奇跡的に希望の大学に合格したぴょん子のその後です。

 

学部ははじめに志望していた学科ではなかったものの、

結果的には現在所属している学科のほうが、

ぴょん子には適していました。

理系と言えど、ほぼ研究内容は文系?

食品パッケージにおける、

色とフォントの違いによる消費者の感じ方の違いを

研究しています。

 

バイトで、食品流通コンサルタントの方の講演会資料作りなど、

パワポやワードで作るお仕事などをやっていて、

食品マーケティングに近い場所にいるので興味もあり、

楽しんで研究しているようです。

 

どうしてそのような特殊なバイトに出会えたのか。

ぴょん子は、

興味ある企業にアポイントを取り取材して

記事を書きウェブ雑誌を発行する

というサークルに所属していました。いわゆる意識高い系。

そのサークルにいた先輩が以前取材した方が

そのコンサルタントの方で、

大学生をアルバイトとして使ってくれたのです。

ぴょん子は今どきの大学生にしては珍しく?パソコンは

結構いつも身近にあり、操作もこなせる子なので、

パワポやワード作成はお手の物。

他にもウェイトレスや服飾販売員、コールセンターのバイトも

やりましたが、

就活を本格的に始めてからは、在宅でできるこの資料作りのバイトだけでどうにかやりくりしてました。

 

サークルで企業にアポイントを取ったりする際、

ちゃんとそれなりのメールの書き方や電話のかけ方を

しないといけないので、

社会人になる前にすごく勉強になっていたと思います。

就活でも役に立ちました。

 

ぴょん子さん、彼氏ができました。

その彼氏が、東京に就職しました。

それで、ぴょん子の就活は、

東京で、しかも転勤のない勤務先を探すことになりました。

地方の女子大生が、なんの身よりもなく、つてもない東京で、

転勤のない仕事を探すのはそれはそれは条件としては

厳しいものです。

 

就活序盤、とりあえず、就活を始めるのあたって、

どこでもいいからインターンに参加してみようと、

交通費の少しでも少なくて済む、とある企業の大阪のインターンに参加しました。

営業の模擬体験で、ぴょん子はなんと、

最後まで勝ち進んでしまいました(笑)。

東京に就職したいのに、大阪のインターンで(笑)。

人事に相談して、東京での就職を希望している旨を伝えると、

東京での選考に参加させてもらえることになりました。

よかった(笑)。

 

その企業以外にも、もちろんいろんな企業のインターンや選考に参加しました。

その間、某人材派遣会社さんには本当にすごくお世話になって。

対策講座に参加したり、模擬面接させてもらって、いろんなアドバイスをいただきました。

その人材派遣会社も希望したけど、面接で、

「あなたはスキルも高いしやる気もあるけど、

あなたがこの会社に入って本当に幸せになれますか?

もうちょっとよく考えてみてください。」

と言われ、よく考えた結果、希望を取り下げました。

その会社の方はほんとうに本人のことを思って、いろいろアドバイスしてくれる

すばらしい会社でした。

 

さて。インターンで勝ち進んだ企業の東京での面接。

最終面接の一個手前の面接で、志望動機を聞かれたぴょん子。

正直に答えました。

「たぶん中学生くらいのときに、TV番組の『がっちりマンデー!!』で御社が出られたときに、

なんとなくいい会社だな、入るならこんな会社が良いな、と思っていました。」

すると、面接官の一人が

「それ、私も出たんですよ、3番目に出てきた人です(笑)。」。

これでぴょん子は面接官のハートをガッチリ掴んだみたいです(笑)。

 

そして最終面接。一体何を聞かれるのか。どういう対策をしていったらいいのか。

だいぶ悩みながら行きましたが、最終面接はもう雑談だったらしいです。で、採用。

 

その、テレビに出てたという面接官の方がいる部署は、ほぼ転勤のない花形部署らしく、

たぶん、高確率で、ぴょん子はその部署に配属になりそう、という話です。

 

いろんなことが重なって、ぴょん子は自分で幸運を手にして、人生を歩んでいっています。

すてき。

 

ところで、福岡から東京に行って就活するのに

飛行機代その他の交通費、宿泊費、食費などで、

全部で70万円くらい使ったそうです。

ぴょん子が小さいときに、おばあちゃんから習った日本舞踊で踊ったときに、

いただいたたくさんのおひねり。貯金していました。

その貯金と、バイトで稼いだお金で、全部自分で自腹です。とっても偉いです。

 

ほんとうに、自分の力で掴んだ内定。おめでとう。

これからも、幸運を掴んで歩んでいってください。

これで私のぴょん子の子育ては終わりです。

ありがとう。いい子に育ってくれて。

 

 

 

国公立大学前期の発表。今日の14時。

センターでE判定だったぴょん子。
合格の可能性はほぼないという判定だ。

でも、このために今まで苦しい思いしてがんばってきたんだから、
最後に全力ぶつけに2次試験を受けた。
合格できないとしても。

2次試験の日。受験科目は英語と化学。
「できたけど、あの問題ならみんなあんまり差ができないかも。
 だから、センターでやらかしたぴょん子には不利だよね~。
 でも、自分の力は全部出しきったよ!」
と言っていた。うん。それならいい。よかったね、全力出しきれて。

去年の入試データでは、E判定で合格した子はいない。
後期で一人だけ、合格した子がいた。
だから、後期で奇跡を起こすしかないね。
と、話していたのだ。


後期試験対策授業のために、今日は卒業した高校へ行く日だった。
実は、高校と受験した大学はすぐ側にある。
発表が14時なら、高校へ行く時間もちょうどいいし、
不合格だろうけど、まあ見に行ってみようかな、とぴょん子は発表の掲示を見に行った。

私は仕事。
仕事の合間、気が付くと14時過ぎていた。スマホを見た。
夫が「すげーーー!!」とメッセージを送っていた。なになになに???
メッセージを開く。
ぴょん子から写メが。

合格


!!!!! 123002 !!!!!
あるーーーーーっ!!!



まさかのまさかです。合格です!!!!
何が起こったのかわかりませんが、本当に奇跡です!!!

これを書いている今もまだ、実感がわきません。
まだ通知の書類届いてないんだけど、これ、間違いじゃないよね???ドッキリじゃないよね(笑)???



ぴょん子、何度も何度も自分の受験票と掲示の番号を見比べて確かめて、本当にビックリしていたそうです。

その足で、高校へ。
担任の先生にも、センター後、超落ち込んでいたときに過去問の英語を見てくれた先生にも、
後期対策の先生にも、その他大勢の先生に会えて、みんなからおめでとうと大きな祝福を受けたそうです♡
最後の三者面談で、本当は進路変更させないといけないんだろうけど、ぴょん子の覚悟を聞いて応援してくれた担任の先生は、前期は正直ダメやと思いよった、と言って驚いてすごく喜んでくれたそうです。

ぴょん子、高校の伝説になるな(笑)。
すごいよ、ぴょん子。
センターがE判定でも合格できたなんて。



ちょっと落ち着いて、2次試験をよーーーく振り返ってみると、
ぴょん子得意の英作文を頑張ったのがよかったのかも、と言っています。
ぴょん子、英作文が楽しいって言ってましたもん。
2次試験の英語で、字数が決まっていなかったので、解答欄にみっちり英作文したそうです。
設問内容と自分の解答、ちょっと論旨ズレてるな~~と思いながらも、最後までみっちり。
これしか、合格の要因は思いつかないって。

「国際性、感性、リーダーシップ力、独創性・創造性を併せもつ人材育成を専門教育の理念とする」
という大学なので、英語力が必須なのです。

(あとからわかったことですが、よかったのは化学でした(笑)。本当に力になってくれた担任の先生が化学で、もう本当に先生のおかげ!!!)


これからまだ後期試験を受けるみなさん、
また、来年以降、受験を控えた皆さん、
ここに、センターE判定でも合格できた子がいます!!!
最後まで諦めないで、全力出し切ってください!!!



