MKZ_FACTORYです。

 

 

H25 アウディA6 ハイブリッド前期テールレンズ→後期純正OEMテールレンズ交換 流れるウインカーへと交換ご依頼です。

 

 

 

事の発端は、4Gモデル アウディA6 ハイブリッドは前期しかラインアップがなく、後期モデルの特徴 マトリックスヘッドライト&流れるウインカー装備の車が日本には入ってきてないとのこと。どうしてもやりたいとのことで、いろいろと調べてみました。

 

 

詳しくは調べきっておりませんが、社外品後期デザインテール(ウインカーは流れないタイプ)はカプラONでいけるそうですが、純正(もしくはOEM)ですとリアを制御しているECUのバージョンによって配線加工&コーディングのやり方が異なるそうで、なかなか頭を使う難件でした。

 

 

商品としては、

 

アウディ純正部品(Valeo製)

OEM部品(アウディのメーカーロゴが刻印されていない、Valeo製品)構造はまったく同じ

社外品

 

 

と3パターンありました。

 

今回は、OEM部品(アウディのメーカーロゴが刻印されていない、Valeo製品)を選びました。純正部品と同じメーカー品ですが、メーカー刻印があるかないかで価格が数万円違ってきます。

 

早速取り付けていきます。

 

 

 

 

前期と後期でカプラの出力が異なっていますので、カプラONだけでは正常に作動しません。

コーディングにて、レンズにあった適正な出力に変更が必要です。

 

BMWのE60テール後期化でもおなじような作業しますので、だいたいの流れは理解できました。

 

(F系の後期LCI化や、F系MINIの後期ユニオンジャックテールはプログラミングによる変更が必須です。コーディングだけでも動作可能ですがディーラにてリプロされますと、保安基準不適合になりいろいろと問題が起きているそうなので注意が必要な作業です。


 

後期モデルの車両があればデーター移植すれば簡単な話ですが、当店では後期モデルのA6のオーナー様がまだご来店されたことありまので、データーがありません。この作業に関しては構造理解するまで2日~3日かかりました。

 

 

 

 

 

リアバンパーの形状が前期と後期で異なるようで、テール後期化する場合バンパーとの間に空間ができます。

一応メクラも付属されてきましたが、なかなかお粗末なものでした(笑)

 

 

想像以上に大変な作業でしたが、満足度は高いです。

 

純正同様ウインカー流れます。

 

リアフォグ点灯だけ課題にはなりましたが、100%動作できるように今後検証が必要です。

MKZ_FACTORY です。

 

 

H20/12 R56 MINI ヘッドライトレンズ ドリームコート 実施いたしました。

 

 

2代目BMW・MINI も ヘッドライトレンズが黄ばみが目立つ車両が増えてきました。

 

この車両は非常に作業しやすいので、短時間で綺麗に仕上げることができるので作業する側も非常に楽しいです。

 

 

400番手から様子見ます。

 

400→600→1000→1500 で仕上げていきます。

 

 

 

仕上がりの写真。何度も言いますが、写真ではどうとっても綺麗にしか映りません。

 

 

 

ヘッドライト点灯させて、チェック。

 

 

 

 

素材までダメージ受けていないようでしたので、かなり綺麗に仕上がっています。

 

100%の仕上がりです。

 

保管環境で状態が大きく異なりますので、全ての車両(R56系MINI)がここまで仕上がるとは思いませんが、逆にここまで綺麗に仕上がるのはまれです。

 

 

2代目MINIは、税込み¥21600 で作業できます。

 

おおよそ2時間~3時間程度 当日作業可能です。

 

 

 

 

 

MKZ_FACTORY です。

 

 

H25 アウディ A1 12か月点検 ご依頼です。

 

 

 

ここ10年のVW&アウディ系はエンジン&DSG中心に点検していきます。

 

 

今回は、ルブロスC-3規格 Rスペック 5W-30 を使用していきます。

 

走行距離やエンジンに応じて、5W-40を推奨しています。

 

 

 

この手のVW&アウディ系は ブローバイガスに含まれるエンジンオイルが厄介です。

 

 

当店では、スロットル系の清掃&アダプテーションは定期的に作業しています。

 

 

 

 

 

 

 

診断機によるチェックしていきます。

 

 

DSGの詳細チェック。

 

 

 

 

DSGクラッチの状態。トルクはしっかりかかっています。基準値以内ですが。ストロークが長めです。

 

 

DSG基本調整を、クラッチの状態に応じて行なっていきます。

 

 

 

基本調整後のクラッチの状態。

 

かなりいい数値です。

 

発進時の出だしが、スムーズになったように感じます。

 

 

アイドリングストップシステムのチェック。ここでエラーがあるようですと何か問題を抱えていますので、整備が必要です。

 

 

 

当店では、直噴エンジンで必ずチェックします"シリンダ別失火カウンター"

 

バラつきがあるようですと、スパークプラグ交換が必要です。

 

リアルタイムでモニタリングします。

 

スロットルアダプテーション。清掃後は必須です。

 

 

 

 

 

アウディA1 は、こんな内容で12か月点検行います。

 

¥10800 作業時間2~3時間程度。要予約です。

MKZ_FACTORY です。

 

 

明日、15日(土曜日)は子供のイベントに参加するため、臨時休業いたします。

天候により順延(イベント中止)となった場合は、15日は通常通り営業いたします。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

MKZ_FACTORY 代表 梶浦 陸男

MKZ_FACTORY です。

 

 

休憩の合間にブログ書いています。

 

さて、先日W205のオーナー様よりパナメリカーナグリル持ち込みにて取り付けいたしました。

当店は持ち込みは歓迎いたします。

 

 

オーナー様が持ち込まれたものが今まで当店が仕入れてきたものとは違う形のものでした。

以前GLCのオーナー様よりご指摘がありまして、パナメリカーナグリル形状が2種類存在します。

 

今更なんですが判明しましたので、ご紹介します。

 

当店は生産国から直接仕入れて(輸入)いますが、その中で

”GT-R style”と書かれているものとそうでないものとあります。

 

今現在販売されています正規メルセデス・ベンツにて、”GLC・AMG”と、”AMG・GT-R”がありますが、それぞれのパナメリカーナグリルの形状比較してもらえれば一目瞭然ですが、前方への張り出しが全く異なります。

 

先日オーナ様が持ち込まれた、通常AMGスタイル(車種はW205)

 

 

 

 

 

下記が、”GT-R スタイル”のグリル。かなり前方に張り出しています。

 

 

 

 

 

 

車体はGLCですが、 ”GT-Rスタイル”のほうが 縦のラインの太さが細いです。

 

 

最近気づきましたので、比較写真がありませんが、購入時の参考にしてください。

 

 

また、5月ごろ仕入れ&7月頃取り付けしました”パナメリカーナグリル”のメッキがはがれてきたという報告がありました。

 

 

 

 

どういった状況でこうなったかは解っていませんが、おそらく”特定期間の生産品のみの不具合”の可能性もありつつ、外部的要因の可能性もあります。これより以前に取り付けたオーナー様の物はまだ報告は受けていません。

 

 

原因は調査中です。

 

というわけで、今後は当店で販売する前提の話になりますが、

 

・販売価格を他取り扱い店と同レベル価格(おおよそ¥50000前後) & 6か月以内無償交換(メッキ剥がれのみ)

 

・販売価格をネットショッピング並み(おおよそ¥30000前後) & 2か月以内無償交換(メッキ剥がれのみ)

 

・販売価格をネットショッピング並み(おおよそ¥30000前後) & 取り換え工賃1回¥13000 で、取り付けから1年以内で発生した場合のみ物品新品交換

 

を、オーナ様に選んでいただくか、

 

・めんどくさいので一切取り扱わない

 

・正規取扱店(オリジナル商品)ではないのでノンクレームノンリターン(初期不良品を除く)で安く取り扱う

 

で、検討しています

 

 

中華製品は安くて面白いものたくさんありますが、その半面デメリットがありますね。

 

 

話は変わりますが、新商品のご案内です。

 

元々、社外品のパナメリカーナグリルはみんカラユーザー様より教えていただいた情報なので当店として表立って宣伝するつもりはなかったのですが、今現在ベンツ業界で空前の大ヒット商品になっています。

 

そもそもAMGのみのデザイングリルのはずが、関係ない車種まで製作しまう中国の技術力と発想力に感動すら覚えます。

 

これだけ全国のベンツユーザー様に支持を得ている商品なので情報を共有しようということで、最初に当店に取り付けご依頼してくれましたみんカラユーザー様に敬意を表しつつご紹介させていただきます。(完全にメーカーデザイン盗作品に思いますが、メーカーにとっては迷惑な話ですが、このあたりが中国の良さであり悪いところですね。)

 

 

 

前面の張り出しがある”GT-R style”のラインアップです。

 

知らない間に、ものすごく車種が増えています(笑)

 

 

当店の取り付け実績は

 

・W205 Cクラス

・W253 GLCクラス

 

のみで、他車種の取り付け工賃&作業時間はまだ未定です。

 

個人的にはパナメリカーナグリルのデザイン好きなんですが、上記の原因が判明するまで、9/10より当分の間仕入れは行わず、持ち込み交換のみ対応したいと思います。

 

それでも取り付けたいというオーナー様は、要ご相談です。

 

当店ご利用になりました全てのオーナー様に公平に対応できればと思います。

 

 

よろしくお願いいたします。

 

MKZ_FACTORY です。

 

 

H19 BMW・MINI R53 ヘッドライト再生 ドリームコート のご紹介です。

 

車検でお預かりの車両です。

 

初期のBMW・MINIも年式的に10年以上経過しています。

ヘッドライトの黄ばみ(トップコーティング材の劣化)が多数発生している車両車種です。

夜間のライト(ロービーム)が暗くなりがちで、車検にて光量不足による不合格もちらほらあります。

 

というわけで、早速施行していきます。

 

 

 

 

 

 

BMW・MINI に関しましては、ペーパー320か400 番手から磨いていきます。

 

この車両は、

 

320→600→1000→1500 で仕上げていきます。

 

 

で、ドリームコート施行。

 

写真写りはどう映しても良くしか映らないので、ヘッドライト点灯して小傷チェックしていきます。

 

 

左側。

 

320番手から磨いても、それ以上に深いクラックがまだ残っています。

これを落とすには、かなりの削り込みが必要になりますので、様子見ながら手直ししていきます。

 

240番手からでもよかったかもしれませんが、今度240番のペーパ目消すのにさらに削り込みますので、ある程度の妥協点を設定しないと、

大変な事になりかねません。

 

 

 

 

 

 

 

右側。

 

このレベルなら、まあまの仕上がりかと思います。

もう少し削り込んでもよかったかもしれません。

 

 

 

BMW・MINI系列はバンパー脱着必要なく作業できますので、一台¥20000(税別)で施行できます。

 

 

作業時間はおおよそ3~4時間程度です。

 

 

MKZ_FACTORY です。

 

 

9月に入りました。

 

ようやく日中の気温も下がり、体調も戻ってきました。

 

過去の記事をご覧になられてのお問い合わせが多数いただいております。

過去の記事を、車種別・カテゴリー別で振り分けてみましたのでご参考にしていただけたらと思います。

 

現場も少し落ち着きましたので、過去の作業ブログを随時書いていきます。

 

 

 

さて、今回のご案内は当店で取り扱いしております”ルブロス”ブランドのオイルのご案内です。

ルブロス ご指定でのオイル交換が増えてきました。

 

各粘度のオイルを配合させることで、中間の粘度作成することも可能です。

例 5W-30  1:1 5W-40 

 

オイル取り扱いのラインアップが増えましたので ご紹介いたします。

 

当店の取り扱い一覧です。ルブロスエンジンオイルは全て”Rスペック”になります。

 

メルセデス・ベンツ BMW  ガソリン車用 SN規格

交換サイクル1年もしくは10000kmまで対応 在庫あり

 

・5W-30

・5W-40

・10W-50

・10W-60

 

メルセデス・ベンツ BMW  ディーゼル車 VW アウディ 直噴ガソリンエンジン(VW502 VW503 VW504 ポルシェA30 対応) C-3規格

交換サイクル1年もしくは10000kmまで対応 在庫あり

 

 

・5W-30

・5W-40

 

 

ギアオイル デフオイル(DSG Sトロニック ギアオイル対応)在庫あり

 

・75W-80

・75W-85

 

スーパースポーツATF (低粘度ATF デクスロンⅥ対応 湿式6速 湿式7速Sトロニック 対応) 取り寄せ

 

 

です。

 

特に、スーパースポーツATF は 湿式6速 湿式7速Sトロニック に対応する成分&粘度オイルです。

色は赤色ですので、抵抗あるオーナー様もみえますが、意味があっての赤色配合だそうです。(ATF=赤以外の理由。緑色も製作は可能だそうですが、採算が合わないらしいです。赤色、緑色というのが重要ポイントだそうです)

 

参考までに

 

・湿式6速 純正は無着色(薄茶色

・湿式7速 純正は緑色

 

です。

 

基本成分は一緒(添加剤があるなしの違い)らしいので、交換時の際多少混ざりあっても問題はありません。

また、温度上昇をやわらげるための成分が配合されているそうなので、純正オイル以上のパフォーマンスが得られます。

 

AT内部の基盤やコンピューターへの侵食する原因の成分もありませんので、安心して使えるオイルに仕上がっています。

 

純正オイルより粘度は柔らかめ(40℃時の粘度数値)ですので、シフトフィーリングや粘度抵抗が純正オイルより少ないので燃費も若干向上します。

 

交換サイクルは5万~6万Kmごとです。

 

デメリットとしましては、添加剤が配合してある分、純正オイルよりも保管(消費)期間の短さ・開封後の使用期間が短いのが難点です。(成分が分離する)

純正のDSGオイルやSトロニックオイルは保管(消費)期限が設けられています。(おおよそ2年) ギアオイルは特に期間無し。

 

上記の理由で、スーパースポーツATFは取り寄せ商品になります。

 

 

ルブロス エンジンオイルは一律 1リットル\2800 (税別)

ルブロスギアオイル ATF は 1リットル\3500(税別)

 

になります。

 

 

ご参考までに。

 

 

 

MKZ_FACTORY です。

 

 

多数の修理ご依頼、大変感謝しております。

少々複雑な修理が多数入庫している状況でお預かりスペースも代車も空きがない状態が続いております。

 

一般修理依頼は8月18日以降となります。

 

・エンジンオイル

・エアコンサービスステーション

・コーディング

 

作業は作業スペースが空いていましたら当日対応できます(作業場の空きがない場合は後日)

 

当店は現場は一人で作業しておりますので、(事務方1人)営業時間内でも不在の場合があります。その場合は当日作業が出来かねます。

 

8/4日(土曜日)は午後2時までの営業時間になります(午後2時以降、外出予定で不在です。電話対応もできません)

 

お盆休みは、14日~17日が休みとなります。


 

 

多数の修理車両のお預かり状況により、当店の駐車スペースが無い状態が続いております。

 

表の道路や隣の工場に止めざるを得ない状況が続いていますが、近隣施設よりクレームをいただき、路上駐車による交通の妨げは警察沙汰へと問題が発展しております。

 

大型トラックの出入りが多い近隣施設ですので、当日ご来店されるオーナー様は、なるべくご来店前にご連絡いただけますと助かります。

 

事前にご来店予約されているオーナー様は、予約ご来店時間になりましたら私の方から駐車スペースご案内いたしますので、駐車場所のご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

当店前の道路は駐車禁止区間となっておりますので、緊急の場合は除きなるべく路上駐車は避けていただくよう、ご協力お願いいたします。

 

 

MKZ_FACTORY です。

 

 

現場の仕事が少しつまり気味でブログの更新が遅れております。

 

現場が落ち着き次第、随時作業風景ご案内いたします。

しばしお待ちくださいませ。

 

 

さて、”エンジン警告灯が点灯した”と、ご連絡いただくことが増えてきました。

 

エンジン警告灯が付く条件は、簡潔にいいますと、

 

”現状において、その車両の排気ガス基準値を超える恐れがある、もしくは超えている場合”

 

で点灯します。

 

 

車検等で測定します排気ガス検査数値(モデル製造月日で排ガス規制対象年度が替わる。〇〇年度規制対象車という呼び名)から、車検証に書かれています、排気ガス〇〇%低減車の数値を超えた場合です。

 

 

車検で合格の範囲内の数値でも、各車両に設定されています排気ガス〇〇%低減車の数値超えた場合(各メーカー基準値)に点灯するようです。

 

 

排気ガス基準値超える故障(エンジン警告灯が点灯する条件)とは、”空燃比に異常きたす場合”が多いです。

センサーの故障もしくは、カプラが外れている場合(もしくは、ハーネス断線)に点灯するのはそのためです。

 

 

・警告灯が消えた

 

というケースもあります。

 

これはメーカーごとで条件異なるようですが、ある一定の条件下において正常数値に戻った場合は、一旦IG OFFして、エンジンECUスリープモードに移行した後(メーカーごとで異なる)、エンジン始動しますと消えるケースがあります。

 

