スウェディッシュマッサージ資格スクールオーナーセラピストTakaのブログ

スウェディッシュマッサージ資格スクールオーナーセラピストTakaのブログ

スウェディッシュマッサージセラピスト、マッサージ資格スクールGHTSオーナーTAKAです。

皆様、明けましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。

本年もよろしくお願い致します。

 

コロナ騒動が始まってからすでに2年が経過しました。

歴史上類を見ない世界中が同時混乱に見舞われるというこの状況を3年前誰が想像したでしょうか。

世界は数年で想像しないものに変わってしまうことがあるということを思い知らされました。

おそらく数年から遅くとも10年後には、世界は更なる大変革を迎えていることでしょう。

それは地震などの災害、もしくは戦争や紛争がそのきっかけになるかもしれません。

具体的に想定できることで言えば、このコロナ禍で実体経済と金融資産の隔たりは更に大きくなり、信用創造に基づく貨幣経済の限界が見えてきました。

すでにアメリカのインフレ動向は2020年10月に昨年同月比で6%を超えるというとんでもない状況になっています。

このまま行けば金融資産を持たない庶民は、働けど働けど物が買えないという状況にならざるを得ません。

更には基軸通貨ドルの終焉も近いのかもしれません。

また、技術革新の面では、既存の通貨からデジタル通貨への移行が行なわれようとしています。(ドル崩壊のシナリオとも取れます)

スイスにある世界の中央銀行BIS(国際決済銀行)では中央銀行デジタル通貨CBDCの国際取引実験をすでに成功し準備が着々と進んでいます。

中国ではご存知の通りデジタル人民元の実証実験もすでに行われています。

当然日本においても同じ流れを想定した計画が進められていることでしょう。

 

また、自動車業界においては世界中で自動運転技術やそのインフラ計画が進められています。

10年後にはおそらくスマホでタクシーならぬ自動運転の車を呼び出して、設定した目的地に運んでくれる、そんな時代が来ることでしょう。

そうなればタクシーもバスも山手線でさえ必要ないなんてことも考えられます。

5Gや6Gなど通信衛星技術の進化により空からすべての自動車を運行管理するシステムが完成すれば、信号も必要なくなり、交通事故もほぼ皆無となることでしょう。

そんな時代になれば、ベンツもレクサスも無用の長物となり、車は単なる移動手段であり、嗜好品としての価値は無くなります。

そして人間の技術革新は究極の効率化へと向かい、まさにSFの世界が現実となる日が近いのかもしれません。

買い物はスマホで、車もスマホで呼び、お金のやり取りもスマホで行なう。そんな世界がすぐそこまで来ています。

 

そんな時代に人は何を求めるようになるのでしょうか?

それは、デジタルを介さない生身の人間との繋がりではないでしょうか?

直接会って、空気の振動を介して会話し、お互いの体温を感じ、触れあうこと。

世界がデジタル化すればするほど人間は自然に戻ろうとするでしょう。

なぜなら人間も自然の一部だからです。

思い通りにならないもの、それが自然です。

人間をいくらデジタル社会に組み込もうとしても、それは不可能です。

デジタル化すればするほど人は自然を求めるようになるでしょう。

世界は、四角いビルやオフィスや教室やパソコンやスマホやテレビや電子レンジや自動車だけで成り立っているのではありません。

そんな思い通りになるものだけに囲まれた世界で生きていると、人は苦しくなり、死にたくなる人もいます。

死ぬ前に思い出して欲しいのです。教室やオフィスの外には、花や鳥や風や月が存在しているということを。

世界はそこだけではないのだということを。

自然はすべてに平等で、寛容で、優しく、時に厳しく、どんな権力や冨を持った人間も自然の前では無力だということを。

人間社会の行き着く先において必要なもの、それは自然との共生であり癒しだということ。

 

2022年は、「癒し」が主役になる年だと私は感じています。

これから人が必要とするもの、それは高級車でも高級バッグや時計などのブランド品でもなく、それは価値の変わらないもの。

人間の外ではなく内側にあるもの、それは技術であり、知識であり、思想であり、情であり、健康なのではないでしょうか。

それはお金があればすぐ手に入るものではありません。

ある程度の時間と蓄積、そして日々の努力が必要なものです。

 

2022年、最も賢い投資、それは金融資産への投資ではなく、自分への投資だと思います。

少なくとも技術は時間を掛ければ必ず手に入るものです。

私が開発したケアササイズは、人を癒す技術でありますが、自分自身も健康になれるまさに時間と蓄積によって得られる資産です。

社会情勢に惑わされることもなく、暴落する心配もない自分次第でいくらでも育てることができる資産を獲得すること、それがアフターコロナに備える賢い選択だと言えるでしょう。

 

 

世界初セラピストも健康になれるトリートメント

https://ghts.jp/

私も経験がありますが、ある日思い立ちジムに入会、いざ通い始めるものの最初の2~3日だけ頑張ってその後月謝を払うだけになってしまい、結局退会してしまう・・・。

そんな経験はありませんか?

