毎日ジメジメと過ごしにくい日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

熱中症は気温や日差しが強い7~8月にかけて多く、

この時期は病院へ緊急搬送される人も増えます。

 

今回は前回に続き、熱中症、特に『室内での熱中症対策』のお話をさせて頂きます。

 

<こまめに水分補給をする>

普通に食事ができていて、たくさん汗をかいていないときは水や麦茶でOKです。

汗をたくさんかいたときは、スポーツドリンクの方が良いです。

日常的な水分補給は常温でもOKです。冷たい飲み物を摂りすぎることで、

体調を崩さないよう注意しましょう。ただし、早く体を冷やす必要がある場合は、

冷たい飲み物が有効です。

 

 

<部屋の温度を測る>

特に高齢者の方は、加齢により温度の変化に気付きにくいです。

体感に頼らず、部屋の目立つ場所に温度計を置き、目で確認するようにしましょう。

 

 

<部屋にこもりきりにならず、一日一回は外に出る>

外に出ないと暑さに慣れません。高齢者の方は汗をかきにくいですが、汗をかくのに

慣れると出る量も増えるので、散歩など無理のない範囲で汗をかく習慣をつけましょう。

外に出るのが難しい人は、室内でストレッチなど軽く身体を動かすだけでも効果はあります。

 

 

<エアコンを上手く活用し、暑さを和らげる>

体に直接あたらない風向きにしましょう。

冷たい空気は下におりてくるので、部屋の天井付近に送風するだけでも、

部屋全体を冷やすことが可能です。

 

 

<部屋の風通しをよくする>

窓をあけましょう。ただし、窓を開けて空気を入れても、外の温度が高いと効果が少なく、

かえって室温があがることもあります。

扇風機や送風機を活用しましょう。部屋の空気を動かすことが重要です。

 

 

<すだれやカーテンで日差しをさえぎる>

窓を開けてカーテンを閉めるなど、風は入れても直接日光は入れない工夫をしましょう。

 

 

 

環境省が主体となり、『熱中症予防 声かけプロジェクト』

 

 

として啓発活動をしています。

熱中症に関するお役立ち情報も載っていますので、一度ご覧になって下さい。訪問リハPT H

                                               

 

皆様こんにちは!

 

ここ最近25℃を超えて夏日と言われる日も増えてきております。

またもう時期、熱中症が増えていく梅雨の時期も近づいてきました。

 

今年は、外出自粛のため体力の低下や

暑さに慣れないまま夏を迎えることで

熱中症の危険性が高まる恐れがあるとも言われています💦

 

 

また、新型コロナウイルス感染症予防の為、買い物等で外に出る際は

マスクをつけて外出されていると思います。

 

マスクと熱中症については、ここ最近いろいろな意見がありますが、

・マスクをつけることで熱の放散がしづらく、体内に熱がたまりやすい。

・喉の渇きが気付きにくく脱水症状に

など、熱中症の危険が高まるのではないかという専門家の方々もおられます。

 

コロナ禍の夏、熱中症に注意 外出控え・マスク着用が発生要因に ...

https://www.chugoku-np.co.jp/living/article/article.php?comment_id=643800&comment_sub_id=0&category_id=1124

 

マスクと熱中症の関連性は今後明らかになってくるかと思いますが、

例年通り、十分な水分補給や

室内では、室温は28度以下、湿度は50~60%を目安(身体の状態や活動量等によって調整してください!)に、

熱中症とならないための対策を行いましょう!!

 

 

医療リハ とみ

立夏を迎え、日中は夏のような日差しと暑さを感じるようになりました。

熱中症に注意する時期になってきましたので、室内でも水分補給をこまめに行ってくださいね!


 連休中、子どものマスクを増産してみました(^^) 

少しでも着けたくなるよう、子どもたちの好きな柄の生地で作成しました。 
ゴムはどこにも売っていないので、天竺ヤーンを使用しました。天竺ヤーンは100均に売っている手芸用品です。
※ネットで天竺ヤーンを使用したマスクの作り方がよく紹介されているため、現在在庫切れのところがほとんどのようです。




 ゴムの代用は他にも天竺素材の服、ストッキングやタイツでもできるようです。 

マスクの作り方をインターネットで検索していると、色々な素材、作り方が載っていて、知恵に驚かされます。 



 自粛期間中も、創意工夫しながらできるだけ楽しく過ごしたいですね。 

そして運動不足にならないよう、適度に運動、ウォーキング(他者との距離をとりながら)

 免疫力を高めるために食事、睡眠、
そして家族や友人と話して笑ってストレスを溜めないように過ごしたいものです。



訪問リハビリOT平田

 

STAY HOMEということで、自粛を余儀なくされる今日この頃です。

 

前回のブログがモチベーションとのキーワードが入っていたので、

今回は私のモチベーションが上がった内容について、 

~誰が興味あんねん~ と思いながら超私的な内容をつぶやきます。

 

先日、twitterを見ていると私の好きなバンド、LOSTAGEの投稿がありました。

私が大学時代から色んなバンドを好きになり、今現在、唯一LIVEに足を運んでいるバンドです。

 

 

去年3月の十三FANDANGO7DAYS最終日のライブ音源がbandcampで視聴、ダウンロードできるという内容でした。

さっそく購入、ダウンロードし聴いてみると、当日の感情が蘇り、鳥肌が立ちました。

 

なかなか、日常生活を送っていて、気分が高揚し、鳥肌が立つことってないですよね。

 

大学時代に友人から教えてもらったときはあまり好みではなかったのに、

34年ほど前、別のバンドのLIVEで対バンとしてでていたのを、

後ろのほうのカウンターでドリンクを飲みながら、

何気なく聴いていたときにすごくかっこよかったと感じたところから、

ハマりだしたのを、

このブログを書きながら思い出しました。

 

いつどこで何に触れて、何に影響を受けるかわかりませんね。

 

自粛で家にいる時間が長く、もどかしい日々ですが、悪い変化がないことに感謝しつつ、

何か少しでもいい変化のある生活が送れるように心がけていきたいです。

 

「心身相関」

病は気からではないですが、気持ちと身体の調子は相関するので、

適度な運動と気分転換などでの気持ちの維持とを両方できるようにしていきましょう。

 

外来リハ 理学療法士 武田

 

 

 訪問リハビリで担当させていただいている、ご利用者様(男性)の中に、

ご夫婦の趣味で歩行器を使われながら全国各地に風景や季節毎の植物写真を

撮られている方がおられます。

 

 その方は90歳を超えられていますが、奥様の献身的な支えもあり、

その趣味を継続する子ことをモチベーションに、

今まで日々リハビリに励んでおられました。

 

 しかし昨年途中から、訳あって身体機能が低下し、

介助なしには外出が困難に。。

歩いて移動される機会が減り、車椅子移動が主となってしまいました。

 

 趣味の写真撮影が自由に行えず、運動意欲も徐々に低下し、

ベッド臥床する機会を増えてきていました・・・。。

 

 少しでも活動の機会を増やして、状態改善きっかけを掴みたいと思い、

当院のデイケアの利用を開始しました。

 しかし送迎時の玄関の上がり框や階段の移動に

ケアスタッフの介助にても困難感が強まってきました。

検討し簡易スロープのレンタルを提案し、CM・福祉用具の担当の方にも

協力いただき、導入となりました。

 

 CM・福祉用具業者の方には迅速・丁寧に対応いただき、本当に感謝です❕❕

 

 
   

 

 

 

 ご本人は、導入当初、自身の外出は楽になるものの大掛かりだと

否定的な様子でしたが・・・。

 

 先日訪問リハビリの時に、レンタルしたスロープを使用して

近所の桜が咲く公園まで外出をしました。

(以前よく歩く練習で訪れていた場所です。)

奥様にもカメラを持参して付き添っていただきました。

このご時世でもあったため、短い時間でしたが、桜の眺めていると

 

「また一緒に見に来られると思わなかった・・・よかった」

 

と奥様が大変喜んでいただけました。

ご本人も満足げでした。

 

 

 

  その後自宅に戻ってのリハビリは、

以前のような頑張りが垣間見られていました。

 そしてリハビリの最後に、

「来年も桜が見に行けるようにリハビリ頑張りましょうね!!」

とお伝えすると、利用者様からはまさかの・・・

 

「違う・・・歩いていくんや!!!」

 

と仰ってくれました。

その言葉私にとって大変嬉しく、モチベーションを作るきっかけ作りは

大切だと感じた一日となりました。