基本、エンジンチェックランプが消えている場合は、数値だけで言えば正常ですので、

 

 

 

 

 

 

余談ですが、”エンジンチェックランプ”という呼びかたが一般的かと思いますが、メーカごとで若干呼び名が違うようです。

 

・ベンツ BMW エンジン警告灯

・アウディ VW エキゾースト警告灯

 

マークは全メーカー共通です。(OBD2規格)

 

リコールが発表されたときのメーカー発表の文章で最近気が付きました。

エキゾースト警告灯という呼び方をするアウディ&VWオーナー様はなかなかの通ですね(笑)。知りませんでした。

 

あとあと確認してみましたら、アウディ&VWのオーナーズマニュアルにもエキゾースト警告灯と記載ありました。

ベンツ&BMWはエンジン警告灯になっています。

 

文章や言葉使いの違いは意味があるように思います。なんのこだわりか気になりますね(笑)

 

 

 

OBD2は全メーカー共通コードですが、メーカー独自の故障コードもあります。

これは汎用機ではメーカー独自故障コード拾えないケースがあります。

これは純正機の強みです。

 

”空燃比に異常がある場合”というのが深い意味合いがありまして、エアフロメーターやフューエルポンプ・電子スロットル等、走行が困難な場合やエンジンが止まってしまうような故障でも点灯しないことが多々あります。

 

エンジンが始動しない場合でも、排気ガス制御に関係ない部品や基準値内の故障は警告灯点灯しません。

 

・スロットルが反応しない=吸気量が基準値外でも、空燃比は変わらないので点灯しないケース有り。基準値よりも空燃比が薄い状況(正確には理想値より低い)であれば点灯。

 

・エアフロ不調 = 故障により吸気圧力が正常に測定されなくても(吸気管を通過した吸入空気の量を検出。吸入量に基づいて燃料噴射量を決定する)、燃料噴射量がたまたま適正で排気ガス濃度が基準値内であればチェックランプ点灯しない。

 

・フューエルポンプ = そもそも、燃料を噴射しない電気的故障場合は排気ガス濃度関係ないので点灯しないケースが多々発生。燃料圧力が弱い故障の場合は空燃比に異常きたすので点灯するケースがほとんど。フューエルフィルターの詰まり等でも同じ。

 

・セルモーター = エンジン始動に使うもので、排気ガス制御には関係ないので、故障しても警告灯点灯しない。

 

・たまにミスファイア(失火) = 一定条件に満たさない範囲でのミスファイヤー(失火)は排気ガス濃度基準値内であれば警告灯点灯しない。(エンジンECU内にはエラーコード入力されているケース有り)

 

 

最近の故障事例で、水温系統の異常でエンジン警告灯が点灯する車両がありました。

 

冷間時と暖気時でエンジン回転が変動するのは主に水温センサーで制御していますが、ある一定の水温超えますと空燃比制御しないので、水温センサー(電動ファン制御とアイドリング制御の2系統有るものもある)が正常でサーモスタッドが固着してオーバーヒートしている状況でもエンジン警告灯点灯しません。(エンジンECU内には故障コード記録あり)

 

水温計の故障でも点灯しないことがあります。(メーカーの制御システムによる)

 

 

走行に支障きたさない故障でも、一定の条件において排ガス基準値超える場合でエンジン警告灯が点灯するケースは

 

・ブローバイ系統

・冷間時のインテーク制御(エアインジェクション系統。主にエアポンプ故障)

・O2センサー(NOxセンサー等)

 

等があります。

 

 

エンジンチェックランプの点灯には、とにかく様々な条件がありますので、一度診断機にて診断が必要です。

 

排気ガス制御基準値内(エンジンチェックランプ点灯しない)ケースでも、各メーカーのエンジン制御系の基準値より外れた状況が発生した場合はエンジンECUに故障コード記録されます。

 

 

”そのまま走行しても大丈夫でしょうか?”のお問合せが多いですが、問題あるか無いかは診断後の結果論でしかありませんが、走行に支障がない場合(アイドリング安定。走行問題ない)でも、なるべくレッカーサービスご利用お勧めしています。

 

今年に入り、代車不足の状況が続いております。

 

自動車任意保険のレッカーサービスは最近はサービス充実していますし、代車特約付属していますと自走困難な場合レンタカー15日間無料で借りれますので、ぜひ加入をお勧めいたします。

 

 

ご協力のほどよろしくお願いいたします。