笑顔とやる気の伝導師・ビヨンドXプロジェクト早川学校のブログ

笑顔とやる気の伝導師・ビヨンドXプロジェクト早川学校のブログ

鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクトのブログを改題しました。ビヨンドXのXは、人により様々です。
エンカレッジ、エンラージ、エンジョイがこの事業の合言葉です。
運営母体:一般社団法人鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクト早川学校

 ご挨拶
鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクト早川学校は、若い方々が取り組んでおられる様々な社会貢献事業をバックアップし、日本のみならず世界の将来を担うことが期待されている有為な人材の育成を目的にしております。

これまで
①東北大震災による被災3県の被災学校に対する図書寄贈事業
②中国留学生等と共に被災地を巡る東北応援バスツワー
③「新宿で繋がろう東北」フェスタ
④動態的憲法研究会
⑤新しい選挙制度研究会
⑥救急救命士制度研究会
⑦産業法務研究会
⑧「選挙の神様」・「超越国境」・「動態的憲法研究」・「早川学校」等の書籍の出版
⑨NPO団体に対する財政支援
⑩ジョブヨク(職欲)フューチャーセッションの開催
⑪一般社団法人全国水鉄砲協会や一般財団法人日本救護救急財団等の設立支援
⑫株式会社ネリムの設立
等多岐にわたる事業を展開してきましたが、いよいよ次のステージに移る時が来ました。


ビヨンドXプロジェクトのXは人により様々ですが、代表の私にとっては私自身の限界であり、また様々な柵です。


様々な柵を突き崩し、自分自身の限界を乗り越え、さらに明日に向かって飛躍していこう。
そういう思いを籠めて、ビヨンドXプロジェクトと称しております
突破せよ。
超越せよ。
ビヨンド・トゥモロー、レッツゴー。
これが私たちの合言葉です。
 一般社団法人鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクト早川学校 代表 早川 忠孝


ビヨンドXプロジェクト関連書籍 
震災から一年後の被災地レポート―ビヨンドXプロジェクトの軌跡



超越国境


第79回 ビヨンドXプロジェクト全体会議議事録

開催日時 2021年4月17日(土)12:00から13:00
司会進行 千葉事務局長
参加者数 8名

1.早川貴子代表よりご挨拶
本日もご参加頂きありがとうございます。皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。私は3月から4月にかけてあっという間で忙しくしておりましたが、皆様の近況をお伺いできればと思っております。本日もどうぞよろしくお願い致します。

2.早川忠孝顧問よりご挨拶
直にお会いできればいいのですが、コロナの影響の状況下であっても私たちは一歩一歩前に進んでいると思っています。私は国士館大学院の客員教授を先月末まで勤め、新年度からフリーになりました。

これからの活動はビヨンドXプロジェクトと共に大事なNPO法人キッズファーストの理事長を拝命しておりますので、国が子供中心の施策をするので、その受け皿の一つとしてNPO法人が関与できればいいですし、ビヨンドメンバーがNPOキッズファーストの会員になって頂き、財政的な支援も出来ればと思っています。

ビヨンドXプロジェクトではエンカレッジ、エンラージ、エンジョイの3つのエンを掲げています。頑張っている人を応援し、周りに拡げ、楽しくやって行きましょう、というこの3つのエンを大事にしながら進めて行ってもらいたいと思いますので、これからもよろしくお願い致します。

3.2021年度の活動について 早川貴子代表より
・東北支援をはじめとして被災地支援をコロナの状況をみながら小野寺東北支部長とも相談し進めて行きます。
・アートプロジェクトは無事区切りがついたようですので、書類など落ち着きましたら千葉事務局長より会議でのご報告、承認を考えております。
・ビヨンドXプロジェクトとして応援し、楽しく事業に専念する一助になることが理念であり、奨学金や支援制度がありますので、応援したい人やプロジェクトなどありましたら、会議で話し合いながら進めて参りますのでお知らせください。

4.出席者近況報告
伊藤麻衣さん
3月下旬は舞台に3日間出演し無事満席で体調も問題なく終了、4月からは隔週の川崎FMに20日(火)13:30から14:00にレギュラー、5月以降は渋谷クロスFM他にゲスト出演、昨年コロナ禍で中止になったバースデーライブが阿佐ヶ谷ドラムで5月23日開催予定、新CD発売予定、動画もアップしています。

馬場真光さん
氷塊塾の連続講座を初試みで毎週2回開催し無事終了し、HPの開設をしました。これからは連続講座と独立した講座の開講など選択肢を増やすことを検討中であることと、新しく銀行口座を開設し賛助金を受入れる態勢も現在整えています。

後ろの画像(ZOOM背景)は神奈川県藤野トランジションタウンです。1日見学をし、持続可能なシステムを自分たちで作るという近未来的な経済の在り方を感じ大変勉強になりました。

大島さん
体調不良でしたが回復しバーチャル配信をし、SDGsに関するアプローチもしています。

早川絹子さん
私はコロナ禍の中、皆さんに迷惑かけないよう過ごしています。月1万歩を歩くことは目標に頑張っています。今の状況から小中高大学生の学ぶ場が少なくなっていてとても心配です。そういった方たちがキラキラした目で夢と希望を持てる世の中であることをいつも願っています。そのためにもワクチンが早く打てるようになればいいなと思っています。

私事ですが、次女家族がカリフォルニアにおりPCRを受ける体験や間もなく申請すれば16歳以上はワクチンを受けられる話を聞きました。後遺症などの心配もあるのでそのようなことを聞いたりし、皆さんにお伝えできればと思っています。

自分の世界は小さいですが色んな場所や方達の話題を共有していくことも私には大事です。皆さんお体を大事にいい日を過ごされますことを祈っています。今日はありがとうございます。

高辻佑規さん
子供が保育園に入った途端風邪をもらい家族に一巡し、環境やリズムも変わり仕事と育児の両立をしながら進めています。

千葉事務局長
最近ランニングを毎朝するようになり肺活量もスタミナも増えましたが、膝の筋肉が追い付かず距離を抑え膝の負担を減らすようフォームを変えたら、今度は腰にダメージがあり、色々理解しながら試しています。

今日早川顧問のキッズファーストのお話から私も子供庁設立に関心がある中、保育園、学校のイベントや子供の習い事を通して育児や自分自身のことを考える機会が訪れ、義務感ではなく様々なことが自然に湧き上がりながら取り組めている毎日を送れています。

早川貴子代表より
1年前は緊急事態宣言が発令され、リモート、在宅が提唱されこの全体会議もオールリモートと決めたものの試行錯誤のところ、メンバーの馬場さんがリモートで講座を開催されていたご経験からご指南下さり、初の全体リモート会議となり現在に至ります。これは2年前の私には考えられないことでした。

出来なかったことが出来るようになるという経験は、大人になってもうれしいことです。これらを通じ、やはり子供たちはもちろん大人になっても学びの場は大切であると感じています。現在多方面でご活躍し勉強会をご一緒にしている50代の先生は、この度さらに経営大学院に入られ勇気を頂いています。

私自身の書くことでは書道の他、カリグラフィーのレッスンも受講し書道との共通点や違う視点をまた見出すことができ、学びに通じていることを感じています。こうした経験が原点に立ち返ることにもなり、「学びは螺旋階段」の言葉が脳裏をよぎります。

私もまだ学びが不足しているところがありますので、皆様にご支援を頂きながらこれからも生活をしていきたいと思っております。
今日もありがとうございました。

早川忠孝顧問より
今日もいい会になりました。ありがとうございました。

5.次回開催予定日時
2021年5月15日(土)12:00

                                     以上
今回で4回目の寄稿文となります。
俳優を目指す方にとって「演技力」を重視する側面が多いかと思います。
ですが「演技力」と同じく俳優にとって大事な技術は「コミュニケーション力」です。

