風の吹くまま

風の吹くまま

www.tamatebako38.com

昨夜、興奮気味の友人荒井ちゃんがやってきた。

 

購入した車が16日に納車するらしい。

この興奮度は車に興味がないぼくにとってはナニゴト??と思ってしまうが、車好きの人にとってはとにかく嬉しくて仕方がないのだ。でも友人が喜ぶ姿を見るのは楽しい。

 

荒井ちゃん、もう一つ買い物をしていた。それはiPhone11pro max。

僕と中村さんに刺激されたらしい。

 

「ところでiPhone11pro maxの写真の解像度は??」って聞かれて、そーいえば、画質の美しさに気をとられて、すっかり解像度のこと調べてなかった。

 

彼が帰ってから慌てて調べてみると

11 Proは5.8インチSuper Retina XDRで解像度は2,436×1,125ピクセル(Pro Maxは6.5インチで2,688×1,242ピクセル)、iPhone 11は6.1インチLiquid Retina HDディスプレイで1,792×828ピクセル。2019/10/08

 

これを見るとiPhone11pro maxの解像度は

 

 

解像度は200pixelで9.55MB。幅は341mmあるけど、高さが15.73mmしかない。この比率はおかしい。

 

そこで家の前で比率を変えて撮影してみた。

4:3で撮影

16:9で撮影

 

結果はなんと・・・

画像サイズは26.2MB。。解像度200dpiで512mmx288mmという結果だった。

これはプリントしても50cmくらいに大きく伸ばせるサイズだ。一般的には全く問題ないサイズにびっくり!!!!

 

超広角も広角も標準レンズも全て同じデータだった。

 

細かなデータは写真やってる人しかわからないかもしれないけど、要するにこんな小さなカメラなのに大きなプリントまでできてしまうというおばけカメラなのですということが言いたかったのです。

 

さて今日はkiyokoと来月のイベントの打ち合わせ。

 

と、その前に昼食。

kiyokoの要望というか、僕も行きたかった「青垣」でカキフライ定食(¥1.100)。

 

予約の電話をすると「カキフライですねー」とご主人。

すっかり読まれていた。

 

 

 

相変わらず優しい味に癒される。

 

カリッとした食感はさすがだ。

 

餓鬼先生からいただいた書はここに寄贈した。

 

kiyokoも満足。

 

その後、ビオ・あつみで食材を購入。

さすがにここは高級店なのでゆったり買い物ができていいね。

 

夕方、今回イベントで使用したいライトを持ってきてくれたのでテスト照射。

LEDで色温度や光量を可変できる優れものだ。

 

照射テスト。十分すぎるほどの光量でテストもOK!

 

ヤスくん。

 

iPhone11pro maxではポートレイトモードがあってスタジオで撮影したような効果が得られる。

 

これが同じ場所、同じライティングで撮影した写真。同じ場所で撮ったとは思えない効果。

 

さらにこんなことも

背景処理したモノクロ写真に!!

もう、すごいとしか言いようがない。

おはようございます。

 

今日は正常の生活に戻っています。

早い!!でも無理のないように頑張ります。

 

ここ、数日間、僕の中で気になっている言葉があります。

あいかわらずですが食べ物の言葉。それは「タコス」

 

 

どちらかというと日本人にとって「タコス」は名前は知っているけど、食べたことない、近くにタコスのお店がない、作ったことがないといったところでしょうか?

 

タコスはメキシコ人がこよなく愛している気軽に食べられるフード。

トウモロコシの皮(小麦粉の皮もあります)トルティーヤに野菜なや肉などを乗せて食べる料理です。

 

今回、なんで僕の中にひっかってきたのかというと、Netflixで見たタコスを扱った番組を偶然2つも見てしまったこと。

アグリー・ヂリシャスの「タコスにくるまれて」と「タコスのすべて」。メキシコ人のタコス愛が感じられる番組だった。

 

これに追い討ちをかけて見てしまったのがアナザースカイの「市川沙耶、憧れのメキシコ絶景」。

いやー、市川沙耶ってすごく面白い。自分を客観的に見ていられる面白い子だ。その子がタコスに拘った旅をしていたのですっかりのめり込んで見てしまった。

 

 

彼女はタコスを「カオスの世界」と言った。名言だ!

