「子どもが『自分に障害がある』ということを受け入れられない」

 

という悩みをもつ先生がいる。 

 

 

そんな時は、もし

 

「子どもが育たないのは、あなたが『授業力障害』だからです」

 

と、自分が言われた場合を想像してみると、子どもの気持ちが理解できるかもしれません。 

 

 

受け入れるのは難しいのです(-_-)

 

 

==============================================

 

授業実践、子ども対応をまとめたページはこちら→https://teachers-job.com

 

 

小学校教育 ブログランキングへ 

 

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 

 

(初版完売いたしました。現在第二版作成中です!)

特別支援教育の知識で全員を育てる! ユニバーサルデザイン学級への6原則 特別支援教育の知識で全員を育てる! ユニバーサルデザイン学級への6原則

1,480円

Amazon

質を上げるには 

 

「新しいことをする」というたし算のアプローチ 

 

「不要なものを減らす」という引き算のアプローチ 

 

の2つがあります。 

 

 

子どもに話すときも、 

 

「言葉を飾って伝える」 

 

「余計な言葉を削る」 

 

 

両方のアプローチを使い分けることを意識しています(^ ^)

 

 

 

==============================================

 

授業実践、子ども対応をまとめたページはこちら→https://teachers-job.com

 

 

小学校教育 ブログランキングへ 

 

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 

 

(初版完売いたしました。現在第二版作成中です!)

特別支援教育の知識で全員を育てる! ユニバーサルデザイン学級への6原則 特別支援教育の知識で全員を育てる! ユニバーサルデザイン学級への6原則

1,480円

Amazon

自尊心が低く褒められるのが苦手な子

 

お絵かき中 

 

子「私下手だな」 

 

私「(下手な絵を描き)確かに先生の方が上手」 

 

子「ん〜それよりは私の方が?」 

 

私「なに?では勝負です。」 

 

投票で9:1で私が負けて、その子は褒められると普通に喜ぶようになりました。

 

 

褒められる根拠があることは大事です(^ ^)

 

 

==============================================

 

授業実践、子ども対応をまとめたページはこちら→https://teachers-job.com

 

 

小学校教育 ブログランキングへ 

 

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 

 

(初版完売いたしました。現在第二版作成中です!)

特別支援教育の知識で全員を育てる! ユニバーサルデザイン学級への6原則 特別支援教育の知識で全員を育てる! ユニバーサルデザイン学級への6原則

1,480円

Amazon

休み時間に職員室に向かうとき、校庭で喧嘩してパニックになっているA君を見かけました。

 

横で担任の先生が「嫌だったね」と言いって、落ち着かせようとしています。

しかし、

「でも、相手も嫌だったんだよ」「君も、バカって言ったよね!」

と、なんとか悪かったことを認めさせようとします。

 

先生の言葉で、「なんでぇ!!」「あいつ殺す!」と、さらに興奮してパニックになっている、という状況になっていました。

 

しばらく見て収まりそうになかったので、横で話しかけて、

「私が対応するので、先生は授業に行ってください」

と引き受けました。

 

 

続き→https://teachers-job.com/0709panic/

 

 

==============================================

 

授業実践、子ども対応をまとめたページはこちら→https://teachers-job.com

 

 

小学校教育 ブログランキングへ 

 

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村 

 

(初版完売いたしました。現在第二版作成中です!)

特別支援教育の知識で全員を育てる! ユニバーサルデザイン学級への6原則 特別支援教育の知識で全員を育てる! ユニバーサルデザイン学級への6原則

1,480円

Amazon

 

こだわり行動が強い自閉症の子を見ると、

 

「他のことにも興味をもってほしい」

 

「友達とも遊んで欲しい」

 

と感じることがあると思います。 

 

 

そのような子を担当する時に意識している関わり方を書いてみました。 

 

ヒントは「想いを満たす」です(^ ^)

 

https://teachers-job.com/and-limit/

 

 

 

=====================

 発達障害と具体的な子どもの支援・対応を学ぶ研修を開催しています(^ ^) 

 

 

(現在7/7(日:横浜)7/16,7/17(火水:渋谷)にて開催予定)