瀬戸龍介さんのコンサートへ | 竹内文書の世界を旅する三和導代のブログ

竹内文書の世界を旅する三和導代のブログ

竹内文書の研究家・高坂和導の遺志を継ぎ、三和導代が古代スメラミコトの足跡をたどり、世界を旅するブログ


テーマ:

三和 導代 です。

 

昨日は東京の代々木で瀬戸龍介さんのトーク&コンサートに行ってきました。昨日で36回続いているコンサートです。私は昨日で4回目か5回目です。

 

昨年は初めて酪農会に参加させていただき、田んぼでお米の収穫を体験させていただきます。田んぼの中で素足で土に触れる素晴らしい体験をさせていただきました。

 

昨日のコンサートは70年代前後のフォークソングから始まり、最後は不二 高天原 でした。私はこの不二 高天原は何度CDで聞いたことでしょうか。歌もさることながらトークは守っている一緒に地球を愛し守っていこうという瀬戸龍介さんのメッセージがひしひしと伝わってきました。

 

最初ので出会いは故江本勝先生のテーマソング「水の詩」でした。水のフェスティバルでお目にかかって以来のファンであります。私が高坂和導の後を引き継ぎ、最初の公でも講演会にもエレーナ夫人とお越しいただきました。

 

瀬戸さんは本当に年齢不詳、いやはやお若い。そう瀬戸さんが言われるように年齢など全く気にする必要はないと私も思います。コンサートのお客様はお若い方がとても多く、いつも満々席です。いや、この活気、素敵です。

 

不二・・・・・・富士山は日本を代表する山、偉大な山、国常立大神様が君臨する凛としたお山であります。

三和導代さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