また起きた大地震。

東日本大震災からもうすぐ10周年。その間、原発事故による放射能漏れの恐怖、台風被害、新型コロナウイルス感染症拡大、そしてまた起きた大地震。翌々日の天気は大荒れ。次からつぎから試練を与えられている様に思ってしまいます。

 

試練といえば、2週間前からAmazon prime videoで見るようになったアニメ「Re:ゼロからはじめる異世界生活」。主人公は男子高校生18歳、訳ありで登校拒否をしていてひきこもっているナツキ・スバル。ある日の夜、コンビニに出かけ、買い物を済ませて店から出た直後、一日中ゲームをしていたからか目がかすむ。目をこすり開いた瞬間、見た光景は異世界・・・。服装は、ジャージにスニーカー。持ち物はガラケーとコンビニで買ったカップラーメンとスナック菓子を袋に下げた状態から数々の試練にぶち当たりながらも話は進んでいく。唯一、死に戻りの能力を持っている為、やり直しが効く。もし、あの時、こうだったら。もし、あの時、こうしていれば。所謂、タラレバが許されてしまう非現実の世界。小説から漫画に。漫画からアニメ化された様です。

リゼロの主人公のスバルは、やり直しができて羨ましくもあり、ダメ男でムカつくやつでもある。でも、ベンチプレス80㎏、木刀毎日降って握力70㎏、引きこもりでもお父さんの影響からか、トレーニングはしていた様で。引きこもりには、うつ状態で病的な引きこもりタイプや、ひとりの時間を有意義に活用しているひきこもりタイプなど、ひきこもりになった原因はそれぞれだけどいろいろなタイプがいると聞いたことがあります。スバルは学校へ行く時間になると胸痛が起こる。でもその時間を過ぎてしまえば後者かな。

 

私が高校時代、陸上部の顧問が常に発していた言葉。それが「タラレバじゃだめなんだよ!」。毎日の練習ひとつひとつしっかり集中して、大会で最高のパフォーマンスを出せるようにする。その為の練習なんだから、あの時、こうしてタラ、あの時こうしてレバにならないように、後悔しないように練習に打ち込め!。と。

 

そう、リアルではやり直しができないのが当たり前。試練をあたえられながら、その試練が勉強する機会を与えられている様にも思えます。

運もあるのかもしれませんが、実際に、東日本大震災の時は、もう仕事を続けていく事ができないかもしれないと考えたけど、頼りにされて仕事を続けていく事ができました。水害で被災したときは、無我夢中で作業して、復旧して多くの人に助けられて、多くのことを学びました。

ひとりじゃない。人に支えられている。頼られている。だからこそ自分にできることはしてあげたい。ここはリゼロと被るとこ。だからリゼロの沼にはまってしまいました。

 

リアルでは、これからも試練は続くことでしょう。だけど絶対負けねぇ!何回心折られても負ける気がしねぇ!(なんだろ?違うキャラの様な・・・。)

 

答え:ウイルス感染予防になりません

 

ウイルス感染症の直接的な予防方法は、

・手洗い

・手指消毒

・マスクの正しい着用

※マスク装着の目的は、飛沫量を減らしたり吸い込む量を減らすことで、感染確率を極力減らすことを目的としています。100%防ぐことは不可能ですが、確率を下げることには有効な手段です。

・こまめな水分補給

・うがい

・鼻水をすすらないで出す

・3密(密接、密集、密閉)を避ける

・こまめな換気

 

筋トレをして筋肉量を増やすことは、直接的な予防方法にはなりませんが、間接的な予防方法として考えれば、有効的な手段です。感染予防にはならなくても、重症化予防に役立つ可能性があるのが筋肉です。
 

極端な話し、免疫力を強くするという言葉の場合あてはまるのは、「筋肉」よりも「脂肪」の方です。逆に、「筋肉」が多く「脂肪」がほとんどない場合、ウイルスや菌に対する抵抗力が抑制されてしまいます。いわゆる免疫力が弱くなります。言葉では、強い、弱いと言いますが、免疫については、強いから良いとか弱いから悪いという考え方は、正しい表現ではないのかもしれません。

 

菌やウイルスが体内に入ってきたときに脂肪からは、免疫に対して働きを応援するメッセンジャー物質が出されます。菌やウイルスが減ってきたときには、筋肉から免疫に対して活動終了する合図をかけるかの様なメッセンジャー物質が出されます。

 

新型コロナウイルス感染症に罹患し、重症または亡くなられた多くの方々がメタボリックシンドロームの方だったと報告されています。脂肪が多いと免疫力が強いはずではなかったのか。確かに免疫はしっかり働き、脂肪から出された免疫に対する応援物質により更に免疫は活性化され働きます。結果、働きすぎて、免疫自体が自滅するまで働きます。多くの免疫が自滅した結果、血栓ができやすくなってしまいます。

出来た血栓が、肺の循環、心臓の循環、脳の循環、その他の臓器の循環を止めてしまうことで各臓器の機能が低下してしまいます。血栓が溶けないまま更に血栓が集まって太い血管を詰まらせてしまうと完全に臓器の機能は停止してしまいます。

血栓の予防薬が効くかもしれませんが、そうとも言い切る事もできません。予防薬の効果以上に血栓が出来てしまった場合が考えられるからです。また、大きな血栓を溶かす薬が使用できるのは、血栓によって完全に詰まってしまってから(梗塞がおこってから)約4時間以内と決まっています。その理由は、血流が低下または止まってから、梗塞が起きた場所から末端の血管(主に毛細血管)は、溶ける様に崩れて血液が漏れ出てしまう状態になります。その状態が酷い状態になってしまうのが4時間以降という考え方があるからです。もし、梗塞が起きて4時間が経過した状態で血栓を溶かす薬を投与した場合、何が起こるか考えてみましょう。

 

血液が漏れてしまうということは、内出血が起こります。

 

重症化しても回復する場合とそうでない場合の境目は、大きな血栓による梗塞の有無の鑑別が早期にできるかどうかだと思います。それが出来るのは、現場の医師しかいません。

 

一般に言われている「免疫力を高めましょう」は、コロナ禍に入って考えさせられました。これからは「免疫のバランスを整えましょう」が正しい言い方になると思います。免疫バランスを整える為に役立つ筋トレをしましょう。

 

実は、免疫の暴走を抑制させる物質は、他にもあります。免疫細胞を作る組織や免疫細胞自体から特殊なたんぱく質が出されていて、そのたんぱく質が免疫の暴走を抑える役目をしています。そのたんぱく質が多い人は重症化しない。少ない人は重症化している。と報告されています。高齢者の場合、免疫細胞を作る組織が委縮している方が多いため、組織から出されるたんぱく質は少なくなってしまうことから、高齢者が重症化しやすい原因のひとつとなっています。

 

【注意】「たんぱく質」というキーワードをみて、まるでたんぱく質を摂取すると新型コロナウイルス感染症に良いという解釈は大きな間違いです。プロテイン飲料が売れてなくなるんじゃないかと勘違いするのはやめましょう。

 

 

2019年~2020年の冬と現在の冬の気度を比較すると、今シーズンはいかに気温が低いかわかると思いますが、感覚的にも寒さが身に染みていて、既に実感していると思います。新型コロナウイルス感染予防の為に、当館では、こまめに換気をしている為、先月(12月)分の電気料金が過去最高額になっていました。本当に今シーズンは寒いですね。

約一年間、新型コロナウイルス感染拡大防止の為、多くの方々が行動を制限されてきました。そして、昨日、またも制限が強くかけられるようになってしまいました。感染予防の為には、人の交流を抑える必要があるのは確かです。ただ、行動制限を掛けられることによって、生活活動量も落ちます。1日の中で身体を動かす時間が更に減ってしまいます。自ずと筋肉を使う頻度も落ちる為、いつの間にか筋肉量が減ってしまいます。それは、体温も下がることに繋がります。

体温が下がると何が起こるでしょうか。ウイルスや菌と戦う免疫の活動が弱くなります。免疫力が落ちる。下がる。という現象が起こるのです。いくら暖かいものを食べても飲んでも、体温を持続する為には、筋肉量を増やす事が必要です。筋肉量を増やすには、筋肉を使う活動をしながら食べたり飲んだりする必要があります。ただ食べたり飲んだりしてるだけでは、脂肪が増えてしまいます。脂肪が増える事は、いろいろな病気のリスクを増やしてしまいます。脂肪が多いと免疫の暴走が起き易くなることもあります。

第2回の緊急事態宣言では、運動施設が対象から外されました。とは言え、感染予防を十分に行ったうえで運動することが必要であることに変わりはありませんが、定期的に運動を行い習慣づける事で、体温を上げ、免疫を働きやすくすることが出来ます。他にも持病の悪化に歯止めを掛けたり、さまざまな病気の予防にも効果的です。激しい運動をしなくても、軽めの運動であったり、こまめに身体を動かしたりすることでも効果はあります。運動する機会はなるべく減らすことなく、逆に今までよりも少し増やしていくことが大切です。

第1回の緊急事態宣言で、活動量が減り、脂肪量が増えた方は、特に活動量を上げて、筋肉量を増やし、このシーズンを乗り切りましょう。

健康の維持・増進に、たけのこ鍼灸館のエクササイズルームをどうぞご利用ください。