ご訪問頂きまして、ありがとうございます!

 

 

 

今回は、内窓の取り付けをご紹介いたします。

 

 

内窓とは、今ある窓の室内側に、

 

もう一つ窓を取り付けて二重にします。

 

 

 

 

 

 

既存の窓(黒色のサッシ)に、

 

樹脂製の窓を取り付けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

室内側はこのようになります。

 

 

 

 

 

 

出窓には、

 

 

 

 

 

 

室内壁の位置に合わせて取付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

家の中で一番熱の出入りが多いのは場所は窓です。

 

 

 

 

 

 

家全体でみますと、

 

夏場は7割以上、冬場は5割以上が窓からです!

 

 

 

 

 

 

このことからも、家の暑さ寒さ対策には、

 

窓の断熱性を上げるのが効果的です!

 

 

 

窓の断熱性を上げるには、

 

既存の窓を高断熱性能な窓に取り替えたり、

 

今回のような内窓を取り付けて、

 

二重窓にする方法があります。

 

 

 

二重窓は、既存と新設との間に空気層をつくることで、

 

熱が伝わりにくくなるので、断熱性が上がりますし、

 

遮音性も向上しますので、防音効果もあります。

 

 

 

また、既存の窓は、そのままで取り付けますので、

 

費用や時間等、お客様のご負担も少なくて済みます。

 

 

 

 

 

健康で快適に暮らしていくためには、

 

家の断熱性はとても重要なので、

 

断熱対策に関しては、弊社までご相談ください!

 

 

 

 

 

 

 

地域に根ざした家づくり

 

貝塚工務店のホームページは こちら です!

 

 

 

 

 

 

 

ご訪問頂きまして、ありがとうございます!

 

 

 

この3月・4月には、震度4クラスの地震が

 

多く発生しました。

 

 

大きな地震の前触れではないかと気になりますね。

 

 

 

 

 

 

最近の建物は耐震性が高くなっていますが、

 

全国的には、耐震性の低い建物がまだまだ多くあります。

 

 

 

 

 

 

そのため、国や地方公共団体では、

 

今後の大地震に備えて、

 

耐震性の低い住宅に対して、

 

補助等を行い耐震化を進めようとしています。

 

 

 

耐震性が低いと判断される基準(旧耐震基準)は、

 

昭和56年5月以前に着工された住宅です。

 

 

これは、昭和56年6月に建築基準法が改正され、

 

新耐震設計基準が施行されましたので、

 

それ以前の住宅を旧耐震基準として、

 

耐震性が低いとみなされています。

 

 

 

この旧耐震基準の住宅に対する耐震化ですが、

 

いきなり耐震化といっても、

 

どのような工事をするのが効果的なのかは

 

分かりませんので、先ずは、耐震診断を行い、

 

現在の状態を知ることから始めます。

 

 

 

耐震診断に関しては、市町村で行っている

 

簡易耐震診断を利用するのがお勧めで、

 

無料で行われているところも多いです。

 

 

 

たとえば、下記は、高砂市の簡易耐震診断で、

 

市に登録されている簡易耐震診断員が、

 

調査・診断を行います。

 

 

 

 

 

 

弊社は、高砂市の簡易耐震診断員に

 

登録しておりまして、先日、ご依頼があった

 

住宅の耐震調査を行いました。

 

 

 

耐震診断をするために、間取りを確認して、

 

壁や柱の配置、基礎等の構造上重要な部分の

 

状態を調べていきます。

 

 

 

 

 

 

古い住宅だと、図面が無い場合や、

 

図面と違って建っていることがありますので、

 

現状を正確に把握する必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅の形状や仕様、間取り等により様々ですが、

 

耐震診断の結果は、下記のように評点で表します。

 

 

 

【評点】

 

 

0.7未満 ⇒ 危険

 

 

0.7以上1.0未満 ⇒ やや危険

 

 

1.0以上 ⇒ 安全

 

 

 

これで現状の耐震性が分かりますので、

 

1.0未満の場合、

 

どのような耐震改修をすれば良いかを検討します。

 

 

 

0.7未満の危険を、

 

やや危険の0.7以上にするのか、

 

安全とされる1.0以上までにするのかで、

 

工事の内容が変わってきます。

 

 

 

耐力壁となる壁の設置、基礎や床面の補強、

 

または、屋根を軽量化して耐震性を上げる等、

 

それぞれの住宅にとって状況が異なりますので、

 

最適な耐震改修内容をご提案いたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地域に根ざした家づくり

 

貝塚工務店のホームページは こちら です!

 

 

 

 

 

 

 

ご訪問頂きまして、ありがとうございます!

 

 

 

今回は、外壁の改修をご紹介いたします。

 

 

 

これまで、工事のご依頼を頂いた住宅と、

 

お隣りの住宅との間隔は、ほとんど無いような

 

状態で建っておりましたので、隣接部分の

 

外壁を触ることが出来ませんでしたが、

 

この度、お隣りの住宅が解体されるということで、

 

この機会に、壁を直すこととなりました。

 

 

 

お隣りが解体されまして、

 

外壁の状態が分かるようになりました。

 

 

 

波板状の鉄板が張られていて、劣化も進んでいました。

 

 

 

 

 

 

足場を設置して工事が始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先ずは既存の鉄板等を撤去しまして、

 

新たな下地材の合板を取り付け、

 

その上に防水シートを張り、

 

断熱性に優れた外壁材のサイディングを設置。

 

 

 

 

 

 

 

基礎部分も補修します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、全ての作業が終わり、

 

足場が撤去されて完成です!

 

 

 

 

 

 

 

 

工事前とでは、見違えるようにきれいになりました!

 

 

 

 

 

 

            下矢印

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

            下矢印

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

            下矢印

 

 

 

 

 

 

 

 

見た目がきれいになっただけではなく、

 

断熱性能も向上しましたので、

 

特に冬場の寒さは軽減されます!

 

 

 

 

 

お客様は、これまで気になっていたことが、

 

このように解決したので、大変喜んで頂けました!

 

 

 

 

 

建物に関することで、お困りごとがあれば、

 

お気軽にご相談ください!

 

 

 

 

 

 

 

地域に根ざした家づくり

 

貝塚工務店のホームページは こちら です!

 

 

 

 

 

 

 

ご訪問頂きまして、ありがとうございます!

 

 

 

浴室の改修工事をご紹介いたします。

 

 

 

この度、長年使ってこられましたタイル張りの浴室を

 

快適なユニットバスに変える工事を行いました。

 

 

 

【工事前】

 

 

 

床壁がタイル張りでしたので、

 

冬場、お風呂に入る時は、

 

冷えて寒かったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出入口の段差もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内部の浴槽やタイル等を撤去して、

 

新しくユニットバスを設置しました。

 

 

 

【工事後】

 

 

 

断熱性が高く、機能的なユニットバスに変わりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身体をやさしく包み込む心地のよい浴槽。

 

 

ゆったりとくつろげそうです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

換気暖房乾燥機を取り付けましたので、

 

冬場でも室内を暖かくすることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓は、既存のサッシに内窓を設置。

 

 

熱の出入りが大きい、開口部の断熱は重要です!

 

 

また内窓を設置すことで、防音効果もアップします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

躓きやすい段差も無くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンプルでスタイリッシュなドアです。

 

 

 

 

 

 

洗面室側にも温風が出ますので、

 

脱衣時の寒さも解消されます。

 

 

 

 

 

 

洗面室の床もタイル張りでしたが、

 

 

 

 

 

 

クッションフロアに変わりましたので、

 

足元の冷っとする感覚が無くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ユニットバスにすることで、

 

断熱性が格段に向上しましたので、

 

ヒートショックによる体への悪影響が軽減され、

 

そして、バリアフリー化により、

 

さらに安全性の高い浴室へとなりました。

 

 

また、汚れが付きにくい素材なので、

 

お手入れがとても楽になります!

