ともみと髭マンとガガ

ともみと髭マンとガガ

夫(髭マン)は南インド出身の料理人。激貧国際結婚からの飲食店起業!41歳ガガを出産。飲食店、子育て、国際結婚、アート、東洋思想などなどおもいつくまま綴ってます。



最近の、お気に入りドリンク。

この二つを7:3でわる。



いや、なによりこの
麹だけでつくったあまさけが好き♡

美味しいし。

原材料がほんまに米麹(国産米)のみ!

味は濃く、しっかりどっしりしてる。

ごくごく飲みたい私はミルクと混ぜます。


牛乳、アーモンドミルク、
豆乳、オーツミルク。


4種ミルクとの相性を試してみたけど
アーモンドミルクがお気に入り。


牛乳は予想通りの味、ふつうに美味い。

豆乳は、豆乳の味が勝つかな。




オーツミルクは砂糖不使用でもオーツの甘みがあって甘酒も甘いしね、甘い×甘い。




甘酒は飲む点滴って言われるほど凄いよね。

麹菌が栄養の消化吸収を助ける働きがあって、ブドウ糖とビタミンB群は、疲労回復効果の高い栄養素。

あまさけは、ガガ(娘)も大好きで、
よく牛乳にまぜて飲ませております♡



私が飲食にこだわる理由右差しいま迷いの中にいる人へ




























毎日カレーで幸運メルマガ

(不定期配信中)






R3’ 4月からはじまる
ヒーリングアートクラブの
日程が決まりました乙女のトキメキ


密にならない少人数制で、
換気しながらおこないます。

体調のわるい日には、
お休みしてくださいね。

期間中、途中参加も大歓迎。

ご家庭の事情などでお休みされても
だいじょうぶ。

いつでも楽しめるように、
どのタイミングでも学びがあるように
進めていくので安心してご参加くださいおすましペガサス



場所: 大元公民館

お申込みおすましスワン
大元公民館
700-0925岡山市北区大元上町10-31
Tell:086-241-8526
Email:oomotokouminkan@city.okayma.lg.jp

又は、
このブログ(ともみ)にメッセージください。


クラブ時間: 朝10時〜昼12時
参加費: 1回500円(都度払い)

お持ちいただく物: 
色鉛筆12色くらい、スケッチブック

(あれば…鉛筆削り練り消しゴム


日程: 第2、第4 木曜日
 (7月、9月、R4’2月は第2木曜のみ)


4月8日、22日

5月13日、27日

6月10日、24日

7月8日

8月12日、26日

9月9日

10月14日、28日

11月11日、25日

12月9日、23日

令和4年
1月13日、27日

2月10日

3月10日、24日


ヒーリングアート
講師 たばたともみ





































毎日カレーで幸運メルマガ

(不定期配信中)






柘榴


ともみと髭マンの、ともみです。

夫(髭マン)がザクロ大好きじゃけん
買ってきました。

上の写真みたいに
中身をポロポロにして、
器に入れときます。

気が向いたとき髭マンがおやつに食べる。

美しいなあ。

ザクロは美容と健康にうれしい果実。

果実というか、その中にあるこの
種を覆う種衣(仮種皮)よね。


カリウム、アントシアニン、ポリフェノールでアンチエイジング効果に期待大♡


ガガ(娘)にはまだ早いかな?

種あるし。。。

と思いつつ、一粒たべさせたら…





めちゃくちゃ気に入ってしもうたよっ

小さい器に入れてあげたんじゃけどな、

ぱくぱく食べて、

『おかわり!』と言わんばかりに

器を私に差し出してきて。



それでもう何回おかわりしたか…

大きい器が空っぽになって、

「もうないよ。ぜんぶ食べちゃったよ」

て私が言うと大泣きしとったよ。






ちなみに…
種ごと食べるから、翌日、
消化できてない種がプップと共に
出てきてました!少し軟便だったし。
要注意です!


















毎日カレーで幸運メルマガ

(不定期配信中)





ガガ(娘1歳4ヶ月)

昨夜はなぜかずーっと「抱っこ」
してないと泣き止まない…。

今朝も朝ごはん食べるのグズって
「抱っこ」。


何かあったんかなぁ?

保育園の先生にはいちおう報告。

でも保育園着いたらすぐ遊びに夢中に
なっとったから、まあ大丈夫かな。


きっと繊細な心に、
何かあったんじゃろうね。



夫(髭マン)が店の仕込みで
帰りがいつも夜中12時頃になるから。

夜は私のワンオペ育児。

ずーっと抱っこしてると、
ご飯お風呂寝かしつけなどなど
出来なくなるから…

抱っこするたびに、

「大丈夫よ。大好きだからね」

と落ち着かせて、


「ママお風呂入れてくるよ、いい?」
「ママ着替えてくるよ、大丈夫?」
「ママお布団敷くね、待てる?」

と、ガガに聞いて承諾を得ながら
体を離すようにしました。



小さい肩。
小さい手。
小さい背中。



いつも、ついつい、
「成長したなー!」って喜んじゃうけど。

そんなに早く成長なんてしないよね。

ママもパパも、
未だに子供みたいなくせに。

娘にだけ大人みたいになって欲しいとか、
ほんまにごめんなさい。



子育てが始まってから、
反省することが増えた。

自分はひとりで大きくなったわけじゃない。

私もゼロ歳から保育園に通ってた。

断片的ではあるけど当時の記憶がある。

いつも映像で思い出すのは、
保育園の一部分。

座布団が重ねられている部屋の中で、
私はおとこの達に囲まれていて、

それを、
やんちゃな兄二人が撃退してくれている。

なぜかその場面だけいつも思い出す。

無条件に守られていた記憶は、
その先の関係性がどうあれ、

根底には愛情があることを
信じさせてくれるのかもしれんね。



私は娘と一緒にお風呂に入るのを、

祈りの時間

にしとるんじゃけど。


「明日からも、安心安全幸せに健康に長生きします。いつも見守っていてくださってありがとうございます。どうぞ宜しくお願い申し上げます」


この祈りを毎晩かかさずしています。

ガガも、うん、うん、て頷きながら
聞いてくれます。

たまに、途中で泣き出す。

たまに、途中で私を叩いてくる。

たまに、私が言い終わったあとに
拍手してくれる。笑




心配しすぎず、でも、
よくよく見守って、
抱きしめて。

を、心がけてます。

(ついイライラしちゃうこともあるけど)











毎日カレーで幸運メルマガ

(不定期配信中)





迷い、悩み、
どちらへ進めばいいか分からない。

そんな時間が必ずありますよね。

こういうときの対処法を
何パターンか持っていると、

一時期落ち込んだとしても、
わりとすぐに快復できますよね。


まずは、

心って何?
感情って何?

それは特に、心臓と脳です。


「感情」は、得体の知れない
未知の生物とかじゃないんです。


以前もご紹介しましたが、
Debora Rozman博士の論文にあるのは、


「心臓は感覚器官であり、大脳皮質が関与しない学習や記憶、決定を可能にする」


心臓が出す電磁波、音圧、血圧のリズムは、身体中の全ての細胞が感知します。

最近の研究では、心臓が発信するリズムの中に感情に関する情報が込められている可能性があるのだといいます。


心臓のリズムと脳のα波のシンクロ。

特に心にポジティブな感情を思い浮かべているときは、心拍のリズムは規則正しくなり、α波のリズムも心臓にシンクロし、規則正しいものになります。

心臓と脳波が規則正しくシンクロし始めると、呼吸、血圧、皮膚の電気信号のリズムもシンクロし始めます。

そうなると、血流がよくなり、呼吸がしやすくなり、血液が循環し、免疫力が向上します。

認識力が向上し、思考がクリアになり、感情が安定し、幸福度が向上します。



フラストレーションを感じているときは心臓のリズムが乱れるけれど、

感謝の気持ちに転じたとき、心臓が規則正しいリズムで動き出したという結果があります。



以上が、
この論文のおもしろいとこなんじゃけど、

これでハッキリ分かるのは…


心(感情)は、
身体だということ。


この身体を作っているのが、

食事
運動
睡眠


特に、食事でね、

身体の細胞は全て、
や心臓まで生まれ変わっているんです。


これ私が中学生のときに知った実験なんですけどね。

細胞を青く着色した餌をマウスに食べさせて、マウスの中を見ると、初日は胃の内部に青色のかたまりがうつるんです。


でも食べたものって栄養素とったらあとはプリっと排泄されてるでしょう?

何がどうなるん?

と思って見とったんじゃけど、


マウスにその青い餌を与え続け、
日にちが経過してマウスの中を見てみると…

なんと、



ぜんぶ青くなっとった…




内臓もぜんぶ…脳も心臓も…



これ知った日の衝撃いまだに忘れられない。

どういうことかと言うと、

食べたものの細胞によって、私達の身体の細胞が全て入れ替わってるってことなんです!

排泄されてるのは、古い細胞と、体内に吸収されたかったもの。


(この日の私にとってはね、

この実験結果は「希望の光」となりました。

だって、

「人は生きたままでも生まれ変われる」

「食べものを変えればなりたい自分になれる」

単純に、そう思ったんです)



だから、食事って大事。

そして適度な運動。

適度な運動をすれば、自然と眠れる。


食事
運動
睡眠

心は身体で、身体は心。



身体にムチ打って睡眠削って食事もおろそかに…。うん。短期集中で、そのぶん補えるだけの休養をとるなら有りだけど。

バランス、バランス。

どれかが足りないなと気づけたとき、
それをどうやったら補えるか考えて工夫します。



1、食事•運動•睡眠
  どれが足りないか気づく。

2、考えて工夫する。

3、バランスとる。


心も身体も感謝でいっぱい。



書くと淡々としてるけど。

もちろんいろんな葛藤があるよ。

そもそもバランス崩れちゃったら、
思考ぐちゃぐちゃしてる。

思考ぐちゃぐちゃだと眠れない。

眠れないと意欲が湧かない。

意欲が湧かないと運動もしたくない。

暴飲暴食したり、
きちんと食べられなかったり。

そしてまた、不安に襲われる。

被害者意識と罪悪感から抜け出せない。

何にも感謝できない。

そんな自分はダメなやつだ。



ストーーーップ



崩壊寸前な中で、
「ああ、そうだったそうだった」と
立ち返ることが出来たらラッキー。

大丈夫よ。

悩むことが出来る、迷うことが出来る。

それだけで、豊かなんだから。













毎日カレーで幸運メルマガ

(不定期配信中)





脳トレで運を良くすることができる


脳科学者
中野信子さんのインタビュー記事を読んで、興味深い研究のお話しをちょっとだけシェアしますね。


と、その前に…


「自分は運がいい」と思いますか?

どうかな。

私はそう思います。

でも、

もしも私と同じような人生を歩んでいて私とは違う脳の持ち主がいたとしたら、自分は運が悪いと思ってるかもしれんよね。

何が言いたいかと言うと、

運がいい

と思う基準が人それぞれ違うの。

それはなぜか、というお話し。


例えば…


私の父は一昨年、とある日の朝、
脳卒中で緊急手術したんですよ。

大きな後遺症もなく、
今はふつうに生活できています。


これね、


運が良かった?
運がわるかった?



一体、早朝に何が起きたのか…


父親は早朝、
トイレへ行きたくて目を覚ました。

敷布団から起き上がり、
階段を降りようとするが脚がもつれる。

うまく動かせない体で手すりにつかまり
どうにか一階へ降りてトイレを済ませた。

また脚がもつれ、床に倒れた。

自分で体を動かせなくなっているのに気づきながらも、床を這いながら着替えをすませ、椅子までたどり着く。

そしていつもと同じ場所、
テレビの前のテーブルについた。

そのときもう体は動かせない状態。

起きてきた兄達は、
父親の異変に気づかず仕事へ出た。

そのあと母が二階から起きてきて、

おや、何かがおかしい…
いつも見ているテレビ番組では無い…

ふしぎに思い、
話しかけたが返事がない。

不機嫌なのだろうか?
顔を見ると半分だらんとしている。

母は気づいた。

「脳だ」→知り合いの医師に電話→
病院に連絡し予約→救急車に伝える。

素早い処置のおかげで後遺症も少なくて
すみました。


運の良さはここ。

聡明で慈愛に満ちた母と出会い結婚し
離婚の危機をも乗り越え共に暮らし、

運命の朝、
「いつも見ているテレビ番組じゃ無い」
と気づいてもらえた父の幸運。


ところが父親に言わせると、

「そうか?」

自分を運のいい人だとは、
全く思っていないんですよ。


脳卒中になってしまった。
手の指先が動かし難くなってしまった。
以前より言葉が出てくるのが遅くなってしまった。
脚もまだまだ痛むのに医者は治してくれない。

だから、あの朝はツイてなかった。

て言うんですよね。



これ、どういうことかと言えば、

命が助かって
この程度の後遺症ですんでラッキー

と思えば、運が良かったとなり、
人生観を変えるほどの出来事なんですけど。


父のように考えれば運がわるかったとなり、
以前ならもっと早く上手く出来ていただろう事についイラッとしてしまう。



起こった事象は同じ、結果も同じ。

何が違うかって、
「思考パターン」なんです。


この思考パターン。

どこに、だれに、どれだけ感謝するか

で変わってくるよね。


そもそも、
私の父はあまり人や物事に感謝しません。

口ではありがとう言えても、
心の底からは感謝してないタイプです。

勉強でも、仕事でも、家庭でも、
「自分の努力と実力だけで生きてきた」
「そもそも運には頼らない」
と思ってる人に多い傾向。

•うまくいったときは自分のおかげ。
•うまくいかなかったら誰かのせい。

この思考パターンが強くて、
しかもずーっとそう思い続けてると、
知らず知らず、感謝しなくなるから。

自分で自分の運を下げてしまう。

ほんまはめっちゃ強運なのに。


(父は本当に凄い人なんですよ。
たくさん人を助けてきたしね。
だからもっと幸せを受け入れて
ハッピーになってもらいたい)



つまり、


運のいい人


になるのは意外と簡単です。

上記とは逆の思考パターンに
変えれば良いだけだから。


うまくいった物事に対して感謝する
 助けてくれた人に素直に感謝する


うまくいかなかった物事に対しては
 よく反省して、学びに変え、
 同じことが繰り返されないよう改善する





「幸運だったこと」に気づけるようになると、自動的に、自分は運がいいと思うようになります。

幸運に気づけるかどうか。
心から感謝できるか。

たったそれだけなんですよね。

自分の人生は、
自分の意識で構成されてるから。




平等に降りそそいでいる幸運の雨です。

運がわるいと思ってる人は、

真っ暗で重たい思考の傘をさし、
自分一人の力でどうにかこうにか、

濡れないように、飛ばされないように、
必死にその傘を支えてるのかもしれんね。
それはそれで、ドラマチックだけど。



まあ、でも、
気づいた人からね。

私達は運がいいなーって、
世界が感謝で溢れたらいいよね。




さて、本題。

脳科学者中野信子さんのインタビュー記事より


脳も体の一部です。

体の一部である以上、自分で変えられる部分もゼロではないのです。


中略


中野さんは脳をトレーニングすることで
強運さえも手にできると言います。

「実は運というものは皆に降っていて、チャンスは平等にあります。それは実証されているんです。」


中略


私たちが脳をバランスよく健全に保ち育てていくにためには日々の生活でどのようなことを心がけていけばいいのでしょうか。

「ちゃんと食べる。ちゃんと運動する。ちゃんと起きる。適度なストレスも、実は刺激になって脳を育てる場合もあります。

ちょっと背伸びをするくらいの負荷をかけて肉体と同じように脳も適切に使っていけるといいですね」

日本人にちょっと足りない開放性、外向性を上げていくには

「たまに知らない街をお散歩してみましょう。新しい人と交流してみましょう。読んだことのない本を読んでみましょう。新しい経験を怖がらずにやってみましょう」



ちょっと長いけど、もっと詳しく知りたい方は
リンク先を読んでみてくださいね〜♪













毎日カレーで幸運メルマガ

(不定期配信中)




ともみと髭マンの、ともみです。


牛すじポテトローストカリー。
ローストしたジャガイモと
柔らかな牛すじが相性◎





グリーンハーブの爽やかさ。
(コリアンダー、ミント)




レーズンの甘味とポークの旨味が絶妙。




えび、イカ、そしてマンゴー!
南インド•ケララ州の南国フルーツ
を使ったカレーがおもしろい。





魚カリーとしてお出しした
フェンネルいかなごカリー。
フェンネルの香りが効いてます。

タミル烏賊カリーは、
タミル•ナードゥ州の調理法でお作りした
烏賊のカレーです。




トマトの酸味が牡蠣を引き立てます。




春に向かうこの季節も、
日替わりカレー

「今日の特別カリー」

こころを込めて、
毎日こうしてお出しできる幸せ。

パイシーパイスに来てくださる
みなさまのおかげです。

いつも本当にありがとうございます。












毎日カレーで幸運メルマガ

(不定期配信中)




ひなあられ


ともみと髭マンの、ともみです。

ばあばに「ひなあられ」をもらったよ。

三月三日
桃の節句

もともとは、やっぱり陰陽五行説。

奇数は、陽(発展していく)
偶数は、陰(安定している)


陽の奇数三と三を足すと、
陰の偶数六になるので。

陽から陰へ転じやすい日に、
邪気を祓うため節句に祝い事を
するようになりました。

(五月五日や七月七日などもそう)


邪気を祓うためにその時期の植物で飾り、
旬のものをいちど神様にお供えしたあと、
その食物を食べることで無病息災を願います。



おひなさまを飾るのは、
日本独自のものなんじゃって!

ひなあられが食べられるように
なったのは明治以降。

ひなあられは菱餅と同じように、
桃色、白色、緑色。
この3色が基本とされています。


桃色 桃の花 魔除け
白色 雪 清浄
緑色 新芽の広がる大地 健康

を表しています。


何気なく見てる「色」だけど、
そこには家族の健康を守るための
たいせつな願いが込められとるのね。

ひなあられ見るだけで、
なんかじーぃんときたわ…。




そういえば、この「色」について
なんじゃけど…。

母はずーっと、
「あんたには緑色がいちばん似合う」
と小さいころ私に言い続けていました。



また私の母をディスってしまうけど(笑)

母は何かにつけて、決めつけたがり。

なんでそんなに決めつけてくるのか、
すごく不思議だったんですよね。


ほんまは小さいころ、
ピンク色とか、カラフルなのとか、
フリフリのワンピとかな、
着せてもらいたかったんよね。

自分で自由にお洋服を買えるように
なってからピンク、カラフル、フリフリ
めっちゃ買いました♡

反動じゃろうな。

そんな思いがあったから、
ガガ(娘)には色んな色を着せてます。


以前、ガガに黄色い服きせてたときに、
母がえらく気に入ったみたいでね、
こんなん言うてきました。


「この子には黄色が一番似合うな!

ピンクとかは申し訳ないけどあんまり…」


はい、きたきた。

決めつけたがりぃ。


私はもうちゃんと反抗できるので(笑)


「何色でも似合うよ。

大きくなったらメイクでどうとでもなるけんな、どんな色でも好きなように着たらええんよ。

ましてやこんな小さいときから決めつけたくないわ」

て、きっぱり言いました。


ばあばの決めつけから守ったよ。

以前、親からメンタルブロックも
受け継いでるっていう話しをしたけど、
これもその一つ。

この色しか似合わない。
これ以外は認められない。
これじゃなきゃ受け入れてもらえない。

はい、きたきた。

そんなもん、くそくらえじゃ



あ、毎回、誤解を解いておきますが、
ばあばのことガガも私も大好きですからね♡



決めつけ

これは純粋に、母の好みに偏っていて、
それが母の愛情だって分かってるからね。

母の理想。

「こうなって欲しい」という
強すぎるエネルギーは時に、

子どもの無限の可能性に
制限を設けてしまうことがありますよね。


私は母の決めつけに、
何度も何度も疑問を抱いてきました。


「こんな算数の点じゃどこの高校にも受からんよ」

答え: そんな点数でも受かる高校があったな



「絵が好きならファッションデザイナーになったらいい」

答え: 服飾の専門まで行ったけど、やっぱり私は服をデザインするより純粋に絵を描きたいわ



「頑張れば出来るよ!」

答え: 頑張って出来るんは当たり前すぎる。頑張らんで出来る方法を見つけるわ…て、言ったのをおぼえとる




「あんたには緑色がいちばん似合う」

答え: 似合うか似合わんかより、好きか好きじゃないかで選ぶわ




そう考えてみれば、
私は素直なようで反抗的で、
反抗的なようで素直な子どもじゃったな。

母親の言葉って、それはもう潜在意識下で
いったん肯定してしまうんかもしれん。

そこに「なんで?」と疑問を抱けた人は、
母親の躾糸から解放されていくんかな。
















毎日カレーで幸運メルマガ

(不定期配信中)





変わらないものって無い。

けど、
身近なものほど変化は見えにくい。

毎日おなじことの繰り返しで、やだな。
と思うことってある。

例えば、保育園から帰ったら娘の
トレーニングパンツやら肌着やら
洗面所で予洗いしてから洗濯機を回し。

お夕飯食べおわったら、
床に散らばった食べ物を拭きとり。

お風呂を沸かして一緒に入り。
歌を歌って一緒に踊り。

寝かしつけたら洗濯物を干し、
翌日の着替えをリュックサックに詰め、
お帳面を書く。

一連の流れは毎日毎日繰り返される。

これが永遠に続くんじゃないかと、
ウンザリする瞬間もある。

じゃけど、永遠に同じじゃないんよね。
あたりまえなのに、ふと忘れる。



変化って、
毎日の繰り返しの中にあるんね。

ガガ(娘)は最近、保育園で覚えた
歌の”振り付け”を私に見せてくれます。

指を一本立てて上下に揺らしたら
「おにのパンツは いいパンツ」

手のひらをヒラッヒラッさせたら
「きーらーきーらーひーかーるー」



私が、「大きな栗の〜」て歌っても、
自分が踊りたい歌じゃないときには、

両手をひっこめて『うっうっ』と、
いっちょまえに!
首を横に振るようになりましたっっ。

私が、「え?ちがうの?」と聞くと、

『にゃうの』と答えます。

「ノー??」と聞くと、

『なー』と答えます。



変化している。

ほんのすこし前までは、
私が歌ったうたを踊ってくれたのに。

今は自分が踊りたいうたじゃないと、
首を横に振るん。

カシコイ子ぉです!!!笑




私達って、

子どものころはこうやって、


やったことない。こわい。

やってみたい。好奇心。

できるかな?ドキドキ

やってみる。

うまくできない。イライラ。

もう一回やったらできるかな?挑戦

できるかも。

あ、出来た!!




そうやって、
何度も挑戦して失敗して、
ようやく出来るようになってきたんよね。



好奇心で瞳がキラキラしとるよ。

上手く出来んかったら本気で泣いて、

手足をじたばた全身で悔しがっとる。



自分を諦めてないから、悔しいんよな。

だからまだまだ挑戦できる。

こけて膝すりむいても、
まだまだ歩きたいって言って泣くん。



こういうのを忘れちゃいけんと
思いました。

身近なものほど変化は見えにくい。
特に、自分自身な。

だんだんと、

一回だけ挑戦してうまく出来ること

ばっかり追い求めてしまうから。

何回でも何回でも、

うまく出来るまでやったらええんよな。

ママはあなたを見習うよ。














毎日カレーで幸運メルマガ

(不定期配信中)





キンカンシナモンジャム


ともみと髭マンの、ともみです。

美味しいキンカンを頂いたので、
ジャムにしました♡




宮崎県直送!!
そのままでもめちゃくちゃ美味しい♡




ガガ(娘)もキンカン大好きなので、
保存食用にジャムにしてみたんじゃけど。

よう食べます♡♡



おかわりもした!!


材料

キンカン
パイナップル少量
シナモンパウダー
レモン果汁



キンカン丸ごと

パイナップルは、
スーパーに売ってるカットフルーツ使いました

水で茹でる(煮詰めてく)

何回か水足して、
しんなりしんなりさせていきます。



いいかんじになってきたら

シナモンパウダー投入!

………

シナモンは抗酸化性、抗炎症性、抗菌性など
からだに嬉しい効能がたくさん期待されとるよ

おうちに常備しとります。

(パイシーパイスで使用してるのとは異なります)

………







混ぜながら、
ねっとりどっしりなるまで
水分とばす。

さいごにレモン果汁しぼる。

あえて、砂糖はつかっていません

じゅうぶんな甘さがあります。

(私はお料理にも砂糖を使わない派

チャイ用のきび糖は買うけど、

だから白砂糖はおうちに無いです)



保存容器にうつして
冷蔵庫に入れています。



お夕飯食べたあとのプチデザートに
楽しんでます♡
















毎日カレーで幸運メルマガ

(不定期配信中)