さて。
私は。
国公立の方はもしかして後期で合格できるかもしれないけど望みは薄いので、
私立へ進学する予定で心の準備を進めていたけど、
頭を切り替えなくちゃです。
そして、仕事がんばるよ。稼がないと。


合格した大学って、一年生の間は全員寮に入るのが義務なんですよね。
留学生の子、他の学部の子たちと、4人部屋。
ぴょん子がこの家を出て生活するなんて。
さびしいなあ。いつも私を励まして優しい言葉をかけてくれる愛情深い子なので。
あの笑顔が毎日見れなくなるなんて。

妹のちび子も、いつもは姉に対して憎まれ口しか叩かないけど、
「嵐」について語り合える姉、勉強でわからないことがあったらすぐ聞ける優秀な姉が
そばにいなくなるのはさびしいし、ちょっと困るみたい(笑)。



4月から新しい生活が始まります♪






自分の本当に望んでいるものを知ると、人ってこんなにも強くなれるもんなんだな、と、ぴょん子を見て思いました。

決心したものの、なんだかもやっとが残っているような
なんだか気分が今ひとつ重い

そんなときには、ほんとうに自分が望んでいることじゃないことに決めてしまっているのかもしれません。
そんなときに、リーディングはオススメです。

わたし、最初は自分がリーディングしてもらおうと思っていたの。
でも、ぴょん子に受けさせてよかった。大正解だった。
だってね、受験はぴょん子の問題だから。

リーディング受けると、エネルギーも受け取るんですって。
そのあと、身体のエネルギーの流れもよくなるみたいよ。

いやー、ほんとうによかった。


しかし、ここまで来るのに、相当エネルギー使い果たして、今わたしはヘロヘロです。
ものすごーーーく疲れています。
それでも、ここ数日のぴょん子のことは、シェアするべきだと思ったの。
だから、疲れてるけど、一気に書いています。

あまり読み返していないので、ちゃんと書けてないところもあるかもしれないけど、勢いで書いたから。

はああ。
疲れました、心血注いだこの数日間。

子供の受験にあまり首突っ込むつもりじゃなかったんだけどなー。
そうもいかない事態になっちゃって。
おかげでこちらも鍛えられましたよ。
ぐはー疲れた。
今日は塩風呂に入ります。

明日も弁当か。早起きだ。大丈夫かな。
とりあえずご飯炊けるようにはしておくよ。

そして、先生がくれた調査書を入れて、短大をぎりぎりで出願しに行かなくちゃ。速達でね。

じゃあ、歯磨きして、お米セットして、みんながお風呂あがるのを待とう。
最後にたっぷり1時間くらい入るのだ。

では。
ああ、疲れた。
みなさま、おやすみなさい。
みなさんにもたくさんのエネルギーが注がれますように。
というわけで、
国公立は、

当たって砕けろ!後悔しないために!今まで頑張ってきた努力を全力でぶつけるんだ!!

ということになりました。
まあ、じゃあ、前期だけでいいかな。後期はさらに狭き門になる。さらに偏差値あがるからねえ。

そして、私立は4年制のあの大学。第一志望と同様の学科。奨学金は再申し込みしてもっとたくさん借りることにする。ぴょん子の決意です。

ま、一応最初にすべり止めにしていた私大ももちろん出願してるし、受けるけどね。

本当の滑り止めとして、短大も、A日程で間に合うところをとりあえず受ける。でも、ビジネススキル方面ではなく、第一志望と同様の学科で。

ということに決まりました。



あーーリーディングしてもらってよかった。
ぴょん子もすっきりしてたけど、私も、重たかった頭がすっきりした。

ぴょん子はいつものように歌を歌い出し、
ぴょん子のハッピーオーラは伝染するのか、なんだかちび子も笑ってるし。
いや~~よかったよかった。


で、日曜の今日、三者面談でした。
前の日、リーディングを受ける前までは、きっと長くなるなあ、先生と話し合い長くなるなあ、と思っていましたが、もう違います。
ぴょん子の決意は固まっているのですから、決意表明しに行くだけです。
そして、急に出願することになった短大の出願に間に合わせるために、調査書を一通どうにかしてもらう手筈を整えるだけです。問題は、調査書の件だけ。月曜に学校に取りに行ってもいいから、とにかく間に合わせないと。

行きの車の中、ぴょん子はスマホで嵐の曲を流しながらずっと鼻歌w
これがセンターで大失敗した人の三者面談へ向かう車の中だとはw
知らない人が見たら、センター悪すぎて開き直ってバカになってるとしか思えないでしょうねw


さて。
三者面談。
早目に着いて、廊下で待っていると、前の人が早く終わって、予定より早い時間に始まりました。
センターの結果が悪すぎて落ち込んでるぴょん子を木・金曜日に見ていた先生、きっと今日もどんより顔で来ることを想像していたことでしょうね。

「先生、今日はぴょん子の決意を伝えにきました。」の第一声から始めました。


そして、ぴょん子が自分の口から、トツトツと、上記の決意を伝えると、
「うん…担任としては、とめないといけないんやろうけど、そこまで決意してるなら、わかった。」と言ってくれました。
先生、寝る時間も削って生徒たち一人ひとりに、大学情報調べてくれてたのは知ってるので、無駄にしてごめんね。

「でもな、後期受けないというのは…えーと、ちょっと去年のデータを見てみるぞ。センターでE判定の人は前期は…あぁ、D判定でも受かってないな。で、後期は…。あっ!!ちょっと待て。後期は、E判定で一人合格してるぞ!後期受けないというのはないぞ。受けないと。最後まで頑張れ。いいか、E判定で2次試験で逆転するには、もっと上のレベルの問題を解いてみるんだ。もっともっと上のレベルを目指さないと。頑張れよ。」

おおおおお!!先生すばらしい!!
無謀な決心を聞き入れてくれた上に、すぐにデータを確認して今後の対策まで明確に指示してくれて。
そして、急いで欲しかった調査書。「あ~日曜はハンコがもらえないんだよ。…いや、ちょっとまて。ストックがある。国公立用のをとりあえず今から渡そう。また一通作ればいいから。よし、じゃあ、お母さんも、今から職員室のところまで一緒に来て、もらって帰ってください。よかったですよ、早目に来てもらっていたんで、まだ次の人が来てない。取りに行く時間があって。今日はずっと面談詰まってるんでお昼休みもないんです。よかった。」

先生すばらしい。先生が担任でよかったです。これは、今日思ったんじゃありません。綿密にデータ分析して、いつも的確なアドバイスをぴょん子にくれて、たくさん力になってもらえました。

というわけで、調査書も無事もらえ、センターE判定でも後期試験で合格した人もいるという情報と、今後の試験対策まで手に入れて、三者面談を終えたのでした。私は先生としゃべれる最後の機会だったので、最後に先生に感謝の気持ちも伝えることができ、大満足の三者面談でした。
日曜には三者面談で、最終決定を先生に伝えなければいけないので、決断を急がねばなりませんでした。
すぐにりえちゃんにリーディングの申し込みをしました。
その日(金曜)の夜に、ぴょん子のリーディングをやってもらえることになりました。


リーディングはSkypeで、音声のみ。1対1です。
ぴょん子に、事前に聞きたいことはメモして、1時間の間に聞きたいことは全部聞けるようにしてね、と言い聞かせ、受けさせました。自分の部屋で。ひとりで。




リーディング後。



おかあさん。あのね、ぴょん子はやっぱり4年大が向いてるって。短大じゃないって。
最初は、第一志望だった大学のことは話してなかったんだけど、「本当は行きたい大学があるんじゃないの?」ってバレた(笑)。
そしてそれを話したら、センターの結果があんなに悪かったのは、ぴょん子に、あの大学へ行きたい気持ちをはっきりさせるためだったって。
だってさ、もしもうちょっと中途半端に点数取れてたら、あの科目で受けれて家から通える、全然違う学科のとこ受けてたじゃない?それもダメな点数だったのは、そういうことだったんだ。

そして、できればやっぱり、私立4年大にするなら、最初に目指していた大学の、あの方面の学科がいいって。
ビジネススキル磨いていい就職したいって、本当にそうしたいの?って聞かれた。
私立の4年制のあの大学も受けて、たぶん特待生は無理だけど、私、奨学金を予定よりたくさん借りてでも、そこに行かせてください。
自分でいっぱい借りたんだって、それでも行くんだって思えば、大学で必死で勉強するはずだって。すごく頑張るはずだって。そして、苦しくても、ちゃんと返していくはずだって。
納得したよ。

そしてね、第一志望のあの大学は、どうしても行きたくて、ものすごく勉強頑張って来たから、ちゃんと受けないとって。うん。ここで受けないままだと、今まで必死だったのが意味ないもんね。だから、受けさせて。合格は期待できないけど、受けるだけ受けないとすっきりしない。たぶんずっと後悔する。だから、受ける。

あ~~~リーディングしてもらってよかった~~~!!!
ほんとに気持ちがスッキリした!!!
リーディングって楽しいね~~!!
もう全然時間が足りなかったよ。
あ~楽しかったー!!!!

あのね、今度ね、嵐のコンサートも行けるって!(←www)