 

 

 

これまでお困りだったことが解決されましたので、

 

お客様には、大変喜んで頂きました!

 

 

 

 

 

このように、水廻りを変えると

 

快適性や安全性が大きく向上しますので、

 

工事に関することは、

 

弊社までお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

 

 

 

【ゴールデンウイーク期間中の休業のお知らせ】

 

 

2022年のゴールデンウイークは、

 

下記の期間中を休業とさせて頂きます。

 

4月29日(金)~5月5日(木) 

 

※5月6日(金)より通常通りの営業となります。

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

地域に根ざした家づくり

 

貝塚工務店のホームページは こちら です!

 

 

 

 

 

 

 

ご訪問頂きまして、ありがとうございます!

 

 

 

今回は、和室の床と壁をリフォームした

 

事例をご紹介いたします。

 

 

 

和室にベッドを置くため、

 

床をフローリング張りにします。

 

 

 

 

    下矢印

 

 

 

 

 

 

 

畳と掘りごたつを撤去します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掘りごたつがあった場所を塞ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下地材も新しく造りまして、

 

 

 

 

 

 

その上に、仕上げ材のフローリングを張ります。

 

 

 

 

 

 

壁は土壁からクロス張りにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

既存の壁の上に、下地材を設置します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、仕上げ材のクロスを張って完成です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出入りがしやすいように、

 

ドアから引き戸に取り替えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和室の様子が一変しました!

 

 

 

お部屋の使用目的によって、

 

仕様等を変えると、使い勝手が良くなります。

 

 

 

このような内装変更のリフォーム工事に

 

関しましても、お気軽に弊社までご相談ください!

 

 

 

 

 

 

 

【ゴールデンウイーク期間中の休業のお知らせ】

 

 

2022年のゴールデンウイークは、

 

下記の期間中を休業とさせて頂きます。

 

4月29日(金)~5月5日(木) 

 

※5月6日(金)より通常通りの営業となります。

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

地域に根ざした家づくり

 

貝塚工務店のホームページは こちら です!

 

 

 

 

 

 

 

ご訪問頂きまして、ありがとうございます!

 

 

 

前回に続きまして、

 

米田西保育園様の建物をご紹介いたします。

 

 

 

こちらは子育て支援棟です。

 

 

 

米田西保育園様では、

 

少しの時間でもこどもたちを預けられる

 

一時保育や、延長保育等を行い、

 

地域の働く子育て家庭を支援されています。

 

 

 

建物は、延床面積151㎡(45坪)の木造建築です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本園(保育棟)とは、渡り廊下で行き来します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物の中に入りますと、

 

こちらも開放感のある玄関ホールです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハシゴを上がりますと、

 

ロフト(収納)になっています。

 

 

 

 

 

 

ロフトから下の玄関ホールが見えます。

 

 

 

 

 

 

子育て室

 

 

木の素材を活かした内装で、

 

心地よい肌触りや、温もりが感じられます ニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トイレ

 

 

 

 

 

 

お風呂も入れます ニコニコ

 

 


 

 

 

 

 

米田西保育園様には、本園(保育棟)と、

 

子育て支援棟の建築をさせて頂きまして、

 

誠にありがとうございました。

 

 

 

建物は無事にお引き渡しとなりましたが、

 

今後は、メンテナンス等のアフターフォローを

 

しっかりと行っていきますので、

 

引き続き、宜しくお願い申し上げます!

 

 

 

 

 

 

 

米田西保育園様の子育て支援棟は、

 

弊社ホームページでもご紹介しておりますので、

 

こちらの建築施工ギャラリー をご覧ください!

 

 

 

 

 

 

 

ご訪問頂きまして、ありがとうございます!

 

 

 

高砂市内で新築工事を行いました

 

米田西保育園様の建物をご紹介いたします。

 

 

延床面積が1243㎡(376坪)の大型木造建築です。

 

 

 

 

 

 

玄関を入りますと、

 

ホールの上部が吹抜けになっています。

 

 

開放感があり、とても印象的な空間です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホールを回るように階段が配置されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホールから廊下を通って、

 

 

 

 

 

 

各保育室へ行きます。

 

 

乳児室や、0歳から5歳児の保育室があります。

 

 

 

 

 

 

どの部屋も快適そうですね ニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの大きなホールは、ランチルームです スプーンフォーク

 

 

 

 

 

 

柱が木のように見えますね ニコニコ

 

 

こどもたちが楽しく食事ができる大事な場所です。

 

 

 

 

 

 

配膳カウンター

 

 

 

 

 

 

大勢のこどもたちの食事を作る機能的な調理室です。

 

 

 

 

 

 

トイレはそれぞれの年代で

 

使いやすいようにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、こどもたちが楽しく過ごせる

 

新しい園舎となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

米田西保育園様では、新園舎が完成した後、

 

別棟として、子育て支援棟も建てられましたので、

 

次回にご紹介いたします!

 

 

 

 

 

 

 

米田西保育園様は、

 

弊社ホームページでもご紹介しておりますので、

 

こちらの建築施工ギャラリー をご覧ください!

 

 

 

 

 

 

 

ご訪問頂きまして、ありがとうございます!

 

 

 

今回は、床や扉、キッチンのリフォームを

 

ご紹介いたします。

 

 

 

よく築年数が経ったお家では、廊下等の床が、

 

歩くとへこんだりして、その場所を踏まないように

 

注意しているとお聞きします。

 

 

 

床下からの湿気や、白蟻の被害等で、

 

根太や板材が傷んでいることがあります。

 

 

 

こちらでは、所々、補修をされていました。

 

 

【工事前】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【工事後】

 

 

下地から頑丈に造り直しましたので、

 

これで安心して通って頂けます!

 

 

色合いも変えられましたので、明るくなりました ニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも、引違い戸の開閉がしにくくなっていましたが、

 

 

【工事前】

 

 

 

 

 

 

【工事後】

 

 

ガラスの重い戸から、アクリルの軽い戸へ取り替えましたので、

 

開け閉めがとても楽になりました!

 

 

またガラス戸のような割れる心配もありません。

 

 

 

 

 

 

キッチンも長い年月使ってこられましたので取り替えました。

 

 

【工事前】

 

 

 

 

 

 

以前のキッチンより、横幅を短くすることで、

 

空いたスペースに冷蔵庫を置くなど、使い勝手は良くなり、

 

台所全体がすっきりとした空間となりました ニコニコ

 

 

【工事後】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台所の出入口扉も取り替えました。

 

 

【工事前】

 

 

 

 

 

 

【工事後】

 

 

こちらの扉も開け閉めが楽になりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

このように部分的にリフォームをすることで、

 

快適性がかなりアップします!

 

 

 

今のお住まいで少しでも気になっていることは、

 

どのようなことでも弊社までご相談ください!

 

 

 

 

 

 

 

地域に根ざした家づくり

 

貝塚工務店のホームページは こちら です!

 

 

 

 

 

 

 

ご訪問頂きまして、ありがとうございます!

 

 

 

先日、建物をお引渡しをしてから、

 

5年が経ちましたお客様のお家へ、

 

定期点検に行ってきました。

 

 

 

点検では、建具の開閉状態や、

 

水漏れが発生していないか等、

 

また、お客様が普段、あまり見られないような所を

 

点検していきます。

 

 

 

水廻り設備では、引き出し奥の給排水部分や、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

収納庫や点検口から床下の状態を確認します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バルコニーは、雨水が浸入しやすいところなので、

 

手摺りや床の防水状態、また、排水口が詰まって

 

排水状態が悪くなっていないかを点検します。

 

 

 

 

 

 

建物の外回りの状態や、

 

 

 

 

 

 

エコキュートの給排水部分も点検。

 

 

 

 

 

 

そして、点検時に改めてお話すのが、

 

換気設備の給気部分です。

 

 

 

カバーを取って、中のフィルターを見ていただくと、

 

 

 

 

 

 

汚れていることがあります。

 

 

 

 

 

 

なので半年に一回程度は、

 

フィルターのお掃除をお願いしております。

 

 

 

他にも床下エアコンを設置しておりますので、

 

こちらの様子も見ておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この冬も、LDKは床下エアコンのみで、

 

足元から全体に暖かさが伝わり、

 

快適に過ごされたそうです ニコニコ

 

 

 

今回の点検でも特に問題となる所は無く、

 

内容を報告させて頂き完了いたしました!

 

 

 

 

 

どのような建物でも、長い年月使っていれば、

 

不具合が出ることもあります。

 

 

 

その中には、お客様が気付かれていないことや、

 

気付かれていても、特に支障が無ければ、

 

そのままにされていることもありますので、

 

このような点検で、分かれば、

 

早目に対応することが大事です!

 

 

 

弊社では、ご建築させて頂きました建物が、

 

お引渡し後、1年 2年 5年 10年

 

そして、20年 30年 が経った時に、

 

定期点検を実施しており、

 

適切なメンテナンスやリフォーム等も含め、

 

アフターフォローに注力していきまして、

 

長く快適に暮らして頂けるようにしております!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地域に根ざした家づくり

 

貝塚工務店のホームページは こちら です!

 

 

 

 

 

 

 

ご訪問頂きまして、ありがとうございます!

 

 

 

3月21日は春分の日(祝日)で、

 

「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日とされています。

 

 

 

 

 

 

この春分の日を中日として、

 

前後3日間がお彼岸の期間となるので、

 

18日が彼岸入り、24日が彼岸明けです。

 

 

 

 

 

 

これから日に日に春が感じられるようになりますね ニコニコ

 

 

 

 

 

さて、この度、マンションにお住いのお客様から、

 

トイレの便器を取り替えるご依頼を頂きました。

 

 

 

 

 

 

【取り替え前】

 

 

 

 

 

 

既存の便器を取り外します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撤去完了。

 

 

 

壁から出ている排水管が見えました。

 

 

トイレの排水には、床排水と壁排水の2種類があり、

 

マンションでは、このような壁排水が多いです。

 

 

 

 

 

 

こちらの便器を取り付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい便器が取り付けられました ニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい便器は、汚れや水アカが付着しにくく、

 

抗菌仕様で、細菌の繁殖を抑えます。

 

 

凹凸やつなぎ目が少ない形状になっているので、

 

掃除が楽になります!

 

 

 

また、節水タイプなので、水の使用量が減ります。

 

 

1990年代半ば頃までのトイレは、

 

一回に流す洗浄水量は、

 

13リットルが主流でしたので、

 

4人家族の場合で試算すると、

 

年間で約76トンの水を消費します。

 

 

現在の洗浄水量は、

 

5~6リットルが主流となっているので、

 

同じく4人家族の場合では、年間約31トンとなり、

 

約6割も節水されることになります。

 

 

一般家庭で、トイレはお風呂の次に

 

水を使う量が多い場所となりますので、

 

節水効果が高い分、地球環境に優しく、

 

また水道代も節約されるので、うれしいですね!

 

 

 

ご使用の便器が、20年以上経っているようでしたら、

 

このようなメリットがあり、また便器の取り替えだけなら

 

工事も約2~3時間程度で終わりますので、

 

ご検討をされてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

地域に根ざした家づくり

 

貝塚工務店のホームページは こちら です!