サージのダブルブレスト・スーツ | 天神山メンズスタイル

天神山メンズスタイル

天神山は、手抜きをしない本物の洋服を作り続けて40年、長く愛着を持ってお付き合いできる、時代に左右されない洗練された普遍のモデル、こだわりの正統派スタイルを提案し続けています。京浜急行青物横丁駅より徒歩2分、赤煉瓦の建物です。

※不在のお知らせ

来週2月18日(火)の午前中は不在となります。

ご迷惑をお掛けしますが、何卒よろしくお願いいたします。

 

今回は、春シーズンのスタートに最適な「サージ」素材で作製したダブルブレスト・スーツの紹介です。

 

先週からの寒波でようやく冬らしい晴れの日と寒さが続いていましたが、本日からはまた気温が高めで雨の多い異常気象に戻りそうで、異常な暑がりなのに冷え性な私も厚手の「フランネル」「ツイード」から、「ウーステッド」「ソフトツイード」へと、早くも衣替えをしていこうかと思っているところです。

 

このスーツをお借りした方は、昨年の5月に「ソラーロのスリーピース」でも協力していただいていて、その時にも書いていますが、“天神山流”でしつこく提案し続けているクラシックでエレガントな“正統派スタイルの着こなし”を体現されながら、シーズン毎に色々な素材を試されている中で、春のド定番素材「サージ」も既に各色何着もお持ちになられていて、今回は今まで作られていなかったミディアムダークなグレーを加えていただくことになりました。

 

この素材は、近年イタリアでは一番安定していると思われる“CANONICO”社の、重さ260gで真夏以外3シーズン用のド定番素材の「サージ」で、このミディアムダークのグレー色は、ワイシャツとネクタイをその日の気分で幾通りも合わせられ、色々なコーディネイトを楽しませてくれる優れものの素材ではないでしょうか。

 

モデルは、弊店“天神山”では一番スタンダードな「RESZ」(ローマンイングリッシュ)を使い、ダブルブレスト6ツ釦2ツ掛け、スタンダードにフラップポケットのサイドベンツにして、スラックスもスタンダードに2プリーツにしています。

 

今回のコーディネイトは、白いピケのレギュラーカラーシャツにカラーピンを使って、春を意識して明るめのストライプタイを締めて、水玉&パイピングのポケットチーフをスクエアーに飾り、靴は“天神山オリジナル”で作製したボルドーカラーのキャップトウで決まりですね。

 

昨年の同時期の「スリーピース」の時にも書いていますが、この“CANONICO”社のサージ素材は、一昨年の春夏シーズンから加えたお値打ち“エントリー価格”(Sスーツ¥98,000税込み)コレクションの秋冬版で、春夏シーズンは240gの「サージ」と、250gの「ストレッチ トロピカル」、290gの「モヘア混」と3種類の無地をご用意していますので、春夏は特に消耗の激しいスラックスなども含め加えられてはと思っています。

 

 

 

 

 

<新店舗のご案内>

※一昨年9月に12年間過ごした銀座より品川へ移転しましたのでご案内させていただきます。

 

新店舗住所:〒140-0004 東京都品川区南品川 5-8-21 

電話番号&FAX:03-6228-7321 *今までと同じで変更ありません

定休日:日曜、祝日 *今までと同じで変更ありません

営業時間:10:00~18:30

※相変わらず私1人ですので、ご来店日時をご連絡いただけると助かります。

 

2月16日(日)、23日(日)、24日(月、祭)、3月1日(日)、8日(日)、15日(日)、20日(金、祭)、22日(日)、29日(日)をお休みさせていただきます。

 

 

※最寄駅は京急青物横丁より徒歩3分、JR大井町より徒歩10分です。

 京急青物横丁駅からは、改札出て大井町方面の歩道橋を渡り、左階段を降りて、20mで最初の曲がり角右折、突き当り左折、少し進み右手角に赤レンガの建物“TENJINYAMA”到着

 JR大井町駅からは、横浜からは一番前、東京からは一番後ろの車両に乗り、東出口改札を出て左に20mほど進み、左折してすずらん通りを抜け、ゼームス坂を下り、右手の高級マンションを越えたところ右折し遊歩道を進み階段を降りて、右手に坂を下って突き当り左折、突き当り左折で少し進んで赤レンガの建物“TENJINYAMA”到着

 

※建物脇に駐車場もございます。

お車でのお越しは、横浜方面から青物横丁交差点を越え、角のりそな銀行脇の道左折、突き当り左折、直進してまもなく右手に赤レンガの建物“TENJINYAMA”到着

 

 

弊店“TENJINYAMA”のHPが一昨年11月半ばに新しくなりましたのでお知らせいたします。

アドレスは今までと同じです。(http://www.tenjinyama.jp/

今後は、大阪店と共によろしくお願いいたします。