株式会社経世論研究所 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから 

三橋貴明のツイッター はこちら
人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『帝国対民主国家の最終戦争が始まる(後篇)①』三橋貴明 AJER2018.11.6
https://youtu.be/yMQtufFxoE0

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


三橋TV第18回【中国が経済成長できた理由】

https://youtu.be/uLKfGKwL_Xw


 日本の緊縮財政は、財政破綻論に基づき推進されています。


「クニノシャッキンでタイヘンダ~。だから増税やむなし、政府はムダを削れ」
 というわけでございますが、主導しているのはもちろん財務省です。


 そして、財務省傘下の政府の組織である財政制度等審議会、吉川洋、伊藤元重、土居丈朗ら財務省御用学者、経済界(経団連、経済同友会など)、ポジショントークとして破綻論を唱える証券会社の関係者、財政破綻ビジネス(藤巻健史、浅井隆、朝倉慶など)など、様々なチャネルを通じて日本社会に浸透していきました。


 証券会社の「破綻論エコノミスト」」は使い捨てであるため、次々に登場人物が変りますが、それ以外は「財務省の共犯者」として、今後も未来永劫、死の瞬間まで破綻論を叫び続けるでしょう。


 彼らの目には、


1.日本政府の負債残高が増えても、金利は全く上昇しない。

【日本政府の長期債務残高(左軸)と長期金利(右軸)】

http://mtdata.jp/data_61.html#JBG


2.日本国債の金利は主要国最低水準

【主要国の長期金利の推移(%)】

http://mtdata.jp/data_61.html#syuyo


 という事実は目に入らないわけです。


 ちなみに、日本国債の金利が低いことは「財政破綻」があり得ないことを示していますが、別にいい話ではありません。デフレ深刻化で、民間におカネが適切な金利で貸し出されていない証なのです。


 そのあたりの説明は、三橋TVでグラフ使ってやっていきますので、お楽しみに。


 さて、政府の負債(クニノシャッキン、ではありません)が増えているにも関わらず、金利が上昇しないことを受け、破綻論者(特にビジネスの連中)は、
「日銀の国債買取で、ハイパーインフレーションになる~っ!!!」
 と、破綻論のすり替えを行いました。

 ところが、実際には日銀が350兆円超のマネタリーベースを発行し、国債を買い取ったにも関わらず、インフレ率はゼロのまま。
 というわけで、今度は、
「日銀当座預金に金利をつけなければならないため、日銀が債務超過で破綻する~っ!!!」
 に、またまた破綻論のすり替えを行ったわけでございます。


 とりあえず、財政破綻」だの「ハイパーインフレーション」だのと、散々に国民を騙したことを謝罪しようよ、藤巻大先生。(今の大先生の破綻論は「日銀崩壊論」)



 もっとも、藤巻大先生は「詐欺師」というよりは「単なるバカ無知」なのですが、財政制度等審議会の連中はより悪質です。彼らは、財政破綻など起こりえないことを理解していながら、財務省への忠誠を貫くため、財政破綻論を叫び続けているのです。つまりは詐欺師です。


財政審、平成財政のつけ回し指弾 「将来世代に悲劇」
https://this.kiji.is/437455660264834145?c=39546741839462401
 財政制度等審議会は20日、2019年度予算編成に向けた建議(意見書)を麻生太郎財務相宛てに提出した。借金を膨らませた平成30年間の財政運営を巡り、返済の形で負担先送りのつけが回る将来世代が「悲劇の主人公だ」と断じ、チェック機能を欠いた政府や国会を指弾。19年10月の消費税率10%への引き上げの確実な実施や高齢者医療、大学などの予算改革に注力するよう求めた。
 安倍政権は18年度第2次補正予算案を編成し、19年度も景気下支えの歳出を上積みする。この点も効果的な方策に絞るよう財政審はくぎを刺したが、危機感が受け止められるかは見通せない。』


 彼らがいう「予算改革」とは、要するに「予算削減」です。

 財政制度等審議会の、特に学者の連中は、日本が財政破綻しないことを知っています。それにも関わらず、財務省への忠誠を尽くすために、「将来世代に悲劇」などと、正義感面して言ってのけるのです。


 とはいえ、真の意味における「将来世代の悲劇」とは、財政の話ではありません。

 このまま緊縮財政が継続し、インフラはボロボロ、防衛力も弱体化、社会保障制度も崩壊、教育も荒廃、科学技術は「劣等国」に落ちぶれた日本国。小国化した日本国で暮らすことこそが、将来世代の悲劇なのです。


 そして、財政破綻論の影響で、我が国はこのままは普通にデフレが継続し、小国化。将来世代の悲劇は実現するでしょう。


 わたくしたちの子供たち、孫、その先の子孫に「悲劇の暮らし」を送らせたくないならば、財政破綻論を潰さなければなりません。


 日本の財政破綻の可能性はゼロなのです。


「日本の財政破綻の可能性はゼロである」に、賛同下さる方は、↓このリンクをクリックを!
新世紀のビッグブラザーへ blog                                  

◆本ブログへのリンクは以下のバナーをお使いください。
新世紀のビッグブラザーへ blog
◆関連ブログ
日本経済復活の会のホームページは↓こちらです。
    
◆三橋貴明関連情報
 

新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
メルマガ「週刊三橋貴明~新世紀のビッグブラザーへ~」  は↓こちらです。