こころエデュケーショナルサポート 代表:早川菜々

こころエデュケーショナルサポート 代表:早川菜々

しあわせな大人になろう♪
心理相談/学習/教育相談 すべての子どもと大人の幸せのため。
公認心理師・心理セラピスト 早川菜々 ホームページ http://therapist7.com

どれだけ久しぶりの更新か...

覚えていません。


ご無沙汰しています。

心理セラピスト・公認心理師の早川菜々です。


支援の仕事が多忙を極め、

心理セラピストととしても動いていますが

新しいクライアント様のご予約も

お引き受け出来ない以上

告知も控えておりました。



ですが...

これを告知せずして

これを祝わずして

どうする!という事態になりました。


愛弟子のおひとり

毛塚優子さんが

満を辞しての活動開始です。


カウンセラーをやりたくて

カウンセラーになるわけではなく


苦しむ人を助けたいから

カウンセラーになる


その動機の美しいことに

心打たれております。


どうぞ、お読みいただき

読者になっていただきますよう

よろしくお願いいたします。



気づいたら7月...。

2023年も後半に入りました。


とても充実した前半を過ごしましたが、

後半も実り多い予感がしています。



8/6(日)には、

私の仲間のカウンセラーあきこFさんの

心理ワークショップがあります。


詳しくはこちらのブログをどうぞ!

幸せになるのに不可欠なものに

感謝があると言われていますね。



心理カウンセラーが円熟していくのにも

感謝の気持ちがとても重要です。



人間関係を扱うカウンセラーは

人間関係によって育てられ

そして磨かれていきます。



クライアント様や

仲間のカウンセラーや

スーパーバイザーとの関係の中で



ありがたいなぁと実感する度に

私たちの心はより柔軟になり

傷ついた心への触れ方が

一層あたたかく

優しいものになれるのです。



そういう意味でも

あきこFさんは

私が最も信頼するカウンセラーのお一人です。



私もクライアントととして

ぜひ参加したいワークショップです。







こんにちは。

時間がないとブログは書けませんね。笑

おはようございます。


※写真は果物で1番好きな枇杷独り占め❤️


支援の仕事に入らない日は

心理の仕事をびーっしり入れているので

お休み?

何それ、美味しいの?

...的な毎日ですが

いたって健康なアタクシです。



程度を超えて忙しいと

身体的健康はかろうじて保てたとしても

なかなかに心理的健康を保つのは難しい...。




私の場合は、こんなふうになります。


焦燥感というか

もうどうにでもなれ!とばかりに

徹夜をしてしまう。


あるいは

血糖値を上げて幸福感を感じる

あ、平たく言うとですね

暴飲暴食に走る。




そのような結果

寝不足による不正脈を起こしたり

肌荒れ(セラピストは顔が命!)

取り返すのに数週間を要する

身体的不健康にも陥ります。





ところがこの数年

とてもバランスよくなりました。



寝不足は本当に

回復に時間を要するようになってしまったので

0時を過ぎるまで起きていることは

やめるようにしています。



そうすると机に向かう時間がない..,。



徹夜してやってしまいたい!

イヤイヤ

それはダメだ!

の脳内ループ。



そんな時には

本当に他に選択肢がないか

よく「今ここ」に立って

状況を見渡すようにします。



徹夜以外の選択肢...


今回は職場に自分のパソコンを持っていき

昼休みを使って作業をすること。


美味しい非常食を自分に与え

暴食に至るのを防ぐ。


そんなレベルのことですが


自分に「今ここ」で必要なことは何か

自分に聞いてみた結果の行動は

意外と効果があって

うまくいっています。


あなたはいかがですか?




※これは効果の高い非常食です。










今日は携帯を不携帯の1日でしたが

特になんの問題もありませんでした。



しあわせな人...とは

どんな人をいうのだろう

と、寝る前にふと考えました。



しあわせだと感じられる人。


では...

しあわせとは何か。



平和や安心や満足があること。


それは...

内側にある自分の資源。



それに気づく能力が

高く発揮される時に

しあわせと感じるのではないか



...と考えたところで

今日はおやすみなさ〜い。



※40周年のディズニーランドの花火🎇

むっちゃんはこの春から

幼稚園の年少さんです。



入園式では

疲れちゃったと

帰りはパパにおんぶでした。



※薄目開けてるー。笑



1月経って今日から給食。



帰って来たら

全部食べたよー!

と嬉しそうだったようです。




おねぇちゃんのほのちゃんは

給食にはいっさい口をつけない

完璧な偏食っ子でしたが

むっちゃんにはちょっと安心。




幼稚園で何も食べずに

午後まで遊んでいるのは

やっぱり心配ですから。



たべられて

本当によかったです。




最初の給食は

誰でもが好きなものに

してくださっていたようです。



これです^_^

さて、なんでしょう?





正解はスパゲティです。



フォークとスプーンも

描けていますね。



はるちゃんも

スパゲティを描きました。




連休明けの

行き渋りもなく

順調でなによりでした。







時間の余裕があると
ブログがどんどん書けますね。苦笑

今日は長男氏が帰ってきていたので
フィレ肉は冷凍されずに
無事みんなのお腹の中へ♪



お肉の顛末はこちら



最近のみんなのお気に入りの付け合わせは

ガーリックライスなものですから

ちょっと映えませんねぇ。。



おまけに

トマトの皮が

とってもとっても硬くて

皮を剥いたマリネなものだから

ちょっとぐちゃぐちゃに...。



さらに映えないことこの上ありません。。




が...
美味しかったのでまぁいいか。笑



さて、今頃なのですが...


老齢基礎年金っていうものの徴収が
今年の4月から始まっています。





今のところ調整額らしく
毎月17,700円になっています。

前年の収入に応じて
これから税額が決まるんですね。


こういうのって
すごく納得がいきます!


私は喜んで税金を払う派です。


カエサルのものはカエサルに返す
とイエスも仰っておられるし...
家訓とも言える
父の教えでもあります。


昨年なんて
多く納めすぎて
15万円も戻って来ちゃいました。
(中小企業共済の掛け金の計上忘れただけ...,笑)


毎日毎日
家でひとり
窓から外を眺めることを
余儀なくされている方や


デイケアのバスに
手を引かれて乗っていく
心は元気でも
身体の自由の利かない方...。


働きたくても働けない
同年代以降の方達を思うと

後2年で70歳を迎えるけれど

これから更に進学する為に
予備校に行こうかな...とか

社会に役立つ研究をしたいな...とか

希望に溢れることができてる
私のような元気な老人は
いっぱい税金を払ったらいいと思うのです。


かくいう私は父母世代のように
暮らすのに十分な年金の支給はありませんよ。


だから働けなくなって
非課税の立場になったら
堂々とお世話になろうと思います。



けれど今
こんなにワクワク生きられる
心と身体の健康を持つこと以上に
価値のあることがあるでしょうか?


ワクワク生きてる人税
...とかいう名前を勝手につけて
喜んで払おうと思うのです。


5月はひとつ
大きな決断をするつもり。

信頼する何人かの友人の助言も
賛成する声ばかり。

美味しいものを好きなだけ食べられ
好きなことに邁進できる健康に感謝して


税金払うぞー!笑


※ピアノのうえのくま置き場に新入りが...。


それでは♪

月曜日からまた頑張って働きましょうねぇ。


雨の日曜日です。



今日は


友人のお見舞いと

養成講座の最終テスト作りと

動画撮影と

掃除と

大物の洗濯と

アイロンかけと

部屋の片付けと

料理と



...以前なら

全部やろうとしたのですが


今は体調と相談しながら

選択しようと思えます。



身体は疲れているので

外出はやめようと思います。



リビングに敷いているカーペットの洗濯も

雨が降っているのでやめます。




研修でホテル暮らしだったので

夕食難民だった夫のために

まずは

美味しい料理の準備がmustですね!



ネットからお借りしたお写真です


我が家のステーキは

いつも塩胡椒のみ。


それぞれ

山葵やレホールで

好みの味にして食べています。



すごくいいお肉を買ったので

今日は赤ワインソースの

おいしーーーいのを添えて

ステーキにします。



そのいいお肉なのですが

勘違いと謎の連続で...




*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*




閉店10分前の肉屋さん

フィレステーキ用の和牛が

とってもいい熟成具合!



おいしそーーーーー!

(生まれついての肉食女子)



100g¥2,500かぁ...

高いなぁ。。

高いなぁ。。



お正月の

ビーフウェリントン

の時に買ったお値段...





でもーでもー

夫氏は100g位でいいから

(私は最低150g!)

よし!明日はご馳走だー!



(意を決して)

「フィレを2枚ください」


と、

迷いは見せずに涼しい顔でオーダー。



時刻は閉店3分前

店員さんがショーウィンドウから

2枚のフィレ肉を掴み

計っているうちに

閉店のアナウンスが流れる📣



440gですが、よろしいですか?」



???

表面積は小さいけど

厚さがあったのねーーー!




う...

う...



『1万円越え〜!』



(イヤイヤ、自分はしょっちゅう外で

1万円を超える食事してるぞ!)



『440g?多い!!』



(イヤイヤ、大きい方を半分ずつ食べて

小さい方を長男氏の為に冷凍しておけばいい)




などと数秒で脳内会話をしているのを

店員さんは知らないだろうなぁ。笑




私は何事もなかったように


「はい」




よーし!

こうなったら(どうなったら?笑)

絶対に美味しく食べるぞー!

と闘志満々でレジに向かう。




大切にフィレ肉をレジ袋に入れようと

包みを見ると




100g当たり2,052円。


ん?

¥2500じゃなかった??


あ、10%オフって書いてあった!



でも¥2,500の10%オフなら

¥2,250なはず...

(急に暗算が冴えるアタクシ)



店員さん

間違えたのかなぁ...

言いに行こうかなぁ...

このまま帰ったら

罪悪感あるよなぁ...



それとも定価が

¥2,250だったのかなぁ?



¥2,250の10%オフなら

¥2,025 なはず...



いろいろ謎が積み重なったのでした(苦笑)





なんでもいいけどー


山形牛のフィレステーキ

赤ワインソース


の夕食を楽しみに

午後から最終テスト作りに勤しみます。



皆さまも良い休日を♡








年齢の壁...のお話です。



こんばんは。

心理セラピストで公認心理師の

早川菜々です。




※私がリビングにいると動物が集まってきます。

 深夜で眠いけど。笑



臨床心理学において

新しい手法を身につけたい。


英語学習において

上級レベルに到達したい。




今そんな想いの真っ最中のアタクシです。




この連休に

30時間の研修に挑戦しました。


研修を受けることだけでも

挑戦だという意味がお分かりですか?




集中力が途切れる。

近くのものが見えない。

短期記憶が弱すぎる。

言おうとする言葉が出ない。

瞬時に質問に答えられない。

etc, etc, etc…




年齢の壁です。


ずっと感じていたけれど

ついに来たーーー!

という感じです。




やっと自分らしい自分になれて

したかった勉強をしようと思う時に

この年齢の壁は

本当に悲しいです。

もっと思いっきり学びたい。



でもね...

壁は年齢だけではないですよね。




人生の途中で...


健康を損ねたり

身体が不自由になったり


日常生活にすら

壁を見る方もありますよね。



壁に阻まれながらも

壁と共存しながら

幸せに生きるお手本を

見せてくださる方もあります。




そうよね...。


ひとりひとり

違う壁があるのよね。



私の壁は年齢

つまり老化だけれど

言ってみれば

最も公平な壁といえますね。



年齢の壁と仲良くしながら

やりたいことに勤しめたら

それはとても幸せな生き方

...と言って良いのでしょうね。












研修の最終日。


あなたが
痛くないことにして
置き去りにした傷つきを

陽にあて
もう痛まない
ただの傷跡にするための技法


私はどうしても手に入れます!


待ってて欲しい
胸の痛みに手を当てた君!

Prolonged Exposure の研修は

明日1日を残すのみとなりました。





休みが2日間しかなかった4月のせいか

毎日眠くてたまりません。



動画を見るために

今日は室内を暗くする時間が長かったので

何度も眠気に襲われました。



身体が休養を求めているのはわかるのですが

悔しい〜!

眠くなりたくな〜い!




※大地はいつもねむい。



私はどうしてもこの療法が

使える様になりたいのです。



不登校でも

パニック障害でも


カウンセリングの終結に

時間がかかり過ぎているクライアント様には

本人も自覚のないトラウマがある場合があります。


PTSDの条件に合う症状の方もあります。




そういう方には

いつもの療法にプラスして

認知行動療法を用いることがありますが

回避の上手なクライアント様は

するりと抜けていってしまうことがあるのです。



カウンセリングの効果が

明らかに見えないことは

クライアント様のみならず

セラピストにとっても

実は苦しいことなのです。



早く楽になって欲しいのです。



もちろん...

既存の療法が効果がない

ということはありません。



けれど...

もっと早く苦痛から逃れる療法があるのなら

手に入れたいのです!



私が働いている被害者支援の場所では

この療法を用いた治療で

次々に被害者さんが

元気になっていっています。



その療法を日本で教えている

第一人者の精神科医が行う研修。

それが、明日まで受講している研修です。



この療法を用いたら効果があるであろう

若いクライアント様が数名おられます。



輝いているはずのその日々を

1日でも早く

外出や楽しい活動で満たして欲しい!




私にはこの動機があるから

どうしても使える様になりたいのです。



研修修了後には

スーパーバイズを受けながら

実際のケースをやっていく予定です。



エビデンスベイスドの療法なので

効果への期待が膨らみます。



明日も1日がんばります。

どうか眠くなりませんよーに。