早川菜々(公認心理師) こころエデュケーショナルサポート

早川菜々(公認心理師) こころエデュケーショナルサポート

しあわせな大人になろう♪
心理相談/学習/教育相談 すべての子どもと大人の幸せのため。
公認心理師・心理セラピスト 早川菜々 ホームページ http://therapist7.com

今日はとーっても楽しみにしていた日でした。



以前から憧れていた『金継ぎ』の

お稽古に行ってきたんです!




金継ぎとは...

欠けたり割れたりした陶器や磁器を

漆と金粉を使って繕い合わせる技術です。



ずっと以前に

クライアントさんに安らいで欲しくて

とっておきのカップ&ソーサー

共同のカウンセリングルームに

用意していたのですが...




いつの間にか欠けていて...

おまけににヒビまで入っていて...




欠けを見つけた時は泣きました。



危険なので使えないけれど

大好きなものだから

食器棚の奥にしまっておきました。



いつか金継ぎに出そうと思いながら...。




それから何年も経ったある日

金継ぎ教室なるものを発見したのです!



習えるの?素人にできるの?



すぐにでも習いに行きたかったのですが

そのお教室の日程が合わず

チャンスを狙っていました。



そうしたら、なんと!

親しいお知り合いが

金継ぎの写真をFacebookに

上げているではありませんか!?




こんなことってあるのねぇ♡



すぐに先生をご紹介いただいて

偶然、金継ぎを習いたいと思っていた友人と

(こんな偶然ってある?)

行ってきたというわけです。




大好きな九谷の小皿も悲しいことに...




この2点の金継ぎを

先生にお習いしてきました。




手前は友人のお皿。


素敵な織部焼きですね。




まずは欠けている器の記録を取ります。




どこまで修繕が必要か

写真を拡大しながら

確認しつつ進めるのです。



これは現代ならではですね!



初めての今日は

エポキシ樹脂で欠けを補修して

サンドペーパーをかけ

接着剤と錫の粉を混ぜたもので継ぎます。

(慣れてきてから本漆に移っていくのですって)




それが...

それが...




意外と美しくできたのです〜!



ぽってりと違和感なく塗れました。



九谷はこんな感じです。



細く筆を入れるのがとっても難しくて

何回もやり直しました。



もう、とーっても満足です!


よく見ると下の方に

まだヒビが見えるので

また次回に続きを描きましょう。




今まで割れて捨ててしまった

全ての器を継ぎたい!笑




それから...

このお教室は器のお店の2階にあるものですから

まぁ...素晴らしい器に出会ってしまうことも

必然ですかね?



見てるだけで楽しくなる

古伊万里の中皿。



江戸後期のものだそうです。

少々雑な作りで、量産品でしょうね。



お寿司でもパスタでも

重宝しそうな大きさです。



なにより陽気で気取らない絵付け。

いたずら書きみたい。笑



自由だわぁ〜!



いっぺんで虜になりました。



え?2枚見える?

幻ですよ。笑





楽しむだけの趣味。


練習とか精進とか関係ない

好きだからやるというだけの趣味。



とってもくつろげるものなのですねぇ〜♪











こんにちは。



6月中旬に、

次女のところで子猫を拾いました。




ゴミ収集所にビニル袋に入れられて...

ゴミと一緒に捨てられていました。


なんということを...




すぐに動物病院に連れて行くと

生まれて10日経つかどうか

という子たちでした。





肩を寄せ合って生きようとする姿を見て

助ける以外の選択肢はあり得ません。




針のない注射器で

2時間おきにミルクを飲ませるのも

まだ6ヶ月の赤ちゃんのいる次女家には

大変なことでした。





残念なことに一番小さかった1匹は

数日で眠るように亡くなりましたが、

残った2匹を丁寧にお世話しました。




自分でご飯が食べられるようになったら

もうほぼ安心です。



次女の家には先住猫がいるので

子猫を欲しい方に

もらってもらうことになりました。




誰もいなかったら

飼うことにしたと思いますが。



お子さんのいるお家で

二匹一緒に育ててくださるそうです。



一緒でほんとうによかった♡



それまでのあいだ

小さな命を小さな子たちが

大切に扱いました。



自分より小さいもの


自分より力ないものに




やさしく触れる手...






人間と子猫の間の信頼も

育まれました。



きっと、

猫を飼うのが初めてのご家族でも

飼いやすい猫ちゃんに

なっていることでしょう。





弟とも奪い合わず

譲り合う


やさしい手




もふもふ触れ合い...





