タイボマーのソーラー翼、プラ板やパーツを剥がしたりしてたら

汚くなったので、いちから作り直しました。

 

翼の表のパーツがわからないものは適当に貼り付けました。。。(;^_^A

矢印のところはプロップではイモネジがあるように見えるので、イモネジを

仕込みました。

あとはカールのパーツ付けたら翼は完成かな?

 

で、胴体はというと・・・

現在筆立てと化しています。。。早くなんとかしないと・・・( ´Д`)=3 フゥ

 

天空の城ラピュタのフラップターです。

このキットの作例はすごく多いので、少し改造してみました。。。

 

イメージしたのは「ウィスキー工場」です。。。(;^_^A

 

 

・・・自分では結構気に入ってます♡

 

 

 

古来の「いかにも西部劇」とは違い、またセルジオ・レオーネ監督のような

「マカロニ・ウェスタン」とも違う、現代風ウェスタンとでも言うのかどうかは

知らないんですが・・・

ヤングガンという映画

悪党で有名な「ビリー・ザ・キッド」の物語です。

エミリオ・エステべス、キーファー・サザーランド、チャーリー・シーン、

ルー・ダイアモンド・フィリップス・・・ といった豪華な顔ぶれ。

 

ビリー・ザ・キッドといえば、昔からいくつか映画がありました。

そのいずれもが「ヒーロー」扱いなのですが、この映画でもまた

「ヒーロー」です。

 

内容はここでは置いといて。。。私の好きな映画なのです。

ビリー・ザ・キッド、最終的な本名は 「ウィリアム・H・ボニー」

「ビリー」という名は「ウィリアム」の愛称。

ビリー・ジョエルの本名も「ウィリアム・マーティン・ジョエル」

そして彼もビリー・ザ・キッドの歌を作っています。

 

主役のエミリオ・エステべス、とても器用な俳優さんで、

この映画では、愛銃のコルトをクルクル回しています。

 

彼は、「アウトサイダー The outsiders  1983 」 で 「ツービット」

という役で出演しています。ツービットとは「一言多い」という

意味だそうです。

 

この映画も豪華な顔ぶれで、彼のほかにマット・ディロン、C・トーマス・ハウエル

ラルフ・マッチオ、パトリック・スウェージ、ロブ・ロウ、トム・クルーズ

ダイアン・レイン。。。監督はフランシス・フォード・コッポラ。

この映画も大好きな映画です。。。

コッポラ監督の作品出演の俳優さんは、みなBIGになるんですね~・・・

 

パトリック・スウェージは「ゴースト/ニューヨークの幻  Ghost  1990」で

日本で有名になりましたが、もうお亡くなりに・・・

 

 

この映画でもエミリオ・エステべスは、バタフライナイフを器用に扱っています。

当時はトム・クルーズよりも人気があったとか。。。

 

この「アウトサイダー」、作者のS・E・ヒントンは、若干16歳でこの小説を

書き上げ、コッポラ監督の目に留まったそうだとか。。。

また、彼女は本作品にチョイ出演しています。

----------------------------------------------

さて、ビリー・ザ・キッドは、「ベン・ハー」の作者のルー・ウォ-レスとも

関わりがあったそうで、ビリーはニューメキシコ準州知事であった

彼に恩赦を求めたことがあるそうです。

 

ところでこの「ヤングガン」、アウトサイダーに出演したトム・クルーズ

が「カメオ出演」しているそうで・・・  この話はけっこう有名なので―

敢えて撃たれるシーンを・・・(^^)

髭つけてるからわからない!! 

 

また、この映画には、ジョン・ウェインのご子息パトリック・ウェイン

が「パット・ギャレット」役で出演しています。

パット・ギャレットはガンマンののちに保安官となり、ビリーを射殺した

といわれています。

 

 

― ということで、なんだか徒然的に書きました。。。(;^_^A

映画って本当に面白いですね! だから私が模型を作るときは

なんらかの映画に影響を受けています。

映画に思いを馳せながら模型を作る、これもひとつの「楽しみ」

であります。。。

 

 

 

 

 

ZZ TOP が好きな僕は、「GIMME ALL YOUR LOVIN」などのPVに

登場するこのクルマにも憧れていました。

モノグラム 1/24 イリミネーターが売ってることを知ったのは

インターネットが一般的に普及してから20年後くらい。。。ネットで

発見した時は「こんなの売ってたんや・・・」と、購入。

 

でもこのキット、ヘッドライトマウントはただの棒・・・カニみたい・・・

デカールもちょっとアレでしたので、サイドのペイントはすべて塗装で

行いました。

作ったのは、たぶん3,4年前だと思います。

 

アルバムジャケット風に撮ってみました。。。

 

ZZ TOP のPVといえばセクシーな女の子! フジミの1/24フィギュアを改造して

一緒に♡

 

ベースはテキサスをイメージして「ルート66」に。。。

 

 


結構手を入れてます。。。(;^_^A マウントは自作です。

 

フロントグリル・・・いまならもうちょっとマシに処理できたのに

惜しいな。。。

 

 

サイドカバーも開口しました。

あと、ボディサイドの凸モールドも半丸プラボウで修正しています。

 

 

 

 

・・・屋外で撮影した際、強風にあおられ地面に落下するという

事故に遭って、フロントガラスが割れたり、ボディの一部が

分解したりと災難でしたが、どうにかこうにか修復し、

なんとか部屋に飾れる程度にはなりました。

 

「もう一度作ろうかな」とも思ったのですが、もうダメ・・・

どれだけ手を入れたかを思うともう作る気が・・・(´;ω;`)

 

現在はこれで満足です♡

 

で、イリミネーターといえば「キーチェーン」

某密林で販売されているオフィシャルのものとは違い、

これは80年代に発売されたオフィシャルキーチェーンです。

裏表ともに「Z」になっています。  が・・・

PVと比べると上下が逆。。。 ま、いっけど。。。(^^;;

 

で、こちらはと言えば- 某ホビーサイトにクルマを投稿

した際に、とある「オトン」のムチャぶりで・・・

ライターケースにZZ TOP のロゴを彫刻しました~

 

 

表は「SAIPAN USA」。。。

サイパンで買ったライターケースです。

・・・なんでこれに彫ったのか? 覚えてない。。。(;^_^A

 

 

”Lonesome Dove ” (1989)

 

アメリカのドラマです。

もうウン10年前にNHKで「モンタナへの夢」というタイトルで

放送され、以降評判が良いのにDVDが出ないとネットでも

言われていたドラマなのですが、何年前だか忘れてしまいましたが

DVD&BDセットで発売されたとき、「うわっ!!出た!!」

もう嬉しくてソッコーで買いました。

ロバート・デュバル(オーガスタス・マクレイ)、トミー・リー・ジョーンズ(ウッドロウ・コール)

がメインキャストで、元テキサスレンジャーのカウボーイ役です。

他には、娼婦役でダイアン・レインなんかも出演しています。

 

テキサス州のとある街「ロンサムダブ」からモンタナ州へ牛や馬を運ぶ

という、「西部劇」とは違う「開拓劇」とでもいうのかな? そんなストーリー

です。

このドラマ、「ルーツ ROOTS」と並ぶほど大好きでして、何度観ても

飽きない!!

吹き替えはNHK放送時のもので、カットされたシーンは英語音声に字幕と

なっています。

 

ロバート・デュバルは「ゴッドファーザー The God Father」のときからの

ファンでして、このときのトム・ヘイゲンもカッコよかったな~・・・

こんなにシブい男になりたいな~とか思いながら、実際は模型作りに

フィギュア収集とか。。。(;^_^A

 

一方、トミー・リー・ジョーンズはコミカルな役が多く、この人もまた

魅力的な俳優さん!このドラマでは寡黙で頑固なキャラです。

こんな二人がメインキャストのドラマが面白くないわけがない!!

とか、言い過ぎかもしれませんが、この「ロンサム・ダブ」 

とても素敵なドラマです。