今年に入りコロナの影響もある中、

新規事業立ち上げに関するご相談や顧問契約などのお話をいただく機会が増えております。

 

まず私自身、自力でペットブランド設立をはじめ「食」に関する自社コンテンツ、地域活性事業、コミュニティデザインなどプロジェクト毎に異なる行程や人の束ね方、チームワークの結束など人を動かす内容や更にお客様に感動を与えるコンテンツになっていくほど裏方で泥臭い現場や実行力が問われてくるのを身を持って感じております。

 

また、全くの新規で立ち上げる場合

企画〜実行までにおけるプロセスが大変重要になってくるのと、先方が私自身の立ち位置をどこに置かれたいのかによってガラっと異なる動きになるかと思います。

 

【新規事業立ち上げから更にノウハウを社内に定着させたい場合】

この場合、現場担当者の資質と本気度が噛み合わない場合、万が一私がいなくなった後マニュアル化できない本人のマインド部分が大いに試されると思います。

 

一緒に向かう方向性と目的の着地部分をしっかりしたブレないものに共有化していく必要が発生します。

特に大きな企業ほど今まで外注に丸投げ状態だった場合、泥臭い現場で汗をかくプロセスを踏んでいない分

地味で細かい雑務も含めた行程、外注部分を自分毎に向けられた時の責任による重圧など・・etc. 

人によっては戸惑いや苦悩を感じてしまう社員も多いのではないかと思います。

 

弊社としてもどこからどこまでフォローできるのかを含めて準備体制を整えたいので

ビジネスと感情を切り離して客観的にクールに進める作業部分と人間として腹を割って根深い部分での課題の共有ができるか否かも含めて、初期段階での信頼関係やルール決めは徹底しておきたいと考えております。

 

【自社にない機能だけを弊社に求めている場合】

こちらの方が役割分担が明確なだけにシンプルだと思います。

よくあるご相談としては

製造業を経営されていてBtoBの請負からBtoC向けの自社商品を開発したいというご依頼です。

 

その際に、素材から製造する機能をお持ちの工場などが多いので

マーケティング、ブランディングをはじめとしたtoC向けに売るための方向性や戦略〜

商品企画デザイン〜パッケージデザイン、販促広告制作部分までといった

「商品開発・製造部分以外」のご相談が大半です。

※雑貨類や場合によっては樹脂もの加工などは弊社も協力工場など製造機能があるので納品まで可能。

 

どちらにせよ、共に伴走するには

責任者クラス〜経営者層とやりとりするにあたり社運をかけた真剣なご担当者様からのご相談が多いので

中長期的に事業を軌道に乗せる上でこちらも覚悟を決め、会社の垣根を越えた共同体になれるようなマインドで取り組めるよう努力していきたいと思っております。