6年前、まだ若くて元気だった頃の記事です。

ちなみに今だったら2杯が関の山!

(その前の夕食の量にもよりますが・・・)


 

和田唱は名古屋で一人旅宇宙旅行。

 

 

 

 

久々みっちゃん(山本倫子)の写真です。

 

 

みっちゃんは相変わらずオーディエンスに同化していて見つけるのが大変。

 

 

 

 

なかなか見つからないけど、ちゃんといい写真撮ってます。

 

 

 

 

みんなもみっちゃんに写真撮ってもらったらいいのに。

 

 

.

 

 

 

名古屋には食べたいものが多すぎていつも迷ってしまう。

 

 

けど、駅から直接会場に入ってSound Checkが終わるなり開場、そして本番というスケジュールだと、迷うだけ迷って食べたいものは食べられないということになる。

 

 

まあ、弁当が苦手な私としてはそれでも隙間を見つけて何かしらは食べるけど。

 

 

たとえば、会場から歩いて3分のお好み焼「今池屋」。

 

 

 

 

めちゃ風情があっていい感じです。

 

 

焼いてから運んで来てくれる関西方式のお好み焼きは、

 

 

 

 

広島焼きのように薄皮の間にキャベツ中心の具がたくさん入っている。

 

 

味の素がけっこう気になるけど、先に言えばきっと無しにしてくれるでしょう。

 

 

そしてここから歩いて3分の餃子「百老亭」。

 

 

 

 

蒸し餃子に使うような薄くてプリッとした皮の餃子は、

 

 

 

 

当然ながらくっつきあうので3個ほど一緒に食べることになる。

 

 

塩気が強いので専用の餃子のタレはあるけど使わない。

 

 

時間がなくて食べなかったけどきっと水餃子のほうがおすすめだと思います。

 

 

でも、この店で一番食べるべきは焼きそば!

 

 

 

 

パリッとした麺の上に玉ネギ中心の具がのっているシンプルな焼きそばだけど、これがそこはかとなく美味しくて、その優しくも純粋な味に涙がこぼれそうになる。

 

 

おまけは櫃まぶしのお弁当。

 

 

 

 

弁当嫌いでもこれなら食べます。

 

 

ちゃんとお茶漬け用の出汁も付いてるけど、もちろんそれは使わず緑茶で食べる。

 

 

タレがたっぷり染み込んだじか焼きの鰻は冷めてもぜんぜんOKだけど、

 

 

おまけは想定外だったので少しお腹がキツイ・・・

 

 

.

 

 

 

「明け方の更新」は現在2つのランキングに参加しています。
 応援してくださる方は、
  ↓
ここ をポチッとお願いします。

 

 

 

 

中国から荷物が届いたけど、随分たくさん切手を貼ってあるなと思ったら、

 

 

 

 

こんなの序の口でした!

 

 

.

 

 

大島花子は足立区私立幼稚園協会主催の講演。

 

 

はらぺこあおむしの絵本のページをめくりながら歌ったり、

 

 

 

 

手話を教えてみんなで「夕焼け小焼け」を手話付きで歌ったり、

 

 

 

 

といってもお子さん達とではないです。

 

 

この日は幼稚園生の子供を持つお母さん達の集い。

 

 

花子さんの子供も5年前は幼稚園生、歳の近いお母さん同士で通じ合うものがあるのか、ステージと客席の一体感がすごい。

 

 

笑ったり、泣いたり、きっといいストレスの発散になったのではないでしょうか。

 

 

.

 

 

中国からの荷物、裏を見てみたら・・・

 

 

 

 

ちなもにこの荷物、送料無料で買った車のパーツです!

 

 

.

 

 

 

「明け方の更新」は現在2つのランキングに参加しています。
 応援してくださる方は、
  ↓
ここ をポチッとお願いします。