これは、舞台でも映像でも変わりません。
特に昭和・平成・令和と時代が進むにつれて
「コミュニケーション力」の重要性が増してきているように感じています。

さて、「コミュニケーション力」と書くと「誰とでも仲良くする」という事を考えてしまうかもしれませんが決してそうではありません。
あらゆる人に不必要に媚を売る必要はありません。

大切な事は、「他者を尊重する」という事です。
「他者を尊重する」事によって「自分も現場の一員」として受け入れて貰う事が必要な事なのです。

さて、舞台芸術は「総合芸術」と言われています。
これは、他の芸術と違い舞台芸術は「自分1人では決して集団創作を実現できない」からです。



皆さんも日々体感されているように、現在のテレビ・インターネットは映画等、映像作品が飽和状態になっているといっても過言でありません。
誰でもYouTubeに映像作品を公開できる時代です。その為、たとえ上質な作品であったとしても、大量の作品の中に埋もれてしまいます。

この「飽和状態」というのは、「混合玉石」という事です。同じ空間の中で「質の良いモノ」も「質の悪いモノ」も同等に扱われているのです。

「神は細部に宿る」という言葉を聞いた事があるかと思います。これは、「仕事や作品の細かいところに妥協せずにこだわってこそ、素晴らしいものが仕上がる」ということを表しています。

「何百万人もの目にも耐えられる作品」を作る為には、”細かいところに妥協せずにこだわる”事が必要なのです。

その為、集団の中でたった1人でも「妥協」している、「熱意」を込めていないセクション(部門)があった場合、その分だけ作品の質が落ちてしまいます。

集団での創作において「お互いを尊重し、高め合い、関係者が一丸となって創作する事」が必要となってくるのです。

「実力不足」「経験不足」そういった方も集団の中には勿論いる事でしょう。
ですが、その人を決して「貶したり」「責めたり」せず、その人の「”現時点”での100%以上」を引き出して貰う事が、肝要な事なのです。

「関係者全員が無我夢中」になる事。

これに勝る「コミュニケーション力」は存在しません。
その事によって「神が細部に宿った」作品を生み出す可能性が高まる為です。


つまり、「コミュニケーション力」とは、自分自身が「他者を尊重する」という事から始まるのです。

演出家:深寅芥
2009年に公開されたジェームズ・キャメロン監督の「アバター」
この映画の出現でCGの映画が一気に増えました。

俳優は、グリーンバック(背景が黄緑色の幕の事です)の前で、演技をする必要がありました。

つまり俳優はCGを本格的に活用した映画の出現により、装置や小道具がない状況で演技をする必要が出てきたのです。


映画「アバター」を見てもらえたらわかるのですが、
「アバター」には地球上に存在しない物体や植物が登場します。

CG技術の発達により、「存在しない物体や事象に向けて台詞を喋る事」
これが、俳優に必要な技術となりました。

「存在しない物体や事象に向けて台詞を喋る事」
を実施するには「イメージ力」が必要になります。

そもそも、この「存在しない物体や事象に向けて台詞を喋る事」は
主に”舞台俳優”には、必要な技術でした。

”俳優”の訓練の中には、「イメージ力を養うレッスン」があります。

例えば海外のメソッドでは、あまり日本人には馴染みはありませんが、
「妖精」や「小人」を側に支えさせる。というレッスンがあります。

アニメやゲームなどで主人公の側にいる「妖精」など空想の世界では見た事があるかと思います。

常に話しかけてきたり、悪戯をする妖精や小人を、自分の側に支えさせるというレッスンがあったりするのです。

これは、海外において馴染み深い「妖精」という存在だからこそできる方法ではありますが、「存在しない物体や事象に向けて台詞を喋る事」のトレーニングとしては、かなり有効な手段であるかと思います。

日本では「幽霊」とか「背後霊」とかになるのでしょうか・・・?

CGが全盛になった時代だからこそ、必要になった「イメージ力を養うレッスン」

「存在しない物体や事象に向けて台詞を喋る事」という技術は、
俳優だからこそ、必要な技術であると言えます。

千葉伸吾(演出家:深寅芥)
「演技」とは、『”私”が私以外の何者かになる。』という作業です。
では、『”私”が私以外の何者かになる。』為にはどんな事が必要になるのでしょう。

それには、『”自我”からの脱却』という、行為が必要になります。
普段、一般的に普通に生活している人は『自分以外になる』という経験は殆どないかとは思います。
365日24時間、私達は常に『自我』のままで生活しています。
つまり「演技」とはまず、「この『自我』とは何か?」について考える事から始まります。

私は、『自我』は2つの大きな要素から構成されていると考えています。『精神』と『身体(しんたい)』です。
「演技」をしていく上で、この『精神』と『身体』が1番はじめに向き合わなければならない部分となります。
何故ならば「演技」とは先ほども示したように、『”私”が私以外の何者かになる。』行為であるからです。

俳優には『演技』をする為にこの自分自身の『精神』と『身体』を”自己コントロール”する術が必要となります。
この”自己コントロール”の術がスポーツ選手などのアスリートとは訓練方法が違っていたりします。

アスリートの訓練方法は『自分の延長線上としての自己鍛錬』です。
逆に、
俳優の訓練方法は『自分以外になる為の自己鍛錬』なのです。

俳優は、台本上に書かれた”役”を演じる為に、自分を一旦真っさらにして台本上に書かれた”役”の『精神』と『身体』をインストールする必要があります。

つまり、役者は白いキャンバスを一旦作ってから、
そのキャンバス上に絵を描いていく必要が出てくるのです。
それがスポーツ選手と俳優の自己鍛錬の相違となります。

現在の日本では、あまりこのような作業をしている俳優を見掛ける事はできません。多くの芸能人が『自分の延長線上としての自己鍛錬』で演技を構成しているからです。

なので、海外俳優との演技力の相違が出てきているのかと思います。

千葉伸吾(演出家:深寅芥)
俳優の身体性は選択肢として2つに分かれているかと思います。

1つ目は、筋肉のついている鍛え上げられた身体=『筋肉質な身体』
2つ目は、しなやかで柔軟性のある身体=『しなやかで柔軟な身体』

両方を兼ね揃えることは理想ではありますが、
「マッチョ」になり過ぎた『筋肉質な身体』の場合、身体が硬くなってしまうことは詳しくない方でも理解はできるかとは思います。筋肉によって可動域が狭まってしまうからです。

私は基本的に『しなやかで柔軟な身体』を俳優に求めます。
『筋肉質な身体』は舞台上で存在感を示したい場合に有効ではありますが、『自然な演技』の場合においては違和感を感じてしまうことがあるからです。

私の場合は、観客に「感情移入」してもらいたいと思っています。そのため、なるべく舞台上に存在している『違和感』を上演作品から排除したいと考えています。
当然ながら、演じる作品や役によって求められる身体性が変わるのですが、私の感覚では役者には幼少時の身体性が理想的な身体だと考えてます。
何故なら、観客は『無垢な身体』として俳優の身体を受け止めることができるからです。
なかなか成人で『無垢な身体』を持っている人は稀ではあるかと思います。
例えて言うと、理想的な体型としては、アフリカの人々なのかもしれません。

「そもそも理想的な身体とは何か?」
という議論にもなりますが、私の1つの回答としては、
『頭の上に荷物を乗せて、長距離を移動することができる身体』であったりします。