そんなやさしい家族の間で

生後2ヶ月たった子猫たち。





土曜日に次女の友人宅に

お引っ越しです。



子どもたちに

尊いものを残してくれて

ありがとう。






私も寂しくなります。

こんにちは。

 

心理カウンセリングを仕事とされる方々へ

お伝えしたいことを思いついた順に記す

無計画なスーパービジョンのコーナーです。

 

image

 

あ、一般の方向けには書いていかないので

ちょっと表現が厳しいかもしれません。

 

 

くれぐれも専門家を目指す方向けですので

あまりお読みにならないでくださいね。

 

 

基本的にはインナーチェンジングセラピーを学ぶ方向けに書いていきますが…

 

・交流分析

・人格適応論

・傾聴法

・認知行動療法

・動機付け面接法

・発達心理学

・病理に関するカウンセリング

・トラウマのカウンセリング

 

などをベースに学んできたので

広い分野のカウンセラーに応用いただけると思います。

 

あなたに必要と思われることだけをお読みください。

 

 

そして、

私の考えがあなたと違っていたら

 

「あぁ、違うなぁ」

と思ってください。笑

 

テーマ「無計画なスーパービジョン」で検索いただくと

過去に書いたものも見られるようにします。

 

まぁ、以前に書いたものが今通用するか

私の今の考えと合っているかは検証してから

テーマに加えていきます。

 

心理の理論や技術は日進月歩なので

古いものは時代にそぐわなくなっています。

 

 

それから、

ご自分がカウンセリングを受けないで

カウンセリングを行なっている方向けでもありません。

 

 

内省する習慣のない方には

心に届けたいと願って書いている私の言葉は

あまり響かないと思います。

 

 

物足りないというか。笑

 

 

セラピーの器としてご自分を整えていこうとなさっている方に

少しでも役立てたらとの思いで

無計画に書いて参ります。。

 

これからの記事をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

こんにちは。

今日も入道雲もっくもくの1日でしたね。




自然に首筋を伝う汗に

身体の仕組みの奇しさを想います。



写真のクリーニングの日付見えますか?



ちょうど今日の日付ですが...

実は、1年前のものなのです。



なぜかというと...






*・゜゚・*:.。..。.:*・''・*:.。. .。.:*・゜゚・*



今日はワクチン接種の2回目だったので

念のため仕事は1つも入れていませんでした。




副反応がないのは老いの証拠っと!笑



クリニックのこのポスターのせいか

スイカを買いたくなって

近くの農協のやっている市場へ

車を走らせました。



入道雲に見送られているうちに

そうだ!かき氷食べに行こう!

...と、目的地変更!

隣町にあるヨーカドーへ。



ここはテナントで、

伊藤園が入っているんです。



どーーーーん!




この写真をTwitterに上げたら


ブロッコリーか!?

トトロの森か!?


と、コメントが。笑



ひとりで全部食べたの初めて。笑



ほのかの大好物🍉西瓜も

どーーーーーん!





時間の制約がないので

大して要らないものをダラダラと

カートいっぱいお買い物して


それから

クリーニング屋さんに向かいました。




いつぶりだろう...?



クリーニング屋さんは家から近いのですが

渋滞する道路沿いにあるので

時間の余裕が30分はないと行く気にならず

随分とご無沙汰してしまいました。



水洗いで全ての衣服を洗ってくれる

稀有な技術者なので

私はここ以外にはお願いしていません。



久しぶりでもおじさんは

ちゃんと覚えていてくださって

お店に入るなり


「あれ?何点か取りに来てないのがあるよ」

...と。


そういえば...



サマーウールのスーツの上着だけがなかったり

長女の浴衣がなかったり



わぁ...全部で4点も

去年の7/26から預けたままでした!




職人のプライドに触れたと感じたのは

ご主人のこの言葉




大丈夫かなぁ?

シミとか出てないかなぁ。

変になってたらすぐ言ってね。

ちゃんと直すからね!




こちらの怠慢で1年も取りに来なかったのに...




チェーン店などだったら

もうありません...とか

補償しません...とか

それが当然だと思います。




自分の仕事に誇りを持っているから

万一のことにも責任を持ちたいのだなぁ...



おじさんは脳梗塞をされていて

足と左目が不自由です。



身体つらくないの?

と聞いたら



つらいよ。

でも、仕事はできるんだよ。



そうでしょうとも、そうでしょうとも!



あなたの仕事があなたを生かしてるんですよね..,



とっても尊いものに触れた気持ちになりました。




おじさんにいつまでも

仕事してもらわないとウチ困るから!



と言い残して出口に向かうと



いつ見てもきれいだねぇ♡

...と軽口を叩いて奥さんに睨まれる...

というところまで相変わらず健在で

ちょっと安心して店を出たのでした。



こんにちは。


お子さんたちが夏休みに入り

かわいいにぎやかな声が

ご近所に聞こえています。





私が好きな花は

儚げで、可憐な姿のもの


というと意外に思われる方が多いのでは?



見た目が派手で大きいので

薔薇とか蘭とか

そういうイメージを持たれることが多いです。



でも実は...

いちばん好きな花はブルースター。





花言葉は、幸せな愛・信じる心。



春にブルースターの苗を見つけ

玄関前のプランターに植えてあります。



気づいたらインゲンのようなさやがあって

これは種が収穫できるのかもしれない!

...と、楽しみにしていました。



今朝見てみるとさやは割れて

タンポポの綿毛のようなものがいっぱい!





種ですーーーーー!


うれしいーーーーー!



来年の春はブルースターの花畑に!

...と言ってもプランターですが。笑



とってもとってもうれしい

プレゼントとなりました🎁



自分の好きなものがわかって

それを好きだと人に伝える。



こんな当たり前のことに

不自由を感じている方はありませんか?



かつての私のようの...。



その問題は、解決することができます。




好きなものの側で暮らす。

とても心地よいものですね♡



みなさま

たいへんご無沙汰してごめんなさい。

しばらくぶりのブログ更新です。




夢中で取り組んでいたことが2つありました。





1つ目は若いママ向けの講座。



そのママたちは、単に若いだけではなくて...

お子さんの教育に熱心な方たちです。



熱心だからこそのイライラや不安を

解消していくことを通して

子育てをしあわせな時間にしてほしい

...という祈りの込められたカリキュラム。



教育と心理学とセラピーの経験を

余すことなく織り込んだ

渾身の講座作りに取り組んでいました。




それからもう1つ。



東京都の性暴力救援センターの支援員に採用され

来週からインターンが始まります。


性暴力で傷ついた人を

24時間365日支援するワンストップセンター


SARC東京


私がカウンセラーとなる最初のステップは

性被害にあった方たちを支援するグループに

40代でサポートに入ったことにあります。


ポスト・トラウマティック・グロウス

心的外傷を受けた人が

その体験から立ち直るときに

成長を経験するという研究があります。



その分野での現場の活動と研究を

ライフワークとしていこうと思っています。



これからの人生を考えたときに

柱としていくことが決まったことに

身の引き締まる思いを感じています。




子育てをしあわせなものにしてもらう活動。

性暴力にあった被害者の支援。



今日は私の誕生日でした。

残りの人生も熱いものにしていきます。



...とはいうものの

小さな孫たちとのひと時も大切に。

おばあちゃん人生も楽しみます。





さぁ..人生の統合期に向けて

Let’s Go ❣️


今夜は

濃いめのハイボールのせいにしますが...




私は救いたいのです



本当はもう
「助けて!」


って言って
何もかも放り投げてしまいたいほど


追い詰められている
子育て中のママたちを



とっくに破綻している
自分の心を
ひたすら固くして


なんとか...
なんとか...


子どもに厳しくすることで
耐えている



あとひと押ししたら
親子とも死んでしまうことだって
あるかもしれない


怯えたその心



本当は私は救いたいのです


自律が大事とか
きれいごと言ったって
命より大事なものはないからね



一介のカウンセラーが
救うなんて大それたことを言えば
批判されたり
危険視されたりするでしょう


いいよ
それでも


わたしは
大きく腕を広げて


いいから黙って
ここに逃げておいで!



って、言いたいんです






いや...
もう言ってしまった



本気の本音










こんにちは。

公認心理師で心理セラピストで

学研教室の先生もしている早川菜々です。

 

 

お教室でのエピソードが続きますが...

何度思い出してもほほえましくて、

皆さまにもぜひおすそわけしたいお話があります。

 

 

私の教室は基本的には小学生まで。

英語のみでしたら高校生まで指導できますが

受験指導は責任が持てないのでお断りしています。

 

 

Nちゃんは、5年生から来室しはじめて

今年、中学3年生になりました。

 

 

高校受験があるので進学塾に行くように

お母様にはお勧めしたのですが…

他の科目は単科で見てくれる塾に入るので

英語はどうしても私に習いたいと言ってくださり

英語だけの受験指導をすることになりました。

 

 

Nちゃんはいつだか、

こんなふうに話してくれたことがあります。

 

 

「ねぇ、先生。

私さぁ、小学校の時すぐに怒ってたじゃない?

あれね、できなくって、自分に怒ってたんだよね。」

 

 

「へぇ、自分に怒ってたのかぁ」

と、お返事しましたが、

 

機嫌がわるくなるNちゃんをずっと見守ってたから

先生は知っていましたよ。

 

 

自己分析ができるなんて、

随分大人になったなぁ

と、その時思いました。

 

 

 

そんな成長したNちゃんですが

先日こんなことがありました。

 

 

いつもよりずっとウキウキした様子で教室に入るなり

 

「先生!、自分で文章作って、

単語もちゃんと調べるから

英文作るのみてください!」

 

 

(あれ、敬語。笑)

 

 

何かと思ったら、

学校で30秒スピーチというのをするのだそうです。

 

 

「私、今度英語100点目指すんだ!

5教科で450点取りたいんだ。

絶対がんばるんだ!」

 

 

(あらまぁ、そんなにがんばるんだ)

 

 

宣言通り、自分で文章をつくり、

和英辞典と英和辞典を使って

真剣に単語を探しています。

 

 

「ここは現在完了入れた方がいい点取れるよね?」

 

(きっとそうだけど、主語は変えた方がいいかも)

 

「え?じゃぁ、どうする?これは入れない方がいい?」

 

(こういうのはどうぉ?)

 

「あぁ、それもいいなぁ。」

 

など、それはそれは熱心に英作文を楽しんでいる様子。

 

「もう、すごく難しいよー!」

「ただの過去形がいい?現在完了がいい?」

 

 

ふむふむ…と聞いていると

 

 

「ねぇ、先生どっちにしたい?」

 

………??

 

(え?私の宿題だっけ?笑)

 

きっと、Nちゃんは私も一緒に楽しんでいると感じていたのでしょうね。

 

「こら!これ誰の宿題なのよ?笑」

とツッコみをいれると

 

「あ!ほんとだ!」

これがツボにハマったようで大笑い。

 

まるで私の宿題にNちゃんが付き合ってくれてる風。

二人でひとしきり大爆笑しました。

 

 

できないと不機嫌になっていた

かつてのNちゃんはもういません。

 

 

難しいと言いながらも

決して諦めず

率直に協力を求めて

素晴らしいスピーチを作り

ニッコニコの笑顔で帰りました。

 

 

自分の存在を喜んでくれている。

自分のすることを見ていてくれる。

自分の努力を認めてくれる。

 

 

勉強は教え込む必要はなく、

そういう大人が近くにいれば良いのです。

 

 

『すべての子どもは、承認と支援を求めている』

 

 

その言葉をうれしく思い出した出来事でした。

 

image

 

 

真っ直ぐ伸びる若芽を眺めるのは清々しく

大きな喜びをもたらしてくれますね。

 

 

 

 

 

こんにちは。

公認心理師で心理セラピスト....で

学研教室の先生をしている早川菜々です。



私の学研教室は

私の実験教室...となっているかのようなのです。



どういうことか...というと



心理的なアプローチを通して

お子さんのやる気と自己効力感を高めることに

主眼を置いているからです。




子どもは小さな大人ではありません。


大人への準備期間という見方をしてしまうと

いつでも、次のこと、先のことを

要求したくなってしまいますね。



そうではなく

子どもには今の年齢において

体験を通して達成してほしい事柄があるのです。




そのためには

「ただできれば良い」

というわけではないのです。



わからない時にどうやって問題に対処するか

その方がずっと大切なことであるのです。



そんな接し方をするものですから

私の教室はほとんど広告をせず

1クラス6名以下の少人数でやっています。



今日はそんな数少ない大切な生徒さんから

とーっても素敵なプレゼントをいただきました。





可愛いでしょう❤️


真ん中にいるのは

小学2年生になったばかりの

Kちゃん本人でしょう。



「なんでだろう?」

「わかった!」



と言っていますね。


その下には⭕️をつけられた問題集や

筆箱も描かれています。




考える力がつく


勉強がわかりすすむ


時計が「ゆっくりゆっくり」


サングラスをかけた問題集は

「わかんなかったられんしゅうする」


消しゴムは「まちがえたらなんかいもけして」


定規は「でばんまだかな?」

鉛筆は「がんばれ」



たのしく勉強できる

ちゃんとおぼえられる



そして学研教室のロゴマークの教室くんは



「いつでもおいでー」

「楽しいよー」




勉強する喜びにあふれた絵。



これを受け取った私がどんな気持ちになったか...

皆さんはお分かりですよねぇ。



♡♡♡♡♡♡♡



勉強を通して自分を信頼する力を育めるように

お子さんへの接し方に

心理セラピストとしての経験を用いていきたい。



そのためにはこれからも変わらず

数名のお子さんの「今」を

やさしく見守り続けようと思います。