ニューヨークブルース。国際結婚の悲喜コモゴモ・・・

ニューヨークブルース。国際結婚の悲喜コモゴモ・・・

ニューヨークに暮らして早や31年目。
日本の田舎出身の私と、アメリカの田舎出身の夫、
NYマンハッタン生まれ育ちの大学生の息子の、
3人家族が織りなすニューヨーク生活を、
思いつくまま綴っていきたいと思います。

ここのところシリーズにしている、アメリカンリアリティ番組のバチェラーの新しいエピソードはまたなかなか興味深かったが、まだ書く準備ができていない。(画面の写真を撮るチャンスがないので)


しかしアメリカ人夫のイカオスライムが、めずらしく政治ニュースのチャンネルでなく、エクセス・ハリウッドだったかの、芸能界ゴシップニュースを観ていたので、私の目に入ったものは




やっぱりバチェラー関係のニュース!😅



現在トップ3のコンテスタント中で最も有力候補のレイチェル(息子のクラゲが最初から優勝候補に選んでた女の子) 


(レイチェルの記事はコチラ右差しニセモノのシンデレラ・ストーリー❗️)


が、レイシスト(人種差別者) であったことを露呈するインスタ写真が公開されて問題になっているのだ。

2018年に、大学在学中のイベントで、アメリカ南北戦争以前のプランテーション(大規模農園)の農園主の令嬢の扮装をした時の記念写真。
なぜこれが人種差別的かというと、当時の大農園主は、黒人奴隷を多数所有していたので、現在でも黒人の人々にとって、プランテーションとその主たちは屈辱的な忌まわしいイメージだから。
レポーター「過去の、人種問題に無神経な写真の投稿や、人種差別的イジメ(高校時代、黒人の彼氏を持つクラスメイトに対してらしい) が明るみに出たレイチェルは、果たしてマット(バチェラー主役) に選ばれるのか!?」



※ 番組収録中は、外部の情報は入れてはいけない決まりなので、勿論マットは番組中はこの事を知る由もない。




バチェラーの司会を、初回の2002年からずっと務めているクリス・ハリソンは、今月9日のTVインタビューで、レイチェルのこの写真は彼女がまだ分別のつかない少女の時のものだから、大した問題じゃない、とコメントした事でバッシングを受け、どうやら今回で番組を降板するらしい。


たったそれだけで、番組を追われるとは少々気の毒な気がするが、「少女の時のこと」ったって、たった3年前の2018年のことである。現在24歳だから、もう21歳だった訳だ。



しかもレイチェルは、自分で自分のインスタグラムに載せたのだから、きっと最近までそれがそんなに悪い事だと思わなかったという事だ。



(ちなみにレイチェル本人も、先日オフィシャルに、自分のやった事はレイシスト行為だったと認める謝罪文を公表した。)



私はインスタグラムのアカウントを持っていないので、インスタグラムに関してまったく無知で



先日の記事でも書いた通り、マットの親友のタイラーが、バチェラレットに出演して人気者になり、インフルエンサーとしてインスタだけで生計を立ててると聞いて、超驚いた。




インスタグラムって、影響力あるのねえ〜❗️びっくりびっくりびっくり




と感心するばかりである。




なのでインスタやってる皆さまも、くれぐれもお気をつけ下さいましね。お願い




ちなみに現在のバチェラーに出演している(もう敗退した子も含めて) 上位の女の子たちの、インスタのフォロワー数のチャートを見て



超ビックリ❗️😳ハッ

トップ10コンテスタントと書いてあるが、なぜか、「11人いる❗️」ですぞ… ???




ずば抜けてフォロワー数の多いトップの4人は全て白人❗️👩


(1位レイチェル、2位ケイティ、3位アビゲイル、4位キット)


残りのカラード(有色人種)の女の子たちとの差が激しすぎる❗️




これは一体どういう事なのか…汗汗汗




バチェラーの視聴者は、白人(もしくは白人びいきの人) が多いという事か…?





現在批判を浴びているレイチェルの、411,000人のフォロワーの中で、彼女に幻滅した人は、何人くらいいるのだろうか⁉️



(フォロワーにも人種差別者が沢山いそうだな…)汗




いや〜… ソーシャルメディアの世界は、侮れませんなあ…😓




ホント気をつけましょね!🤭





いつもお読み頂き、本当にありがとうございます 🙏

 

 


コメント欄、お休みさせて頂きます🙇‍♀️


 

 


どなたにでも押して頂ける、ランキング応援クリック、よろしければポチッとお願いします ほっこり

ダウン   ダウン   ダウン
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ   

にほんブログ村

 
 
こちらもできればお願いします🙏
ありがとうございます!🙇‍♀️
ダウン     ダウン     ダウン