北アルプス横断(2) | Challengeな毎日

Challengeな毎日

感謝の気持ちを忘れずに、マラソン、トレイルランに励んでいます。
めざすは、UTMB!

Day2(2019.8.11)

午前4時過ぎ起床。

朝飯を食べて午前5時過ぎに出発。

すでに明るく、ヘッドライトは不要だった。

まずは読売新道をひたすら登る。

赤牛岳までのコースタイムは7時間。

奥黒部ヒュッテの標高は1,500m。

約1,400mの標高を登る。

大変だけれども楽しい。

なぜなら北アルプスの稜線歩きが待っているからだ。

この日も快晴。



後ろを振り返ると、立山、剱岳がきれいに見える。



途中、休憩を入れながら淡々と登る。

 

 

目指す赤牛岳が近づいてくる。

 


そして赤牛岳(標高2,864m)に登頂。



「この景色、やばくない?」

それほどの景色だった。



 

位置的にも北アルプスの「ど真ん中」。

周りには良く知る名峰の山々。

テンションがあがらないハズがない。

景色を堪能したあと先へと進む。

次に目指す水晶岳が前方に見える。



北側から見る水晶岳は黒っぽく見える。

「だから黒岳とも言うのかな?」

振り返れば歩いてきた読売新道の稜線がはっきりと見える。


 

このあたりになると、すれ違う登山者も多くなる。

 

山頂に多くの登山者の姿も見える。

今までのゆっくり静かな山歩きから様相が一変。

水晶岳(標高2,986m)に登頂。


水晶岳は写真を撮ってすぐに通過。

水晶小屋周辺は人がごった返していた。

ビールを買うのもひと苦労。

「さすが裏銀座縦走路・・・」


 

鷲羽岳、遠くに槍ヶ岳を望む。

 

 

のどを潤し、ひと休みしたあとは三俣方面へ下る。

 

その途中、雷鳥親子に癒される。



岩苔乗越の分岐で高天原方面に下りる。



樹林帯の中をひたすら歩き、この日の宿泊地である高天原山荘に到着。

時刻は午後2時30分ぐらいだったかと。

まずはビールで乾杯。

そしてお楽しみの高天原温泉へ。

北アルプス最深部にある秘湯。

いつか行ってみたいと思っていた。

山荘から歩くこと約15分。

沢沿いにある温泉に到着した。

野生に返り、人目をはばからず温泉に入る。

「最高だ」



山荘に戻ってからはテラス席で山宴会。

お酒が無くなったところで終了。

午後7時過ぎに就寝。

さすがお盆時期の北アルプス、

山荘は満員で布団2枚分に3人のスペースだった。

距離:17.1km
行動時間:約9時間
 

 

稜線歩きに乾杯!


にほんブログ村