きらきらマルシェin神楽坂 出店者のご紹介⑩ AMU | たかたかのブログ

たかたかのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

ご出店者様のご紹介です。


🌹AMU
🌹ご出店内容…編みぐるみ販売

 

編みぐるみ作家・AMU
“糸と糸を編み繋ぎ、人の縁と心を編み繋ぐ” 事をブランドテーマにして作品を作成しています。
VANTANキャリアスクールデザイン科を卒業後、デザイナーとして就職。


退職後、毛糸の魅力に取り憑かれ、2015年12月、日本手芸普及協会かぎ針編み認定講師の資格を取得。
ネット販売・イベント販売を中心に活動。

 

今回は“TOGA”というテーマを基に実在しない生き物を作成しました。
この子達、“TOGA”とは“咎”のこと。


古来より妖怪や鬼は人間の心の闇、恐怖心から生まれたものだとされ、暗闇や背後など目に見えない場所や物事に対しての不安が恐怖心となり目に見えない畏怖の存在として妖怪を生むと言われています。


日本では昔から社会情勢が不安定な時代に多くの妖怪や鬼にまつわる伝説や逸話が残っています。実態のない恐怖に名前を付け、恐怖心によって思い思いの妖怪の姿を描くことで自らの怖れをコントロールして安心を求めていたそうです。
そして、現代を生きる私たちの心にも様々な姿で現れる不安や怖れ。
どんな人の心にも“TOGA”みたいな子が住んでいるのかもしれません。


それでもそんな心に住み着くマイナスな感情も全部“私”の一部。
ぎゅっと抱きしめてあげられたらいいなという思いを込めて1つ1つ丁寧にお作りしています。


素材感、カラー、そして表情も同じ子はいません。
それぞれの表情をお楽しみください。

 

ネット販売はこちら→AMU

 

 

たかたかさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス