高級マンション・輸入住宅リフォームのインテリアコーディネート&キッチンデザイン『ビューティーインテリア』

高級マンション・輸入住宅リフォームのインテリアコーディネート&キッチンデザイン『ビューティーインテリア』

高級マンションリフォーム・輸入住宅リフォーム、オーダーキッチン・モールディング・高級輸入家具・輸入カーテン・輸入壁紙・輸入建材等、モダンクラシックな高級インテリアコーディネート実例。施工会社(ハウスメーカー)選び・リフォームとインテリア相談受付/東京都港区

高級マンション・輸入住宅リフォームのインテリアコーディネート&キッチンデザイン『ビューティーインテリア』

海外プロジェクトの経験を活かし、リフォームと高級感ある美しいインテリアコーディネートをご提案。殺風景な内装の高級マンションや輸入住宅をリフォームでUPグレード!高級マンションに相応しいリビングキッチンデザイン・施工会社(ハウスメーカー)選びも対応致します。



高級リフォームTOPICS

高級海外不動産投資高級インテリアコーディネート依頼リビング

高級マンションリフォーム/海外富裕層の高級リビング



 

高級リフォーム・アドバイザー
オーダーキッチンと輸入住宅建材のスペシャリスト

インテリアコーディネーター
山田美彩子(やまだみさこ)
/東京都在住


オーダーキッチン設計・商品開発・PRに従事、25歳でフリーランスに。高級輸入住宅・輸入キッチンに精通。

手がけた高級住宅物件は全国3,000件以上、業界歴30余年の豊富な経験と専門性の高い知識に基づいた提案に定評あり。

輸入建材とインテリアの選択、施工会社(ハウスメーカー)選びのお手伝いまで、各専門家や職人たちとのチームワークを大切にしながら、高級リフォームプロジェクトを成功へと導きます。


はじめての方はこちらから



高級リフォームとインテリアコーディネート成功の秘訣をワンポイントアドバイス!

あなたのご自宅へ訪問
高級リフォームとインテリア解決策をご提案します!

高級マンションリフォームリノベーション輸入住宅インテリアコーディネート依頼キッチンリフォーム

憧れのインテリア実現へ向けて

高級リフォームとインテリアコーディネート成功の秘訣をワンポイントアドバイス!
住宅業界と海外インテリアのすべてを知り尽くしたベテランアドバイザーによる、 「高級リフォームとインテリア相談会」を実施しております。

ご希望日時に、ご自宅へ訪問し、ご要望のインテリアを叶えるために、現状の問題解決策、プライオリティ、高級ホテルライクなモダン+クラシックインテリアのつくり方、そしてハウスメーカー選び方、設計士必要性の有無など、住宅業界のあらゆる情報を余すことなくご提供しております。
住宅・インテリアに関することでしたら、様々なご質問・ご要望に、丁寧&即座に、詳しくご説明させて頂いております。リフォームをお申込み前に、どうぞお気軽にご利用ください。

>「高級リフォームとインテリア相談会」は、このように行っています

>「高級リフォームとインテリア相談会」


おかげさまでこちらも大好評!

> 理想のオーダーキッチン相談

> 男のモダンリビング「Boss Living」高級マンションのインテリアコーディネート




「高級リフォーム&インテリア相談会」お申込み・ご質問等
高級マンションリフォーム会社インテリアコーディネートオーダーキッチン依頼相談東京

運営会社:株式会社ティアラジャパン 東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー27F 
初めての方はこちらから御覧ください

 

 

高級マンション・輸入住宅リフォームのインテリアコーディネート&キッチンデザイン『ビューティーインテリア』
BEAUTY INTERIOR ビューティーインテリア 住宅・マンション・キッチンリフォームをホテルスタイルでエレガントに

海外プロジェクトの経験を活かして、一般のリフォームとは一線を画す高級感ある美しいインテリアコーディネートをご提案致します。

殺風景な内装の高級マンションや輸入住宅を、UPグレードするモールディングや輸入ドアなどの輸入建材と、本場米国で経験を積んだデザイナーによる本格的なオーダーキッチン・造作家具のデザイン、高級輸入家具・輸入カーテンなどを、センス良く積極的に取り入れることを推奨しています。

リフォーム・リノベーションを円滑に進めるために、「アドバイザリー(アドバイス業務)」で、施工会社(ハウスメーカー)選びも、輸入インテリアのスペシャリストであるベテランアドバイザーがお客様をサポート致します。

 

 

高級リフォーム・アドバイザー

オーダーキッチンと輸入住宅建材のスペシャリスト

インテリアコーディネーター

山田美彩子(やまだみさこ)/東京都在住です。

 

 

あなたの価値観や感性と個性を生かしたリフォームをはじめましょう!

≪ビューティーインテリア「アドバイザリー」の3大メリット≫

1.できるだけ無駄な費用はカットし、暮らしに重要なインテリアに予算を集中させる。

2.ただ暮らすだけの空間ではない、美しく平和で自分の好きなインテリアへリフォームで実現する。

3.素敵なインテリアに囲まれて暮らすイメージをキープして、楽しみながらインテリアを計画できる。

 

高級マンションリフォーム会社インテリアコーディネートオーダーキッチン依頼相談東京

高級リフォーム・ビューティーインテリアでは「アドバイザリー」のサービスをご提供し、美しいインテリアデザインと最適なハウスメーカー(施工会社)選びをサポートしています。

「高級リフォーム&インテリアご相談」をご利用いただいたお客様から、「アドバイザリー」のご依頼を頂きました。以前このブログでご紹介させて頂いたこちらのお客様です。

 

 

1.高級リフォームに最適なハウスメーカー(施工会社)の調査

「早速○○○○の実績がある工務店が見つかりました。そこで、デザインを決めるにあたり山田様に現場下見の際に立ち会っていただき、アドバイスいただきたいと思っております。工務店さんもそれを望んでいます」

メールでご連絡があり、「インテリアコーディネート+アドバイザー」ご契約を頂いて、理系S様の玄関リフォームプロジェクトがスタートしました。

 

≪理系S様ご依頼の主なアドバイザリー≫

・施工会社選びのお手伝い

・コストを極力抑える方法のご提案

・モールディングを含むインテリアデザインのご提案  etc.

 

「高級リフォーム&インテリアご相談」をご利用いただいた際に、ハウスメーカー(施工会社)を探す方法についても、いくつかのポイントをアドバイスさせて頂いていたので、既にご自身で色々お探しになったようでした。

ハウスメーカー(施工会社)候補のピックアップと、初回のアポ取りを、お仕事でお忙しい合間を縫って、お客様が手配されました。

 

すべての物件が同じ進め方というわけではないのですが、フットワーク良く&研究熱心なお客様でしたので、ハウスメーカー(施工会社)候補が見つかる毎にメールでご連絡を頂いて、再検討するべき点や、抑えるポイントをお伝えしながら、候補の会社を絞り込む作業を繰返します。

 

ハウスメーカー(施工会社)候補選びは、リフォームの運命を左右する程重要なのですが、ポイントになる点は、工事費が高いか安いか、工事担当者はいい人なのか、いいハウスメーカー(施工会社)なのかどうか、などといったことも大事ではなくはないですが、リサーチで概ね予測がつくものですし、直接お会いしてお話を伺い、見積書を見てからの判断で良いと考えています。

アドバイザーとして重要視するのは、こちらの望む施工経験の有無、施工スキル、企業体制などのヒアリングと共に、お客様と施工会社との利益が無理なく合致するかを見極めることです。相対的にどうかですね。基準はお客様と物件概要によっても異なります。

 

設計事務所へ依頼した場合、施工会社指定があるようですが、ビューティーインテリアでは、施工会社は工事現場の地元から優先していきますので、施工会社指定はしておりません。大手ハウスメーカーへ依頼した場合も、結局のところ、下請け施工会社として地元工務店あるいは加盟店が工事するので、形式的には似ています。

但し、大手ハウスメーカーとビューティーインテリアでは、圧倒的な会社規模の違いはもちろん、経費の掛け方が大幅に違う点や、システムが異なりますから、どちらが無駄な費用が少ないのかは、言わずもがなですね。

ビューティーインテリアのリフォームは『できるだけ無駄な費用はカットし、暮らしに重要なインテリアに予算を集中させる』ことに注力しています。

 

 

 

2.希望を伝えればいい、というわけでもない?!

残念ながら、ハウスメーカー(施工会社)に希望を一度伝えたからと言って、その通りになるわけではないのが実情です。ただ暮らすだけの空間ではない、美しく平和で自分の好きなインテリアへリフォームで実現したいと考えているお客様に、必ず声を大にしてご説明しています。

 

理系S様の打合せもそうでしたが、こちら側の希望を伝えていると、先方も建築知識やご経験があることをアピールしたいと思っているので、「それはやめたほうがイイ」「こうしたほうがイイ」といった何か別のご提案をしてくれることがよくあります。それはとても有難いのですが、良いご提案もあれば、そっかやっぱりそれはやりたくないのか・・・と思われるご提案が、入り混じっていました。ベテランアドバイザーは、微笑みながらそれを分別して聞いています(笑)

 

工事会社の声を代弁しますと、、、

・やったことがないから、やりたくない

・トラブルになりやすいから、やりたくない

・施工リスクがあるから、やりたくない

・手間がかかるから、やりたくない

・職人が文句言いそうだから、やりたくない

・それをやったら高くつく。うちが受注できなくなるかもしれない

 

あるいは、取りあえず「できますよ!」と答えることもあり。

本当にできるからできると言っていることもあるのですが、気を付けなければならないのは、このようにお考えの場合です。

 

・一般論として、できると言っているだけ

・それをうちがやる、と言っているわけではない

・できることはできるが、とりあえずいつもので見積しておこう

 

 

さて、この疑惑ワード「できますよ!」

わたしは、聞き逃さないので(笑)、どうできるのかを具体的に掘り下げて確認することもあります。

あるいは、軽く言っていたけど、質問してこないし、細かく確認しないで帰ってしまったから、ざっくり見積る気なのかしら?見積書を見て再度確認しましょう。ということもあります。

話の重要度によりますが、どちらにしても、工事見積書を注意深く見てからの判断になるでしょう。「できますよ!」と言われて安心したり、うっかり鵜呑みにしないことです。

工事中の現場の大工が「できますよ!」と言うのとは、意味合いが違うのです。

 

「希望を説明したのだから、見積には入っているでしょう~」

「お客の言うとおりにするものじゃないの?」、と思いこまずに、冷静に見極めましょう。

住宅業界をそんなに安易に見てはなりません(笑)トラブルの始まりになってしまいます。

 

個人的には、ムリなら無理と言ってくれた方が無駄な時間にならないし、別案も模索できるので早めにはっきりしてほしいと思うのですが、そこは日本人特有の空気を読むことが得策のようです。

各社ご事情は色々あるでしょうし、施工会社のお考えを尊重しながら取捨選択していきます。

 

 

実は、理系S様もこう仰っていました。

『ハウスメーカー(施工会社)に「こうしたほうがイイ」と言われたら、そうか。と思ってしまうし、「できますよ!」と言われたら、そうかできるんだと思って、当然見積もそうなっていると思う。工事が始まってわかるんだよね。あれ?打ち合わせと違う!と。3年前の新築の時に痛感しましたよ』

 

理系S様だけでなく、だいたいそう思うものですよね。住宅業界がどうかしているのであって、皆さまが一般的に正しい解釈をされているだけです。住宅業界って一体なんなんでしょうね(笑)

そのような業界でも、ビューティーインテリア「アドバイザリー」をご利用頂いたお客様は、「楽しかった」と仰り、軽くクリアしていらっしゃいます。

 

高級マンションリフォーム会社インテリアコーディネートオーダーキッチン依頼相談東京

理系S様の玄関リフォーム打ち合わせ中

 

 

3.よくある勘違い

・「デザイン性の高いリフォームだから、やっぱり大手ハウスメーカーでないと、設計も工事も無理だろう。評判がよく、値引きがいいのは、どのハウスメーカーなのだろう?」

 

・「直接工務店に依頼したら安くできるかもしれないが、デザイン性の高いリフォームなんて工務店には無理だろう。どんなセンスでつくるのか不安だし、安心して工事を任せられるかも不安だ。」

 

というのは、一般的によく聞く話ですが、勘違いされています。

大手ハウスメーカーに依頼したにもかかわらず、リフォーム工事費を安く仕上げたいというお考えは、住宅業界のプロから見たら、それは間違っている!、としかいいようがありません。住宅業界のスキームをご存知ならば、大手ハウスメーカーへ求めることは、そういうことではないはずです。

 

工務店のセンスにご不安があるのはよくわかります。自覚している工務店もあるくらいですから、わたしもその通りだと思います。

しかし、できるだけ無駄な費用はカットし、インテリアに予算を集中させるリフォームという基点でみると、工務店へ直接リフォーム工事を依頼することは、正しい選択といえます。工務店にも規模の大小があり、細やかな対応力のある会社は存在します。

 ※関連記事間違いだらけ⁈高級リフォーム・リノベーションのハウスメーカー施工会社選び

 

但し、ただ暮らすだけの空間ではない、デザイン性の高いリフォームなので、建築素材選びや、インテリアデザイン、建築の取り合いなど、お客様の立場で、お客様と工務店の間でコントロールできるプロを雇うことを併用するのも、成功するリフォームの必須条件と言えるでしょう。ビューティーインテリアではアドバイザリーを行います。

 

理系S様には、初回の「高級リフォーム&インテリアご相談」をご利用いただいた際に、ハウスメーカー(施工会社)選びについてご説明させて頂いたので、できるだけ無駄な費用はカットし、暮らしに重要なインテリアに費用を集中させる、本来の目的のリフォームを、無駄なく、無理なく、スタートすることができたのです。

「アドバイザリー」は、ご不安と無駄な費用を削減できるように、お客様のお考えに沿うようなご提案をさせて頂きます。

 

 

 

4.施工会社に伝わる見積依頼のコツ-1

地元の有力工務店を数社に絞り込み、理系S様邸へお越しいただいて、リフォーム工事見積依頼をしました。その際、わたしも同席をして打合せを進行します。

 

≪リフォーム工事見積依頼の打合せ内容≫

・リフォーム工事概要を施工会社へお伝えする

・工事依頼内容を提示する(資料の準備)

・施工会社へヒアリングを行う

・納まりやデザインの特徴など、注意ポイントを補足説明する

・次回打合せ日程を決める

 

デザイン性の高いリフォームを手掛けるビューティーインテリアですが、高額な設計費用をかけて、キレイな設計図面を何枚も準備したり、インテリアイメージ写真やサンプルを貼り付けた大きなプレゼンボードを用意してデザイナーらしさを強調するよりも、ハウスメーカー(施工会社)の工事見積書の内容を優先しています。お客様が気にされているのは、リフォーム費用(工事見積書)だからです。

 

ビューティーインテリアではアドバイザーが初期段階から、施工会社へ見積依頼するタイミングを見計らっていますので、メーカーや品番などまだ具体的なインテリアは確定していないけれど、ざっくりとしたインテリアの方向性が見えてきたタイミングで、施工会社へ見積依頼を始めます。

 

工事費用がどのくらいかかるものなのかわからないままに、インテリア計画を進めたところで、実現性の低いモノになってしまいます。まず初期段階で工事費用はおおよそどのくらいかかりそうかを探っていくことから始めているのです。

もちろん初期段階なので最終工事金額とは差額が出ますが、工事見積書と連動させながら、インテリアを具体的に詰めていく作業を行います。インテリアや建材の見積り書はビューティーインテリアで作成しています。

 

工事見積書+インテリア見積書=リフォーム費用

非常にシンプルな計算式になるので、お客様にもわかりやすいと好評です。

(※プロジェクト開始前に、インテリアコーディネート・アドバイザー契約をさせて頂いています。)

 

早速リフォームご予算配分をコントロールしていきます。

これをすると高くつきますね。このくらいならば、塗装にした方が良さそうですね。ココの部屋は今回は見送りましょうetc.例えばモールディングの箇所を増減させたりなど調整します。この作業は最終決定まで何度か繰り返して精査していきます。製作段階というのは、割と地味な作業の繰り返しなのですよ。

インテリアと工事費用が出揃ったところで、お客様と工務店で工事契約を取り交します。

 

 

逆にこれはおススメしない悪い例です。

「とりあえず見積が欲しい!」 まだ何もインテリアは決まっていないけど、インテリアはここをこんな感じにできたらいいなと思っています!みたいな、あまりに漠然とし過ぎている状況で工事見積依頼をするケースです。

ハウスメーカー(施工会社)に理解されていないため、とりあえず安めに非現実的な工事費の見積書がでてきます。

 

曖昧な内容の工事見積書を見比べて、A社は高いけどセンスがイイとか、B社C社は安くてよくやってくれそうだ、などと比較してハウスメーカー(施工会社)を決めてしまうと、本当にお客様にとって最適な施工会社を選択することができません。見積をしている施工会社に対しても申し訳ないですね。工事見積書を早くもらえばいい、というものでもなく、依頼するタイミングは大事です。

 

高級マンションリフォーム会社インテリアコーディネートオーダーキッチン依頼相談東京

工務店の見積関係者で、ごった返している現場で、ふと横を見ると、TV台の上に、キレイな真っ白なネコ(ミルクちゃん)が微動だにせずに寝てました。置物と思っていた人がいましたよ。

 

 

 

5.施工会社に伝わる見積依頼のコツ-2

お客様のご希望を、工務店へ正しく伝えるために、お客様とアドバイザーで下準備を重ねます。

工事見積依頼をするために、施工会社(ハウスメーカー)に現場(ご自宅)へお越しいただいて、「ここをこうしたい」、「こんなふうに変えたい」、「こういうのできますか?」などと、こちら側の希望を伝えるわけですが、思い描いたイメージを全部伝えて見積をもらう!・・・というような感覚では、うまくいかないものです。

 

こちらの要望はしっかりお伝えする必要がありますが、その伝え方が大事で、見積依頼前には、そのための準備をして挑みます。

リフォーム工事見積依頼では、このような資料を準備します。

高級マンションリフォームリノベーション輸入住宅インテリアコーディネート依頼キッチンリフォーム

 

わたしの簡単なフリーハンドのスケッチですが、新築時の図面コピーをお客様から頂いて、どこをどうしてほしい、を手書きで書き込みしています。

大工が気にする施工のポイントや、工事見積を作成するのに必要な情報を抑えていれば、このような簡単な資料で、施工会社の見積り担当者や大工にも伝えられるため、わざわざ設計図面を書かなくても十分に工事可能なことも、リフォームではよくあります。

スケッチの他に、文章化した施工リストもご用意します。

しかし、資料を準備しても、基本的にあまり文字をよく見てくれない工務店もありました。

 

 

工務店からのご提案は有難く受け入れ、ではその内容で見積をだしてほしい、あるいは、それを見積には入れなくて良い。ということを、はっきりと指定して伝えます。

工務店担当者の受け止め方によって、想定する施工方法が異なり、それが工事見積内容に反映されてしまっては、お客様ご要望と見積書が合致しない要因になるため、それを防ぎます。

 

更に、後から他社と比較することが必要になったときに、工事見積内容にバラつきが出てしまうのは、正しく比較することができなくなる要因です。同条件で見積書を提出させていたはずが、実はそうではなかったということになってしまいます。

