東大SPHを目指す貴方へ

東京大学 公共健康医学専攻 (SPH: 公衆衛生大学院)の入試対策法について記録しました。
東大でMPH(公衆衛生修士号)取得を目指されている方のご参考になれば幸いです。
ご質問も歓迎いたします。


テーマ:
入学試験のスケジュールの前にまず、東大SPHは1年コース(約10名)と2年コース(約20名)に分かれています。1年コースは受験資格として「2年以上の実務経験」が必須で、さらに出願時に「1年コースの合格点に満ちてなければ2年コースでもよい」かを選ぶこともできます。


1次試験(筆記)と2次試験(面接)からなります。以下が2016年度(2015年8月実施)の入学試験のスケジュールです。尚、私自身の入試での点数についてはこちらをご参照ください。

[]2018年度(2017年8月実施)から試験内容に幾つか変更点があるので、ご注意ください。変更内容はこの記事の最後に記載しています。


①英語 (180点満点)
 ➢長文読解大問4つ
 ➢制限時間2時間

②選択枝問題 (120点満点)
 ➢公衆衛生一般40問 + 統計学20問 (計60問)
 ➢制限時間1時間40分

③記述式問題 (60点満点)
 ➢公衆衛生専門8分野から3分野を選択
 ➢制限時間1時間20分

④小論文 (面接ネタのため点数なし)
 ➢自分の職務に基づき、公衆衛生の今後の課題と対策を論ぜよ
 ➢制限時間2時間、1年コース志望のみ
①~③の合計(360点満点)で1次試験の合否を決定。④は面接のネタに使われるのみ。

とにかく1次試験の点数のみでバッサリ落とします。職歴、出身学部、専門分野などは一切問わず、純粋な「1点刻み」での争いになります。2次試験(面接)は「本当に人格的にヤバい人だけをふるい落とす」程度で、毎年1人落ちるか落ちないか程度です。ですので、試験対策はもっぱら筆記試験対策になります。


[]2018年度(2017年8月実施)からの変更点 (2017年12月15日改定)
(1) 2年コースでも小論文が必須になります。テーマは「自らの経験や知識をもとに公衆衛生学上の課題と対策を論ぜよ」です。試験時間は2時間から1時間に短縮されます。採点対象になるのかは不明。分かる方、情報お待ちしています。
(2) 「②選択枝問題」の問題数が「公衆衛生一般40問 + 統計学20問 (計60問)」から「公衆衛生一般20問 + 統計学20問 (計40問)」に削減されます。試験時間は1時間40分で不変。点数配分は不明。分かる方、情報お待ちしています。
(3) 「③記述式問題」が「3問選択」から「4問選択」に増えます。試験時間は1時間20分で不変。点数配分は不明。分かる方、情報お待ちしています。









このブログの内容に関して、ご質問・ご要望・ご感想などございましたらこちらのフォームよりご入力ください。喜んで対応させて頂きます。

また、受験ブログリンクに登録しています。このサイトが少しでも皆様のお役にたてましたら、下記リンクをたくさんクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


受験ランキング

東大生ブログランキング
東大生ブログランキング
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Tootsie Rollさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。