 

タコスの存在を身近に感じたのは、40年ほど前にハーバード大学を卒業して日本にきていたカイルくんにざるそばを作ってあげたら、お礼にとお姉さんとタコスを作って食べさせてくれた時。

 

タコスの皮は、メキシコ風と硬い皮のアメリカ風があって、そのときは硬い皮だった。

それでタコスの存在を知って、アメリカに行った時にはちょっとお腹が空くと食べていた。

 

先日、クックマートに行った時、タコスの皮「トルティーヤ」を見かけたので買ってみて、先日の撮影の時河原で食べたらいい感じだったので、よーし、もう少しソースとか研究しようと思って昨日材料を買ってきた。

 

本来なら、蕎麦と同じように自分で作りたてのトルティーヤを使うのがベストなんだろうけど、ちょっと無理なのでまずはソース作りから始めようと思う。

 

タコスの面白さはトルティーヤの上に何を乗せるか自由っていうのがいい。野菜、肉、魚介なんでもありだ。それを包んでまぜて食べるのがいい。日本ぽい材料を使うのもいいね。

 

しばらくはタコスにはまってしまいそう。

ある程度できたらご紹介します。

こんにちは。

 

どうにか、治療も落ちつてきました。

前回よリも早く復活して嬉しいです。

 

とりあえずご報告まで。

こんにちは。

 

コジくんのカーステレオから流れていた「ジョージ・マイケル」にすっかりハマってしまい、朝から夜までずーーーーーっと聴いている。

 

 

音楽の中には起きて爽やか、昼の活動時間、夜のしっとりした時間、また季節に向いている曲が多い中、「ジョージ・マイケル」は季節、時間を問わずずっと聴いていられる不思議なミュージシャンだ。

 

ロック系やボサノバなど幅広いジャンルで表現しているのがいいのかもしれない。でもどんなジャンルを聴いても根底には金太郎飴のようにどこを切ってもジョージ・マイケルが感じられるのだ。

 

僕もいろんな写真を撮るけど、前に「宮城谷さんの写真は優しい風が吹いているような感じがする」と言っていただいたことがあった。この言葉は僕が求めている根っこのようなものを感じてくれて本当に嬉しかった。僕の写真も金太郎飴のようどこを切ってもミヤさんぽいねと感じてくれたら本望です。

 

さて、いつまでジョージ・マイケルが聴き続けられるかな。

 

今日は市民病院の定期検診だった。

 

5分ほどで診察が終わったし・・・でも明日から医療センターで抗がん剤治療が始まるので、しばらくは満足な食事ができない。そこで今日の昼食は大好きなカレー店『Mix berry」でカレーを食べることにした。

 

〒441-8085 愛知県豊橋市青竹町八間西25−2

TEL::0532-33-8880

 

今日の日替わりカレーはエビ入りかきあげカレー。これに決定!!

 

入り口に大きな菊の花。
 
ここのカレーが大好きな理由は動物系の油を少なくして、野菜と17種類のスパイスだけで煮込んであのとろみを出しているところ。真似したくなるカレーなのだ。さらに野菜の種類が多いサラダバーがランチに付いているのも、この野菜が高騰している時には嬉しい。
 
話は逸れるけど、今リンガーハットに行列ができていると言う。
理由はちゃんぽんや皿うどんで野菜がたっぷり摂れるからとのこと。特に女性は野菜に人気があるから野菜がたっぷりと言うのはしばらく受けるようだ。
 
 
これだけでお腹がいっぱいになる。サラダバーだけ注文すると¥840もするから、昼のカレーの¥920はコスパがすごい。
 
ワカメなどの海藻類も嬉しい。
 
「エビ入りかきあげカレー」エビの風味がちゃんと感じられた。
 
これは窓際に飾られていた流木のオブジェ。犬みたいな恐竜みたいな。
iPhone11proのポートレイトモードで背景をぼかし、明るさ調整した画像。
 
荒井さんが旅から帰ってきて、お土産を持ってきてくれた。
 
しまなみ海道の「大三島」のリモーネ。レモン味のお菓子。先ほどコーヒーを淹れながらいただいた。サクッとしてほど良い甘さが美味しかった。
 
それにしても、iPhone11pro maxの画質に毎日驚いている。カメラを持ち始めてから半世紀以上経つけど、この進化の素晴らしさをどのように表現したらいいのだろう。
 
荒井さんもこの画質に感動したようで、どうも買うみたい!?
 
明日から治療が始まるので1週間は辛いけどそれを乗り越えたら近々に彼が購入した車が届くのでドライブがてら近場に撮影に行こうねと約束。
 
蒲郡にしようか!!

こんばんは。

 

竹島に着いたのは午前10時頃だった。

水族館に近づくと車が混んでいたけど、水族館の臨時駐車場は広くて簡単に駐車ができた。

 

水族館の入り口は数十人が切符を求めて並んでいた。いやはや、すごい人気になったもんだ。

水族館は後回しにして、まずは海岸に向かった。

 

見て、この行列。多分アシカのショー目当ての行列。

 

今でもこういうお土産やさんがあるんですね。

 

 

その後、歩いて蒲郡クラシックホテルへ。

 

 

相変わらず歴史を感じる建物だ。花嫁さんを乗せた車が通りすぎたていった。ビデオで撮影しているので好きな構図で写真にできるのがいいね。

 

クラッシックな館内。

 

 

さていよいよ水族館へ。

先ほどの行列はなくすぐに入館できた。

 

祝日なので、館内は超満員。

店内1周をタイムラプスで撮影。これは後ほどビデオ編集しておしらせします。

 

4Kビデオからjpgに落としたけど高画質に満足!

 

手作り感のある展示がここの特徴。

 

タカアシガニ

4K24fpsの映像は暗さにも強かった。(ビデオ映像から)

 

餌をもらう亀。(ビデオ映像から)

 

昼食は久しぶりに「とまりん」へ

水族館から車で数分。

 

とまりん

 

店内は食事ができるコーナーと海産物が購入できる販売コーナーがある。

 

販売コーナー入り口

 

ブリカマは1つ¥100。これは買うしかないでしょ。3つ購入しました。帰ってから真空パックして冷凍庫へ!!

 

さばふぐは鍋に最高の出汁がでます。今度買いにこよう!

 

食事はここで注文できる。

 

全国的に珍しい「新海鮮丼」¥1.980

 

丼の中身は深海魚のオンパレード!!

タカアシガニやのどぐろもも美味しかったけど、特にアカザエビは甘くて最高!!

 

 

深海鮮丼。もう言うことなし!

 

大アサリも注文しました。優しい味付けは嬉しい!!

 

かなり歩いたので流石に今日は疲れました。帰ってからビデオの取り組みをしながらちょっとだけ居眠りタイム。

夕食は大根とブロッコリー、もやしの味噌汁ととまりんの販売コーナーで購入した「トロサバ」を焼いて、トルティーヤに包んで食べた。サバの身+ピザソースのタコスは新しい発見。

 

今日は大変だったけど、思った通りのデータでビデオの撮影ができたし収穫の大きな1日でした。

明後日から治療に入るのでしばらくは行けないけど体調が良くなったら、また蒲郡方面に行きたくなった。

 

竹島、竹島水族館、とまりん、かわせみ、蒲郡ラグーナなど蒲郡の魅力を再発見した感じ。

Facebookに水族館の動画をアップしたら、150回の再生があり、60件のいいねがあった。

 

今回はiPhone11pro maxを入手したことで水族館に行きたくなって、そこから水族館近郊の魅力を再確認できたことが新し出会いと発見に繋がった。