インドやアフリカ地方の方の中で、大きな荷物や水を入れた桶などを頭に乗せて移動している姿を本などで見たことがないでしょうか。
その方々は、歪みのない理想的な真っ直ぐな骨格、身体をしていると言われています。
昔の日本人も頭の上に荷物を乗せて歩くことができたという記録があります。
これが『美しい身体』だと私は定義しています。

さて、何故そのような身体が美しい身体と言えるのでしょうか?
それは舞台上において立ち姿が「自然体」そのものであるためです。
基本的に、人の姿勢と感情や性格は一致します。身体を整えれば性格が明るくなることもありますし、逆に身体を整えないと性格が変化してしまうこともあります。
幼少時の頃から歪みなく成長した身体は、心身共に健康的な身体であると言えるのではないでしょうか?
つまり、それは、見ている観客が「見ていて疲れない』ということでもあります。
『美しい身体』とは、モデル体型であるとか、バレエダンサーの様な矯正されて作られた身体だけを表しているのではなく『無垢なままで成長した身体』の事でもあります。
こういったことから、『無垢なままで成長した身体』が俳優のひとつの理想的な身体であると考えます。

千葉伸吾(演出家:深寅芥)
昨年2019年10月からのビヨンド会議にて「ビヨンドアートプロジェクト」をご提案させて頂きました。その第一弾として予ねてよりご支援をお願いさせて頂いておりました朗読劇「ライブレターズ 」が、先月10月3日・4日の2日間「ライブ配信」という形で無事公演に至る事ができました。

朗読劇「ライブレターズ 」の上演に至るまでの経緯については、脚本を書いてくださったことりさんのブログを読んで頂ければ今までの経緯などはご理解頂けるかと思います。

ことりの巣
【芸人とアイドルの禁断の恋】男女2人の朗読劇を企画する
→https://kotori1107.com/recitation-1/

2020年度前半の上演を準備しながらも、今年前半突如「コロナ禍」に巻き込まれ、結果的に公演日程を2020年10月に延期致しました。

「コロナ禍」の影響を受けながらでの創作活動ではありましたが、「安定したライブ配信環境を準備し公演を実施する」という目標を定め。その目標を無事に達成し、公演を終了した事は嬉しさもひとしおでした。

今まであまり深く調査してこなかったカメラ・パソコン・配信設備など「ライブ配信環境」について諸々検証し、トライ&エラーを繰り返しながら、配信環境を整えてまりいました。

30年近く舞台芸術の世界に身を置きながら「コロナ禍」の影響によって、「ライブ配信」という新たな技術や知識を積み重ねる事は新鮮でありました。
「本番」という重圧が掛かっていたからこそ、責任感を持って取り組む事ができたのが今回の「ライブ配信」の成功に繋がったのではないかと感じております。

また「ライブ配信」には新たな舞台芸術の可能性があると発見する事もできました。

「劇場公演」と「無観客での公演(ライブ配信)」では、それぞれ別々の”演出”を準備する必要があります。

今までの創作は「劇場公演」のみの”演出”を考える事だけで事足りておりましたが、今回「無観客での公演(ライブ配信)」を取り組む事によって、”「観客を動員した公演」と「無観客での公演」の表現の両立”を今後は考えていく必要性があると感じ始めてます。

これはアフターコロナにおいて、これからの「舞台芸術」を創作していく上で大きな影響を持つ取組みなのではないかと考えます。今後も突然の「無観客」での創作を想定しながら公演を考えていかなければなりません。
作品の根幹でもある「脚本」の段階から、「観客を動員した公演」と「無観客での公演」の”2つの側面”を持った「脚本」が理想となります。

その為、現在、私はこの”2つの側面”を持つ「脚本」「題材」を日々考えています。
大変難しい課題であるかとは思いますが、上記のような”制限”があるからこそ、
新しいアイデアが生まれる可能性もあると考えています。

今後も引き続き、コロナ禍の中でも可能な創作を実施してまいりますので、
引き続きご支援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

ビヨンドXプロジェクト 事務局長:千葉伸吾