マンガは時として真実を語る | 竹内文書の世界を旅する三和導代のブログ

竹内文書の世界を旅する三和導代のブログ

竹内文書の研究家・高坂和導の遺志を継ぎ、三和導代が古代スメラミコトの足跡をたどり、世界を旅するブログ


テーマ:

三和 導代 です。

 

マンガ文化は全く無視できない存在です。日本の漫画は世界でもトップクラス。この影響力は本当にすごいものです。

 

真実を語る書を世間に出しますと、非常にバッシィングを受け、お蔵入りせざる得ませんが、アニメの世界は史実でないファンタジックな世界として受け入れられますので、許されるのです。

 

消されないで世に伝えるにはこの方法が一番強いかもしれません。私が最近であった日本語の漫画を紹介いたします。

 

「UFO・宇宙人 衝撃の新説」 宝島社 556円です。低価格でどなたにも読めるマンガです。本嫌いの人、特に若者に読んでもらいたい本です。もしかするとコンビニでも買えるかもしれません。真実は結構近場にあるものです。

三和導代さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス