ご訪問ありがとうございます。

 

海近収益マイルーム実現に向けて奮闘中の週末DIYヤーのサラリーマン大家です。

 

海近収益マイルーム、初めての方は

 こちらをご覧ください → 過去のブログ

 

今回も、自宅のリフォーム

仕切り壁の続きです
作業開始の前に難問があったんです

それは

資材の搬入

インニッサン
PB(石膏ボード)
鳩小屋には在庫があったものの
4mもの角材
サブロク
(3尺×6尺 910mm×1820mm)
のPB(石膏ボード)
9枚なんて

愛車シエンタちゃんには
そのままではとても載りません
(ベンツよりレクサスより
軽トラが一番欲しい鳩小屋大家です)

更に

自宅3Fまで運ぶのは至難の技

ということで、考えたのは

分割して搬入する方法

PB(石膏ボード)は半分にカット

インニッサンも車に乗る長さにカット

更に、車の後部座席はフラットでないため
大量のPB(石膏ボード)を載せると
重さはゆうに100kgを超え
間違いなくその重さでPB(石膏ボード)が
割れるため
壁下地に使用するインニッサンで
格子状のバレットを作って車に載せました
(写真撮り忘れた、PB(石膏ボード)下にパレットがあります)

サブロクを半分にカットし
合計18枚のPB(石膏ボード)
重さは約130Kgにもなります

1820mm程度にカットした
インニッサン

では、作業手順の説明です
① 壁下地位置の決定
② 壁下地の墨付けと設置
③ PB(石膏ボード)下地の設置
④ PB(石膏ボード)貼り付け

以上です

では詳細説明です
① 壁下地位置の決定
鳩小屋大家は木造軸組み工法が好きです。
ツーバーフォーやプレハブ工法は
好きではありません。
自宅ももちろん、木造軸組み工法です
木造軸組み工法の場合、柱の間隔は
通常3尺(910mm)です。
ドアや押入れ等の収納やコンセント位置なんかを確認すれば、大抵、柱の位置は確認できます。

② 壁下地の墨付けと設置
今回、仕切壁下地を、家の柱に抱かせるイメージで、壁にしますが、床、壁、天井を
360度回します。

そのため、抱かせる柱の位置を確認し
レーザーを当ててで壁下地位置
360度 全方位
チョークで墨付けします
薄くて見えにくいですが、赤のチョークでスミ付け済です(レーザーの右55mmの位置)


チョークに沿って、インニッサンを壁(実際には柱)ビスで留めていきますが、予め床とそこに立つ縦の下地は床側からビスで留めた上で、床の下地を床にビス留めしていきます

今回、搬入の関係で途中で結合させる必要がりましたが
できれば、極力1本で結合させない法が
強度的にベターでしょう


③ PB(石膏ボード)下地の設置
今更ですが
設計図はこちら
「一ます」のサイズは1.5尺(45.5mm)になります
PB(石膏ボード)は3尺×3尺になります
ボードの接合部が下地材の中心に来るよう
下地を取り付けていきます

下地のインニッサン(30mm×40mm)は
ボードと接する面をできるだけ広く
取りたいので
ボード面に40mmを配置し
すべての下地材は同じ向きにし
壁厚を等しくします

横方向にも、下地材を正確に測って入れていきます。
下地材の接続は凸凹なく正確にビス留めする必要があるため(づれて下地が付くと、PB(石膏ボード)が割れてしまいます)
クランプ(ダイソーで購入)でしっかり固定して
65mmの細ビスで「忍び打ち」という
斜め打ちの方法で2箇所づつビス留めしていきます
その際、木割れを起こさないよう
キリビットで下穴を開けてから
ビス留めするのが無難です。
場所によって、L型アダプターでビス留め

④ PB(石膏ボード)貼り付け
ボードビスというビス(38mm使用)で
約0.5尺(15cm)間隔で、ビス留めしていきます
ボードを貼ると、下地位置がわからなくなるので、マスキングテープ等で床や天井に印を付けておきましょう

両サイドにPB(石膏ボード)を貼ります

ちなみに、エアコンの空気が上で行き交うよう
上は敢えて開けるました

長くなったので
今日はここまで

次回は、今回の失敗と反省点 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 ブログランキングに参加中です、「ポチッと」押して頂けたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへ