おおらかなポルトガル人 | 竹内文書の世界を旅する三和導代のブログ

竹内文書の世界を旅する三和導代のブログ

竹内文書の研究家・高坂和導の遺志を継ぎ、三和導代が古代スメラミコトの足跡をたどり、世界を旅するブログ


テーマ:

三和 導代 です。

 

リスボン戻ってきました。2週間天候に恵まれた日々でした。

 

アソーレス諸島でもリスボンで眺望の素晴らしい景勝地のホテルやマンションを買いあさる中国人はここでも驚くほどの速度で広がっています。

 

しかし私が今回勉強になったのはポルトガル人のおおらかな反応です。これは大航海時代に世界を制覇した人々の短期間でなく長期間で物事を見るという姿勢でしょうか。こんな中国人旋風も時代の一部であり長期間続くことはあり得ないと考えていますので、どんとした姿勢です。

 

EUのメンバーでありますが、それほど経済が豊かではないポルトガルですが、幸福度は抜群に高い印象を今回、どこでも感じ釣ることができました。

 

人間は確かに上を見ればきりがなりですね。現在の幸せを大事にすることをこの国に来て学ぶことができました。つまり、現在生命を受けて元気で生きていられることに感謝ですね。

三和導代さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス