(↑このフライヤー、細かくUpdateしておりますよ、一応w↑)

 

ってなわけで、Cue♪のライブ情報です。

 

今週は週末に2本のライブが予定されております。

 

まず一本め、4/20の土曜日。

 

Cue♪、初めての「サブウェイ・パフォーマー」出演です。

 

 

場所は京都市営地下鉄、「京都市役所前駅」改札口脇のスペースにて。

 

時刻は15:00〜15:59の間、この間に2Setのライブをする予定です。

 

「その日はライブに行くからなぁ。。。」とか、

「サウンドチェックに間に合わせないと。。。」なんて方々にもご来場しやすい時間帯となっております(笑)。

しかも入場/ご観覧は無料、となっております。

 

Cue♪初めての「本格的ストリートライブ」、是非是非応援のほどよろしくお願いします。

 

で、翌日の4/21、日曜日。

お隣の(笑)滋賀県でのライブです。

 

 

いつもお世話になっております近江八幡の「 cafe Rose 」さんでのライブ、

「HAND IN HAND」に出演です。

 

共演の方々はご覧の通り。個人的には随分とお久しぶりにお会いする方もいらっしゃるので、楽しみにしております。

 

出演時刻は当日発表なので、僕たちも現時点ではわからないのですが、芸達者の皆様が集うイベントと伺っております。

開演から終演まで、お楽しみ頂けること請け合い、と思います。

 

「えー、近江八幡って、遠いのとちゃうん?駅から道、分からへんわぁ。。。」

 

とおっしゃる向きのお客様には、↓お店の方から送迎車も出ます↓。

 

〈近江八幡駅お迎え希望の方〉
当日ご来場予定のお客様には、14:10~14:20の時間帯でJR琵琶湖線、近江八幡駅集合、
待ち合わせとさせていただきます。お申し込みは前日までにお知らせお願いします。

 

 

そして始まるGolden Week。

なんせ長い人では10連休、なワケでして、旅行の一つでも行ければいいのですが、

あちこち混雑しそうだわお金はかかるわ結局音楽三昧で時間ないわ、なので

Cue♪は後半にライブ3本、入ります。

 

5/4(土)、小浜市 旭座3周年記念イベントの一環でのストリートライブ出演。

5/6(月/祝)、大阪市心斎橋のDoors In Heavenでのお友達/BERTIEさん主催イベント。

5/8(第二水曜日)、レギュラーのDo Do Night、となっております。

 

これらの詳細はまた近いうちにUpしますね。

ご相伴に、与る

テーマ:

 

 

格式の高い席に出る事など滅多にない僕にとって、この

「ご相伴に与る」

という言葉はなかなか使う機会がないものです。

 

あずかる、という音列は知っていても、これを「与る」と書くのは恥ずかしながら知らなかったです。

こういう事で、自らの不明を露呈してしまうのだな、と思いますね。

 

それはともかく。

 

先日、お友達のお誘いで大阪へ出向いたのです。

なんでも、「生涯最後の一本」を購入するための下見、なのだそうで。。。。

(時折聞きますよね、そういうお言葉www)

 

おおよその所を事前に聞いておいて、一緒に出かけました。

 

実は僕自身はあまりアコースティックギターに詳しくないのです。

未だに、「良いアコギって、どんなんだ?」という疑問が解決できないでいる位でして、そんなのがついて行ってもどうかなぁ、とも思ったのですが。。。。

さらに言えば、最近のミュージシャン達が一体どんなギターを使っているのか、全くもって知りません。

したがって、最近の流行など、全くもってわからないのですよ。あ、これは別にギターの話に限らないか(苦笑)。

 

お友達いわく、どうやら近年、Gibson系のギターが流行り、なのだそうです。

今になって、自分でもちょっと調べてみたら、

 

山崎まさよしさん

 

斉藤和義さん

 

忌野清志郎さん

 

などがつらつら出てきますね。

 

さらに詳しく見てみると、どうやらGibsonも、しかもJ-45が今の流行りらしい。。。。

 

J-45 Userとして上がってくるのは。。。

秦基博、星野源、miw堀込高樹(キリンジ)、宮田和弥、斉藤和義、野田洋次郎(RAD WIMPS)、藤原基央 (Bump Of Chicken)、藤巻亮太(レミオロメン)、などなど。正直、ほとんど知らないのですいません。(顔すらほとんど出てこない。。。)

 

で、僕のお友達ご本人は既に納得の行くMartinを所有されているので、そのMartinとは違った系統の音を、新しいギターに求めるつもりで、GIbsonに興味が出たのだそうです。興味のあるJ-45を主に探しに、大阪をうろついたのでした。

 

。。。結構長い間、楽器店に入り浸ってました、おっさん連んで(笑)。

 

結果として、思い出して探せる範囲だけで、これだけのギターを触ったことになりました。

実際には、もっと沢山のギターを実際に鳴らす機会に立ち会えたのですよ。

 

   

 

  

 

あまりに沢山のギターを弾いたので、ブランド名すら全部覚えきれなかったのですが、確か。。。

Waterloo by Collings、Kevin KOPP、そしてもちろんGibsonも、J-45だけでなく色々。

Gibsonは新品からVinatageまで、本当にいっぱい弾き倒しました。
(ちなみに、回ったのは三木楽器さん。掲載ギターの殆どはお値段含め、Home Pageで確認出来ますよ。)

(ちなみに上記写真で一枚だけ、三木楽器さんのではないものが掲載してあります。どれかな?w)

 

そんな中で、僕自身が気になったのは、これらのギター。

 

1967〜8年製 Gibson J-45 Cherry Red

 

1967年製 Gibson J-45 Cherry Sunburst

 

1968年式 GIbson DOVE

 

。。。いやはや、これだけのVintage Guitarsを一気に聴く/弾く機会なんて普通ないです。

これこそまさに「ご相伴に与った」賜物、僥倖、それ以外の何物でもありませんでしたとも。

 

J-45ってギターは初めて弾いたのですが、あのネックの細さと鳴り方は特有のものでしたね。

このみが分かれる所だと思いますが、手の小さい人にはかなり良いグリップ感ではないかと思いました。

音の感じはもう、本当に好みの問題ですね。新品で弾いたものより、やはり長年弾き込まれたVintage Guitarsの方が

鳴りは良かったです(新品もかなり鳴ってましたが)。

 

個人的に一番気に入ったのは、一番最後に掲載したDOVE。

もうね、物凄いのですよ、音が「ドカーン!」って出る感じで。

ちょっと文字表現ではあの感じは表現出来ないのですが。。。

 

ろくじゅうまんえん、どこかに落ちてないでしょうかね(コラコラ)。

 

一緒に行ったそのお友達、まだ東京方面でも試奏してから決めたい、ということで

この日のご購入はなかったのですが、最終的にそのお友達とたどり着いた結論は、

 

「最低でも予算は、五十万円は必要!」

「やっぱり高額なVintage Guitarsは、そりゃいい音するわ!」

 

という、当たり前過ぎて何のネタにもなりゃしない物となったのでした。いやはや。

 

。。。帰宅後、自分のギターを鳴らすのがちょっと嫌だったかも。。。orz

 

 

**************************************

 

ところで、このお話にはちょっとした余談がありまして。

 

実はその前日、和音堂飛び入りライブ「みんな飛び入れ!Do Do Night」だったのです。

 

そこに参加されてらっしゃるMr. Sirkさんがその夜、新しく購入されたギターを一本、持ってこられてまして。

 

 

 

これはJulian、という(恐らくは)'70年代の日本製のギターなのですが、こうして見てみるとやはり、Gibson J-45のコピーであるかと思われます。

 

当日手にさせて頂いた印象と、この日、本物のJ-45を何本か弾いた感じから比べてみると、かなり良い出来のギターだったのではないかなぁ、と思えました。昔の日本のメーカーって、本当に研究熱心だったのだなぁ、と改めて実感しました。技術的な部分は研究で突き詰めていけますが、材料は木材資源がどんどん少なくなって来ている現在、難しくなってますからね。。。'70年代位のギターはやはり、狙い目ですね。しかしSirkさん、良いお買い物されましたね。

 

。。。そういや、Sirkさん、斉藤和義さん、好きでしたよね(笑)。なるほど。
 
 
*************************************
 
ってなワケで、今回のブログはしっかりとネタを、お二人の「ご相伴に与った」次第でございました。
 
ちゃん、ちゃん。

まぁ、そうですよ。

4月中に開催されるイベントは軒並み、

 

「平成最後」

 

な訳です。

 

まぁ僕も乗っかって書いていますけど、別段普段と何も変わらないドドナイな訳でして。

 

そういや、新年明け様が元号が変わろうが、我々の日常というものは実はさほど変わりがない。

 

いや、否定的に言っているのではないのでその点ご理解を。

 

要するに、長い間続けて来ているということ総て、「日常」であり「営み」であるのだなぁ、と

改めて思っている次第でして。

 

平々凡々と、毎月、ステージという「ハレ」の日を続ける、というのはいささか不思議な事ではあるのだけれど、

日常的に「ハレ」の日を作り出していく事が出来るのはありがたくもある事だなぁ、と思う次第です。

 

 

****************************

 

なんだか良く分からない書き出しになってしまいましたが、今月のドドナイも毎月と同じ様に、

突然の出演あり、闖入者あり、放送(演奏)事故など多々あり、感動のお題クリアあり、と

見所満載だったのでした。ご出演、ご来場頂いた皆様、ありがとうございました。

 

花盛りの京都。

鴨川や木屋町の桜もエエ感じで咲き誇っておる次第でして。

 

 

 

 

 

なんか今年は桜の花がここ近年の間では一番綺麗に咲いているような。。。

 

こんな夜、やはり春の宴であることよなぁ、などと思いつつ和音堂に入って、開演したわけです。

 

「出演者みんな、花見にでも行ってんのとちゃうん?」というスロースタートな集まり具合でしたが、

始まってみれば何の事はない、総勢13組のご出演を頂きました。皆様ありがとうございます。

 

1. JDさん

 

2. 狂櫻(まっどちぇりー)さん

 

ここで3. Cue♪(後述)

 

4. ノリさん( Supported by 左京さん )

 

5. T.A.B.さん

 

6. 真太郎さん

 

7. Mr. Sirkさん

 

ここで8. Alies(後述)

 

9. うにほさん

 

10. growさん

 

平成最後の!ピタリ賞をGetされました!

 

11. 左京さん

 

12. 猫魚さん

 

13. さとみみさん

 

今回はお久しぶりの方、遠方からのご参加、そしてまさかまさかのあの方のピン芸、

果ては「今月のギター」も出たりして(笑)、実に充実した一夜、まさしく「春の宴」な夜でした。

 

 

僕の方は、Cue♪での参加がこちら。

 

2019年のCue♪は、今までよりも更に、Vocalistとしてのハルさんの個性を生かしたステージを展開すべく、

いろいろ試行錯誤の毎日な訳なのですが、その一つの試みとして、

 

「ハルさんアイドル化」

 

という遠太なテーマに取り組んでおります。

 

ドドナイでは初披露の新曲(まだタイトルが決まってない。。。誰か良いアイデア下さい)も、いわゆるアイドル路線。

まぁ、人間「開き直り」って大事ですよね(謎)。おかげで上の写真の様に、頑張ってくれています。

 

Cue♪ Set List :

1. (タイトルがまだ決まってないので是非名前をつけてやってください、な)新曲

2. QP BODY

 

。。。アイドル目指す人がコレ着るのかよ!って感じではありますが、まぁウケたので成功ですwww.

(QP BODYより)

 

そして、Alies。

 

ご存知の方もいらっしゃるかもですが、相方のうっちぃさん、

左足が現在なかなか素敵な事になっていて。。。。

 

 

いや実際大変そうで、ドドナイの司会もいつもとは違うスタイル/立ち位置で頑張ってくださいました。

 

「入っている予定に穴を開けたくない」

 

との思いから、松葉杖にギターと機材、譜面を背負った状態で(結構ひいひい言いつつ)

頑張ってくれてます。

 

そんな風に頑張られたら、風邪引いたなんて言ってられないので、僕も頑張って歌わせて頂きました。

(聞ける声であったかどうかはともかく。。。って、いつもの事か/苦笑)

 

Alies Seet List :

1. 明日への讃歌

2. ゴールは見えない

(ともにお題、「ヨット」クリアでした。ネタは想像してね)

 

 

 

終演後は遠方(Australia)からいらっしゃったお二人を

遠方( Odawara )からいらしたうにほさんがおもてなしする、という一風変わった光景も見られて楽しかったですよ。

 

 

 

ドドナイの写真、夜桜の写真などはgrowさん、Sirkさん、武田さん、ノリさん、うっちぃさん、ハルさんに頂いたものを使用しました。みなさんいつもありがとうございます。また来月もよろしくお願いしますね。

 

 

************************************

 

次回DoDoナイトは5月8日(第二水曜日)の開催です。
 
お題は、
「孫(まご)」
「ハサミ」
「ジャンヌ・ダルク」の三つ、です。
 
皆様と和音堂で

 

 

日曜日は一ヶ月ぶり(笑)のはまかぜライブでございました。

いやもう、なんかねー、楽しいんですよ、あのイベント。

ごちゃまぜで、でも出演者のレベル高くて。

お客様も、いかにも音楽好き、な方から、地元の方々まで、幅が広いというか。

いつもとても良い刺激を頂けるイベントです。

 

 

今回はいつもよりちょっと早い目に小浜へ移動。
カメラスタッフのラージさんと駅で合流して、一路小浜へ向かいます。
 
途中、白髭神社にも寄りましたよ。
 
 
 
 
この日は渋滞を予想していたにも関わらず、スイスイと進んで小浜市内に入ったのは11:30頃。
 
余裕で(笑)「手作り市」に向かったのでした。
 
 
 
お友達のお店、「 Naturaly 」さん。
 
この手のイベント、ハルさんあちこちで引っかかりまくって(苦笑)、昼ごはんが。。。
 
それでもめげずに目的のお店へ。
 
「かねみつ」本店。
食物を前にすると機嫌が良くなる人。↓
 
ワタクシはこれを。かねみつ丼。
 
 
ラージさんは定番(笑)の鯖の焼き物(一本)。
 
この日の鯖は、でかかった。。。。
 
しっかりご飯を食べて、慌ててはまかぜプラザへ。
(帰りにもう一度手作り市に寄る時間がなくなりました、すいません)

 

 

この日のご出演は、

 

1. Quatre Saisonさん

懐かし目の楽曲をオシャレなアレンジを加えて、素敵な四声のハーモニーで素晴らしかったです。

 

2. 流れ星一座さん

普段はHard Rock、でもこの日は「甲斐バンド」!ラストにおまけも付いてました(笑)。

 

3. Cue♪

(後述)

 

4. DQNさん

お会いするのは1年ぶり、2回目。今回も様々なHard Rock Instrumentalを展開されてましたよ。

 

でした。

 

みなさんそれぞれに個性的で楽しい、平成最後のはまかぜライブとなりました。

 

さてさて、Cue♪なのですが。

 

実は、絶賛風邪引き中の私でございます。

 

先週中頃からちょっと具合が悪かったのですが、まぁいつもの事、

あまり無理をしないで冷えないように、と思いつつ週末まで過ごしていたのです。

 

結果、熱は37.5度くらいで安定(笑)していたのです。

(僕は熱が出ると一気に38'0を超えるタイプなので、この熱なら動けるのです)

 

で、割と普通に喋れる。

 

ところが、土曜の朝、ちょっと歌ってみて愕然としました。

 

「全く、『歌う声』が出ない。。。」

 

出ても音程が安定しない。。。

 

当日会場で歌ってみたのですが、やはりダメ。。。

 

なので、急遽Duo曲を外してのステージとなりました。

(ちなみにこのブログを書いている現在も大概酷い声です。。。)

期待されて(は、ないとは思いますが)ご来場頂いた皆様、申し訳ありませんでした。

次の機会には、ちゃんと歌えるように頑張ります。

 

Cue♪ Set List:

 

 

1. 夢をあきらめないで

 

 

2. 花〜すべての人の心に花を

 

 

3. 夕暮れ時

 

 

4. Almaz

 

 

5. Rosetta Stone

 

 

Encore〜QP Body

 

 

 

ふっふっふ。。。アンコールで一体どんな「見世物」があったのか。

 

それは内緒だw。

 

****************************

 

ライブの写真は、二ノ宮利之さん、菅沼次夫さんに頂いたものを使用しました。

助かりました、いつも素敵な写真をありがとうございます。

 

 

************************

 

小浜〜大津の道々、行きも帰りもあちこち

 

「桜だらけ」。

 

 

 

(これはうちの近くの桜並木)

 

帰り道、ふと思い立って、ここへラージさんを連れてきました。

 

(ラージさん、急いでたのに時間かかってごめんね)

 

大津市三井寺の、琵琶湖疏水のライトアップ。

これは見ておいて欲しかったのでした。

 

 

そしてそして。

今週水曜日はレギュラーDo Do Nightなわけでして。

 

今回の「お題」は。。。

 

「駅弁」

 

 

「ヨット」

 

 

「教科書」

 

 

の三つです。

さてさて、どんなスチャラカが飛び出すやら。

 

 

そして、予告。

 

。。。。ジンバブエな人が来訪予定(ニヤリ)。

平成最後のharuツアー

テーマ:

先日の島村楽器さん主催の「アコパラ」

 

後日、同店舗での出演者の写真を店頭で掲示してくださっている、ということを知って、見に行ってきました。

 

 

当日配布したフライヤーまでまだ貼って下さっていて、ありがたいことです。

案外と追ういう配慮って、嬉しいものですよね。

最近はそういうの、ライブハウスではして貰えなくなりましたね。

まぁ、出演者、フライヤーともに、数が多すぎるのが原因だとは思うのですが。

 

当日のライブの模様はこちら。まだご覧になってらっしゃらない方、もしよろしければ見てやってくださいね。

(島村楽器さんの公式アカウントなので、近々削除されてしまう可能性もありますから。。。)


 

 

 

ところで、新元号が発表になりましたね。

 

令和、まだまだすぐには馴染めそうにないですが、これで僕も3時代を生きることにほぼなったわけです。

 

考えてみれば、子どもの頃、「明治」という時代は物凄く昔なイメージがあって、そう、おじいちゃん、おばあちゃんの世代だった訳でして。

昭和後期の生まれとはいえ、そのうち自分も令和の世代から、おじいちゃん扱いを受けるのだろうなぁ、なんて

当たり前のことを感慨深く思ってしまうのでした。

 

ただいま春ツアー真っ最中のCue♪な訳ですが、わかってはいたとはいえこうして2つの時代をまたぐことになるツアーをやっているのはまた、記憶に残ることだなぁ、とも思う訳です。

 

そんなCue♪の4月の予定を整理してみました。

 

4/7(日) 15:00〜

福井県小浜市 はまかぜプラザ

「はまかぜライブ」

 

 

4/10(第二水曜日) 19:30〜

京都市 和音堂

「みんな飛び入れ!Do Do Night」

 

 

4/20(日)15:00〜15:59

京都市営地下鉄 「京都市役所前 駅改札出口広場」

「サブウェイ パフォーマー 2019」

 

 

 

こんな感じに見える、あの場所です。ゼスト御池の端っこ、京都市役所駅改札口脇です。

 

4/21(日)14:30 Open、15:00 Start

滋賀県近江八幡市 cafe Rose " Hand In Hand "

 

 

。。。とまぁ、また懲りずに一月に4回もライブしてしまう訳でございます。

よろしければ、お時間ご都合よろしい時にでも、観て戴けたら嬉しいです。