世界は変わる

テーマ:


株式会社三橋貴明事務所  講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから」

三橋貴明のツイッター  はこちら

三橋貴明後援会ホームページの「三橋通信 」で、三橋の日々の活動内容をご紹介しています。


人気ブログランキングに参加しています。
新世紀のビッグブラザーへ blog
人気ブログランキングへ

--------------

三橋貴明の新刊、続々登場! 
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

チャンネルAJER2011.6.28 NEW!!!

日本経済復興と成長その4(前半)

http://www.youtube.com/watch?v=1U0J_-5ihlI

日本経済復興と成長その4(後半)

http://www.youtube.com/watch?v=xYIXTDlCfVI


【1/3【経済討論】民主党政権と日本経済の行方[桜H23/7/2] 】
http://www.youtube.com/watch?v=Xp1XZwaXXpw&feature=youtube_gdata
【2/3【経済討論】民主党政権と日本経済の行方[桜H23/7/2] 】
http://www.youtube.com/watch?v=GUa5jXBLE4M&feature=youtube_gdata
【3/3【経済討論】民主党政権と日本経済の行方[桜H23/7/2] 】
http://www.youtube.com/watch?v=nw5xMv-hyyc&feature=youtube_gdata


 ふと振り返ると、ここ数年で「日本は変わったなあ・・・」と思うことが多々あります。典型は「政府の負債の債権者は日本国民」だとか、「日本経済の問題は、銀行の過剰貯蓄を民間が借りないこと(故にデフレ)」などの認識を、政治家さんまでもが持って下さるようになったことです。
 例えば、元首相という立場にある方が、以下の発言をして下さるなど、三年前には想像もしていませんでした。


『安倍元首相、復興増税を批判 日銀引き受け検討を
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110630/stt11063012090005-n1.htm
 自民党の安倍晋三元首相は30日午前、党本部で開いた会合で、東日本大震災の復興財源として所得税など「基幹税」の臨時増税が浮上していることに関し「復興のために増税するのが道徳的に正しいという考えが蔓延(まんえん)している」と批判した。(後略)』


 そもそも、現在の日本の政治家の多くや評論家(自称)が理解していないことがあります。先日のチャンネル桜の討論(上記)でも書きましたが、政府が支出をするための原資を得る方法は、基本的には三つしかありません。


【図 全ての源泉はGDPである】
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_34.html#GDP

 
 一般的に政府が支出のための原資を得る方法は、二つです。すなわち、徴税と国債発行になります。そして、徴税及び国債発行の原資は「GDP」以外にはありません。


 GDPとはその国の国民が稼いだ付加価値の合計(生産面のGDP)であり、同時に需要の合計(支出面のGDP)であり、さらに所得(分配面のGDP)の合計でもあります。生産面のGDP,支出面のGDP,さらに分配面のGDPの三つの総計は常に一致します、これをGDPの三面等価の原則と呼びます。


 政府の徴税とは、消費税等のように付加価値産出時点で政府の所得になるものと、国民の所得(雇用者報酬、営業余剰など)から政府に分配されたものになります。
 また、貯蓄とは国民が過去に稼いだ付加価値(GDP)から支出(消費や投資)に回らなかったものを意味します。その貯蓄から政府がお金を借りている以上(=国債発行)、国債で調達した政府のお金の原資は、やはりGDPということになります。


 GDP、GDP,GDP。全ての源は日本国民が稼いだ付加価値の総計たるGDPなのです。
 ギリシャのように外国から政府がお金を借りているような国にしても、実のところ「外国の所得から貯蓄に回ったお金」を借りているに過ぎません。政府の支出の源泉を辿ると、最終的にはGDPに行き着くのです。
 
 さて、政府には上記以外にも支出の原資を手に入れる方法があります。すなわち、政府による「紙幣発行(貨幣発行)です。


 日銀は自らのバランスシートの負債項目(現金及び日銀預け金)を増やすことで、無から日本円を供給させることが可能になっています。2010年末時点で、日銀のバランスシートには86兆8557億円の「現金」及び22兆6513億円の日銀預け金が「負債」として計上されています。とはいえ、日銀は現金や日銀預け金などの「負債」について、金利を支払う必要も、借入を返済する必要もありません。そういう意味で、日銀の通貨発行は、本来的には負債ではなく「純資産」として計上するべきなのではないかと思うわけです。


 それはともかく、日本政府は徴税、国債発行、さらには日本政府(もしくは日銀)の通貨発行以外に、支払いの源泉を手に入れる方法が無いわけです。
 というわけで、日銀と言うか日本政府が「日本経済のパイを拡大する(=GDP成長)」ために、必要な日本円を市場に供給することは義務の一部になっています。


『6月マネタリーベースは17.0%増、過去4番目の高水準=日銀
http://www.asahi.com/business/news/reuters/RTR201107040021.html
 日銀が4日発表した6月のマネタリーベース(日銀券、貨幣流通高、日銀当座預金の合計値、平均残高)は前年比17.0%増の113兆4780億円と2年10カ月連続で増加した。
 東日本大震災後の日銀による潤沢な資金供給で過去4番目の高水準となった。伸び幅は4月以来の大きさで、100兆円の大台上回るのは7カ月連続。
 金融機関の手元資金を占める当座預金残高は前年同月比89.2%増の30兆4710億円。日銀券発行高は震災以降の現金需要増で同2.7%増の78兆5057億円となったが、伸び幅は前月の2.9%から縮小した。貨幣流通高は同横ばいの4兆5013億円だった。季節調整済み前月比年率ベースでのマネタリーベースは、14.1%増の114兆4352億円となった。 .』


 現在の日銀は一応、マネタリーベースを拡大する方向に舵を切っています。問題は、日銀が本当に長期国債など「長期保有」が必要な債権を増やしているかどうかです。恐らく、短期証券しか増やしていないのではないでしょうか。 


 先日、国家ビジョン研究会の有志の皆様が日本銀行に赴いたとき、日銀の中の人は、
「日銀のバランスシート(の資産側)が毀損すると、通貨の信任が傷つく(だから、日銀国債買い入れなどはダメ)」
 と言い放ったそうです。


 ちょっと待ってください。現在のFRBは、国債どころか今回の危機の発端となったサブプライム証券(GSE債など)を買い捲っていますよ。それにも関わらず、インフレやらドルの通貨の信任(この定義がよく分からないわけですが)とやらは一切堕ちていませんよ、と、心の底から叫びたいわけです。


【アメリカのFRBのバランスシート資産側の推移】
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

出典:クリープランド連邦準備銀行

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_34.html#FRBBS


 政治家の皆さん、そろそろ皆さんも「国の借金で破綻する!」などというファンタジー理論から覚醒し、日本経済のフローたるGDPをいかに拡大するかに注力するべきです。それが、被災地の復興をも助けます。ついでに言うと、皆さんの国会議員としての給料の源泉も、GDPなんですよ。GDPを成長させることなしに、日本経済の復興はありえませんし、国民の可処分所得減少も止まりません。


 それにしても、安倍元首相の発言や、先日の金子議員、西村議員、江田議員の発言を聞く限り、正しい情報が着実に日本社会に広まりつつあるのを感じます。わたくしたち日本国民は幸運というべきか、あるいは不幸というべきか、まともな頭を持った知識人階級が存在しない国に暮らしています。日本の「自称」知識人の皆様は、確実に本ブログを訪れる一般の日本国民よりも頭が悪いです。


 だからこそ、我々日本国民一人ひとりが正しい情報を入手し、自分の頭で考え始めたとき、冗談抜きで世界を変えられます。これは、今のところ「大衆が平均的に異様に頭が良い」日本国民にしか達成できない「可能性」なのです。 


 わたくし達一人ひとりが正しい情報で武装し、動き出したとき、世界は変わります。


今後も本ブログをご支援くださる方は、
↓このリンクをクリックを! 

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ


【三橋の新刊、続々登場!】
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba   三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba 三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba  三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇ポルパパのブログ
投資と車と日々の起業家日記
管理人:ポルパパさん

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◇おじさんの談話室
経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座!


日本経済復活の会
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」
連載中
「三橋貴明の<ウラ読み>経済レポート」 
本メルマガではセミナー、勉強会のご案内など、メルマガならではの情報発信をしていきます!

 
新世紀のビッグブラザーへ ホームページはこちらです。
 新世紀のビッグブラザーへblog一覧はこちらです。