ジグリング(びんぼうゆすり)の話

ジグリング(びんぼうゆすり)の話

びんぼうゆすりは、医学用語でジグリングと言われています。近年、ジグリングの効用が注目されていますが、このブログではジグリングの効用について様々な観点からご紹介をしてゆきます。

最近ご相談を受けた内容です。

病院で変形性股関節症と診断されリハビリを受けておられた患者さんが、

病院でのリハビリを保険診療で受けられるのが、

診断を受けてから150日と告げられ、

その病院から手術を勧められたとおっしゃっておられました。

150日を過ぎても自費でのリハビリを受けることはもちろん可能なのですが、

リハビリに日数制限があることを知らず驚きましたとのこと・・・

 

運動器リハビリには、大きく

医療リハビリと介護リハビリがあり、

医療リハビリの150日を過ぎると、

除外規定に当てはまらない限り、自費でのリハビリへの移行をするか

介護認定を受けて介護リハビリをうけることになります。

 

日本臨床整形外科学会のホームページにもありますが、

詳しくはかかりつけの医師にたずねることが一番のようです。

 

今回ご相談をいただいた患者さんは、

手術をなんとか回避できないかとのおもいで

150日の制限のことを知らずにリハビリを受けておられたようですが、

こうして制限のことを知らない患者さんも多いのではないかと思いご紹介させていただきました。

 

また医療リハビリでは、毎月無制限にリハビリを受けられるということではなく、

やはり医療保険診療でのリハビリには制限が設けられていることも多くの患者さんには告げられていない現状があるのではないかと思います。

 

150日制限には、さきに書きました除外規定があり、2つ条件があります。

1. 除外対象患者(厚生労働大臣の認めた患者)
2. 「状態の改善」が期待できると医学的に判断される患者

 

この除外規定に当てはまり、病院でのリハビリを継続するためには、

2の「状態の改善」が期待できると医学的に判断される患者に当てはまることが大切かとおもいますが、

そのためには病院でのリハビリだけにたよるのではなく、

ジグリングのように毎日少しずつでもセルフメディケーションを行って症状の改善を医師に観察してもらうことが重要です。

 

股関節症の症状の改善をしめす指標は、いくつかありますが、

痛み、レントゲンのほか、JHEQなどの指標をもちいると定量的に判断できるのではないかと思いますので、

医師と相談しながらリハビリをすすめられるとよいと思います。

 

ジグリングを毎日行うことで、状態の改善がみられるようになれば、

医療でのリハビリも継続可能になり、保存療法での治療にも大きな期待が寄せられるようになると思います。

 

ジグリングによるセルフメディケーションが、多くの患者さんのお役にたつことができれば幸いです。

 

治療には、治療法を知るだけではなく、

医療制度にも関心を持つことが必要なことだとこの患者さんから改めて学ばせていただきました。

 

 

 

 

このブログをいつから始めたのかをみておりました。

2014年の12月が最初の投稿で、

何を書いていたのかを調べておりましたところ

久留米大学名誉教授の井上明生先生のセミナー動画がありました。

当初は、関節温存術後の成績不良例の改善にジグリングを勧められておられたそうですが、

次第に保存療法としてジグリングを取り入れられたとのことでした。

 

下記動画の35分くらいからは術後の保存療法、保存療法のみでの改善例をご紹介されておられます。

また、先生のご研究、患者さんの観察からジグリングに適した股関節の状態を開設されておられます。

変形性股関節症と診断された、また、股関節に違和感を持たれておられる方には、

一度ご覧いただきたいと思い。

URLを掲載させていただきましたので、ご参考になれば幸いです。

 

第41回日本股関節学会ランチョンセミナー (youtube.com)

 

締めくくりとして、ご講演の最後に

再生医療が最善の治療であるとおっしゃっておられたことばが特に印象的でした。

 

・年齢に関係なくジグリングの効果は期待できる

・1日2時間を目標にジグリングを指導

・関節の状態を維持するためには1日30分程度のジグリング

・ジグリングの効果がでるまでには1年から2年

・関節に負担をかけない生活を心がけることでこの期間を短くすることも可能

以上が、およそのポイントとなります。

股関節に違和感を感じられている方は、

35分くらいから15分程度ごらんいただいて、今後の治療にお役立ていただいてはいかがでしょうか。

手術のみをすすめられる医師、とは違った井上先生の患者さんに寄り添ったアドバイスがみつかると思います。

 

 

 

 

自動ジグリングの2週間レンタルプログラムのご利用者様には、

器械のご返却の際にアンケートをお願いしております。

 

今回は、その一部をご紹介させていただきます。

 

股関節に痛みを感じたため整形外科を受診したところ

臼蓋形成不全との診断を受けた。

 

心配になり色々と調べていたところ、

変形性股関節症には

ジグリングが良いとの書き込みを見つけ、

すぐに購入するのは心配だったので

ジグリング研究会に連絡して2週間の無料レンタルの申し込みをした。

 

使い始めてから、

朝起きた時に、痛みもなく歩き出すことができて驚きました。

 

レンタルして続けたらよくなっていきそうな感じがしたため、

ネットから自動ジグリング器を購入。

 

 

レンタルプログラムのご利用

ありがとうございました。

 

 

 

 

自動ジグリング器の14日間無料レンタルプログラムを

令和6年4月30日受付分をもちまして終了させていただくこととなりましたので、

ここにお知らせさせていただきます。

 

自動ジグリング器のお試し使用をお考えの方がおられましたら、

4月30日までに、

下記サイトにアクセスの上、

注意事項をご確認いただきお申し込みください。

 

自動ジグリング器14日間無料レンタル