テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


テーマ:

自分がまだ駆け出しだった頃の話です。


いきなり自分のテニススクールの社長に
呼び出されて社長室に向かいました。


「一体何なんだろう?」


そんな不安を感じながら
社長室のドアをノックしました。


緊張している私は
イスに座るよう指示を受け、
恐ろ恐ろ腰を下ろしました。


そうしたら社長は少し笑顔を作りながら
一枚のメモ用紙を私に渡してきました。


そんなこと初めてだったので
ドキドキしながら二つ折りにされた
メモ用紙をゆっくり開きました。


そこには箇条書きで以下のことが
書かれていました。


・覇気がない
・基本メニューが多すぎる
・語尾が小さくて聞き取りにくい
・ミスしたときに笑われた
・早口でわかりにくい

・・・


???


「何だこのマイナスばかりの文言は?」



すると社長は笑顔のまま私に
こう告げたのです。



「生徒さんからのスリーコーチへのご意見です。」


・・・


そうなのです。


これらメモ帳の箇条書きに書かれた内容は
私のレッスンに対する生徒さんからの
クレームだったのです。


さすがに生徒さんは直接私には言ってきませんが、
責任者にはそういう声は上がっていくものなのです。


正直私はサーっと青ざめました。



「笑顔で接してくれていた生徒さんが
心の中ではそう思っていたなんて・・・」



結構ショックでした。



かなりへこみました。


ちょとレッスンも怖くなりました。


「自分はどう思われているのだろう。」



でも
メモ帳に書かれた内容は実際に生徒さんが感じた
本当の声です。



だから私は心に決めました。


自分目線ではなく、
生徒さん目線から自分のレッスンを
確立していこう。


それからは声のトーンを少し高くして
ゆっくり語尾まで言い切るようにしました。


メニューも色んなコーチのレッスンをメモに取って、
実践的なメニューを取り入れました。


生徒さんへのリアクションも
今まで何でも笑うことしか出来ませんでしたが、
一緒にテニスを楽しむ意識を持つことによって、
悔しがったり喜んだりちょっと厳しく言ってみたりと
喜怒哀楽を交えて表現していきました。


これらすべては
自分が生み出したことではなく、
お客さんの感じたことを知ることによって
作り上げた新たな自分のレッスンなのです。


何でもそうですが、
どれだけ一生懸命取り組んでも、
うまくいうとは限りません。


大切なのは
うまくいかなかった後の行動です。


今回は色んなうまくいかなかった事が
散りばめられた内容をご紹介します。


それぞれが何をすべきか考えてみてください。


-----------------------------------------------------------
■名前: 小村 
■商品名(フリー01): 新井流フルスイングテニス塾サービス編
■メルマガ、ブログ、HPへの引用方法(フリー03): 苗字
■商品の感想(フリー02):


【小村さんからのご感想】


内容的には購入前の期待とは
違ったという内容の感想に
なりますことご了承ください。


私はある程度回転がかかるスピンサーブは
打てるのですが、更に回転量を増やして
キックするようなサーブや更にスピードを
上げるためのコツを知りたくてDVDを購入しました。


紹介WEBにはフェデラー、ナダルのようなサービス
とありましたが、内容としてはある程度基本的なことばかりで
レベル的には初心者向けだと感じました。


期待していた内容は、強力なスピン、スライスを打つために、
構え~テイクバック~インパクト~フォロースルーなど、
こういうフォームで、こういうところに注意して打つという
手本的な内容とその練習方法でした。


しかし、

受講者2人への指導が中心の内容でしたので、
そのアドバイスを自分のフォームにどう置き換えればいいかの
イメージが付きにくかったということがあります。


内容的には初心者の方には
分かりやすくて大変良い内容だと思いますが、
スピンサーブ、スライスサーブを更に磨きをかけるためとして
購入した私には物足りない内容でした。



--------------ここまで----------------
 
【スリーの回答】

---------------ここから-----------------


小村さん

ご感想ありがとうございます。
スリーです。


そうですか、
ちょっと小村さんには物足りない
内容でしたか。


私としては基本の強化の先に
大きな上達があると感じて紹介させて
もらいましたが、今の小村さんは
その先の情報が必要だったのですね。


ただ、
私も色んな上達法を購入していますので、
たまに自分の期待と違う商品もあります。


そんな時は返金保証制度を活用しています。


商品のホームページ真ん中くらいに
購入から90日間以内でしたら返金しますという
文言があります。


【新井流サービス】


実際に私も返金請求したことがありますが、
ちゃんと返金してもらえますし、トラブルに
なったことはありません。


なぜなら

販売者さんはインターネットという
世間的にまだ認知されきれていない取引方法を
払拭するために努力しているからです。


「インターネットでお買い物は大丈夫?」

「個人情報は流出しないの?」

「高い買い物で損した気分になりたくないよ」

・・・


そんな気持ちにお客さんがならないように、
どの販売者さんも頑張っています。


私自身も、信用できる販売者さんの
テニス上達法しか紹介していません。


なので

満足いかなければ堂々と返金してください。


その声をもとに、
販売者さんはさならる企業努力に
力を入れることができます。


そして

また小村さんにとって満足できそうな商品があれば
購入を検討してみてくださいね。


では!


スリー


---------------まとめ-----------------


本当にあなたに手にしてもらいたい
テニス上達法。


それはずっと自分の手元に置いておきたい
自分のバイブルです。


紹介しているほとんどのテニス上達法は
返金保証制度を導入しています。


なので

自分の思っているものと違う場合は
遠慮なく返金してもらいます。


ちなみに

私が返金してもらうかどうかの基準は
簡単です。


そのテニス上達法を返したいかどうかです。


私は調子が悪くなったり
内容を忘れたころにテニス上達法を
見直すようにしています。


人間はすぐに忘れてしまう生き物ですから。


そのときにもう一度見たいと
思えないものは返金します。


DVDはいつ見ても
同じことを正確に伝えてくれる
自分だけのレッスンです。


有名コーチが自分の都合に合わせて
いつでも丁寧に教えてくれるのです。


正直一度見たくらいでは
物になっていません。


何度も見れるDVDの特性を生かさなければ
もったいないのです。


でも

もう一度見たいと思えない上達法は
意味ないですよね。


だからそういう場合は返金してもらうのです。


ちなみにここでご紹介している
コーチのレッスンは1か月受けるのに
どれくらいの月謝がかかるかご存知ですか?


全員ではないのですが、
私の知る限りだとDVDを出せるレベルのコーチは
大体月5万円くらいの月謝はかかります。


一度自分のスクールのジュニアの子を
体験でこのコーチレベルのレッスンを受けさせに
行きましたが1レッスン1万円かかりました。


そのジュニアの親御さんもビックリしていましたが、
日本のトップコーチのレッスンはそれくらいするのです。


そういう意味では内容を精査できる
テニス上達法DVDはすごくラッキーだと
思いませんか?


実際にかかるレッスン費の何分の1くらいの
価格で情報を知ることができ、しかも自分に
合っていなかったら返金ができるのですから。


購入者さんが中身がわからずに購入することを
考えたら、非常にフェアなシステムですよね。


つまり

自分に必要な上達法だけを手元に置いておくことができる
リスクがないテニス版自己投資なのです。


私が何度もテニス上達法をおススメする理由も
わかっていただけるのではないでしょうか。



ちなみに

私が紹介しているテニス上達法は
返金したことがないDVDです。



それでもあなたが思っていたものと
違った場合は返金制度を使ってください。



販売者さんいわく、

返金されるには理由があるから、
そこを改善してもっと満足していただける
商品を作成していきたいとのことでした。


こういう消費者と販売者の関係が
その業界を活性化させると私は信じています。


よりためになるテニス上達法を
出してもらいたいですからね!


自分のレッスンも同じ発想で取り組んでいます。


生徒さんの声は良い評価も悪い評価も
宝物ですから^^


では!


スリー



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は奥さんの親戚の法事でした。


その親戚の方はキリスト教なので、
教会での法事です。


法事といえばお坊さんという
イメージなので牧師さんの説法にはビックリしました。


世の中にはまだまだ
自分の知らないことばかりです。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


レッスンでいきなり自分のやり方を
押し付けるのは嫌いです。


人は段階を経て
段々考えが変わっていくからです。


そして

考えが変われば色んなことに変化が生まれ、
最終的にその人の人生も変わっていきます。


結構自分のコーチの言っていることが
信じれないというご質問を受けることがありますが、
そんなときはそのコーチの考えに触れてみるのも
いいかもしれません。


ちなみに今回は私の考えについて
お話しています。


-----------------------------------------------------------
■名前: T
■特典の名前(フリー01): 【やってはいけない3つの間違いとそれに対する心構え】
■メルマガ、ブログ、HPへの引用方法 (フリー03): イニシャル
■特典の感想(フリー02):


【Tさんからのご質問】


4月の目玉特典ですが、
私の日常の心構えを変える素晴らしい
内容でした。


テニスに限らず、仕事や勉強や他の趣味
といったあらゆることに応用可能な
考え方でした。


最も良かった点は、

技術だけでなくメンタルを鍛える
具体的な方法について知ることができた点
です。


スクールでは技術を鍛えることはして
もらえますが、メンタルまでは鍛えて
くれません。


そこで、

特典音声の中で私たちがよくして
しまう3つの間違いを挙げ、具体的にどう
すれば正しいやり方でメンタルを鍛えること
ができるのかが話されています。


・やる気はあるけど続かない
・いろいろ練習するけど自信がもてない
・試合で緊張してしまって力が発揮できない


これらの問題のどれもが今の自分に当てはまり
それゆえ、とても興味深い内容でした。


この特典音声を聞き実践していくことで、
行動し続けてやる気を持続させる習慣と
自分に対する自信を得て、緊張の中でも
実力を発揮できるよう生まれ変われます。


素晴らしい音声をありがとうございます。


---------------まとめ-----------------


私は思います。


人生において自分が充実している瞬間。


それは、

目標に向かって頑張っている
モチベーションが高いときです。


モチベーションが高ければ
どんなに苦しいことも乗り越えれますし、
頑張れるからこそ上達します。


でも

多くの方はこのモチベーションの維持が
できません。


なぜなら
その日の気分に任せてしますからです。


モチベーションは気持ちの問題だと
考えている人が多いわけですね!


だから嫌なことがあったり、
ちょっと寝不足だったり、
いいことがないとなかなか
気持ちが上がりません。


その結果、継続できないのです。


私は周りの人間より不器用ですし、
特にこれといった才能はありません。


しかし
最終的にその組織のトップにいつも
立つことができています。


それは自分でモチベーションを上げることが
できるからです。


どんなときもコツコツ継続するために必要な
行動を起こすモチベーションを生み出すことが
できるからだと確信しています。


例えばテニスでしたら、
高校からスタートしましたが、
最終的には部内のトップまでいきました。


大学もそうです。


その後就職した営業の仕事も
今のテニススクールも気が付けば
トップの地位についています。


すべてモチベーションの維持が
できるからです。


さらには取り組む行動の質も
周りとは違います。


つまり

高い質での行動を
毎回継続できることが
私の武器です。


その方法を今回目玉特典で
暴露しています。


考えが変われば行動が変わり、
行動が変われば習慣が変わり、
習慣が変われば人格が変わり、
人格が変われば運命が変わり、
運命が変われば人生が変わる。


私の好きな言葉です^^


ちょっとずつ考えを変えるきっかけになればと
思い作成した特典です!


締め切りは4月30日(月)までなので、
それまでに特典申請してくださいね。


 ↓ ↓ ↓


【4月の目玉特典の詳しい内容はコチラ!】


では!


スリー



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


実はここ最近、
かなりたくさんのご質問を
いただいていました。


普段はひとつずつ公開しているのですが、
あまりにも多すぎて紹介しきれません。


そこで

今回は紹介しきれなかった
ご質問とその回答の内、
5つをご紹介いたします。


今回はかなり長いですけど、
どれもためになることばかりですので
目を通してくださいね^^


--------------ここから----------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): M
■性別(フリー02): 男性
■テニス歴(フリー04): 2年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): その他
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): シングルス派
■お問合せ内容を教えてください。(フリー08):


【Mさんからのご質問】


こんばんは


強打をするときの
テイクバックについて質問です。


興味があったので先日ジュニア選手も
参加する大会を見てきました。


見た目での判断になりますが、
強打をするときにテイクバックを
大きくしている選手が多いと思いました。


僕は振り遅れないようテイクバックは
小さく行っているのですが、強打を狙う時は
大きく行った方がより強く打てるのでしょうか?


よろしくお願いします


--------------ここまで----------------
 
【スリーの回答】

---------------ここから---------------


Mさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


テークバックについてですね。


例えば、
走り幅跳びってありますよね。


助走をつけて
遠くに飛ぶ陸上競技です。


これっていかに飛ぶかで重要なのは
助走と踏切るタイミングです。


とはいえ助走が長ければいいって
問題でもないですよね。


助走が長ければ遠くに
飛べるのではなく、いかに勢いよく
踏み切れるかが大事なのです。


これはテークバックも同じです。


大きければいいわけではありません。


自分が振りやすいテークバックの
大きさが重要なのです。


当然あまりにも小さすぎると
威力がでませんが、大きすぎても
振りにくいのです。


大切なのは
自分にとって振りやすいテークバックの
大きさを知ることです。


周りの人は参考程度で
こうじゃなければいけないという
訳ではありませんからね。


一応テークバックについて、
現代テニスの主流であるサーキュラースイングと
私が開発したリプルションスイングをブログ内で
紹介しています。


もしよかったら参考にしてくださいね^^


【サーキュラースイングとリプルションスイング】


では!


スリー


--------------ここまで----------------


--------------ここから----------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): N
■性別(フリー02): 男性
■テニス歴(フリー04): 4
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): 超テニス塾
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): シングルス派
■お問合せ内容を教えてください。(フリー08):


【Nさんからのご質問】


こんにちは。

久しぶりの質問なんですが…


実は今日部内戦がありました。


4ゲーム先取です。


僕は2か3番手なんですが、
3勝7敗でした。がしゃりまくり、
ダブルフォルトはする…


なんか打ちたいところに打てない、
変に焦ってミス連発。


もう自分のテニスが信じられなくなりました。


見ててひどいテニスをしてしまった。
緊張している訳じゃないのに…


どうしたら、セカンドサーブは入りますか?


ちなみにトップスライスです。


どうしたら、打ちたいところに焦らず打てますか?
どうしたら、走らされた時にうまく返せますか?
どうしたら、試合で勝てますか?
どうしたら、浅い球を返せますか?


自分でもよく分かりません。


今までスリーさんに質問したことを
意識しても勝てない。


自信が持てません。


悔しいです。試合で勝てないのは。


もう負けたくない。
あんなみっともないテニスなんかしたくない。



どうしたら、打ちたいところに打てますか?
これが今、一番知りたいです。


すいません。試合が終わったばかりで、
思ったことを書きました…


教えて下さい。
お願いします(-_-)


--------------ここまで----------------
 
【スリーの回答】

---------------ここから---------------


Nさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


試合で不本意な結果になってしまったら
どうしても動揺してしまいますよね。


でも
負けたときこそその悔しさを忘れずに
練習に取り組むべきです。


その悔しさが強いほど、
練習に対する集中度が長期間、
持続されます。


そのまま次の試合まで悔しさを
保って練習する以外解決策はありません。


自分はなぜ負けたのか?

次当たったらどうすれば勝てるのか?

自分には何が必要なのか?

・・・


それらを一度自分で考えてみてください。


そして出た答えに向けて練習するのです。


その際に出てくる疑問などはぜひ私に
聞いてもらっても構いません。


敗因も自分の実力も、
一番わかってるのはNさん本人です。


少しずつ自分の進むべき道を切り開いて行って
くださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで----------------


--------------ここから----------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): T
■性別(フリー02): 男性
■テニス歴(フリー04): 9
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): 超テニス塾
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問合せ内容を教えてください。(フリー08):


【Tさんからのご質問】


相手のファーストサービスのスピードがとても速く
セカンドサービスも変化が大きくうまく返すことができません。


なにかいい対策はないでしょうか。


もし良い練習法か反応を鍛える方法があったら教えてください。


--------------ここまで----------------
 
【スリーの回答】

---------------ここから---------------


Tさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


レシーブについてですね。


私が結構レッスンで行っているのは、
サービスラインとベースラインの間くらいで
構えてレシーブする練習法です。


速いサービスですと、
反応の練習になりますし、
変化するサービスだと変化する前に
返す練習になります。


コツとしては、
飛んでくるボールがバウンドするところに
向かってスプリットステップしてボールに
近づきに行くことです。


そうすることによって、
バウンド後に上がりっぱなを打つ
ライジングというショットを
打つことができます。


目指してほしいのは、
ライジングレシーブです。


レシーブは考えて打つショットではありません。


体が反応して打つショットです。


別に強打しなくても、
ライジングだと軽く当てるだけで
返ってくれます。


ラケットの真ん中で捕える
ライジングレシーブを目指して
頑張ってくださいね^^


では!


スリー


--------------ここまで----------------


--------------ここから----------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): M
■性別(フリー02): 男性
■テニス歴(フリー04): 2年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): その他
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): シングルス派
■お問合せ内容を教えてください。(フリー08):


【Mさんからのご質問】


こんばんは

速いボールを脱力スイングで
返すコツを教えてください。


速いサーブやストロークがくると
どうしても力んでしまいます。


僕はいつもより前寄りの打点で打とうとする
イメージでやるとうまくいくかな、
と思いやってみましたが、うーん・・・
という感じでした。


よろしくお願いします


--------------ここまで----------------
 
【スリーの回答】

---------------ここから---------------


Mさん


ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


速いボールに対する脱力のコツですね。


それにはまず何故速いボールが来ると
力んでしまうのかの理解が必要です。


ちなみに人間には条件反射といって、
無意識に反応してしまう性質があります。


何かが勢いよく迫ってきたら、
防衛本能が働いて力んでしまうのです。


なので
力みをなくそうとするのではなく、
条件反射で防衛本能が働かないように
することが大切です。


そのためには早い準備をすることが必要です。


コツとしては相手のボールがネットを越えてきたら
テークバックを開始することです。


ラケットを早く引くことによって、
ゆとりが生まれて焦りがなくなり、
条件反射での防衛本能が働くことを
防ぐことができます。


だから力むこともなくなります。


力んだ自分を何とかしようとするのではなく、
力まないようにすればいいのです。


防衛本能という人間の本能を
どうすることもできません。


だったら反応させないことですね!


参考にしてください。


では!


スリー


---------------ここから-----------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): いとー
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニススクール活用法.com
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): シングルス派
■お問合せ内容を教えてください。(フリー08):


【いとーさんからのご質問】


こんにちは、スリーさん。

今日はとてもくだらない質問ですが、
是非お付き合いください(笑)


運動力学の勉強をしているとき
「ジャイロ効果」という不思議な
言葉を見つけました。


要はバイクや自転車に乗っているときに、
高速移動していたほうがバランスが崩れにくい、
といった効果だそうです。


何か、ジャイロボールとかいうのも
聞いたことありますがよく知りません(笑)


そのジャイロ効果というものに、
少し興味を持ちました。


テニスに何か関連付けられるかなぁ…


と少し冗談交じりに考えていたのですが
その時に今月は買っておりませんので
実際拝見してはいませんがスリーさんの
「回内・回外」の特典を目にして単に体を捻るだけでなく、


股関節や肩の回旋、回内・回外などをフルに使って体を捻った場合
スイングした瞬間に同じようにジャイロ効果に近いものを得ることは
できるでしょうか?


速く振れば振るほど崩れないスイングなんて
なんだか魅力的にも思えます(笑)


お時間ある時、
戯れにお付き合いいただければと思います^^


--------------ここまで----------------
 
【スリーの回答】

---------------ここから---------------


いとーさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


ジャイロ効果についてですね。


これはよく野球のジャイロボールなどで
聞く言葉です。


大リーガーの松坂選手が得意とする
球種でもあります。


簡単に説明するとコマが回転しながら
先っぽを先頭に飛んでくる回転ボールです。


そして、

微妙に傾くことによって
空気抵抗によって想像つかない
変化が起きるのです。


それがジャイロ効果です。


しかし
なかなかテニスでは応用するのが物理的に
難しそうですね^^;


でもこうやって色んなことを解明していくのは
面白いですね!


ぜひこれからも色々調べて行きましょう^^



では!



スリー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


スリーのレッスンが劇的に変化した日のことを
今でも鮮明に覚えています。


ある人のセミナーに参加したのですが、
そこで知ったテニス上達法を学んでから
急激にテニスに対する考え方が変わりました。


それからはレッスンが楽しくて
仕方がありません。


なぜなら

そのセミナーで学んだことを
生徒さんにお伝えするのが楽しいからです。


生徒さんの「そうなんだ~!」っていう
感心された声を聞くのは指導者として
嬉しいことです。


そのセミナー内容がなんとDVDで
販売されているのですから驚きです。


それからはメルマガやブログで
読者さんに紹介しまくっています。


購入者さんの喜びの声が
今の私の原動力です^^


今回はそのDVDを買うかどうかで
お考えの方からご質問をいただいています。


-----------------------------------------------------------
■お名前(ニックネーム可)(フリー01): sorajiji
■性別(フリー02): 男性
■年齢(フリー03): 58
■テニス歴(フリー04): 6年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): テニススクール活用法.com
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問合せ内容を教えてください。(フリー08):


【sorajijiさんからのご質問】


神谷流テニス最速上達法DVDに
ついての質問です。


現在、週一でスクールに通っていますが、
それ以外では、練習パートナーや壁打ちの
できる場所等はありません。


つまり一人で、
かつ室内でしか練習のできない状況という前提で、
このDVDは効果的とお考えでしょうか?


よろしくお願いいたします。


--------------ここまで----------------
 
【スリーの回答】

---------------ここから-----------------


sorajijiさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


神谷流テニス最速上達法DVDに
ついてですね。


最近神谷コーチのDVDについて
いくつかお問合せを受けていましたが、
私の説明不足だったと感じています。


このDVDのすごいところは
実は教えてもらえるメニューが
すごいだけではないのです。


本当にすごいところは
テニスに対する切り口が一般的な
テニススクールと全然違うところなのです。


神谷コーチのセミナーを受けに行った時にも
何度もこの「切り口が違う」とおっしゃっていました。


例えば

一般のテニススクールはグリップの握り方を
具体的に教えてくれます。


でも神谷コーチはメニューをこなした結果、
自分が打ちやすいグリップがあなたの握り方ですよ
という教え方です。


つまり

一般テニススクールが用意された答えを教えてくれる
レッスンだとすれば、神谷コーチはその人の中にある答えを
あぶり出してくれるレッスンです。


その地点で全然切り口が違いますよね^^


そのあぶり出すための手段を練習メニューだと
神谷コーチは考えています。


そして練習メニューを試したり、
神谷コーチのおっしゃる言葉を聞いていたら、
段々自分にとって一番最適な打ち方が結果的に
見えてきます。


すべては自分の体が反応した結果なのです。


そんな今までにない「切り口」でのレッスンが
神谷コーチのDVDでは行われています。


その切り口さえ理解できれば
テニスの取り組み方が大きく変わります。


今までレッスンで打っていた一球が
まったく違う観点から打つことになります。


そんな感覚をつかむためのテニス上達法なのです。


なので

大事なのはsorajijiさんがそういった
今までとは違う感覚を得たいかどうかです!


もし今のレッスンや自分のテニスに
何かしらの疑問をお持ちでしたら最高のDVDです。


でも
今のテニスに満足されているのなら
必要はないと思います。


ポイントはテニスをする環境より
今を変えたいかどうかです。


切り口を変えるということは、
根本的な考え方を変えるということです。


そういう気持ちでもう一度
神谷コーチの考えを読んでみてくださいね^^


神谷流テニス最速上達法


では!


スリー


---------------まとめ-----------------


読者さんから

「スリーさんは独自の視点からテニスを語られますね」

って言われます。


すごく嬉しいご感想です^^


でも実はある意味当然のご感想かもしれません。


なぜなら
スリーは一般的なテニスの観点から
お話していないからです。


まさにテニスの切り口が違うのです。


これはテニスのみならず、
色んなことに言えることだと思います。


だから

スリーはよく相談されます。


それに対して違う切り口で答えるので
相談した人は、


「そういう考えもあるのか!」


と世界が広がって行き詰っていた状況が
少し楽になるようです。


結構何かに悩んだいるときは
切り口を変えて考えてみると
思いもよらない発想が浮かんでくるものです。


テニスだってそうですよ!


同じ観点、同じ切り口、同じ発想・・・


同じとこからは同じことしか学べません。


もし

あなたが違う観点、違う切り口、違う発想に
触れたいのなら「機能分析」を学んでください。


体の機能に着目した今までのテニス界の常識を
覆すテニス上達法です。


機能分析については
詳しく神谷コーチのホームページで
お話されていますのでぜひご覧ください^^

 ↓ ↓ ↓

【神谷コーチのホームページ】


では!


スリー



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。