『ガメラ 大怪獣空中決戦』 (1995) 金子修介監督

Wed, July 19, 2017 16:46:22 Theme: 邦画 か行

 

平成ガメラ三部作の第一作目。手持ちのLDで久しぶりに鑑賞。やはり金子修介はいい。

 

映画監督としてはロマンポルノ出身である彼は、子供の頃から怪獣オタクであり、その怪獣愛があふれている。この作品は、『シン・ゴジラ』がランクインするまで、唯一のキネ旬ベストテンに選ばれた怪獣映画だった。そして金子修介は、ガメラシリーズとゴジラシリーズ(『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』)の両方で監督をした唯一の監督でもある。

 

昭和のガメラが子供向けであったのをかなり進路修正して、大人向けに作られている。それは、古代の歴史や伝説とリンクした設定や、生物学的な要素といった、リアリティを追求した演出に表れている。

 

怪獣でありながら、観客に心情的に近いものを感じさせるため、少女(藤谷文子)を巫女的に登場させ、ガメラと心を通わせ、ダメージがシンクロする設定はよくできている。ギャオスが人の心を全く理解しない、より「怪獣的・動物的」であるのとの違いである。

 

CGはなく、ジオラマを破壊する昔懐かしい特撮映像は、さすがにリアリティには欠けるが、独特の世界観があってやはりいい(それをうまく生かしたのが、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』と同時上映された『巨神兵東京に現わる』だった)。

 

ストーリーも、最初はギャオスを希少生物として捕獲し、より弊害の多いとみなされたガメラを駆除しようとするところから、その思惑が外れる展開がいい。人間の味方でありながら、かなり物を破壊しまくるガメラの矛盾的な設定は、シリーズの完結編『ガメラ3 邪神覚醒』になって生きてくる。

 

ゴジラと比較すると、若干キャラ的に弱いガメラだが、制作陣の優秀さから、平成シリーズでは各段にゴジラシリーズを上回っていると思われる。今観ても鑑賞に堪える怪獣映画の秀作。

 

★★★★★★ (6/10)

 

『ガメラ 大怪獣空中決戦』予告編

 

AD
いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)

はったさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Comments

[Publish Your Comment]

Add your comment

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。