 

 

ハウスメーカー(施工会社)の選択は、リフォームに限らず新築でも運命の分岐点になるので、このように慎重に進めています。・・・とは言っても、怖い顔をしながら打ち合わせするのではなく、終始リラックスモードで雑談もありますし、必ず笑いの場面をつくりますので、そうは見えないと思いますが。

 

理系S様のリフォーム工事打合せを終えると、ご主人が奥様に打合せの状況をご報告されていました。

「工事の打ち合わせは大変だよ。一人じゃ戦えない」、ちょっと弱気になっていらっしゃいましたが、「戦っていません。これはヒアリングと言いますよ」と補足説明しました。

 

リフォーム工事打合せの場面で、お客様のご希望が流されないように、工務店から見ると不可能なご希望だとしたらその理由を明確に共有し、そして想定より良いカタチになるように、目を光らせているのがアドバイザーの役目といえます。なかなか難しいものですが。

 

高級マンションリフォーム会社インテリアコーディネートオーダーキッチン依頼相談東京

まだ工事見積依頼中の初期段階ですが、大工やタイルやを連れて来た工務店もありました。

 

 

 

6.設計図面の必要性を判断する

例えば、大手ハウスメーカーであれば、第三者の誰が見てもわかるようにするためにも、図面を起こすのが基本です。設計事務所へ依頼した場合も、設計士は図面を書くのがサガというかそれが本業なので、色々な資料をつくって見せてくれるでしょう。

設計事務所ならば設計費用としてダイレクトに請求されますが、大手ハウスメーカーの場合はちょっとわかりにくいように、設計費としては格安の見積り金額をのせて、それ以外のどこかに含まれているとか工夫されているようです。

理系S様の玄関リフォームのケースでも、設計事務所へ依頼した場合はもちろん、大手ハウスメーカーも、おそらく設計図面を用意することになっていたでしょう。

 

果たしてそれは本当に必要な図面でしょうか?何か作業をすれば、当然その費用は請求されています。

あったほうがイイけれどなくても問題ないならば、なくてもいい業務を省くのも、インテリアへ費用を集中させるためにコスト削減する策のひとつです。

 

さて、設計図面がいるのかどうか、、、一般の方にはわかりづらい問題ですよね。アドバイザリーでは、リフォーム内容に応じて、設計図面の有無を判断していきます。図面が必要と判断したならば、設計士へ必要箇所だけ設計図面を依頼し設計費用を発生させます。そうでなければ必要最低限の資料で、リフォーム工事を進行致します。

できるだけ無駄な費用はカットすることで、暮らしに重要なインテリアに費用を集中させることが可能になります。

 

 

 

7.アドバイザリーの効率的な打合せ

高級リフォーム『ビューティーインテリア』のアドバイザリーの打ち合わせは、通常全てメールで行います。

デザインの話を文章でやり取りするのは、一見難しく思われるかもしれませんが、全体最適するためにLINEもしくはメールで、文章と写真を使用したコミュニケーションを重視しています。

メール以外では、主にインテリア建材や家具などショールームに行く、もしくは工事現場へ行くなどですが、必要なタイミングで打合せの場を設けたり、緊急時に電話を使用しています。

工務店によっては難しいと思うこともたまにはありますが、工事担当者との打合せも全てメールのやり取りが基本です。

 

お客様の声をお聞きしながら15年程前からこのやり方になりました。おかげで、設計やデザイン打合せは地元の人でないと、、、という固定観念がなくなり、関西地方のお客様とも問題なく納品させて頂いています。

 

高級マンションリフォーム会社インテリアコーディネートオーダーキッチン依頼相談東京

いつも穏やかな理系S様。工事見積関係者たちが皆帰った後の作戦会議中です。

 

 

 

8.プロに依頼しないリスク

高級リフォームにおいて、インテリアデザインと共に重要なのは工事です。ビューティーインテリアでは、アドバイザーがインテリアコーディネートを行い、工事は工務店が行います。工務店とのチームワークを大切にしながら、コミュニケーションに努め、アドバイザーの立場で役割を全う致します。

