テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

テニス上達 最短の道 ~現役プロコーチが誰も教えてくれない“秘訣”をお伝えします~

JPTA認定プロコーチがテニス上達法をこっそり堂々公開します!月8,000円~10,000円のレッスン料が浮くかも(笑) 質問も受け付けているので、わからないことがありましたらお気軽にどーぞ!


特別レッスン無料配信中

今までに聞いたことがない内容のテニス上達法をメルマガで公開!

・JPTA公認コーチのビックリするようなテニス上達法を特別に伝授
・以前有料で販売されていたメンタル教材「覇王学」を期間限定で無料プレゼント
・さらにフォアハンドストローク強化教材「リプルションスイング」「バイメカ講座」もプレゼント


 ↓ ↓ ↓

メルマガ登録はこちらから


NEW !
テーマ:


人は同時に色んなことを行えますが、
その分ひとつひとつの質は落ちてしまいます。


なので、ひとつのことに対する質を高めたかったら
一点集中することが大切です。



そのためにも一点集中したいこと以外は前もって準備して、
特に考えなくても実行できるようにしておきましょう。



今回はそんな一点集中して身に付けたいことを
習得するために流れについてお話しています。


まずはこちらの質問をご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): M
■性別(フリー01): 男性
■年齢(フリー02): 36~40歳
■最初にスリーを知ったきっかけは?(フリー03): テニススクール活用法.com
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09):


【Mさんのご質問】


ボールの着地予測が遅れ、フットワークが遅れる為、
再現性のあるショットがなかなか打てません。


[1]予測 → [2]フットワーク → [3]打点に入る → [4]ショット


このサイクルの中で[1]が悪い為、
バラバラの打点で打つことになっていると思います。


予測の精度を上げる方法があればご教示頂ければと思います。


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


予測については正直「慣れ」の部分もあるので、
いきなり解決する方法はありません。


ただ、
できるだけ良い予測をするために必要なことがあります。


それは「良い構え」です。


良い構えとはボールが飛んで来たら瞬時に動いて
ラケットを振れる状態を指します。


逆を言うと、どれだけ予測が良くても
構えが悪いと結局動き出しに遅れが出て、
ミスショットにつながるのです。


なので、
予測力はすぐにつきませんが、
準備は意識したらすぐにできますので、
まずは良い構えを心掛けてください。



良い構えとは、

1、肩甲骨がすぐ動くラケット位置

2、股関節がすぐ動くスタンス(両足の位置)



この2つが兼ね備わった状態です。


ちなみに
構えの地点で肘が低い位置にあると肩甲骨が動きづらいので、
肘はおへその高さより低くならないようにしてください。


また、
スタンスが狭いと肩甲骨が動きづらいので、
最低でも肩幅より広い状態にしましょう。


こんな感じで良い構えができたら体は動きやすくなるので、
そこに予測が加われば正しい打点に入る確率が増えるので、
良いショットが打てる頻度も増えますよ。



あとは相手ラケットの面向きやプレーの傾向で予測能力はついてきますので、
正しい構えで相手を見て予測することに一点集中してくださいね^^

 

 

では!

 

 

スリー

 

 


テーマ:


大阪で行われている世界スーパージュニア選手権大会を
見てきました。


毎年会場に入った瞬間から伝わってくる
独特な緊張感は何年経っても変わりません。


海外選手もそこら中にいるので、
一瞬「ここは日本かな?」という感覚になります。


普段日本にいるとなかなかこのグローバルな雰囲気を味わえないので、
この大会はそうことも全部ひっくるめて楽しいです。


ちなみに海外選手はとにかく大きいです。


日本人選手はどこにでもいそうな体格ですが、
海外選手はみんな私より背が高いように見えます。


なので、
コートでは大人と子供が戦っている絵面になってしまうのです。


だけど、日本人選手はボールを拾いまくっては、
一瞬の隙を突きにいきます。



また、速いボールに対して面をうまく作り、
相手の嫌なところに配球していましたよ。


そう考えると、世界大会であろうが、私たちが出ている
一般の試合であろうが、やるべきことは同じですね。



今回はダブルスを中心に見ていましたが、一般の方と
違う点でいうと、相手がファーストサービスを打つときは
2人とも下がるツーバックを多用していました。


あとはとにかくライジングでちょっとでも浮いたボールは
上から叩きこんでいました。


正直、「打ち込まれた方の負け」という展開です。


そういう意味ではやはりサービスの強いペアが
勝っている印象があります。


しかし、それを超越するレシーブを打つ選手もいるので、
もしなかなか強いサービスが打てないのなら、ライジングでレシーブを
叩き込みに行く技術を身に付けることは私たち一般テニスプレーヤーにも
必要な要素なのかもしれませんよ^^

 

 

 
 
 
 
 
 
 

 


テーマ:


メンタルトレーニング方法について質問を受けました。


確かに、プロのメンタルトレーナーが傍にいるわけではないので、
自身でメンタルを強化するのは難しいと思います。


そこで今回は日常からメンタルを鍛える方法について
お話していきます。



まず、
そもそも何をすればメンタルを鍛えることができるのかですが、
私が一番意識してもらいたいのは「感情を表に出さない」です。


何か嫌なことがあったらつい不快な気持ちが
顔に表れてしまいますよね。


反対に、
嬉しいことがあったらその気持ちが顔に表れると思います。


それがコート上だったら、
相手はあなたの心情が手に取るように分かり、
安心してしまうのです。



あなたもそういう経験がありませんか?


コート上ではなくても
初対面の相手がずっと無表情だったら怖いですよね。


だけど、無表情の相手が少しでも笑ってくれたら
こちらも少しは安心すると思います。


つまり、
相手の感情が見えないことは不安につながるのです。


しかし、
あなたがコート上でミスをしたら悔しがったり、
エースを取って喜んだりをしていたら、
ドンドン相手から不安が消えていきます。


とは言え、日常から感情を表に出さないという選択をすると、
当然みんなあなたのことを警戒して、人間関係がぎくしゃくします。


なので、
嬉しいときは嬉しい感情をこれからも表情に出してください。


ただ、嫌なことがあったときはそれを顔に出すのではなく、
「そういうこともある」と受け止めて、できるだけ感情的に
ならないことを心掛けましょう。


コート上で相手が一番安心するのは
あなたがマイナスの感情を表に出したときです。


例え嫌なことがあっても一度冷静になって、
現実を受け止めましょう。


それに慣れてきたら「感情をコントロールする」という
感覚が分かってきます。


あとはその感覚でコート上でも感情の波を小さくできれば、
いつでも落ち着いていつものプレーを心掛けることができるし、
相手に心を見抜かれることによって起こる安心感を与えないで済みます。


メンタルで一番大事なことは「感情にフォーカスすること」なので、
自分自身が感情的な場面でどのような表情になっているのかを
まずは確かめることから始めてください。


「相手の顔は鏡」


これは私が社会に出て学んだことです。


相手が強張っているのは、自分の顔が強張っているからです。


そう考えると、
マイナスの感情を出さずに、普段からプラスの感情を出していると、
あなたの周りにいる人は笑顔になっているはずです。



こういうことができる人って
メンタルが強い人に多くないですか?


ときにメンタルとは人間としての強さにも
通じていると私は感じています^^


 

では!

 

 

スリー

 

 


テーマ:


結局テニスというスポーツは
ラケットでボールを打つ競技ですよね。


そう考えると、もっとラケットでボールを打つ瞬間に
クローズアップした方がレベルアップできます。



今回はそんなラケットでボールを捉える
インパクトについてのお話です。



まずはこちらの質問をご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): Y
■性別(フリー02): 女性
■年代(フリー03): 46~50歳
■テニス歴(フリー04): 6年
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): 超テニス塾メルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): どちらも
■お問い合せ内容(フリー08): 感想
■内容を教えてください。(フリー09):


【Yさんのご質問】


一つ質問があります。


「もっとフラットに当てたい」と思っています。
フォアもバックもです。


そのためにはラケット面のセットだったり、
打点だったりすると思います。


具体的な方法がありましたら教えてください。


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------


Kさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


ご質問である「フラットに当てる」についてですが、
一番多い原因は「ラケットヘッドが落ちている」です。


ラケットはラケットヘッドが大きいので、
先端が下がりやすいです。


なので、
意識的にグリップエンドとラケットヘッドの高さを一緒くらいにして、
テイクバックを作ってください。



その際に、やはり準備が遅いとフラットに当てるのが難しくなるので、
相手ボールがネットを通過したくらいにはテイクバックを開始しましょう!



では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


結構レッスンで生徒さんを見ていたら
ボールを打つ瞬間のラケットヘッドの向きを
把握していない方が多いように感じます。


特に多いのはラケットヘッドがボールより高いところにあって、
打つ瞬間に面が開いてスライス回転が掛かってしまうのです。



そうなると面が上を向いているので
アウトしてしまう現象が起きてしまいますよね。


それを見た周りの人からヘッドを下げるアドバイスを
受けることが多いと思います。


ただ、自身がラケットヘッドの向きを把握できていないと、
今度はヘッドが下がりすぎて回転が掛かり過ぎてしまう
逆転現象が起きやすいのです。



なので、
理想はゆっくりでもいいので自分のラケットヘッドが
どこを向いてスイングしているのかを確認しながら
練習することをお勧めします。



最初は素振りでラケットヘッドの位置を確認しながら
スイングしてください。


そこで何となく感覚をつかんだらショートラリーでも
同じようにラケットヘッドの位置を意識してボールを打ってください。


あとはロングラリーやゲームでも意識できたら
面向きがコントロールできるようになりますよ。


ちなみに
フラット面でのラケットヘッド位置が把握できたら、
それこそあえてヘッドを立ててスライスを打ったり、
ヘッドを落としてスピンを掛けることができます。



こんな感じで球種は打ち方ではなく、ラケットヘッド位置次第なので、
うまくラケットをコントロールして色んなショットを打ってくださいね^^


 

では!

 

 

スリー

 

 

 


テーマ:


テニスの面白い部分のひとつに
「勝負所」という局面が存在します。


これは試合に出ていないとなかなか分かりにくい
部分かもしれませんが、テニスの奥深さとして
知っておいてもらいたいことでもあります。



詳しくそのことについてお話していますが、
まずはこちらの質問をご覧ください。


--------------ここから---------------

■お名前(ニックネーム可)(フリー01): K
■性別(フリー02): 男性
■年代(フリー03): 36~40歳
■テニス歴(フリー04): 10
■どの記事からのお問い合わせですか?(フリー05): まぐまぐメルマガ
■メルマガやブログへの引用可否(フリー06): 引用可(イニシャル、ニックネーム)
■シングルス派?ダブルス派?(フリー07): シングルス派
■お問い合せ内容(フリー08): 質問
■内容を教えてください。(フリー09): 


【Kさんのご質問】


いつも為になる動画、メルマガありがとうございます。


さて、ある市民戦シングルスBで決勝まで進み、
5-5で時間切れとなり、後日5-5からの再試合となりました。


相手はほぼ全てサーブアンドボレー、
こちらのセカンドサーブにはチップアンドチャージで、
手を焼いていたので、この延期はいいタイミングだなと思ってはいます。


普段ラリーではミス少ない方ですが、今回はネットにかけることが多く、
つい前に来られるとムキになっていたのかもしれません。


そこで、どのような対策がいいのか、
ボレーヤー目線でされたら嫌な事等あれば
メルマガでのご教授頂けると幸いです。


今後も動画、メルマガ楽しみにしています!


--------------ここまで---------------

【スリーの回答】

--------------ここから---------------

Kさん

ご質問ありがとうございます!
スリーです^^


そして決勝進出おめでとうございます!


ただ、5-5からの再試合というのは
なかなか緊張する場面ですね。


私も再試合の経験がありますが、
正直、先制した方が有利になります。



そういう意味ではファーストポイントが重要ですが、
結構いきなり前に出るのは勇気が必要です。


それに体もそこまで動かないと思いますので、
レシーバーは無理に横を抜きに行くより、
相手にボールを触れさて、セカンドボールで
エースを取りに行く方がポイントは取りやすいのではないでしょうか。


理想は足元ですね。


とにかく10ゲームやったときとはお互いに体の動きが違うので、
Kさんはしっかりウォーミングアップをして、相手より体が動く状態に
持っていけるようにしてくださいね^^



では!


スリー


--------------ここまで---------------


---------------まとめ----------------


実は私も大事な試合で順延した経験があります。


忘れられないのは高校時代の総体ダブルス本戦で、
次勝てば大阪ベスト8に入れる試合でした。


しかも、激戦区大阪なのに、対戦ペアは私たちと同じ
公立高校だったので確実にチャンスだったのです。


大阪だとここまで勝ち上がったら全国区の私立高校と
当たってもおかしくないのですが、私たちも対戦相手も
絶対に勝てないようなペアには当たりませんでした。


なので、
こういうラッキードローはチャンスだったのです。


そしていざ対戦したら同じくらいのレベルだったので、
3-3まで試合が進んだのを覚えています。


でも、その地点で日没となり、
試合は順延となりました。


ちなみにその試合は先に1ゲーム取られて3-4となり、
そのまま3-6で負けました。


敗因は今でも試合再開した最初の1ゲームを
落としたことだと考えています。



試合には必ず流れがあるので、
再試合の場合はスタートダッシュが命です。



3-3のようなゲームの途中の場合、
再開したら3ゲーム先取の試合をするようなものです。


1セットマッチだったら先に3ゲーム取られても、
そこから挽回できますが、状況によっては
超短期決戦になってしまうのです。


そう考えると、
試合はどのゲームを取るかが勝負を左右しますので、
あなたも大事なゲームのときに集中を高めたり、
ギアを上げられるようなペース配分も覚えてくださいね^^


 

では!

 

 

スリー

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス