2018・5・20 秩父・赤岩尾根 | 高橋 丈のブログ

高橋 丈のブログ

山を登るということ、辛い時の方が多いかも知れません。
でも、頂上で交わす握手や笑顔は代えがたいものが有ります。

日帰りハイキング、夏山縦走、雪の山、
色んな山について、ここで紹介したいと思っています。


テーマ:

赤岩尾根は群馬と埼玉の県境に位置している両神山の八丁尾根の延長線上にあるヤブ岩稜ルートです。

タイトルに秩父と記載したのは

アクセスと入山が秩父からのため、そう記載しました。

 

このルートは「藪岩魂」という登山本に詳しく記載があり、

本の記載の中でも上級編に属しているルートです。

この本は中々興味深いものが多く、日帰り登山の経験も大分積んで

そろそろステップアップしたい人には興味深いものと思います。

前置きが長くなりました。

 

私達は朝6時にテント撤収して登山開始となりました。

早出することは、

それだけ使用可能な登山時間が増えることで安心ですね。

ニッチツ鉱山跡の建物前を通過して裏に登山口は有ります。

杉林の中をジグザグを繰り返し登りますが、

あの日も1時間以上確実に掛かりました。

結構傾斜のきつい登山道を登りますが、

ここで体調を整えるようにゆっくり登ります。

 

赤岩峠でヘルメットなど装着して小休止して、すぐ赤岩岳へ向けて行動再開です。この日も昨日の裏妙義と同様に適度に風が有り、気温も高くなくて気分よく登りをこなすことが出来ました。

5月の登山は良いですね~!

このあと右の岩稜を気分よく登り、赤岩岳に到着できます。

 

赤岩岳周辺からの展望です。

1日このような五月晴れでしたね。

 

岩尾根からの展望を楽しんでいるところです。

足下は岩壁です。

 

「藪岩魂」の赤岩尾根の解説文では・・・

「ルートは見えにくく、探るのも楽しみ、困難、奈落の底、全工程にみなぎる緊張感がたまらない。」との旨を著者は感想を記載しています。

 

通常使用するロープの他に懸垂のための補助ロープを持参しました。

8㎜30mですが、こんな7~8m程度の懸垂では、

本当に使い勝手が良いです。

 

参加したTさんは既にリーダーシップを発揮しています。

メキメキと腕に磨きが掛かっています。

下でロープをしっかり握って、いざという時に備えています。

色んな技術書を読んでいるようです。

時々返答に躊躇する質問も飛び出て来ます!

 

メインイベントの岩壁です。

Ⅲ級~Ⅳ級程度の岩登りですが落ちたら大変です。

しっかり確保して登ります。

こんな本チャンの岩場は慣れない人は緊張すると思います。

普段からの岩トレが、こんな時の自分を助けてくれますね!

岩トレではザックを背負っていませんが、

本チャンでは美味しいお弁当など背負っていますので

その分大変に成ります。

 

快晴の天候の中、秩父の二子山が見えて来ました。

日陰に見えている山が二子山です。

 

そしてこんなチムニーまであります。

クライミングの技術が求められます。

いやいや、皆さん本当にガッチリ岩と対決して

全身を使って思いっきり登ってました!

 

すぐ隣の八丁尾根は鎖がいたるところに設置されてありますが、

殆んど何も無いと言って良い状態です。

 

こんな岩ばかりが続くルートではありません。

苔の急斜面があり、鉛筆くらいの根っこを掴んだり

消えかかった赤テープしか無かったり

落ち葉に隠れて踏み跡が消えかかったり

まさに本チャンの藪岩稜ルートです。
 

 

時折廻って来るそんな緊張感・・・

それがこの藪岩稜の面白さを幾重にも重ね、

自分たちの登山技術の本領を発揮して乗り越える

その楽しさ、

この赤岩尾根は

そんな楽しい低山の本チャンルートですかね!

 

小ピークのP2での小休止の時間です。

おにぎり食べたり、山座同定をしたり、富士山を見つけたりで

私も楽しかったです!

コンビニの梅入りおにぎりが美味しかったです!

かいた汗により体から塩分が放出され、

その塩分の補給により体が喜んで、余計に美味しく感じたのかと思います。そして梅の美味しさも!

 

休憩を終えて・・・

すぐP1が見えて来ました。

拡大画像です。

この岩を直登します!

 

「どうぞ!」

 

緊張が走ります。

小さな岩角にも足を掛けなければ登れません。

「足を置く場所を決めてから足を動かしてください!」

私のいつものセルフが飛び出します。

 

「・・・!」 無言でした!

 

 

そして全員無事に乗り越えてP1山頂です!

涸れた立木の看板がP1を教えてくれてますが、

半分以上消えかかっています。

今度登るときにはマジックペンの持参が良いかも知れません!

こんな素晴らしい光景は・・・

澄み切った青い空のせいではありません。

山を頑張って登った山頂でしか味わうこと出来ない光景ですよね!

達成感、充実感、そして満足感

 

赤ジャケのKさん、

参加を申し込まれた時のメール文では・・・

不安を隠せない文面もありましたが、

一歩足を前に出して良かったですね。

ずっと赤岩岳に登りたかったがチャンスを逃がしていたとのこと

今回は縦走できました。

目が輝いて見えました!

 

T女子は登山中・・・

「ここは自分が一人で来た時に1人で登れるだろうか?

この岩場をロープ確保なしでも登れるかな?」

そんなことを思っていたそうです。

次の目標は・・・後輩を連れて来てください。

自分がリーダーとなって岩を登り、ロープで確保してやってください。

登山技術に磨きを掛けて美しく登りましょう。

岩の登りにも美学があると思います。

 

そしてO女子もT氏もそれぞれの目的が有って

参加したことと思います。

 

赤岩尾根・・・

楽しかったですね~!

参加された4人の皆さん全員に

それぞれの課題が浮かび上がったことと思います。

軽量化?

ロープワーク?

私も山の技術、ガイド技術は完璧ではありません。

私にとっても今日の1日が

次のステップアップに繋がるための1日であったことに

間違いはないと思っています。

参加された皆様も同じですよね!

 

それ故に山は面白いのかなとも思います。

幾つに成っても・・・

山って、

やっぱり面白いですよね!

 

 

・・・・

登山・トレッキングのガイド「風」  (HPも宜しくお願いします。)
 

・・・
風」のガイドプラン ← (こちらも宜しくお願いします。)

 

 

 

 

 

 

登山ガイド 高橋 丈さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス