アオタケ囲碁通信
【プロフィール】
僕自身のプロフィールをまとめています。
初めてブログを訪れた方は、最初に是非ご一読ください。
僕という人間をご理解頂けると思います。

最近更新の記事以外に関しては、
ページ右にある『カテゴリ』より、気になるテーマの
記事をチェックして頂けたらと思います。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-10-29 02:14:15

ゲームセンターCX 有野の生挑戦 幕張メッセ 感想

テーマ:日記

ゲームセンターCXという番組の15周年生挑戦企画で、

幕張メッセを舞台によゐこの有野さんが1万人の観衆の前で

4時間レトロゲームに挑戦するのをみんなで応援しながら

ひたすら観戦するライブイベントに参加してきました。

 

 

この番組自体の元々の魅力としては

 

・有野さんがゲームがあまり上手くないので、

番組内の起承転結の起伏がとても大きい点

(ヤラセは皆無で、本気で長時間やっても

 クリアできない難しい挑戦が非常に多い)

 

・単なるゲーム実況ではなく、有野さんの

随所のボヤキやコメント、素材を面白く見せる為の

番組スタッフによる構成/アナウンスによって

完成度の高いバラエティー番組となっている点

 

・放送内に出てくる演者の内、芸人は有野さん一人で、

それ以外に、この番組を製作している会社のADさん達や

撮影者、構成作家が挑戦のサポート役として出演する点

(皆でこの番組を作っているという手作り感、

 温かみのある空気感が番組全体にある)

 

・低予算の番組企画が多い為、逆に親近感を感じる

(地方遠征ロケがほとんど無い、

 企画コーナーの番組のセットが安っぽい)

 

という点なのですが、

 

幕張メッセの生挑戦はそれに加えて

 

 

・会場全体で、ゲームを媒介に

同じ熱い空気を共有できたこと

(1万人の大歓声、1万人のため息、

 ゲーム攻略のアドバイスを観客が直接するなど)

 

 

が、番組を知る僕らファンの人達にとっては

とても感動を覚える、素敵な時間となりました。

 

 

元旦に控える放送まで内容はネタバレ禁止ですが、

当日は開園前から、終了に至るまで、細部の至る所から

本当にこのイベントの為に綿密な準備をしてきたんだと

伝わってくるものがあり、本当に感動しました。

 

 

次回は5年後、2023年に

さいたまスーパーアリーナで開催するとのことです。

 

 

それまで番組が引き続き良いものであり続け、

応援する人がこれからも引き続き増え続けるよう、

僕も応援していきたいと思います。

 

 

有野さんが60歳を超えたあたりで、体力的に

さすがに番組の継続が難しくなると思うのですが、

個人的には、それまでに是非一度、

東京ドームでの生挑戦を開催してほしいです。

 

 

今回この生挑戦に来たお客さんが

全員もう一人か二人を呼べる水準になれば

実現できると思うので、僕も身の回りの人を

次回は何人か連れていけるよう、普及に努めます。

2018-10-21 09:41:51

パソコンを購入する際の注意点

テーマ:囲碁全般

自分が学生の頃、初めて親に買ってもらった時は

パソコンは、確か20万円以上した記憶があります。

 

 

今ではびっくりするくらい安い価格で、

当時の十倍近い処理が早いパソコンが

手軽に買える時代になりました。

 

 

 

しかし、現在でも知っているか知っていないかで、

同じ性能のパソコンを買うにしても

全く必要経費に対するコスパが変わってきます。

 

 

今後新たにパソコンを調達する際は、

以下の数点を心掛けてもらえれば、

コスパの良い買い物ができるので参考にしてください。

 

 

 

1.家電量販店では絶対にパソコンを買わない

 

ヤ〇ダ電機などの量販店に並んでいるパソコンは

専門店に比べて、非常に割高になっているのですが、

その理由はズバリ、パソコンに標準搭載されている

内臓ソフトの価格が上乗せされているのが原因です。

 

 

昔だったら、年賀状のソフトとか、

CDへのライティングソフトとか、

別に要らないものが大量に入ってますよね?

 

 

他にも、店員さんの人件費、卸業者から仕入れてる分

原価に乗る利益分もカバーする必要があるのも一因。

 

 

要は、量販店というのは相場を知らない

情報弱者向けのマーケットであるという事です。

 

 

もちろん、知識の無いお客さんにとっては

専門知識を教えてくれたり、機種毎の違いを解説する

店員さんは神様のような存在であり、その人達に

コンサル料金を払っているという考え方もできます。

 

 

ただ、相談料は士業で1時間5000円、

高くても1時間3万円くらいが相場である以上、

この後お話しますが、実質的な価格の違いを考えると

量販店でパソコンを買うことは、お勧めできません。

 

 

同じ価格帯なら、余計なものが一切入っておらず

全ての原価を基礎スペックに割り振っている

ゲーミングパソコン、自作パソコンを推します。

 

 

2.パソコンを買う際に見るべき性能・数値

 

仕事やプライベートで必要な

最低限の機能を備えたパソコンを探す場合、

見るべき項目は3つだけです。

 

・CPU=Core i5以上

・メモリ=8GB以上

・記憶媒体=SSD128GB以上

 

 

CPUは、パソコンの一番核となる演算装置で、

これが最新の型番、高い周波数になればなるほど

パソコンのあらゆる処理速度が速くなります。

 

昔は色々な型式がありましたが、

最近はほぼCore i3/i5/i7のシリーズが占めてます。

これのi5以上を買う対象に選んでください。

 

 

メモリは、職場や自宅の机の広さのようなもので、

これが大きければ大きいほど、同時に色々なソフトを

開いた状態でも、処理速度が落ちなくなります。

 

4GBだと、パソコンを単に起動しているだけでも

メモリ容量の半分以上を食われてしまっており、

2つ3つソフトを使うだけで速度が落ちてしまいます。

 

 

それが、容量を8GBにするだけで、

ソフトを割と大量に同時起動していても

操作が遅くならず、劇的に快適になります。

 

 

なので、最低でも8GB、お金に余裕があれば

1-2万円かけて16GBまで増設するのがお勧めです。

(店員さんに頼んで購入時にやってもらいましょう)

 

 

最後に記憶媒体ですが、これは必ず

HDDではなく、SSDと書かれたものを選んでください。

 

 

SSDとは、従来のハードディスクに代わって

フラッシュメモリという、電気的に一瞬で内容を

消去したり書き換えられえる技術を使っており、

処理スピードが早いことが特徴です。

 

 

仮に、性能が高いCPUを用意しても、

SSDが搭載されていない状態のパソコンでは

その能力を100%発揮することはできません。

 

 

記憶容量はHDDに比べて少ないですが、

例え128GBでも必ずSSDであることを優先。

容量が必要なデータは、外付けの記憶媒体を

別途買ったり用意しましょう。

 

 

ゲーマーで画質や映像を優先するとか、

映像を大量処理する必要がある仕事など

特殊な事情が無い限り、上記でまず問題無い。

 

最近囲碁民の間でご用達のLeelaも、

Javaというソフトさえ使えれば

十分にサクサク動きます。

 

 

3.中古で買うなら秋葉原のジャンク通りがお勧め

 

先程挙げたスペックのノートパソコン

(CPU=core i5、メモリ8G、SSD=128GB)

の相場をざっくり一覧にしてみます。

 

 

・量販店の新品=約15~20万円

・ゲーミングPC=約10~15万円

・ブックオフ系列=約8万円

・PC DEPO=約6万円

・秋葉原一般店舗=約5万円

・秋葉原ジャンク通り=約3万円

 

 

秋葉原が異常に安いのは、

本業が卸売や法人向けのリース会社、

企業からの回収品仕入れをしている会社等が

店舗を運営していることが多いからです。

 

 

ジャンクと銘打ってはいるものの、

日本人が運営しており補償も付いているので

酷いものを並べて商売することは出来ません。

 

 

僕はジャンク通りの店を通りかかった時に

セール品に出くわし、上記スペック完備品を

1万2千円で購入しました。

 

今でもメイン機として

1年以上大活躍してくれています。

 

 

なので、中古で買うなら、

圧倒的に秋葉原をお勧めします。

 

店に関しては、自分が知る限り、

ここの店が現時点で関東圏コスパ最強です

http://www.r-cube.co.jp/realshop.html

 

 

 

4.おすすめの機種や会社

 

本記事ではメーカー毎の違いに

ほとんど言及していませんが、基本的には

外観デザインや端末の使い心地以外に

大きな差は無いと考えています。

 

 

なので、こだわりが無ければ

スペックだけ比較していれば

国産でも海外でも全く問題はありません。

 

 

強いて挙げるなら、

 

・surface等のタブレット型PC

=飲み会で碁の対局観戦に持ってこい

 

・PanasonicのLet's noteシリーズ

=外観がシンプルで落下衝撃にも強く人気がある

 

・最近のVAIO

=異様に格好いいマシンが多い

 

 

あと、パソコン買う人は、

端末本体や周辺機器に金かける前に、

絶対にウイルス対策ソフトを入れてください。

https://jp.norton.com/internet-security

 

 

年間5000円の経費をケチった結果、

カードや口座から何十倍の金額を奪われると、

初めて失恋をした時と同等の精神的苦痛を受けます

2017-07-09 11:23:53

10代20代で人生を換金するのは早すぎるという話

テーマ:囲碁全般

Yahooニュースを見ていて、

ちょっと気になる記事を見つけたので、紹介します

 

大学の学費が高騰を続ける2つの理由

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170708-00022490-president-bus_all&p=1

 

 

進学の是非を判断するために

2つのリテラシーが必要だということですが、

 

情報リテラシー

→大量の情報・質の良い情報を収集して浴びまくり、

 情報収集の精度を上げていく。

 そして日々の生活でアウトプットしまくる。

 これに尽きると思います。

 

 僕の先輩で、yahooニュースを必ず毎日見てる人がいますが、

 恐らく、情報収集のトレーニングの一環で、実社会の出来事から

 アイデアをパクったり、自分の視点を鍛える為なんでしょうね

 

 

金融リテラシー

→お金の使い方と破壊力は、

 実際に一定以上のお金を運用したり商売をしないと、

 借金の是非は、実際にお金を借りて返済しないと、

 本当の意味では分からないと思います。

 

 僕は学生時代にクレカ使いすぎて

 親に大説教されたのが大きかったですが、

 初体験が奨学金、消費者金融、カードローンの類で

 いきなり数百万とか借金を抱える場合、

 初めての体験でいい勉強になったとか言う以前に、

 いきなり重いハンデを抱えて戦わないといけなくなるので、

 社会に出る前にどこかで一度教える機会は必要だと思うのです

 

 

現行の就職事情の仕組みが変わらない内は、

偏差値が高い大学以外に数百万の奨学金を積んで

4年間を投下するのはコスパが悪いので、

大学に進学するにしても、就職するにしても、

本人に何がしたいのか徹底的に考えさせると思います

 

 

また、今の時代、自分で起業してビジネスをやる事も

可能性としては素晴らしいと思っていますが、

個人事業の規模の内は、学生生活と社会人生活で学んだ

知識と経験を効率良くお金で回収する為の手段だと思うので、

人生を金に換金するのは大学時代や20代前半は早すぎるし、

機会損失の方が大きいと思います。

 

 

もちろん、やりたくない仕事や、将来やりたい事に

繋がらない時間をダラダラ過ごすのも良くはないですが、

この時期は収入を落とす事で他のすべてが手に入るならば、

修行と割り切ってでも、やりたい仕事をやった方がいいし、

自分の尊敬する人達の元で働いた方がいいと思うのです。

 

30歳を超えると、そんな甘い事してる余裕は無くなります。

何かの分野で1日も早くプロとして稼がないと、

社会から自分の居場所が、無くなっていきますので。

 

 

