踊る!殿まつり。

踊る!殿まつり。

織田信長公みーはーファンブログ

※お願い
大変申し訳ありませんが、歴史関連以外の内容を主としている方のブログ以外との相互リンクは考えておりません。
また、この辺境ブログへのご訪問及びコメントも大変有難いのですが、正直ブログの内容を本当に読んでコメントいただいているのか…?との疑問に思う「お金を稼ぐ系」のブログ管理者様からのお誘いコメントが多くて、大変返答に困っています。
不躾ではありますが、今後私は記事に対する内容を書かれていないコメントに返信致しません。また、それに付随する「自分のブログを見に来て下さい」コメントを頂きましても、ご返答致しかねますのでご了承ください。

2003年5月26日にサイトをオープンし細々と活動。


2008年9月29日アメブロへ移転。






にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村



Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
ずいぶん間があいてしまいましたが、京都旅行2日目です。
今回はビジネスホテルではなく、猫さんと旅館に宿泊。
西本願寺にて晨朝勤行(朝のお勤め)に参加させて頂きたかったので、西本願寺の道路挟んで向かい側にある旅館『和泉屋』さんに宿泊させていただきました。


晨朝勤行は朝6時から。
まだ夜明け前で外は真っ暗な中、5時45分に旅館を出ました。
最初に本堂にてお勤めです。
広い本堂は大変冷えますので、寒い季節に行かれる方はホッカイロなど仕込んでいかれることをお勧めします。

本堂でのお勤めは『讃佛偈』
これはそんなに長くない御経です。
朝の静けさの中に朗々と響くお経の声は、どこか神秘的で心打たれます。
お坊さんの御経大合唱のようなものと思っていただければ・・・。

本堂でのお勤めの後は、御影堂に移動してのお勤め。
『無碍光佛のヒカリ』と題されていましたが、これ・・・中々に長いです。
終わるかな・・・?と思ってまだ終わらない。
を数回繰り返しますので、正座が苦手な方はあまり無理されず、早々に足を崩されることをお勧めします。
でもお勤めの御経はその日によって違いますので、西本願寺のホームページを確認されたら、その日の御経が何か分かりますよ。

そんなこんなで30分。
お勤めを終えるころには空も明るくなっていました。



そして朝食を頂くべく御宿に戻ったのですが、お部屋に入って素敵な景色が。



御宿の方に「西本願寺側でなくてすみません」と言われましたが、とんでもない!!
この朝日と京都タワーの景色は、西本願寺側のお部屋からは見ることができなかったと思うと、得した気分です。

旅館の方の対応も良く、お部屋も二人で泊まるには十分すぎるほど広いお部屋。
バスとトイレもセパレートで大変快適に過ごすことができました~
そして朝食も湯豆腐まで付いていて、大変美味しく頂きました。



テーマ:



何でしょうね、最近こう・・・持って行き場のない怒りやら苛立ちやらがありすぎて・・・
ジャーナリズムとは何でしょうね。
ねじ曲がった正義感ばかりを振りかざして、自分は何者のつもりなのか。
とか何とかゆってる間に、何だか日本の上空を大変なものが通過するかもしれないという・・・。
はぁ~・・・
あれやこれや考えているとホントに寝つきが悪くなりますね。
とりあえず、Mさんの応募している新しいバーガーの名前でも考えながら眠りにつくことにしよう。


テーマ:
※殿紀行といっておきながら、全く信長公関係ないです。


1月16日神泉苑(
京都市中京区御池通神泉苑町)


15時近くになりますと、やや風も冷たくなってきました。
夢枕獏先生の『陰陽師』にも登場します『神泉苑』。
一度は行ってみたかったここに、猫さんにお付き合いいただきました!
平安京大内裏傍に造られた禁苑。天皇の御庭。平安貴族様たちの遊びの場。
いやはや雅な響きでございます。
そしてこちらに祀られている『善女竜王さま』。
今回神泉苑に来た目的は、善女竜王さまにお会いするためでした。
源博雅さまのように笛でも吹けたなら、是非とも御前にて披露させていただきたいところですが、何せ音楽的センスが皆無なもので。


池の水はまぁ…こう、もし落っこちたら大変だろうな・・・というような緑色ではございましたが、アヒルやら鷺やら鳥がのんびり過ごしていて、中々良い雰囲気でした。
本当に普通にアヒルさんてくてく境内を歩いてます。
(神泉苑の公式HPには「アヒルの部屋」というページがありますよ。)


でも、でもですね…あの、境内に割烹料亭があるんですが、竜王善女さまにいざ御参り!と思った時に、そちらを利用した方なのかお店の方なのかは分かりませんが、着物の男性に「今から写真を撮るのでどいてください。」と言われました。結局ほろ酔いのお着物の老若男女15人ほどが御揃いになり記念撮影を終えられるのを待つこと20分ほど。
「どいてください。」の言い方にも若干カチンともきましたが、何よりその撮影終了後に一言も「すみません」も「ありがとう」も何もなかったことに、怒るというよりも呆れてしまいました。
人の振り見て我が振り直せ、ということですね。
そんな感じで若干嫌な思いもしましたが、善女竜王さまに罪は無い。
心を落ち着け、いざ参拝!

善女竜王さまの御社の横に法成橋という赤い橋が池にかかっています。
善女竜王さまの前でお守りを頂きまして、そしてそれを胸に抱きつつ願い事をひとつだけ祈願しながら歩くと、お願い事が叶うとのこと。
もちろん祈願致しました。
自分の力で何とかできることと、どうしても神さまに頼りたくなることというものがあるのですよ、やっぱり。

さて、お願い事も終えまして、京都駅に戻り今回の旅のお目当ての一つ、nikinikiさんへ!
本店は河原町にあるとのことですが、京都駅の八条口にもあるということで。
とっても可愛い八ツ橋です


でも残念なことに、日持ちが本日中とのことで、お土産にはできませんでした。
一先ずハートさんをお宿にお持ち帰りして、猫さんと一つずつ食べました。
食べたお味は、「うん、八ツ橋。」
本当に普通に八ツ橋でした。でも日持ちが本日中ということもあって、普通の生八ツ橋よりも柔らかかったような気もします。
ひと箱2つ入りで500円くらい。(すみません、レシート捨てちゃって正確な値段は分かりません
ちなみに翌日お家用に買って行ったのはこちら。

今年の干支のお申さんと、雪うさぎ。
これ、後で気が付きましたが、お申の右のって、あれ…お申のしっぽだったのね…。

翌日は朝から本願寺にお参りに行きましたが、それはまた今度UPします。


テーマ:
2016年1月16日
京都国立博物館に、我らが信長公の建勲神社所蔵『義元左文字』が展示されるということで、行ってきましたよ!相方、猫さんと。
この日は曇りで、寒さもこの時期にしてはさほどでもなく、観光には良い気候でした。
11時頃京都に降り立ちまして、さっそく博物館へ。
バスを降りてチケット売り場へ行きました所、猫さんが張り紙に気が付きました。

『ただいま300分待ち』

「・・・。」

300分?
えーと…300分って?ん?30分ではなく?
はぁ!?300分待ち!?

・・・5時間。

思わず猫さんと顔を見合わせ笑いが漏れてしまいました。
でも良く見れば、下にちっちゃく、最前列からの鑑賞希望の方のみ、の表記。後ろから見る分には待たずに済むということで、一安心。
もちろんずっと見たかった殿の所蔵の刀ではありますが、5時間待ちするほどには、刀への執着はなかったので。
本当にすごいんですね、ゲームの影響って。
あと、女の子たちがみんな音声ガイド提げてるなぁ・・・と思ったら、そのゲームの声優さんがご案内してくれていたのですね。そりゃぁ借りますね、みんな。
これが『織田信長展』であれば、私も待っただろうな…5時間。いや、むしろ公開日の朝から並んでいたはず。

まぁまぁそんなわけで、女の子たちの合間から探しましたよ、左文字さんを。
しかし予想以上に室内が暗い。より刃の煌めきを際立たせるためだったのでしょうが、鳥目のわたくしには辛い辛い。もうね、ほぼ見えておりませんでした。それでも何とか左文字さんを発見!
よりによって角。隅っこ。一番見えにくいったらありゃしない。
それでもまるで眼つけるように目を細めてじ~っと観察。
『義元討捕』の文字までは確認。
ん~まぁ・・・仕方ないですが、『織田尾張守信長』の文字を見たかったな。
もちろん刀は好きですが、そんなに詳しくないですし、割と早々に退室。
あ、でも猫さんは『鬼切丸』にたいへん興奮しておりました。良かった良かった。

でも私今回の博物館は、刀剣よりも金剛寺の大日如来坐像様に感動。
あんな目の前で素晴らしい如来様を拝見できるなんて。自然と頭が下がり、手を合わせてしまいました。
あれを拝見できただけでも、博物館に来た甲斐がありました。
あと、色んな獅子と狛犬も可愛かった~。
獅子と狛犬は全てがラブリー。手足が可愛いのですよね。あと後姿もキュンキュンします。

そんなこんなで、2階で展示されていた今年の干支、さるづくしのも観て、所用時間は1時間30分くらい。
そして1階に下りて行ったならば、京都国立博物館のゆるキャラ「トラりん」がいるではないですか!!
めっちゃハイテンションで写真を撮っていただきました!

トラりん、サービス精神旺盛で、めっちゃカッコかわゆいのですよ。
んで、お名刺も頂いたのですが、トラりん正式なお名前は「虎形 琳ノ丞(こがた りんのじょう)」さんだそうです。

この後は、甘味を求めて、博物館の横にある『七條甘春堂』さんへ。
お菓子御膳を頂きました。


この後神泉苑に行ったのですが、その話はまた今度~。

そういえば、何かちゃるの書いた手紙がまた見つかったとか。
そこで殿のことを「信長」と呼び捨てしていたとか。

はぁぁぁっ!?
ふざけんのも大概にしときなさいよっ!!


やっぱお前はそーいうやつだ、ちゃる。

いや、もうそんな子は「ちゃる」なんて可愛く呼んであげないんだからね!
秀吉め!!

※大概にしときなさいって、西の方の人しか言わないってスペシャリストで剛くんが行ってたな・・・。
標準語では「いい加減にしなさい」だって。標準語じゃなかったんだと知って若干ショック。



テーマ:
数日前にもちらっと書きましたが、京都に行ってきました。
それで西本願寺に言ったので、お土産にお仏飯の入った御煎餅を買ったのです。
これが中々美味しくて、「そうだ!我が家の殿の神棚にもお供えしよう!」と思ったのですが・・・
くっきりと袋に印字された『西本願寺』の文字。
あ・・・これは・・・ダメ、かな・・・?
殿にケンカ売っちゃってるかな・・・?
と躊躇した挙句に却下。
別のものをお供えしました。
でもそっちは賞味期限が26日までなので、近々お下げせねば。
代わりにキティ&ドラのコラボチロルチョコでいいかな?
うん、きっといいよね。
甘いものなら何でも喜ぶよね、殿。

※キモチワルイと思った貴方、私はけっこう本気です。

あ!カンテレさんがスマスマ継続方向って言ってくださった!!
嬉しい!!
これで明日の仕事も頑張れるぞ!!!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス