オオセンチコガネ 奈良県奈良市 2017-09-27 | 昆虫漂流記

昆虫漂流記

西日本を中心に昆虫を追いかけています。✌
近年は、昆虫だけにとらわれず、自然全体から、
観察する眼を持ちたいと思いますのでよろしくお願いします。

オオセンチコガネ 奈良県奈良市 2017-09-27

 

 

国内に生息するセンチコガネと名前が付く種は 

アカマダラセンチコガネ、アサヒナセンチコガネ、アサヒナアカマダラセンチコガネ、アマミトビイロセンチコガネ、イシガキトビイロセンチコガネ、、オオシマセンチコガネ、オオセンチコガネ、オキナワアカマダラセンチコガネ、キボシセンチコガネ、センチコガネ、ムネアカセンチコガネなど

沢山の種類にセンチコガネ(アイウエオ順)と名前がついていますが、これらは糞虫としてセンチコガネの仮称が和名でつけられているにすぎません。

 

日本国内で普通に観察できるセンチコガネ(Geotrupes)類は、

センチコガネ、オオセンチコガネ、(Geotrupesにはオオシマセンチコガネも含まれます)が生息していますが、本記事のオオセンチコガネにおいては屋久島に生息がみられる個体群については、ヤクルリセンチコガネと亜種が分類され、

日本本土に広く分布するオオセンチコガネについては、色彩バリエーションとして、同じ種とされ地域個体差とされています。

 

日本各地で見られる個体色彩は

  • 全国的に広く見られる、赤胴色や金赤色に輝く個体(生息地で軽微な差があります)。
  • 鈴鹿山地から京都府南部周辺までを生息域とする群は鮮緑色に輝きミドリセンチコガネ。
  • 紀伊半島を生息地とする個体群は藍色に輝きルリセンチコガネ。

と一般的に呼ばれています。
今回訪れた、奈良県の某公園(あまりにも生息地が有名で、簡単に判る事ですが、採集禁止になっています)は地域的にミドリセンチコガネとルリセンチコガネの、2種類の色彩が見られる場所になり、中間色も見る事ができます。


オオセンチコガネ、の発生は、夏季にはじまりますが、今回の訪問では、すでに死んだ個体を多く見かけ、例年のように生個体を多く見る事が出来ませんでした(本日の悪天候の影響も考えられます。)
またオオセンチコガネは動物の死骸や糞を食べる事から、各地で増加傾向の鹿が見られる地域には生息地拡大が多く見られるようになっているようです。

 

参考までに九州の阿蘇地方から宮崎にかけての地域にはレインボーセンチコガネと言われるセンチコガネの多色の色彩バリエーションの個体群がみられます。

 

今回訪れた公園は言わずとしれた、神使とされる神鹿が各場所で見られ、オオセンチコガネが何処でも観察できますがやはり、鹿が沢山見られるポイントを探すのが、観察のコツです。
しかし鹿が集まる場所は観光客が多いので、観光客の注目の的になる事は必然的です。

 

参考までに甲虫屋の先輩達からの話では、半世紀前はオオセンチコガネは少なく、センチコガネの個体数が多かったと聞いてます。
テレビの情報では奈良公園周辺では、昔と比べ鹿の頭数が増加し、近隣で問題視されていると以前に見た事がありますので、個体数の増加がセンチコガネに影響するよりもオオセンチコガネの個体数に影響しているのかもしれませんね。

 

記事前文でも記載しましたが、注意しておきたいのは、公園では、オオセンチコガネは採集禁止対象になっている事です。

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

「奈良県立都市公園条例施行規則」
(禁止行為)
第四条 公園においては、次の各号に掲げる行為をしてはならない。
  五 鳥獣類、魚類、指定された昆こん虫類等を捕獲し、又は殺傷すること。
(昭三五条例二〇・昭五七条例二〇・平一六条例一五・一部改正)

第五条 条例第四条第一項第五号の昆虫類は、次のとおりとする。るうみすしじみ、やまとにしき、まつむし、すずむし、だいぶつほたる、ひめはるぜみ、るりせんちこがね、もりあおがえる、かすみさんしよううお
(昭四八規則五八・昭五九規則四四・一部改正、平一七規則七・旧第四条繰下)

 

採集可能なのか?本当はどうなのか?

うわさ話で悩んでおられる方の為に

詳しく書かれた条例文への

リンクをかけておきますので参考にして下さい。

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

こちらの公園では、上記で紹介しました「奈良県立都市公園条例施行規則」の法律によって昭和48年より採集が禁止されていますので、採集行為を見つけられると違反の対象になります。

さらに最近は公園内の樹木林にも、立ち入り禁止の立て看板がありますが、むやみに立ち入らなくても観察できますので、お寺も見ずに、ただ下を向いて歩く事で見つける事は出来ます。

(但し、せっかくの奈良観光で鹿の糞しか見なかった事になってしまいますよ。)


今回は撮影目的で、公園内に行きましたので、公園関係者、工事関係者が観察場所の周辺におられましたので、不審者等との誤解を避けるため声をかけて、散策しております。
工事関係者でさえ「あの光る虫ね」と認識度は高い地域です。


なお公園以外でも、鹿は広い地域で見られてオオセンチコガネも見られますので禁止場所での無理な採集は必要ありません。

 

それでは写真から紹介していきましょう。

 

最初に見つけたルリセンチコガネ
奈良県奈良市 2017-09-27撮影

 

上写真と同一個体
奈良県奈良市2017-09-27撮影

 

落ちていたミドリセンチコガネの上翅(こんな状態の物があちこち落ちていました)
奈良県奈良市 2017-09-27撮影

 

写真写りでルリセンチコガネに見えますが、中間型でした。
奈良県奈良市 2017-09-27撮影

 

上写真と同一個体
奈良県奈良市 2017-09-27撮影

 

こちらは別個体の小型の中間型
奈良県奈良市 2017-09-27撮影

 

ルリセンチコガネより漆黒に輝く漆黒ルリ色型
奈良県奈良市 2017-09-27撮影

 

ミドリセンチコガネ
奈良県奈良市 2017-09-27撮影

 

大型のルリセンチコガネ
奈良県奈良市 2017-09-27撮影

 

別の産地では赤胴色の個体(全国一般型)
兵庫県姫路市2017-09-24撮影

 

上写真と同一個体
兵庫県姫路市2017-09-24撮影

ここまでが今回の撮影です。


野外での色彩差異が表現が難しい(撮影が下手)ので標本にて紹介しておきます。

オオセンチコガネの色彩変異

 

こちらはセンチコガネです。兵庫県産

 

 

糞虫つながりにおいて綺麗な糞虫から
海外(南米)のミドリツヤダイコクコガネも手元にあるので紹介しておきます。

エクアドル産 ミドリツヤダイコクコガネ

サイズは日本のカナブンの大きさです。

 

糞虫でなかったなら、人気昆虫の座では

形、色彩においてカブトムシに引けをとくこともなかったでしょうね。

「ミドリのカブトムシ」なんていませんからね!!

 


さらに「糞虫」つながりでスカラベについて
スカラベと言われて何?? 
糞虫と聞けば、一番にフンコロガシを思い浮かべますがそれが「スカラベ」です。
フランスのファーブル昆虫記に書かれた有名な「フンコロガシ(タマオシコガネ)」の事です。
実際の種類はヒジリタマオシコガネと云われているそうです。

 


赤松の郷昆虫文化館所蔵。
「昆虫漂流記」使用、撮影許可。

 

日本国内では糞虫は何種類も生息するのですが、それらの多くは主に糞を餌とするだけで転がすわけではありません。

大型のフンコロガシの仲間は生息していなく、小型のマメダルマコガネがこの近似種として生息しているとの事です。
残念ながら某公園にて探して見ましたが見つける事は出来ませんでした。
やはりこの季節では無理があるのでしょうか?
もちろんついでの採集で見つかる種ではありませんね)

 

参考までにこちらも糞虫の一種。大きさは約10㎜

兵庫県産 カドマルエンマコガネ。

 

参考までにこちらも糞虫の一種。 大きさは約10㎜

兵庫県産 コブマルエンマコガネ?と思います。
これらエンマコガネの糞虫は

このような記事の機会でしか紹介できないと考え列記しました。

 

 

ここからは「人とスカラベ」の話になります。
古代エジプトにおいてはスカラベは、崇拝の対象とされていました。
スカラベは次の事柄から太陽神ケプリと同一化されていました。

  • 太陽と同じ球体をスカラベの糞球と重ねて信仰の対象に考えられていました。
  • 太陽の日の出を、地面から出てくるスカラベの姿と同じように考えられる天地創造説。
  • 太陽が沈み、翌日に陽が登る動きを地面から這い出てくるスカラベの姿を重ねて、死後の復活をミイラ製造(ミイラは死んだ人が生き返る事を前提に作られていると考えられています)にとり入れた死後復活再生の考え方。
  • 糞球を転がす姿を太陽の東から西への移動と重ねる類似の考え方。

このように太陽の姿(外観)、動きと重ねる事で聖なる昆虫として崇拝していました。
(ただし、古代の事柄なので、この考え方が今後、正しいとは確定できません。

ピラミッドが歴代ファラオ(王)の「墓」と言われてきましたが、最近は別の説が研究されているのがよい例です)

 

太陽神ケプリと言われても何?? と思われるでしょうね。
古代エジプトでの太陽神といえば有名な「ラー」ですが、この神は他の者と融合して姿を変えます。

(太陽神と言われる者は、「ラー」 · 「アメン」 ·「 アテン」 · 「ホルス」などがありますがこれらの1部の名前は記事後半に紹介する映画「ハムナプトラ」でも1部使われていますね)


名前の知れた有名な神では

ホルス神と融合して「ラー・ホルアクティ」(頭が、鷹のホルスとして書かれた姿が有名)。

アメン神と融合して「ラー・アメン」。

太陽神ケプリも太陽神ラーが姿を変えた姿(頭部がスカラベになっています)

などが、太陽神「ラー」が姿を変えて古代エジプトの壁絵ヒエノグリフ類に書かれています。 

(ヒエノグリフ=石碑や神殿、墓などに刻まれた文字)

(ヒエラティック=パピルスなどに書かれた文字はこちらです)


何か難しい話になりましたが、昆虫を調べて行くと、とんでもない世界に入り込んでしまうのですね。

三流大学学生時代に世界の文明に興味があり通学電車での読書が今頃役立っています。

(ほぼ覚えて無いのですが、確かこんな説明があったよな?)


ちなみに、この昆虫が出てくる映画は

「ハムナプトラ・失われた砂漠の都」

「ハムナプトラ2・黄金のピラミッド」

ですが

スカラベは映画で出てくるような、生き餌(人間)を攻撃して襲うような肉食ではありません。


また映画内で出てくる「死者の書」はあのような分厚い百科事典型ではありませんが、パピルスに書かれた巻物で実在しているそうですよ。

 

こちらはパピルスに添えられたスカラベの図。
赤松の郷昆虫文化館所蔵
「昆虫漂流記」使用撮影許可。


昆虫話が映画話に代わってしまった処で、この記事はお開きにして下さいおこうと思います。
最後まで、有難うございました。

 

 

「奈良県立都市公園条例施行規則」へのリンクはこちらです

此処をクリック👈

(年月が経過し、

リンクが切れてしまった場合は条例文をコピーして検索してみて下さい)

 

 

♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:

追伸記事

最近はこちらのような音楽を聴きながら昆虫作業(標本整理やブログ等他の資料)をしています。

再生回数も多い為、もう皆さんも、ご存じな音楽でしょうね。

心地よい音楽の為、和みます。
 

 

Wintergatan - Marble Machine (music instrument using 2000 marbles)

マーティン・モリンによる製作期間14か月の自作楽器による演奏

その楽器は「マーブルマシーン」。

小さな2000余球のサウンドでこのように美しいとは!素晴らしい。