タロピンの立派なOKAMAになるために 〓PART②〓
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ヤヌスの鏡

いつもは出掛けるついで等にコンビニから発送しているのですが封筒サイズじゃなく箱サイズのものを送るので朝イチで近所の郵便局まで行ってきました🏣


8月からメルカリで売り方も始めたんですが既に50点位 売りさばいてます🌀🌀


絶版の漫画やらレアなCDやビデオテープやMDまで中には元の値段より高く売れるものまで


物持ちが良い性格が幸いしたわ🍀






FODで配信されていて反響が大きくて地上波でも放映される事になった34年振りにリメイクされた連ドラを番組表で発見したので録画して観てみました💡




『ヤヌスの鏡』


📒厳格な家庭に育つ優等生の高校生・小沢裕美が、ある時、厳しい祖母に閉じ込められた納戸の中で、鏡台を見つけたことをきっかけに“ユミ”という全く別の人格を持った不良少女に変貌してしまう……






杉浦幸チャンがブレイクした伝説のドラマが34年の時を経て まさかリメイクされるなんて思ってもみなかったわ❗️


しかし実際に観てみたら それ以上の衝撃が💥


たいした下調べをしないで観たので目にしてから初めて知ったのですが、主人公に体罰を以て厳しくあたる祖母の役に国生さゆり!?


確か34年前の作品だと もっと お婆ちゃんだったような・・いったい何歳の設定なのかしら


国生さゆりチャンは同級生だから複雑な心境だわ💧💧💧


その さゆり婆様が主人公を定規で はたいたり剣山でスマホを潰したり水を得た魚のように生き生きしています✨


強烈過ぎて国生さゆりしか記憶にないわ(笑)






30分×8回ということで元の作品より凄く短くなっちゃってるから内容はシンプルにまとまっちゃうのかな?


でも毎週の楽しみが増えたわ~🎵🎵

ひとりキャンプで食って寝る

昨夜は大雨の予報が出ていたからか近所の店は祭日前だというのに臨時休業だらけで"やっちゃった"と思っていたら雨の中 3組も扉を開いてくれました🚪🚪🚪


そして迎えた飛び石の祭日


絶対に行こうと思っている原画展に雨も降り続いていて空いていそうだから行こうかなとも思いましたが


雨のうえに体感温度も低くて外をウロウロ歩いたら風邪でもひきそうだったので止めておきました⚠️


※そろそろ自分の年齢を考える御年頃






なので1日 家で寝たり食べたり読んだり観たりして過ごしていました🏠


10月に始まった連ドラまた新しいのを観ました🆕




『ひとりキャンプで食って寝る』


📒約25年ぶりにブームが到来しているといわれるキャンプ。その中でも特に注目されている“ひとりキャンプ”通称・ソロキャンと、キャンプの楽しみでもある“食事”をテーマにした斬新なグルメドラマ。






インスタント食品や缶詰めを使って調理する三浦貴大クンと、自然の食材を狩って調理する夏帆チャンのソロキャン風景を隔週で見守るというか覗き見するような作品らしいです


初回は三浦クンが富士山のふもとで食べて寝て景色を眺めているだけだっんだけど、1人だろうとグループだろうと屋外で飲食や寝泊まりなんて性格的に かなりハードルが高い(というか無理)タロピンからしたら部屋の中でソロキャンを疑似体験しているみたいでした


なんでYouTubeとかで人のキャンプなんて観てるんだろう・・って不思議に思っていたけど気持ちが少し理解できました💡






手も汚さず危険なリスクも全く無くキャンプしている気分になれる画期的な進化した飯テロドラマを形にした流石テレ東👏


偶数回の女子編は どんな感じになるのか今週末が楽しみ🎵

うまうまニッポン!食いだおれ二人旅

日曜日の朝から今日の夕方まで ほぼほぼ寝てばかりいたので週末の疲れはスッキリ🎵


※不景気でマッサージ代が捻出できない時は睡眠を多くして疲れを取ります


週明けの仕事は またまた雨からスタート☔️


最近 雨ばかりだから気分も上がらないね💧






休日の睡眠の合間に読んでいたエッセイコミックを紹介します✏️




『うまうまニッポン!食いだおれ二人旅』


📒三重県(?)に本部のあるカルト村で育った10代後半までの生活を綴ったエッセイコミック・シリーズの作者が、その後 結婚した旦那さんと日本中を車で食べ歩いた仲良し旅を綴った作品






カルト村の話や、カルト村では お金を持つことが禁じられていたので(カルト村は ほぼ自給自足的な生活)世に出て お金を持つことになった時の話を綴った作品(既刊3冊)全て読んでいるので待望の最新刊🆕


性格が真逆な2人なんだけど年の差と お互いの譲れない部分は相手に丸投げしたりスルーしたりでバランスを保って凄く仲良し


2人が旅して食べ歩くのを追体験する内容なんだけどバツが付いてしまった方々への参考にもなっちゃうという1冊で2度美味しい作品


東北から九州まで軽快に車を飛ばしちゃう旦那さんには"時間が勿体無い"と奥様と同じ意見なんだけど道中の思いがけない出逢いを楽しんでいるらしいです🚙






タロピンも食べ歩くので"アップルパイなら ここが1番"とジャンルでランク付けしたりしますが2人に比べたら範囲が狭くて恥ずかしい😅


この本も参考にさせて戴き年末年始も色々と未食のモノを沢山 食べたいと思います🍴


次の5冊目は またカルト村の事を描いてくれたら嬉しいな~🎵
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>