他にも、若い時期は、

職業選択の自由だけではなく、

住む場所も付き合う人間も身に付ける知識も、

無限の可能性と選択枝があり、

 

伸び代を見込んで、年長者の先輩方も、

採算度外視で会う機会や育成の機会を

ガンガン用意してくれます。

 

恋愛需要も、一般的には一番高い状態らしいです。笑

 

 

なので、人生が破滅しない程度の

最低限の金融リテラシーは必要ですが、

 

あまり若いうちから生涯年収の話をしたり、

目の前の金を掴みに行くよりも

5年10年先への未来への投資だと思って、

やりたいことを徹底的にやってほしいなという、

最近30歳超えたオッサンの願いです

2017-06-03 19:08:25

高専生の採用について考えてみる

テーマ:囲碁全般

自分の過去の体験談や、

会社の人事担当者との話を通じて

高専生の採用について思うことをまとめてみます

 

 

高専卒採用側のメリット:

1.大卒より賃金を抑えられる 

2.地頭が良い 

3.技術者になりたい前提の人に技術者採用をするので

ミスマッチや離職する可能性が低い

→結論「大卒と比較して選考・採用コストが低い割に

 質の良い採用が見込める」

 

高専卒就職のメリット:

就職活動がとても楽であること。

20歳から働けること。特にプログラマーやWEB関係の仕事は

学歴関係無く技術力次第なので、具体的にやりたいことが決まってて

就職先やその先に明確なやりたいことがあるなら、

目的無く学生続けるより1日も早く仕事を始めた方がいいです

 

 

高専卒就職のデメリット:

再就職や異業種への就職転職活動が相対的に難しいこと。

技術者になる意志が無いなら高専から早々に退学して、

センター試験から大学の一般入試を受けた方がいいと思います。

10代の学生は大抵学校以外の世界を知らないから、

決断するのは大変だと思うけど

 

 

高専卒就職の注意点:

就職が楽な状況は、裏返せば

自分と十分に向き合う機会を経ないまま

大企業に入ったり社会に出ることも可能になるので、

20代後半や30代突入後に今更やりたい事とか考え始めても、

選択肢はかなり制限されます。

 

結局は人生どこかで一度は苦労するので、

若い時期に頑張るほどコスパ良し。

 

 

あと、高専に入学する人は、少なくとも入学時点では

その周辺地域で偏差値高い人間が集まってきます。

 

なので、何らかの理由で学業成績が悪い

(専門教育に興味ゼロ、大失恋、家庭問題、

教授との確執、部活や諸活動にハマりすぎて勉強しない、

鬱病や精神病、単にやる気が全然出ない)場合も、

就職して環境を変えたり何か仕込んだりすると

普通にしっかり仕事してくれる可能性は高いので、

採用側としては就職市場に出てくるのは大歓迎なのです。

 

 

現役時代に学業成績が悪いと、それが自分の人間としての

価値の全てみたいに思うかもしれないけど、

全然そんなことないし、もっと自信持っていいと思うんだと、

10年前の自分みたいな人がいたら言ってあげたいと思う

2017-05-31 18:25:44

碁石が投げ売りされている

テーマ:囲碁全般

ここ最近、1-2ヶ月に1度のペースで蛤碁石と碁笥が凄まじく安い値段で店頭で中古に並んでいる機会に遭遇しており、車の移動中に見かけたら買い取って回収するようにしています。安く調達したい方いたら、常時の在庫はお約束できませんが、是非ご連絡ください

 

本来ワーイと喜ぶべきところですが、32-33号の蛤碁石+碁笥が千円台や二千円台で売ってあると、さすがに囲碁自体が舐められているような悲しい気分になるので、自分としては転売用の購入ではなく、碁石の救済活動をしているつもりです

 

恐らく、全都道府県の小規模買取業者やリサイクルショップまで巡回すると、相場を知らない店主の店に凄まじい数の蛤碁石が塩漬けされており、あと10年20年すると「祖父が亡くなって~」みたいな話が増えて、少なくとも今の数倍のペースで市場に放り出されてくると思います。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス