ATTinyライタをArduino nano クローンで | Tamesuke-Goto Maker的Blog

Tamesuke-Goto Maker的Blog

地域ISP管理者だけれど、ここ3年ほどMakerなJobが増えたのでまとめてみたいと思います 旧ハンドル Ringoro

 ATTiny13/85 を書き込みするのに ArduinoUnoではちょとかさばるので、Arduono Nanoを使ってライタを作ってみました

 

 今回この辺の記事を参考にしていますが、Arduino nano 互換機を使って作ったのですが、、

 

https://arduinodiy.wordpress.com/2012/02/28/program-an-attiny-with-an-arduino-nano/

 

なんと書き込めない、、、 直接nanoのLEDブリンクをやろうにもそれも書き込めない。。

 

どうも変。一番あやしいのは RTS端子の10uFの電解です。おかしいなと思いつつ配線を切って外してみたら、、、OKでした。

 

互換機なのでシリアルUSBはCH340仕様だし、RTS周りの回路は異なっていると考えます。とりあえずATTiny13Aには書込みできるのでよしとします。