 

≪ビューティーインテリア「アドバイザリー」の3大メリット≫

1.できるだけ無駄な費用はカットし、暮らしに重要なインテリアに予算を集中させる。

2.ただ暮らすだけの空間ではない、美しく平和で自分の好きなインテリアへリフォームで実現する。

3.素敵なインテリアに囲まれて暮らすイメージをキープして、楽しみながらインテリアを計画できる。

 

一般的に工務店は、デザイン性や見映えより、施工性が優位。お客様ご自身で、施工会社へイメージ写真を見せたり、思い描いたイメージを全部伝えて見積をもらおうとしても、施工のしやすさが優先されてしまいがちです。打ち合わせをしても聞きなれない専門用語と建築の専門的な話に圧倒され、言われるがままになってしまうようです。

いくつもそのようなシーンを見てきましたが、やはり施工会社と共通の言語で話ができて、お客様の代理で交渉をするプロが同席する必要性を感じます。おかげさまでアドバイザーによるサポートは頼りになる存在、とご好評をいただいています。

 

大手ハウスメーカーでは、ビューティーインテリア「アドバイザリー」のように、ここまできめ細やかなサポートを行うことは、組織上まず不可能ではないでしょうか。設計士も設計優先ですから、あまり細やかなサポートまではされていないと聞きます。

 

ここまでお読みいただいてお分かりいただけたと思いますが、工務店選びは、高級リフォームプロジェクトを成功に導く運命の分岐点になるでしょう。「アドバイザリー」は、お客様に相応しい施工会社を見極めるお手伝いをしています。

また工務店とは工事が終わった後も、工務店とお客様とで良いお付き合いを継続していただきたいので、工事担当者とお客様の相性が良さそうかどうかも、実は密かに様子を見ております。

 

理系S様から「山田さんに工務店との打合せに同席してもらえたら、インテリアイメージについて話してもらえるのかな程度に思っていましたが、こんなに建築や工事の話をしてもらえるとは思っていなかったので、本当に助かります!」と驚かれましたが、

高級リフォーム『ビューティーインテリア』のアドバイザーは、建築工事の打ち合わせもお手伝いしております。

工務店や職人には気づかないような細かいこと、納まり、このほうが快適、キレイに見える、といったこだわりの目線は大事です。それを全部オーナー(お客様)がご自分で管理するのは大変なことなので、忙しいオーナーに代わって交渉したりサポートするのがアドバイザーの役割となります。常にお客様側の立場で最後までサポート致します。

 

(※プロジェクト開始前に、インテリアコーディネート+アドバイザー契約をさせて頂いたお客様に「アドバイザリー」のサービスをご提供しています)

 

 

高級リフォーム・リノベーション&インテリアコーディネート概要

高級マンション・輸入住宅の殺風景なインテリアが、素敵なモダンクラシカルなインテリアに変わるリフォーム・リノベーション&インテリアコーディネート内装

BEAUTY INTERIOR ビューティーインテリア 住宅・マンション・キッチンリフォームをホテルスタイルでエレガントに

 

高級志向の厳しい目をお持ちのオーナー(お客様)を魅了する、高級リフォーム『ビューティーインテリア』は、“すべてはお客さまのための贅沢”というインテリアコンセプトで、お客様の目的、状況、ご要望に応じてカスタマイズされたものです。

海外プロジェクトの経験を活かして、見かけだけでない本物の質を重視し、美しい色の組み合わせと上質な豊かさをインテリアに表現します。そして実際にかかる費用以上の付加価値を感じて頂けます。

 

高級マンションリフォームリノベーション輸入住宅インテリアコーディネート依頼キッチンリフォーム

高級マンションリフォーム・リノベーション&インテリアコーディネート内装施工例

 

 

【主なサービス内容】

・高級マンション・輸入住宅のリフォーム・リノベーションに関わるコーディネート業全般 ・ハウスメーカー(施工会社)選びのサポート

・高級マンション・輸入住宅の内装インテリアデザイン

・オーダーキッチンと造作家具の設計デザイン

・輸入住宅建材・インテリアの輸入販売

・住空間コンサルティング

 

 

【リフォーム&インテリア特徴】

どこでも見かけるような殺風景な内装の高級マンションや輸入住宅が、モダンクラシックなインテリアコーディネートやオーダーキッチンデザインで、美しくシンプルな高級感あるインテリアへ生まれ変わります。

米国ホワイトハウス、高級ホテルや海外超富裕層の豪邸に使用されているような、欧米から直送の輸入ドア、モールディング、大理石などの輸入住宅建材と、本場米国で経験を積んだインテリアコーディネーター(アドバイザー)による本格的なオーダーキッチンと造作家具、輸入カーテンや輸入壁紙など、リフォームでインテリアをUPグレードする必須アイテムを、高級マンションに相応しくセンス良く積極的に取り入れることを推奨しています。

 

そしてリフォーム・リノベーションを円滑に進めるために、「アドバイザリー(アドバイス業務)」で、施工会社(ハウスメーカー)選びもお手伝いさせて頂きます。輸入インテリアのスペシャリストであるベテランアドバイザーは、ご相談からお引き渡しまで、お客様をサポート致します。一般のリフォームとは一線を画す究極のリフォーム・リノベーションをお楽しみ頂けます。
高級マンションリフォーム会社インテリアコーディネートオーダーキッチン依頼相談東京

「高級リフォーム&インテリア相談会」お申込み・ご質問等

高級マンションリフォーム会社インテリアコーディネートオーダーキッチン依頼相談東京

 

 

 

 

 

高級リフォームとインテリア成功の秘訣をワンポイントアドバイス!

\あなたのご自宅へ訪問/
リフォーム工事とインテリア解決策をご提案します!

           

高級マンションリフォームリノベーション輸入住宅インテリアコーディネート依頼キッチンリフォーム
 

憧れのインテリア実現へ向けて

高級リフォームとインテリア成功の秘訣をワンポイントアドバイス!

住宅業界と海外インテリアのすべてを知り尽くしたベテランアドバイザーによる、「高級リフォーム+インテリアコーディネート相談会」を実施しております。

ご希望日時に、ご自宅へ訪問し、ご要望のインテリアを叶えるために、現状の問題解決策、プライオリティ、高級ホテルライクなモダン+クラシックインテリアのつくり方、そしてハウスメーカー(施工会社)選び方、設計士必要性の有無など、住宅業界のあらゆる情報を余すことなくご提供しております。
住宅・インテリアに関することでしたら、様々なご質問・ご要望に、丁寧&即座に、詳しくご説明させて頂いております。リフォームをお申込み前に、どうぞお気軽にご利用ください。

 

> 「高級リフォーム&インテリア相談会』はこのように行っています

> 「高級リフォーム&インテリア相談会」

 

東京都港区高級マンションリフォームリノベーション輸入オーダーキッチンインテリアコーディネート依頼

おかげさまでこちらも大好評!

> 理想のキッチン選びサポートサービス

> 男のモダンリビング「Boss Living」高級マンションのインテリアコーディネート

 

 

 

「高級リフォーム&インテリア相談会」お申込み・ご質問はこちらよりお願い致します

高級マンションリフォーム会社インテリアコーディネートオーダーキッチン依頼相談東京

 

 

 

ヴァンクリ

素敵な海外モダンインテリアに変わる 

素敵な海外インテリアに変わるリフォーム!コーディネート相談依頼-ビューティーインテリア

幸せが降り注ぐ美しいインテリア

幸せになる美しい家の暮らし

ヴァンクリ

 

 

運営会社:株式会社ティアラジャパン 東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー27F

*ブログ内の記事・写真の無断転載は、堅くお断り致します。

Copyright ©ティアラジャパン All Rights Reserved