なぜそうなるのか?

それは人間のやる気ほど当てにならないものはないということが原因です。

人間のやる気スイッチのほとんどは幻想で、本当のやる気スイッチが入る瞬間は2つの要因しかありません。

1つ目は、何かに興味や好奇心を持った瞬間です。

自分の趣味嗜好にあったコンテンツに出会った瞬間に人はやる気スイッチがONになります。

その興味は、人の頭を働かせ、体を動かす強い衝動を引き起こします。

そんな時、人は自然と行動し、いつの間にか目標達成へと邁進することができます。

スイッチを入れるというより勝手にスイッチが入ってしまうという感じです。

 

2つ目は、自分に何らかの損害を被ることが確実である瞬間です。

例えば火事や地震などの突発的な災害時には有無を言わさずやる気スイッチが自動的に発動されます。

最上級の損害、命の危険を感じた時こそ最も瞬間的にやる気スイッチがONになります。

また、転勤などで海外赴任が決まった時など、赴任先の言語を学ばざるを得ない状況下で語学習得のやる気スイッチはONになります。

生きていくために最も大切な収入源である仕事に支障を来す場合、やる気スイッチは容赦なくONになります。

つまり、興味もない、今の自分に損害が及ばない状況でやる気スイッチをONにすることは大変難しいということです。

いつか海外に行くかもしれないので今から英語を勉強しておこうとか、30年後に寝たきりにならないように今から足腰を鍛えておこうと考えても、実はやる気スイッチがOFFのまま無理やり行動していることが多いのです。

スイッチOFFのままでは、何事も長続きはせず、すぐに充電切れとなります。

では続かないジムに通わずに健康を手に入れるにはどうしたら良いのでしょうか?

それは簡単です。

体を動かす仕事に従事すれば良いのです。

そこで、是非おすすめしたい仕事があります。

それがケアササイズ式スウェディッシュマッサージのセラピストです。

通常、リラクゼーションのセラピストさんは、自分の体を壊してしまっている方が多いのですが、このケアササイズという技術は体を壊すどころか、やればやるほど健康的な体になっていくトリートメント技術なのです。

世界初のセラピストも健康になれるケアササイズは、人をケアしながらセラピスト自身もエクササイズ効果を得られるという特殊な施術法を使います。

この特殊な技術さえ習得すれば、毎日の仕事がエクササイズであり、ジムでフィットネスやボクササイズや水泳をするのと同等でより効率的な有酸素運動を行なうことができます。

続かないジムに入会するよりも、圧倒的に効率的なのはお分かりだと思います。

技術習得に多少の時間と初期投資は必要ですが、すぐに元は取れます。

日々お客様を癒していく中でいつのまにか健康も手に入れられるわけですから、無駄な時間もお金も掛からない、それどころか収入まで得られる、こんな魔法のような技術はそうはありません。

この施術法は特殊な体の使い方をするので初めは少し難しいですが、一度習得してしまえば、セラピストをケガから守ってくれ、しかも健康維持増進を約束してくれます。

セラピストが健康だとより良い施術にも繋がり、更にお客様から喜んでいただける。

仕事の喜び、人生の幸福、それらを生むのが健康なのだと心から実感できることでしょう。

相互癒しケアササイズが世界に広まることで多くのセラピストとそのお客様が健康で幸せな人生を謳歌してくれること、それが私の夢であり、当スクールの目指すところであります。

 

世界一難しいトリートメント技術ケアササイズ

https://ghts.jp/

哲学者フランシス・ベーコンはこう言っています。

「一般に、書物の上での学問では、実務の役に立つような人間は生まれません。また、学習をしていなくても才知のある人というものは存在します。実務に役立つ学問は、ただ人を観察することによってのみ勝ち取ることができるものなのです。」

「人間が自らの才能を開花させるために必要なものは、労働から得られることのほうが読書から得られることよりも多く、経験から得られることのほうが文学から得られることよりも多く、仕事から得られることのほうが教育から得られることよりも多い。そして生身の人間を観察することで得られることのほうが、伝記から得られることよりもはるかに多い。」

by 西国立志編

 

世界一難しいトリートメント技術ケアササイズ

https://ghts.jp/