笑顔とやる気の伝導師・ビヨンドXプロジェクト早川学校のブログ

笑顔とやる気の伝導師・ビヨンドXプロジェクト早川学校のブログ

鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクトのブログを改題しました。ビヨンドXのXは、人により様々です。
エンカレッジ、エンラージ、エンジョイがこの事業の合言葉です。
運営母体:一般社団法人鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクト早川学校



 ご挨拶
鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクト早川学校は、若い方々が取り組んでおられる様々な社会貢献事業をバックアップし、日本のみならず世界の将来を担うことが期待されている有為な人材の育成を目的にしております。

これまで
①東北大震災による被災3県の被災学校に対する図書寄贈事業
②中国留学生等と共に被災地を巡る東北応援バスツワー
③「新宿で繋がろう東北」フェスタ
④動態的憲法研究会
⑤新しい選挙制度研究会
⑥救急救命士制度研究会
⑦産業法務研究会
⑧「選挙の神様」・「超越国境」・「動態的憲法研究」・「早川学校」等の書籍の出版
⑨NPO団体に対する財政支援
⑩ジョブヨク(職欲)フューチャーセッションの開催
⑪一般社団法人全国水鉄砲協会や一般財団法人日本救護救急財団等の設立支援
⑫株式会社ネリムの設立
等多岐にわたる事業を展開してきましたが、いよいよ次のステージに移る時が来ました。


ビヨンドXプロジェクトのXは人により様々ですが、代表の私にとっては私自身の限界であり、また様々な柵です。


様々な柵を突き崩し、自分自身の限界を乗り越え、さらに明日に向かって飛躍していこう。
そういう思いを籠めて、ビヨンドXプロジェクトと称しております
突破せよ。
超越せよ。
ビヨンド・トゥモロー、レッツゴー。
これが私たちの合言葉です。
        一般社団法人鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクト早川学校 代表 早川 忠孝


ビヨンドXプロジェクト関連書籍 
震災から一年後の被災地レポート―ビヨンドXプロジェクトの軌跡



超越国境


皆さま、おはようございます。

昨日の全体会議をもって、

【ビヨンドアートプロジェクト】が全会一致で可決により、誕生致しました。

【 人が好き、心を寄せる支援活動 】をモットーとする私たちならではの、企画です。

ぜひ、多くの皆さまにご参加いただきたく、
ここに発表させていただきます。

プロジェクトにぜひ参加したい!
そんな方はぜひ、取り急ぎメールにてお問い合わせください。

biyond50hayakawa☆gmail.com
☆を@にご変更の上送信してください。

貴方のご応募、心からお待ちしています!


ビヨンドアートプロジェクト


趣旨・目的

ビヨンドXプロジェクトによる芸術支援プロジェクトである。


『心が温かくなる』芸術作品、『人が人に優しい気持ちになれる』芸術作品の創作から完成までの過程に関与し、これを経済的に支援することを目指している。


完成した作品に対する支援ではなく、創作から完成までの制作過程そのものに着目しての支援であることが特徴である。


すなわち、支援の決定時点では何もない。

あるのは、制作者の制作プランと情熱だけ。

芸術作品の「創作過程」をSNSやブログを通じて作り手側が記録し、発信していくことを条件としての芸術支援活動である。



1企画

企画の対象はおおむね 3ヶ月とする。


2支援の対象
1つの企画の予算の上限を150とする。
企画予算の30パーセントとする。


3、支援金の支払方法
(1)着手活動費:満額の半額を三分割し、各分割金を毎月支払う
(2)残金の支払い:事業終了報告書提出し、承認を受けた上で、残金を支払う

(3)上記内容に基づき、請求書を発行のうえ支払いを求める
【例】MAX50万支援の場合
(1)50÷25
   25÷3ヶ月 
   1ヶ月83千円を3ヶ月支払い
(2)終了後、25万を支払う形とする


4、必須条件
全体会議への出席
ブログの更新(90日間)

〇ビヨンドアートプロジェクトのHPへのHP掲載資料の提出

成果物および事業終了報告書の提出をもって、残金を支払う

〇ブログに掲載した記事を書籍化(電子)する場合、出版をビヨンドが持つ

〇企画の広報物・HP等にビヨンドXプロジェクトのクレジットを明記する。


3、支払いを中止できる事項
理由なく全体会議を欠席した時
成果物が出せなかった時






■ビヨンドXプロジェクト早川学校■
□10月19日(土)13時00分~<要町オフィス
 
□11月16日(土)13時00分~<要町オフィス>