けてしまった、自分の能力が足りなかった、自分の努力が無駄であった、という悔しさです。



 麻雀で言うなら器量の差を感じて負ければ自分が否定されたような悔しさを感じますし、スロなら奴の努力の方が上だった、もっと早く並べば、もっと狙いを絞れば、というような後悔の仕方です。


 負けた金額がどうこうというより自分のプライドが傷つけられたという悔しさです。



 この差がギャンブルで勝つ人と負ける人の差ではないかな、と。



 負けて悔しいと思えば、より一層の努力をするし、相手に追いつこうとします。


 しかし、運がなかった、ギャンブルとはそういうもの、と思いこんでる人は何度でも同じ過ちを犯し同じように負けます。


 そしてしょうがない、運がなかった、で終わりです。


 これの繰り返し。


 同じところをグルグル回っているだけ。


 どう努力して良いのかさえわからない。



 何故、こうした差が出るのか?



 それは本質を見抜く能力の差ではないかと思います。



 ギャンブルとは何か?


 運に任せてエイヤッと張ることか、それとも確率を重視して勝てる方法を見つけ出すことか。



 どちらもギャンブルですが、そのアレンジの仕方、取り組み方は自ずと違ってきます。



 取り組み方によっては全く違ったギャンブル感を持つことになります。



 FXがギャンブルだから負けた、という人がいます。



 これは結局こういうことです。



 その取り組み方が根本的に違っていたから。


 だからギャンブルで負けた、と堂々と言えるわけです。



 それはギャンブルを生活の糧にしている人から見れば、自分の能力が足りなかった、努力が足りなかった、と言っているのと一緒です。


 自らのプライドを捨てた、と言っても良い行為だと思います。



 勿論、趣味程度でやっていて負けた、というなら良いです。


 本気でやっているわけではない、ちょっと世界経済を勉強してみたかった、どんなものか試してみたかった。


 そうした軽い気持ちで取り組み、やはりそれは簡単に勝てるものではないと悟り、そうして負けた負けたというなら、アッサリした性格とも言えます。



 しかし、シャレにならないくらいお金をつぎ込んでおいて、ようやくそれが簡単に勝てるものではない、と気がついた途端、ギャンブルだから負けた、とは何と言うか表現が難しいですが、お猿の脳みそぐらいしかなかったのか?というイメージを持ちます。



 まぁ、お金を失くして可哀想だとは思いますが、それは自業自得でもありますし、そこまでギャンブルの怖さを知らずにただ泥沼に嵌った結果がそれであるのに、尚且つそれは自分の責任ではなく、他のものに責任を押し付けようとしているように自分には見えます。



 負けて悔しい。


 だから頑張る。


 勝ってやるぜ!この野郎!


 という気持ちがなければ何度も言いますが、同じところをグルグル回っているだけで同じ間違いを何度でもするでしょう。



 そんなんが勝てるわけない。


 

 FXをギャンブルと捉えようが捉えまいが、この精神はギャンブルだろうとFXだろうと同じだと思います。



 かつてグランパスの選手が負けても試合後ヘラヘラしてるのを見て怒ったピクシーが渇!を入れたのと一緒です。



 負け組はギャンブルにおいてもFXにおいても取る行動は一緒。


 何故負けたかわからないまま、ギャンブルとはそういうもの、ギャンブルだから負けた、という理由を作って自分の小さなプライドを守るだけです。



 それで勝てるわけがない。



 マジで。



 本当に。



 で、そういう人はどうするかというと勝ってる人をカリスマ偶像化して、その人のファンドなんかに投資したりする。


 例の15億円主婦と一緒。


 例えば5千万持ってる人が資産に対して2.1%勝ったとしましょう。


 利益はいくらですか?


 はい、そうですね、1050000円です。


 ところがファンド作ってトレードしたら16万9100円しかないって、自分の金使ってトレードしてた方が儲かってるじゃん?という話です。


 扱う金額減ってるじゃん?という話ですよ。


 いや、自己資金も同時に使って自分の分は自分のポケットに入れてるかもしれませんよ。


 でも普通、有り得んだろ?そんなこと。


 おかしいと思わない?


 いや、別に誰かのことを言ってるわけではない。


 ただ事実を鑑みておかしいな、と思ったことを言ってみただけ。



 まぁ、このように負けて悔しい、絶対に勝ってやる、という人を集めたブログサイトを作りたいというお話でした。


 



 終わり。



 マック顧問の怒りが乗り移りました。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ ←窓開きバナーです。

 

 ブログ為替レート で、FX新サイト構想駄目なの?全然ポイント入ってないけど?


スプの狭い業者とはここです↓キャッシュバック中に口座作ればお得です。

 


デモが嫌な人はまず1000通貨からどうぞ。↓ここも何かキャッシュバックやってます。


↓すいません、これも個人用です。映画評論家ですので。興味ある人はどうぞ。

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

 皆さん、おはようございます。



 散々このブログの方向性に関して皆さんに問いかけてるのに無視され続けてるpukuzohです。



 まぁ、自分はどちらかというと気の長いほうですから、この程度では何とも思いません。


  

 
ギャンブル魂の真実



 で、お前ら、読むだけ読んで後は知らんふり?


 このブログを一緒に盛り立てようという気概はないのか?


 タダだから読んで終いか?


 おうおうおうおう!


 書いてるこっちの身にもなりやがれってんだ!




 すいません、つい取り乱して江戸っ子になってしまいました。





 今日はもう皆さんが何を期待しているのかわからないのでギャンブル論をお送りします。



 まだ口座の審査が通らないんですよ。


 で、相場に参加できないと。


 だからこうした話題でお茶を濁してるわけです。


 因みにインヴァストです。




 さて、皆さん、ギャンブルというのはどんなギャンブルでもそうですが、イカサマが入らない限り勝つ方法はある、と自分は思っています。



 例えばカジノなんかでは映画にもなりましたが、カウンターという方法があります。


 これは出たカードを記憶して勝率の高い席に座って勝つという方法ですね。


 ラウンダーズやラスベガスをぶっ飛ばせ、という映画を見て学んでください。



 で、カジノにあるスロットにも必勝法があるって知ってました?


 これは実際にカジノにもスロプロみたいなのがいて、本当に使える技です。


 しかし、これは内緒。


 自分が行った時に使うので教えられません。


 でも勝ち方はあります。



 日本のスロなんかでもその仕組みが分れば勝つ方法はあります。


 というかありました。


 今は知りません。


 勝つ方法とは設定の高い台、ゾーンなど狙うなどの方法でした。


 これはその機械の特性さえ分れば後は粘り強くそうした台を探したり、朝早くから並んで取る、という方法で勝てます。


 実際に自分は勝ててました。



 競馬にも勝ち方はあります。


 例えば皆さん、単勝で2倍という倍率をどう思いますか?


 自分は高いな、と思います。


 基本的に競馬で2倍を切る単勝の来る確率は7割弱と言われています。


 そしてこの2倍にも意味があります。


 ただ単に人気が先行して2倍になった。


 今までの実績から2倍になった。


 など、その時の実力とは別の部分でこの倍率がつくことがあります。


 こうした実力とは関係ないところでついた2倍の馬は外していくと、この2倍を切る単勝の馬の来る確率は8割くらいになります。


 10回中8回来るなら大きく賭けても、繰り返して行けば元手より多くなるはずです。


 こうした馬にヒモをつけたりしての馬連も有効です。


 自分は競馬時代、万馬券などと言うのは取ったことがありません。


 行きがかり上、人気馬のヒモが倍率を100倍を超えたという時に買ったことはありますが、殆どは10倍以下の倍率の馬券ばかりでした。


 馬連で3倍じゃ、安すぎて買えない、という人がいます。


 が、自分にとってはこうした馬券こそが勝つための馬券だと思っていました。



 まぁ、このようにギャンブルと言うのは常にその勝ち方さえ分れば簡単には負けません。


 もし、勝てないギャンブルであるのなら誰もやらないわけで、どんなギャンブルにも必ず勝つ方法というのはあります。


 なかったら誰もやらない。


 ここに気が付いてほしい。



 で、FXというギャンブルですが、皆さん、どのように捉えてますか?


 この辺で勝ち負けの差が出ると思います。


 どうやったら勝てるか?


 そうした手法があってやってますか?


 ないなら負けて当たり前。


 基本的にギャンブルというのは何の作戦もなく、運任せにやったってトータルでは勝てません。



 それがギャンブルというものですから。



 しかし、勝つ方法はどんなギャンブルにも必ずあり、それを見つけ出すことが勝ち組への道に繋がるわけです。



 それには当然、努力が必要ですよ。


 誰もが思いつくようなことをやったって勝てるわけない。


 それは皆さん、相場の動きを見ていればわかることでしょう。


 勝つには自分の手法、視点、待つ精神力。


 こうしたものが必要になります。



 このブログはかつてこうしたFXで勝つにはどうすれば良いのか?ということを皆さんと共に考えるブログでした。


 それで一日のコメントが100を超えたことさえ、しょっちゅうありました。


 マック顧問の為替情報などがそれに勢いをつけて一時期はこうした戦い方って有効なんじゃね?と思っていました。



 しかし、近頃じゃ、何ですか?


 何がこのブログの人気の秘密なの?と散々聞いてもコメント1つ入りゃしない。


 どういうことだ?という話ですよ。



 どうなの?


 ハッキリ言いなさいよ!


 何がおもしろくて近頃、皆さんプッシュしてくれてるの?


 黙ってちゃわからないでしょ?


 もっと上に行きたいのよ!このブログは!


 わかってるの?


 ウキーっ!



 すいません、つい興奮してオネエ言葉が出てしまいました。



 まぁ、と言うわけで、何がおもしろいか頼むからコメントしてください。


 鬼を倒すにはこの順位では何を言っても負け犬の遠吠えとしか取られない。


 ね?


 わかった?


 お願い。


 

 それじゃ、寝ますんでまた明日。


 お出かけしたので疲れた。


 

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ ←窓開きバナーです。
    
  ブログ為替レート



皆さん、自分はバイトを探しています。ちょっとここに体験談を書いてくれると嬉しいです↓

                              バイトの口コミ!おしゃべりバイト


デモが嫌な人はまず1000通貨からどうぞ。↓




いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。