知らないからやめておくのか、知らないからやってみるのかで、人生は全然違ってくるのを感じます。

 

image

 

迷うときは、自分の中に何らかの観念が動いている時です。

 

たとえば、以前、妹とカフェへ行ったとき、妹が2つのケーキで迷った末に「こっちにしとく」と言いました。

 

理由をと聞くと「さすがにケーキ2個はどうかと思った」と言います。

 

そこで2つをシェアする提案をし、妹は食べたかったケーキを2種類とも味わうことができました。

 

image

 

ケーキは1日1個までOK,2個目からはNG…と決め事があると、ほかの選択肢を考えることなく取捨選択します。

 

決め事は、チャレンジの可能性を最初から諦める癖を育てていくことがあります。

 

とはいえ、食べ物やお買い物などについては余暇の部分で妥協しても良いのではと私は考えています。

 

私が妥協しないのは、魂の成長のための学びや行動です。

 

それは自分のためだけでなく、関わるクライアントや身近な家族、友人にも良き影響があると信じています。

 

ずいぶん昔の修行時代、魅力的なセミナーがたくさんありました。金額もかなりの高額で(価値を考えたら高額でもなんでもないのだけど)やりたいことにお金がついていかないという葛藤を味わいました。

 

だけど、学びたかったです。

 

だから

 

・まず申し込み、意識をそこへ繋ぎ

・目標を定めて資金を作る

 

を繰り返しました。

 

 

葛藤が、自分を成長させてくれたのです。

 

申し込んでもお金が用意できないかも…と確信が持てないときは、締め切りギリギリに申し込んでいました。

 

学びたいという自分の声を尊重して、まず申し込むことを一番に行うようにしたら、全ての流れが変わっていきました。

 

結果、お金は生み出せるものだという概念を育てていくことができました。

 

image

 

行動の順番を変えると、できることが増えていきます。

 

クライアントが教えてくれた実例で、面白い話があります。

 

毎朝、お子さん達の支度をして保育園へ送るとき、自分の身支度が間に合わずメイクもそこそこに出かけていたそう。

 

それが、朝、まず自分のメイクからするようにしたら、やることが変わらないのに、時間が余るようになったとのこと。

 

何かを新たに加えたわけではありません。

面白いでしょ?

 

順番を入れ替えただけなのに、こうした変化が起きて心も時間もゆとりが生まれるのはよくあるのです。

 

 

まず結果を決めて、そこへ向かう行動だけを選択していくとスムースでスピーディに実現していきます。

 

決意が弱いと、道が遠のくようなことをアドバイスする人と繋がってしまったりします。(それも潜在意識が起こしているのだけど)

 

シンプルに、絶対こうなりたいという自分の未来をイメージして決めましょう。

 

もちろん、近づいていく過程で目標が変化していくこともあります。そうしたら調整していきましょう。

 

諦めないクセをつけましょう。

これは生き抜く力でもあります。

 

魂は、成長したい、体験したい、拡大したい、喜びたい、楽しみたい。そう願っています。

 

私はその魂の好奇心に応えるべく、チャレンジする機会を自分に与えたいと思っています。

 

そして、その機会は、ある工夫をすることで、より素晴らしいタイミングでキャッチすることができるようになります。

 

明日はそのことをお話ししますね。

 

image

 


出羽三山からの遠隔セッション、お申込み締め切りは6月3日正午です。
 

過去と現在を癒し、未来を創造するエネルギーワークです。
 

 

 

宝石赤メールマガジンこちらです。(購読お申し込み後、確認メールが届きますのでメールボックスをご覧ください。)

 

それでは、今日もこの言葉で。

 

素敵な一日を虹

 

LINE公式アカウントでメッセージを配信中です。
ハッピーをたくさんお届けしますね💕
購読はこちらのボタンからどうぞ。
 

友だち追加

 

宝石紫プライベートブログこちらで更新しています。

 

 

答えを知りたいと思うとき、実は自分が思う答えを他の人からも言ってもらいたいと思っていることがあります。

 

image

 

私は仕事柄、たくさんの相談を受けます。

そのほとんどは、答えが知りたいという相談です。

 

だけど、その実は、ご自身が思う答えと私の言葉が一致するのを待っているというケースも多いのです。

 

答えを知りたいと思っている時には、ぜひ、さらに奥を探ってみましょう。

 

image

 

なんでも代わりに決めてくれる存在(親など)がいると、考えるという力を育てる機会が少なくなります。

 

すると、ある時、「私は何をしたいんだろう」と道に迷うのです。

 

私自身もそうでした。

周囲の期待に応えれば喜んでもらえるので、それが私の生きる道だと思い込んでいました。

 

そしてひょんなことで、それは本心ではなかったことに気づき、そこから新しい道が開いていったのです。

 

image

 

スピリチュアルな旅は、「自分で決める」が大元です。

 

それを大前提として、相談をするときは、「答えが欲しい」とか「答えをくれ」という構文をやめて、いったん自分の気持ちを感じてみましょう。

 

わからないはエゴの声です。

魂は、意志を持っています。

 

 

大昔ですが、「仕事をやめるべきですか?」と相談がありました。

 

「やめるべきと言ったらどうしますか?」と私。

 

「じゃあ辞めます」とクライアント。

 

…それは私が決めることではないですね。

 

大事な決断を代わりに決めるような答えはできないので、考え方のヒントをつかめるよう問いかけを返していきました。

 

image

 

答えを言うほうが簡単です。

言わないでいるほうが、難しいです。

 

セラピストやカウンセラーは面倒見がよくて、おせっかい気質の方も多いです。

 

だから、ついつい誰かの相談を聴いて解決しようとしたり、代わりに何かをしようとしたり、答えを出そうとしたりしがちです。


ある意味、誰かの課題を肩代わりしないことを学ぶために、その道へと導かれたかもしれません。

 

そして、代わりに答えを出して欲しい人と縁が結ばれるようになっています。

 

共同創造だから、互いに学ぶことがあるのです。

 

相談する人は、相手に決めさせようとしない質問の仕方を考えてみましょう。

 

相談される人は、課題を肩代わりしないよう、自分で考えられるように問いかけを返していきましょう。

 

image

 


 

5月度の遠隔セッションは、6月1日~3日に行います。

過去と現在を癒し、未来を創造するエネルギーワークです。

お申込み締め切りは6月3日正午です。

 

 

 

宝石赤メールマガジンこちらです。(購読お申し込み後、確認メールが届きますのでメールボックスをご覧ください。)

 

それでは、今日もこの言葉で。

 

素敵な一日を虹

 

LINE公式アカウントでメッセージを配信中です。
ハッピーをたくさんお届けしますね💕
購読はこちらのボタンからどうぞ。
 

友だち追加

 

宝石紫プライベートブログこちらで更新しています。

 

 

自問自答をもっと上手にしたいという思いを持っている方は多いかと思います。

 

image

 

自分を観察していくのに有効な方法は、問いかけを洗練させていくことです。

 

質問力の上達には、誰かに質問をするときの文章をよく観察していくことが有効です。

 

私は、質問をすることも受けることも多いです。

 

今日は実際にあったやりとりの中から、こんな風に構文を変えてみてはというケースをご紹介しますね。

 

image

 

旗ケース1
  〇〇神社を参拝しようと思います。

  月曜がいいですか?火曜ですか?

  ほかによい日はありますか?

 

複数の質問を一気にする例です。
 

聞かれた側は、パッと回答しづらいです。

 

例えば、

 

  〇〇神社を月曜に参拝しようと思っています。

  ほかによい日はありますか?

 

これなら質問がひとつになりますね。答えやすいです。

こうしてまとめていくつも質問する人は、「とりあえず」癖があることが多いです。

 

とりあえず全部聞いておけば、どれか答えは得られるだろうと思っているわけです。

 

また、自分の中に答えを持っていて、そこへ誘導しようとしていることがあります。

私は誘導に気づくので、逆に「私からどんな答えを聞きたいと思っていますか?」と問いかけることもあります。

ひとつ質問をして、相手の答えを待っていられない理由を観察してみると、思考パターンに気づくことができますね。
 

 

旗ケース2

 講座開催時に〇〇を準備しようと思います。

 準備しないほうがいい感じですか?

 

否定形の質問の場合、YESと言ったときに準備しないほうがいいのか、してもいいのか、問いかけられた方は一瞬、答え方に混乱します。

また、「感じですか?」も回答しづらい質問の仕方です。

オフィスで上司にその聞き方はしないと思う(笑)

 

例えば、

 

  準備してもよいですか?

 

だと、はい・いいえで答えやすいですね。

 

こうした質問をする方は、物事を明確に伝えることに対して躊躇があるのかもしれません。

 

構文のクセとして、

 

「しないほうがいいかなぁ」

「行かないほうがいいかなぁ」

 

と否定形が習慣になっている可能性があるので、自問自答するときに書き出して文章を確認してみましょう。

肯定系の質問のほうが相手に伝わりやすく、願いの実現もスムースになります。

色々なことの実現スピードが変わるので、ぜひ取り組んでみてください。

 

image

 

旗ケース3

  部屋の温度は大丈夫ですか?

  暑いですか?寒いですか?

 

実際にあった、思わず笑ってしまった例です。

 

ひとつめの「室温は大丈夫ですか?」に私が回答したら、この疑問は解決します。

だけど暑いかな?寒いかな?と文章を作るということは、意識があちこちに及んでいるということです。


私個人的には「大丈夫って言ったのになぜ更に2回も確認するんだろう」と思います。

 

人によっては、答えを信じてもらえていないと感じることもあるでしょう。

 

こうしていくつも確認する人は、幼少期に母親から質問されて、すぐに返事をしないために、

 

「ごはん今食べる?あとにする?」

 

と聞かれるようになっていたことが多いです。
(この質問者の方もそうでした。)

 
そういう環境で育ったから、ひとつの質問に見えつつ別方向の問いかけが含まれる構文を作るパターンが出来上がったのです。

 

思考をシンプルにしたいと願うなら、質問を絞るようにしましょう。そして、ひとつ質問したら、答えを待ちましょう。

 

image

 

質問を立て続けにするクセがある人は、思考が忙しいです。

忙しい思考パターンが生まれるには、環境や後天的な影響があってこそです。


中には、家系で何世代も受け継がれてきているパターンもあります。

 

それを見つけていくプロセスは、発見の連続で、とてもドラマティックです。

私は以前、祖父が「神様はおるかおらんか分からん」と言いながら橿原神宮に寄付しているのを目撃しました(笑)

 

その後、帰宅してテレビをつけたらこの画面が飛び込んできて、びっくりしました。(ガンダムのワンシーン)
 

 

意識の気づかない部分に隠れている信念・観念を見つけることは楽しいです。

 

見つけて変えればガラッと世界が変わります。

 

遠隔セッションで信念にグイグイ切り込んでいきますので、無意識のデータを変えてハッピーになりたい方、ぜひご利用くださいね。

 


 

5月度の遠隔セッションは、6月1日~3日に行います。

過去と現在を癒し、未来を創造するエネルギーワークです。

 

 

 

宝石赤メールマガジンこちらです。(購読お申し込み後、確認メールが届きますのでメールボックスをご覧ください。)

 

それでは、今日もこの言葉で。

 

素敵な一日を虹

 

LINE公式アカウントでメッセージを配信中です。
ハッピーをたくさんお届けしますね💕
購読はこちらのボタンからどうぞ。
 

友だち追加

 

宝石紫プライベートブログこちらで更新しています。