ロックンロール以外は全部嘘 ☆ブルボンズVoカトウタクミのブログ☆
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-10-30 00:47:44

ロク嘘4年間を振り返って

テーマ:ブログ
ロク嘘をはじめてもうすぐまる4年になる

2014年の7月に一般職につこうか自分の店をやろうかハッキリと決まらないまま前職の池袋Admをやめた 

自分の店やろうかなーってのが8割でなかなかハードル高いから難しいかもなーってのが2割くらいだったかな

海に行ったりプラプラしながら8月の終わり頃に物件を探しはじめたんだけど、あの場所と広さを見て一発で決めた

他の物件はひとつも見なかった


最初はこんなんだったの


これをほとんどDIYでこうした



全然今どきじゃないし、暗くて怪しくて雑然としているけどやっぱり今でも気に入っている

部室とか溜まり場みたいな感じの場所が欲しかったし自分が行きたい店を作ったつもり

最初の1年はほとんど休まずに働いて毎日朝までやってたな(今でも月間休日2,3日くらいだけど…)

なんだかんだ毎日深夜に誰かしら飲みに来てくれて毎日ベロベロになるまで飲んだ

今では人がたくさんいるとき以外は終電で閉めることが多いけど、あの頃に朝まで飲んだたくさんの人達のおかげで今もこうして店がやれていると思ってる

4年間で経営のやり方もすこしずつ変わりヒロシは一般職へついた

代わりに昔一緒に働いていた元渋谷乙のゆうちゃんが10年ぶりに仲間になった

アマノは本当にしっかり者でオレはアタマがあがらない

ぼぶはたまにいろいろやらかすけどロク嘘の母のようであり娘でもあって姉のようでもあり妹のようでもある

この2人がいなかったら絶対にロク嘘は続かなかった

マジで感謝してる

他幽霊スタッフも辞めたやつもおもしろいやつばっかりだよね


決して平坦ではない4年間だったけど振り返って思うのはおもしろかった記憶ばかり

ロク嘘は一般的なライブハウスのようにミュージシャンを育てていくような場所ではないかもしれない

もちろん頑張っているミュージシャンを全力でサポートしたいと思っているけれど基本的にはバカな話をして飲むための店だと思っている

でもそんな店のイベントがライブハウスにも負けないくらいおもしろかったら最高じゃない?

「ロク嘘だから行きたい」
「ロク嘘だから出たい」
「なんかわからないけどロク嘘で飲みたい」


そんな店になるために毎日頭を使っていろんなくだらないアイデアを考えてます

4周年月間メチャクチャおもしろいイベントがたくさんある

何度も通ってほしい

11/1は開店記念のパーティー
朝まで1,000円で飲み放題🍺

人が来れば来るほど赤字だけどみんな来いよw

酒を浴びるほど飲んで声を枯らせて歌って騒ごう

くだらねえ下ネタトークで爆笑しよう

床がビールまみれになると思うけどきっと優秀なスタッフ(主にアマノ)が綺麗に掃除してくれるだろうw

はい

オレが悪かった

いつかスタッフみんなでハワイに行くぞ🌴





2018-09-03 12:07:33

ドライブしろ!

テーマ:ブログ
最近ライブで毎回やってる新曲「ドライブしろ!」の歌詞

とても気に入っている曲だ

ドライブの意味はそれぞれ考えてくれ




「ドライブしろ!」


眠れないまま朝が来て

オレはひどく疲れている

眠れないまま夜になり

オレはひどく疲れている


悪魔が言う

ドライブしろ!


理由なしに虚しい朝

オレはひどく吐き気がする

訳もなしに切ない夜

オレはひどく吐き気がする


悪魔が言う

ドライブしろ!


知らない街をドライブする

意識を閉ざせばFeel Alright

孤独がオレにウインクする

夜風がオレを包んでいく

三日月がオレに付いてくる

久々にタバコに火を点ける

静寂がオレの肩を抱く

オマエの顔など見たくもない

知らない街をドライブする

意識を閉ざせばFeel Alright

遠くで誰かのピアノが鳴る

欲望のままにLive


悪魔が言う

ドライブしろ!





2018-08-30 11:34:53

夏休みの宿題

テーマ:ブログ
子供の頃夏休みの宿題とか全然やらなかった

「休みなのに勉強したら休みじゃない」

とか屁理屈を言っていた気がするけれど、これは今でもあながち間違ってはいないような気がする


会社から休みの日に仕事して来いと言われたら嫌だよね
おんなじじゃね?

で、やってないものは当然提出出来ないのであって、そうなると新学期が始まってしばらくは提出を迫られる
しかしそれも9月いっぱいくらいまで提出しないとだいたいウヤムヤになっていたから結局はやらない者勝ちだ


そもそも夏休みに限らず宿題というものをやったことがなくて、今になって考えてみると、オレはすでに理解していることを何度も何度も反復することが死ぬほど嫌だったんだと思う

たとえば分数の割り算のやり方を覚えて理解したにも関わらずなぜ同じことを何十回もやらなければならないのか?
時間の無駄としか思えない
なので算数ドリルとか断固としてやらなかった
面倒くさい子供だ

理解力のある子供にはどんどん先の勉強をさせたほうがいいと思うし、海外のように飛び級もさせたほうが優秀な人材が育つと思うけどな



読書感想文とかもね、今はどうだか知らないがオレの時代は課題図書というのがあってその中の本を読んで感想文を書かなければいけなかった

「この中の本のどれかを読め」とか頭おかしいんじゃないのか?
読書というものの本質を見誤っている

たとえば教育の中で「この中のCDのどれかを聴いて感想文をかけ」と言われたら音楽を好きになることはなかったと思う

読みたい本を読んで聴きたい音楽を聴くからいいのだ
知的好奇心に制限をかけて誰かが勝手に決めた「良い作品」をおしつけるから読書が嫌いになる

高校を卒業してから読書ってこんなに面白いものだったのかと驚いた



オレのようなバカが教育に口を出すのは100年早いかもしれないが、オレのようなバカにも分かることが教育者達は分かっていない


夏休みの宿題なんてやる必要ないんだぜ


みんな好きなことをやって遊べ🏖

子供の頃の夏は一生の宝だ⛵️









1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス